仕事の人間関係のトラブルは解決できる!?

仕事の人間関係のトラブルは解決できる!?の画像

【このページのまとめ】

  • ・会社は学生時代と異なり、相性が合わない相手や嫌な相手とも関わっていく場である
  • ・人間関係が悪化しやすい会社は、コミュニケーションの取り方に問題がある場合が多い
  • ・人間関係が悪いと、業務上にも悪影響を及ぼすことがある
  • ・トラブルに巻き込まれないためには、程よい距離感を保つようにする
  • ・人間関係の悪影響が心身に及ぶ前に転職を視野に入れた活動を

自由に意見が言い合えてお互いの意見や存在を尊重し合える、そんな風通しの良い会社に勤めたいとは思うものの、実際は、老若男女問わず職場の人間関係に悩む社会人が多いものです。仕事上の人間関係の悪化は、転職理由の常連というほどです。職場はなぜそのような環境になってしまうのでしょうか。人間関係が悪くなると仕事や心身にも悪影響を及ぼすことがあります。人間関係のトラブルに巻き込まれた時はどのように対処すれば良いのでしょうか。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

職場の人間関係が悪くなる原因

会社という枠では、学生同士の付き合いとは異なり、好きな人や相性の合う人で人間関係を構築できるわけではないのが特徴です。
相性が悪いと感じる人や、嫌いな相手、苦手な相手とも一緒に過ごし、協力しあう必要があります。
職種にもよりますが、個人での仕事ではなくチームを組んでプロジェクトに取り組むことがあります。

会社では、相性が悪い相手や嫌いな相手とも、相互で関係しあって仕事を進めていくことが多いものです。同僚とはいえ、見方を変えるとライバルになることもあります。
自分が選んだ人と付き合っていけるわけではないのが会社という集団です。そのため、相性が悪い相手や嫌な相手を避けて通れない会社の人間関係に息苦しさを感じてしまうことがあります。

職場のコミュニケーションがもともと不活発な場合も、人間関係が悪化しやすい傾向にあります。
コミュニケーションを取ることを皆が望んでいない場合は、相手の感情や相手の仕事の状況なども把握しにくく、誤解が生じやすくなります。
誤解を生じたとしてもすぐに解決できる環境であれば良いのですが、コミュニケーションが不活発であると、誤解が解けずに時間が経過してしまい関係が平行線のままで、さらに誤解を生むきっかけになりがちです。

他にも上司が常に部下を監視しているような状況は職場の雰囲気も悪く、職場の人間関係を悪化させる原因になります。
監視というのは、物事をプラスの思いで見るのではなく、重箱の隅をつつくような鋭い目で環境を見渡すことになるためです。また、監視されている状況のもとで働くと、自分に状況が有利に働くようにしたいという考えが起こりやすく、同僚に対してもおおらかな気持ちで見ることが難しくなります。
他人の失敗に対して敏感になる環境は人間関係を悪化させる原因になります。

人間関係の悪さが仕事に及ぼす影響

職場での人間関係が悪化するとストレスがたまり、仕事にも影響を与えることがあります。
人間関係がうまくいっていない相手とは極力話をしたくないと、誰もが思うことでしょう。そのため、仕事で必要なホウレンソウ(報告、連絡、相談)が機能せずに、業務にミスが生じる可能性があります。
特に、取引先が関係するような場合は会社の信用問題にも関わることにもなりかねません。

職場で相性が合わない人がいる場合には、その人の言動が気になってしまいます。相手が上司や同僚、同じ部署など関係性が深くなるほどに意識内で占める割合が高くなることでしょう。
そういった状況では仕事をしようと思っても集中できず、仕事のミスにもつながりやすくなります。

人間関係が上手くいっていない状況では、仕事上の疑問点が出てきた場合にも、質問や相談をする相手がいなくなるため、仕事をこなすことに時間や労力がかかることがあります。
人間関係が悪化していると、1人で解決できない問題が生じた場合に、協力者を募りにくくなります。
また、人間関係が悪化した状態では、たとえ相性が合わない相手が適切なアドバイスをしてくれていたとしても、素直に聞き入れることができずに効率の悪い仕事の仕方をしたり、業務上のトラブルに発展させてしまうこともあります。

仕事で注意を受けた場合の捉え方も、指導してもらったというよりも被害者的な意識が強く働いてしまい、人間関係がよりギクシャクしたものになってしまう可能性があります。

人間関係が悪化することが影響して仕事に前向きに取り組めなくなると、会社に行くこと自体に嫌気がさしてしまう人もいます。深刻な場合はうつなどの病気を引き起こしてしまうこともあります。人間関係の悪化は複雑な問題に発展しがちです。トラブルは早期に解決しておくことをおすすめします。

嫌いな人との付き合い方

会社での人間関係の悪化は、できれば問題が複雑化する前に早期に対処して解決しておきたいものです。
職場のコミュニケーションがもともと不活発で、お互いにあまり干渉しないような状況であれば、自分からコミュニケーションを取る環境作りを心がけましょう。
コミュニケーションの基本は、挨拶です。まずは、自分から明るい声かけをして、挨拶をしあう職場環境を作っていきましょう。

反対に、コミュニケーションが活発すぎることで過干渉になり、人間関係が悪化している場合もあります。
そういった場合は、相手のプライベートな部分には踏み込まない、相手に自分のプライベートな部分に踏み込ませないよう、程良い距離感を保つことが大切です。
あくまでも仕事上の付き合いという雰囲気を出し、多少ドライな人だと思われるくらいでも構いません。
人間関係のトラブルに巻き込まれないようにするためには、自分の場所や相手との距離を確保しておくことが大切です。

職場で人間関係のトラブルに当事者として巻き込まれてしまった場合には、相手と同じ目線にならないように気をつけましょう。同じ目線でいると感情的になりがちで、ますます関係を悪化させてしまうことになる場合もあります。何かあっても平常心を忘れず、常に一歩引いて客観的に状況を把握できるようになると良いでしょう。

また、できる範囲でその人と関わらないように自分から距離を取るようにしましょう。人間関係のトラブルももらっている給料に含まれている事柄のひとつであると割り切って、本来の仕事に没頭するのもひとつの手です。

会社では、自分以外の人同士のトラブルに巻き込まれてしまうケースも多々あります。その多くは、陰口に同調するよう求められそれに乗ってしまった場合です。陰口に同調するように求められたり、誰かを否定するような発言を求められたりする場合は、逃げることで解決できます。「その人をよく知らないので」や「状況がいまいちわからないので」などと上手に逃げる術を身に付けましょう。

人間関係の悪化によって感じるストレスは相当のものです。
人間関係の悩みで頭がいっぱいになってしまうと、仕事をすることの楽しさややりがいなどを見失ってしまいがちです。深刻な状況に陥ってしまう前に、転職をして心機一転スタートさせることも選択肢のうちのひとつです。

ハタラクティブでは、自分に合う社風の会社が見つかるのか、人間関係が原因で退職しても転職に影響しないのか、転職のタイミングがわからないなど様々な不安に対して親身になってアドバイスしています。人間関係の悩みで、働くこと自体の楽しみを見失ってしまう前にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION