仕事の人間関係に疲れた!ストレスによる影響と辛くて辞めたいときの対処法

仕事の人間関係に疲れた!ストレスによる影響と辛くて辞めたいときの対処法の画像

この記事のまとめ

  • 仕事の人間関係を理由に離職する人は多い
  • 仕事の人間関係が悪化する原因は、コミュニケーション不足や意見・価値観の違い
  • 仕事の人間関係が良くないと、業務の遂行や結果にも影響を及ぼす
  • 仕事の人間関係で悩んだら、客観的に捉えたり自分が変わる努力をしたりしよう
  • 職場の人間関係によるトラブルでストレスの限界を感じたら、異動や転職で対処しよう

仕事の人間関係が悪く、働きにくさを感じている人もいることでしょう。人間関係がうまくいかないときは、気にしないで割り切るのが得策ですが、実際には難しいものです。このコラムでは、職場の人間関係のトラブルに疲れたと悩む方のために、関係が悪化する原因や乗り越え方を解説。人間関係によるストレスが仕事に及ぼす影響や、辞めたいほど辛い場合の対処方法も紹介します。ストレスが限界を迎える前に、適切に対応しましょう。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事の人間関係に多くの人が悩んでいる

仕事の人間関係に悩む人は多く、同僚や上司との間でトラブルを抱えたりストレスを感じたりして、離職する人もいます。ハタラクティブが18歳~29歳の男女を対象に調査した「若者しごと白書2024(P8)」によると、正社員の仕事を辞めた理由として「人間関係がうまくいかなかった」と回答したのは、男性で18.8%、女性で13.5%と、男女とも上位を占めていることが分かりました。

若者しごと白書2024の引用画像

引用元:ハタラクティブ「若者しごと白書2024(P8)」

また、厚生労働省が実施している転職者実態調査でも、人間関係を理由に離職した人は23%と高い割合を占めていました。

年齢20~24歳25歳~29歳30歳~34歳35歳~39歳
離職理由に人間関係を挙げた割合38.4%22.4%18.5%18.0%
引用元:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況

年齢別に見ると、20歳~24歳が38.4%と突出しており、20代後半から30代にかけては20%前後の人が仕事での人間関係に悩んで離職したことが分かります。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書2024

厚生労働省
雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)
こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

仕事で人間関係が悪くなる主な原因

仕事で人間関係が悪化する原因は、状況によってさまざまです。なぜ悪くなるのか原因を特定することで、改善策や自分が取るべき行動がわかるでしょう。人間関係悪化の主な原因としては、仕事の辛さや長時間ともに過ごすことによるストレス、コミュニケーション不足、価値観の違いなどが挙げられます。

仕事が辛くて気持ちにゆとりが持てない

仕事の負担が大き過ぎる場合、気持ちにゆとりが持てなくなり、人間関係に影響を及ぼす場合があります。仕事が多過ぎて残業続きだったり、責任が重い仕事ばかり任されていたりすると、心に余裕が持てなくなるものです。自分の仕事で精一杯にも関わらず、上司や同僚から仕事を振られると「自分ばかり大変なのでは」と感じ、仕事を振った人にネガティブな感情を抱くこともあるでしょう。

ゆとりがないと周囲の人を気遣う余裕がなくなり、言葉遣いがキツくなったり、ほかの人へ不満をぶつけたりしてしまうこともあります。上司から部下へのプレッシャーが大きくても社員の心のゆとりを奪い、人間関係を悪くする可能性があるでしょう。

長時間共に過ごすことによるストレス

同じ職場で長時間共に過ごすことによるストレスが原因で、人間関係が悪くなることもあるでしょう。正社員で働く場合、1日の大半を職場で過ごします。長時間ともに過ごすからこそ、お互いの何気ない言動が気になりやすくなるものです。1日数時間であれば気にしないで済む相手の発言や癖も、8時間以上共にするとストレスのもとになることもあるでしょう。

社員同士のコミュニケーション不足

コミュニケーションを取りにくい業務形態である場合も、人間関係の悪化につながります。たとえばフルリモートの仕事だと、直接話す機会が少なく、仲を深めるのに時間がかかりやすいものです。ミーティングを実施しても、オンラインだとタイムラグが気になったり時間制限があったりして聞きたいことを聞けないこともあるでしょう。

近年広がりを見せているリモートワークは、人と関わらずに済むことがメリットといわれます。しかし、一方で、直接の関わりが少ないために人間関係を築くのが難しくなるのがネックです。直接の関わりが減ることで誤解を招き、既存の人間関係を悪化させたり、うまくコミュニケーションをとれなかったりする危険性も潜んでいるとも考えられるでしょう。

