新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職場の人間関係が辛いときの対処法とは?ストレスを感じる要因を知ろう

職場の人間関係が辛いときの対処法とは?ストレスを感じる要因を知ろう

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・職場の人間関係が辛いときの主な要因は、「派閥がある」「苦手な人がいる」など
  • ・職場に頑固過ぎる人や気分で発言を変える人などがいると、辛い人間関係が生じやすい
  • ・職場の辛い人間関係を乗り越える主な方法は、「相手を知る」「仕事と割り切る」など
  • ・退職を決断する前に、家族や人事部などに相談して状況改善へ向けた対処法を探ろう
  • ・思いつく対処法を実践しても現状を改善できないときは、転職を考えるのも一つの手

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

職場の辛い人間関係に悩み、「会社に行きたくない」「仕事を辞めたい」と思う方もいるのではないでしょうか。辛い人間関係を改善するには、ストレスの要因を明確にしたうえで、必要に応じた対処法を講じることが必要です。
このコラムでは、職場の人間関係が辛いときの主な要因や、その悩みの対処法などをご紹介します。職場の辛い人間関係に遭遇しにくい職種も紹介しているので、ぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

職場の人間関係が辛いときにありがちな6つの要因

職場の人間関係が辛いときの主な要因には、「派閥がある」「周囲の目が気になる」「苦手な人がいる」などが挙げられます。以下で、詳細を見ていきましょう。

1.派閥がある

人間関係に派閥のある職場だと、仕事に行くのが辛いと感じる場合があるでしょう。グループ間で揉めていて、お互いに陰口の言い合いや仕事の邪魔をするといった状況が常態化することもあるようです。
このような職場に身を置くときは、できるだけ特定の派閥に属さず、陰口にも参加しないよう努めたほうが良いでしょう。誰とでも分け隔てなくコミュニケーションを図ろうとする姿勢を持つことが大切です。

2.周囲の目が気になる

職場にいる全員に良い印象を持たれようと周囲の目を気にし過ぎてしまうと、人間関係を辛いと感じやすい傾向があります。
人によって価値観や立場は異なるため、誰とでも相性が良いという状況を作り出すのは難しいでしょう。相手を思いやる気持ちは人間関係に必要な要素ですが、職場に行くのが辛い状況に陥るほど気を遣い過ぎてしまうのは本末転倒です。相性が悪い相手もいる、人間関係が円滑にいかない場面もあると割り切り、肩の力を抜いて周囲と接することをおすすめします。

3.苦手な人がいる

職場に苦手な相手がいるときも、人間関係が辛いと感じやすいでしょう。「仕事のやり方が雑」「注意すると不機嫌になる」「いつも何かしら引っかかる物言いをされる」など、自分にとって苦手と感じる人がいると、仕事がやりづらくなる可能性があります。
苦手意識が強くなればコミュニケーションを図るのに躊躇いが生まれやすくなり、相手に対するネガティブな気持ちがさらに増長する…という負の連鎖が起きてしまう場合も。職場での付き合いは仕事と割り切り、表情や態度に出さないよう心掛けましょう。

4.職場で孤立している

もともと人間関係が苦手な人の中には、職場で孤立してしまって辛いと感じる方もいるようです。
他人とコミュニケーションを取ることは、仕事をするうえで欠かせない要素の一つといえます。職場の人間関係に溶け込めないでいると、悩みや困り事があっても周囲に相談できなかったり、仕事を共有しづらかったりするなどのデメリットも考えられるでしょう。そのような状況に陥るリスクを少しでも防ぎたい方は、挨拶や笑顔を心掛けるなど、人間関係における基本的なコミュニケーションを意識してみてください。

5.パワハラやセクハラがある

職場でのパワハラやセクハラは、人間関係が辛いと感じる要因の一つです。例としては、人格を否定される、過度な業務量を強制される、意に沿わない誘いを執拗に受けるなどが挙げられるでしょう。
パワハラやセクハラを受けて辛い思いをしているにも関わらず、我慢して働き続けてしまうと心身に支障をきたしてしまう恐れもあります。自身の心身に限界が来る前に、信頼できる第三者に相談するといった対策を講じましょう。

6.いじめを受けている

職場でいじめを受けている場合も、人間関係を辛いと感じるでしょう。仕事自体にはやりがいがあったとしても、無視されたり陰口を言われたりするなど人間関係に問題があれば、職場に行くのが苦痛になることもあり得ます。前述したパワハラ・セクハラと同様、無理をせず周囲に相談することが大切です。

職場の人間関係が辛いとお悩みの方は、「人間関係が辛いから仕事辞めたい…後悔しない転職の方法」もぜひご覧ください。

職場の辛い人間関係を引き起こしやすい人の特徴

職場には、人間関係に悪影響を与えやすい人が在籍している場合があります。職場の辛い人間関係を引き起こしやすい人の主な特徴は、「頑固である」「感情を抑えられない」「気分で発言する」などです。以下で詳細をチェックして、自身の職場における人間関係と照らし合わせてみてください。

頑固な人

頑固過ぎて自分の考えを絶対と考え、間違っていても認めない特徴を持つ人は、職場の辛い人間関係を引き起こしやすいといえるでしょう。その人の意に沿わない行動や発言をしづらくなるため、仕事にやりにくさを感じる要因になり得ます。

対処法としては、相手の意見を尊重しながら少しずつ軌道修正するのがおすすめです。「〇〇さんのこういう意見は正しいと思いますが、こういう考え方もあるようですよ」といったように、相手の正しさについても言及すると良いでしょう。

感情を抑えられない人

その時々の感情を抑えられず、「怒ると止まらない」「大きな声で怒鳴る」といった人がいる場合も、職場の人間関係は辛いものになりがちです。感情に任せて発言している相手には、本来の趣旨が伝わりにくく、コミュニケーションが取りづらいと感じる可能性があります。
このような人に対しては、相手の怒りが収まるまで少し待つのが賢明です。怒鳴られても怒鳴り返したりせず、落ち着いて話を聞く姿勢で対応しましょう。

パワハラをする人

職場に自分の立場を利用して嫌がらせをしたり、相手を言いなりにさせようとしたりする人がいると、人間関係が辛いと感じてしまうでしょう。先述したとおり、パワハラ行為を我慢し過ぎると、体調を崩しかねません。パワハラをする相手との関わりを回避できれば良いですが、それが難しい場合は人事部に掛け合ってみるのも一つの方法です。

気分で発言する人

機嫌が良いときにはOKしてくれたのに、不機嫌なときに話をしたら否定してくるなど、そのときの気分や相手によって意見を変える人も、職場の辛い人間関係を引き起こしやすいといえます。
対処法として、できるだけ機嫌の良いときに話し掛ける、複数人で話を聞く、話の内容をメモするなどが挙げられるでしょう。

嘘をつく人

嘘をつく人が職場にいると、人間関係が辛いと感じてしまう場合があります。「ミスしても嘘をついてごまかす」「虚偽の報告や伝言で仕事を振り回す」といった対応をされれば、相手に対する不満は溜まりやすいでしょう。
自分以外の職場スタッフも、その相手を「嘘をつく人」として認識していた場合は、周囲と状況を共有し合うことで対処できることもあります。そのほか、「気分で発言する人」への対処法で挙げたような、メモを取る、複数人で話を聞くといった方法が有効です。

職場にいる苦手な相手との人間関係が辛い場合の対処法については、「苦手な人・嫌いな人との接し方とは」でも詳しく解説しています。

職場の辛い人間関係を乗り越える4つの方法

職場の人間関係を辛いと感じる気持ちを軽減する主な方法には、「相手を知る」「仕事と割り切る」「自分の対応を振り返る」「味方を増やす」などがあります。
多様な人がいる職場で気持ち良く仕事をするには、人間関係を良好に保ち、こじれている場合は改善する努力が必要です。下記の改善策を参考に、自身の状況に合った対応に努めましょう。

1.相手を知ろうとする

職場の辛い人間関係を改善するには、思い込みを避けて、相手を知る努力が大切といえるでしょう。苦手意識から避けてしまっていた人でも、積極的に話しかけてみると仲良くなれる場合もあります。
自分を嫌っていると感じる人に対して、好印象を持つ人はあまりいないでしょう。逆に、相手を知ろう、仲良くなろうと歩み寄ってくれる人には、心を開きやすいものです。相手を変えようとせず、まずは自分の接し方を変えてみることが、職場の辛い人間関係を改善する近道と考えられます。

2.仕事を第一に考える

どうしても相手との辛い関係性を好転できないという人は、仕事上での人間関係と割り切るのも一つの改善策です。
職場では、仕事を円滑に進めることが重要といえます。苦手な人と仲良くなれなかったとしても、業務タスクの達成にその人との関わりが必須なのであれば、「それも仕事」と考え方を切り替えてみましょう。苦手な人とのやりとりも仕事の一部と捉えることで、前向きに業務をこなせるようになる可能性があります。

3.自身の改善点を探る

職場の人間関係を辛いと感じるときは、自身の対応に問題はなかったかを振り返ってみることも重要です。「同僚からの挨拶を知らずに無視していた」「無表情で怒っているように見える」「話し方がきつくなりがち」「雑な仕事をしていた」など、自分でも気づかぬうちに相手を不快な気持ちにさせていた…ということもあり得ます。
積極的な笑顔や挨拶を心掛ける、困っている同僚には声掛けをする、仕事の報連相をまめに行うなど、自分にできることから見直してみて、職場の辛い人間関係の改善を試みましょう。

4.職場内で味方を増やす

職場に苦手な人がいて人間関係が辛いと感じている場合は、自身が心を許せる相手を職場内に増やすのも一つの方法です。

苦手な人に固執してしまうと、その人の存在や行動がいちいち気にかかり、ネガティブ思考に偏りがちになることも。しかし、苦手な人以外との人間関係を充実させれば、自分の仕事上の味方を増やせるため、前向きに仕事に取り組める可能性があります。そうすることで、苦手な人の存在が気にならなくなるという状況もあり得るでしょう。

5段階別!職場の辛い人間関係のストレス度と対応方法

ここでは、職場の辛い人間関係におけるストレス度別の対応方法をまとめました。自身のストレス度がどの程度なのかを把握し、時と場合に応じて必要な対応を取りましょう。

1.イライラして仕事に集中できない

気づくと職場の人間関係にイライラしていて、全く仕事がはかどらない…と辛い思いを抱えている方もいるでしょう。このような場合、まずは自分が何に対して気持ちを乱してしまうのかを明確にすることが必要です。そのうえで、具体的な対策を練りましょう。

2.人間関係が原因で仕事が立ち行かない

職場の辛い人間関係を解消しようと努めたにも関わらず、仕事が立ち行かない状況にある…という場合は、一度立ち止まって自身の視点を変えてみましょう。苦手な人を責めがちだったなら「その人の長所を探して褒めてみる」、苦手意識が先行して避けていたなら「積極的に話し掛けてみる」など、これまでとは異なるアクションを試してみるのも一つの手段です。

3.人間関係のストレス度が高く仕事を続けるのが辛い

職場にパワハラやセクハラがある、これ以上仕事を続けるのは困難と思うくらい人間関係が辛い場合は、無理をしないことが肝心です。一人で悩まず、第三者に相談してみることをおすすめします。会社の人事部に部署異動を掛け合ってみるのも良いでしょう。

4.辛いを通り越して何事にもやる気が起きない

職場の辛い人間関係が続き、何事にもやる気が起きない…という状況なら、仕事を休んでリラックスする時間を確保しましょう。仕事から離れて思考を切り替えられれば、新しい視点を持てたり、気持ちがリフレッシュしてモチベーションを取り戻せたりする可能性があります。