業務の進め方などにおける意見や価値観の違い

会社の同僚や上司などとの人間関係が悪化する原因として、意見や価値観の違いがあります。業務の進め方や取り組むべき課題の優先度、意思決定のプロセスなどにおいて意見が対立し、人間関係が悪くなるケースは少なくありません。

お互いに自分の考え方や価値観を押し付けると対立が生まれ、誤解や不信感を抱く要因にもなるでしょう。状況が悪化すると業務の遂行に影響を及ぼしたり、チームや職場全体の雰囲気が悪くなったりする可能性もあります。

仕事の人間関係によるストレスがもたらす4つの影響

職場での人間関係が悪化するとストレスがたまり、仕事にも影響を与えることがあります。人間関係の悪さを理由に十分なコミュニケーションを取らなければ、業務の進捗や結果に影響を及ぼすこともあるでしょう。職場の雰囲気が悪く業務に集中できない状態なら、ミスを起こす要因にもなります。

1.仕事の経過や結果に影響を及ぼす

人間関係がうまくいっていない相手との話を避けることで、仕事の経過や結果に影響を及ぼすことがあります。仕事で必要なホウレンソウ(報告、連絡、相談)が機能せず、業務に支障が出ることもあるでしょう。業務内容が取引先に関係するような場合は、会社の信用問題にもなりかねません。

2.集中力が持たずミスを連発する

職場で相性が合わない人がいる場合、相手の言動が気になって仕事に集中できないこともあるでしょう。同じ部署の上司や同僚など、相手との関係性が深いほど、仕事に及ぼす影響が強くなります。相手の言動が目に付いて仕事に集中できず、ミスにつながることもあるでしょう。

上司などからのプレッシャーが強い場合も、ミスにつながる可能性があります。上司と良好な関係を築けていなければ、相手の言動や反応を気にし過ぎて気持ちが萎縮し、本来の実力を発揮できなかったりミスを起こしたりすることもあるでしょう。

3.相談できずトラブルが大きくなる

人間関係が悪化していると、1人で解決できない問題が生じた場合に協力し合うのが難しくなります。人間関係がうまくいっていない状況では、疑問点が生じても、質問や相談をためらってしまうものです。周りと協力できなければ、仕事をこなすことに必要以上の時間や労力がかかりやすくなります。

また、人間関係が悪化した状態では、相性の合わない相手が適切なアドバイスをしてくれたとき、素直に聞き入れられないこともあるでしょう。アドバイスを受け入れずに自己判断で業務を進めた場合、大きなトラブルに発展してしまう恐れもあります。

4.仕事へのモチベーションが下がる

人間関係が悪化すると、仕事へのモチベーションが下がる可能性もあります。同じ部署やチームの人と相性が合わない場合、仕事に前向きになれず、一生懸命働こうという気持ちになれないこともあるでしょう。

なかには仕事に前向きに取り組めないだけでなく、会社に行くこと自体に嫌気がさしてしまうこともあるかもしれません。人間関係の悪化は複雑な問題に発展しがちです。トラブルは早期に解決しておくことをおすすめします。

人間関係で仕事を辞めるのはあり?ストレスになる理由や対処法などを解説」のコラムでも、職場の人間関係についてまとめています。

仕事の人間関係がうまくいかないときの乗り越え方

仕事の人間関係で悩んだら、主観的にならず客観的に捉えてみましょう。相手が変わることを待つよりも、自分の考え方や行動を改めるほうが早く解決につながることもあります。人間関係の悩みの深さや、自分が置かれた状況に適した方法で問題を乗り越えましょう。

相手の言動を客観的に捉えて本質を理解する

苦手な人と関わるときは、客観的に捉える意識を持ちましょう。自分の考え方や感情に沿って主観的に捉えると、自分の気持ちが優先されて、どうしても偏った印象や関係性になってしまいます。

客観的に捉えるよう意識することで、相手の言動の本質を理解できるようになるはずです。感情的に捉えることも減り、相手と良好な関係を築くのに役立ちます。自分との意見の相違があった場合に、うまく受け流すスキルも身につくでしょう。

相手の変化を期待する前にまず自分が変わる

相手に変わることを期待するより、自分が変わるほうが早い場合もあります。たとえば、必要以上に干渉してくる上司に対しては「仕事ができないと思われている」ではなく、「期待されている」と考え方を変えてみるのが有効です。自分の受け取り方を変えることで、相手の言動が気にならなくなることもあるでしょう。

仕事上での人間関係だと割り切る

円滑に業務を進めるために、仕事上の付き合いだと割り切るのも一つの手です。相手との関係性を気にし過ぎると、業務だけでなく私生活に影響を及ぼす恐れもあります。ときには「この人とは仕事だけの関係だから」と割り切り、最低限のコミュニケーションで乗り切ることも大切です。

自ら歩み寄って距離を縮め相手を理解する

思い切って自分から歩み寄り、相手との距離感を縮めていくのも良いでしょう。良好な関係が構築できない原因の一つが、お互いの理解が足りていないこと。相手のことをよく知らないのに印象だけで決めつけている可能性もあります。

まずはあいさつや雑談からはじめて、少しずつ相手との距離を縮められるよう働きかけましょう。本質を理解していくと偏った印象がなくなり、良好な関係を築くきっかけになるはずです。

職場で合わない人がいる…人間関係で悩んだときの対処法」のコラムでも、職場での人付き合いについて解説しています。

仕事の人間関係に疲れて辞めたいときの対処法

仕事での人間関係を良好に保つために、自分で意識改革を行っても改善できないなら、異動や転職も視野に入れましょう。人間関係の悩みを抱えたまま仕事を続けると、ストレスが溜まって心身に影響を及ぼす恐れもあります。異動や転職が難しい場合は、第三者に相談するのもおすすめです。

別の部署への異動を希望する

どうしても人間関係が好転しない場合は、異動を希望するのもひとつの方法です。異動によって勤務する部署や勤務先が変われば周囲の人も変わるので、一から人間関係を築けます。部署異動の希望の出し方は「部署異動が行われる理由とは?希望したい場合や拒否できるかどうかも解説」のコラムで詳しく解説しているので、参考にしてください。

公的な機関に相談する

自分の考え方を変えたり、人事部に掛け合って異動を希望したりしても解決できない場合は、外部の公的な機関に相談するのもおすすめです。「総合労働相談コーナー」や「こころの耳」など、公的機関が行っているサービスもあるため、安心して相談できるでしょう。

人間関係の問題は原因によって解決策が異なるため、状況に合わせて適切な相談先を選んでください。相談先については「仕事を辞めたいほど辛いときの相談先は?窓口機関ややるべきことを紹介」のコラムで詳しく紹介しているので、参考にすると良いでしょう。

参照元
厚生労働省
総合労働相談コーナーのご案内

心の耳

転職を検討する

会社全体で人間関係に問題があるなど、自分の努力で解決が難しい場合は転職も視野に入れましょう。転職することでキャリアアップも目指せるので、人間関係のストレスなどで失ったモチベーションの回復も期待できます。

ただし、転職理由として「人間関係が良くなかった」と伝えるのは注意が必要です。状況をよく知らない採用担当者は、「人間関係が理由で転職した」と聞くと、応募者本人に問題があるのでは、と考えてしまいます。「転職理由は「人間関係」と答えても良い?伝え方のコツを例文付きで解説」を参考に、ネガティブにならない退職理由を準備しておきましょう。

自分に合った職場を見つけたければ、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、専任担当者による徹底したヒアリングで、希望や適性に合った求人をご紹介いたします。

扱っているのはスタッフが事前に訪問した安心できる求人のみ。社内の雰囲気や人間関係など、求人サイトでは分かりにくい情報もしっかりお伝えするので安心です。希望条件に合った求人が見つからない、人間関係に悩まず仕事がしたいなど、どんなことでもハタラクティブにご相談ください。

仕事の人間関係に関するFAQ

仕事の人間関係に悩む人からのよくある質問に回答します。

仕事の人間関係に疲れたのですが…。

仕事の人間関係に疲れてしまった場合は「何が原因か」を特定しましょう。
たとえば、苦手な人が1人いる、仕事が多すぎて押し付け合っているなど、根本にある原因を確認したうえで対策を取る必要があります。特定の苦手な人がいて人間関係に支障をきたしている場合は、仕事上の付き合いと割り切るのも一つの手です。それでも辛い場合は、異動願いや転職を検討しましょう。

仕事の人間関係がストレスで辞めたい。

仕事の人間関係が原因で辞めたい場合、転職準備を行ってから退職を検討しましょう。
いくら辛いからといって勢いで辞めてしまうと、その後の生活に支障をきたしたり面接でうまく自己PRできなかったりする可能性があります。自分が次の転職先に求める条件や自分の活かせる強みなど、転職に必要な情報を整理してから現在の職場を離れるのが良いでしょう。なお、転職に関する悩みは転職エージェントに相談するのがおすすめです。「転職エージェントとは?利用の流れや使うメリットなどを紹介」のコラムで、転職エージェントに関する情報を確認しましょう。

仕事の人間関係がうまくいかないです…。

どの職場で勤めても人間関係がうまくいかない場合は、コミュニケーションの取り方に課題を抱えている可能性があります。コミュニケーションは自分が一方的に話すのではなく、相手の話を聞きながらやり取りするのがポイントです。人間関係向上に向けてコミュニケーション能力を高めたい場合は「コミュニケーション能力を鍛えるには?具体的な方法をご紹介」のコラムもご覧ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次