5.体調の悪化が顕著で仕事に行けない

職場の辛い人間関係から抜け出せず無理をした結果、自身の体調を崩してしまった人は、専門の医療機関の受診も検討してみることをおすすめします。場合によっては、休職や転職も視野に入れて行動したほうが良いでしょう。

職場の人間関係を改善する方法については、「職場の人間関係で悩んだときの対処法と心がけ」もぜひご参考にしてください。

職場の辛い人間関係に遭遇しにくい仕事3選

職場の辛い人間関係に遭遇しにくい主な仕事としては、「SE・プログラマー」「宅配配達員」「Webデザイナー」などが挙げられます。職場で辛い人間関係を経験し、できるだけ人との関わりを避けたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.システムエンジニア・プログラマー

システムエンジニアやプログラマーは、IT業界における技術職です。飛躍し続けるIT業界においてその活躍が期待されており、需要も高い傾向にあります。クライアントや他スタッフとのやり取りはあるものの、基本的にパソコン業務のため人との関わりは少なめです。職場の辛い人間関係を回避したいと考えている方に向いているといえるでしょう。

2.宅配配達員

宅配配達員も、職場の人間関係で辛い思いをしたくないと考えている方に向いています。
宅配配達員は、店舗から宅配物を受け取り、それを指定された場所に届けるのが主な仕事です。一人で外を回るのが基本なため、一般的な職場の人間関係でのストレス度も低い傾向にあるといえるでしょう。

3.Webデザイナー

Webデザイナーは、その名のとおり、Webサイトのデザインを請け負う仕事です。クライアントとのコミュニケーションは必要ですが、作業に入れば一人で仕事をこなすのが一般的でしょう。システムエンジニアやプログラマーと同様、パソコン作業がメインのため、職場での辛い人間関係にも遭遇しにくい環境にあります。

職場の人間関係が辛い…仕事を辞める前にできること

「職場の人間関係が辛い…」と仕事を辞めることをお考えの方は、退職を決断する前に周囲に一度相談してみるのがおすすめです。

友人や家族に相談する

職場の辛い人間関係に悩んだら、会社を辞める前に友人や家族に相談してみましょう。
誰かに話を聞いてもらえば、一人で抱え込んでいた気持ちが楽になる可能性があります。また、第三者の視点を取り入れることで、思いもよらない解決策を見出せる場合もあるでしょう。

上司や人事部に相談する

友人や家族に相談しても、職場での辛い人間関係が解消されない場合は、上司や人事部に掛け合うのも一つの方法です。配置転換や部署異動などで問題が解決する可能性があります。先述したとおり、パワハラやセクハラを受けている場合は、自身の体調に支障をきたす前に、できるだけ早く相談したほうが良いでしょう。

職場の人間関係が辛いと感じて退職を検討している方は、「仕事を辞めたい…甘えだと判断される場合と辞めるべき理由の違いを解説!」もぜひご参照ください。

職場の辛い人間関係が続くなら転職も検討しよう

思いつく限りの対策を講じたにも関わらず、それでも職場における辛い人間関係を改善できない場合は、転職を視野に入れましょう。
ただし、転職理由が「人間関係」だと、「入職しても人間関係に問題が起きたらすぐに辞めてしまうのではないか」と応募先から懸念される恐れがあります。転職活動を始める際は、人間関係の改善だけを転職理由にするのではなく、どんな仕事をしたいか、どんな職場で働きたいかなどを明確にしておくことが大切です。
勤めていた職場を辞め、新たな場所で働き始めるのは思っている以上に大変なもの。転職活動を失敗させないためにも、十分な自己分析と企業研究が必須といえるでしょう。

職場の辛い人間関係に悩んで転職活動を考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは若年層に特化した転職エージェントです。経験豊富なアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりに合った求人をご紹介します。
実際に取材を行い、仕事内容や社内の雰囲気などを把握している企業をご紹介するため、応募書類の添削や面接対策では企業ごとのアドバイスが可能です。
ハタラクティブは、完全サポートで転職活動を応援しています。ぜひご利用ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