このままでいいのかと思ったときにすべき5つのこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. このままでいいのかと思ったときにすべき5つのこと

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・「このままでいいのか」と思うのは、現状に不満があるときや退屈だと感じているとき
    ・「このままでいいのか」と思ったときは、旅行や読書をするのがおすすめ
    ・「このままでいいのか」と思うときは、周りの目を気にしすぎないことも大切

仕事がつまらないと感じたり友人の成功エピソードを聞いたりすると、「このままでいいのか」と不安に思うこともあるでしょう。将来への懸念をそのままにすると不安は募る一方なので、現状を改善するなら何かしら行動をとることが大切です。

本コラムでは、「このままでいいのか」と思ったときにすべきことを5つご紹介。周りの目を気にしすぎて現状を変えられずにいる方は、コラムを読んで今後どうするべきかを考えましょう。


◆このままでいいのかと思うとき

「このままでいいのか」と思うときの例として、以下の3つが挙げられます。

【友人が次々と仕事で昇給・昇進している】

「友達は給料アップや昇進の話をしているのに、自分は何も状況が変わっていない」「友達は仕事でやりがいを感じているけれど、自分は充実感を得られない…」といったときに焦りを感じることがあるようです。

焦燥感に駆られる一方で状況を変える方法が分からない場合、さらに不安が募ってしまうでしょう。

【自分のやりたいことができていない】

「本当は◯◯をやりたいけれど、周りから賛成を得られず挑戦できずにいる」「◯◯の仕事に応募しているけれど、なかなか採用されず別の仕事をしている」といった場合も、もどかしさを感じてしまうでしょう。

現状に満足していないと、仕事や勉強などへのモチベーションが下がってしまい、充実感や達成感を得られず本来やりたかったことへの意欲もなくなる恐れがあります。

【日々の生活が退屈だと感じている】

目標がない、毎日同じことの繰り返し、趣味がなくてつまらないといった場合、充実感を得られず「この生活を続けていいのか?」と焦ることもあるでしょう。自分がどんな生活を送りたいのかを思い描かないと、退屈な生活を変えるのは難しいと考えられます。

◆このままでいいのかと思ったときにすべき5つのこと

「自分の人生はこのままでいいのか?」と思ったときは、以下の5つを実践すると進むべき道が明らかになると考えられます。

【1.旅行する】

普段とは異なる環境で過ごしたり旅先の人と交流したりすれば、「自分の悩みは大したことではない気がしてきた」「リフレッシュできて前向きな気持ちになった」と状況が変わる可能性があります。

特に海外は文化や経済状況、気候などが異なり、仕事の考え方や生活習慣について、自分では当たり前だと思っていたことが通用しない場合もあるでしょう。自分とは違う価値観に触れることで、「◯◯すべき」「□□でなければならない」といった固定観念から抜けられると考えられます。

【2.やりたいことや現状の不満を書き出す】

実現できるかどうかに関係なく、まずはチャレンジしたいこととその理由を書き出してみましょう。また、現時点で自分は何に不満を感じているのか、なぜ満足できないのかも考えると、これからどんな行動をとるべきなのかが見えてきます。

やりたいことや不満が曖昧なままだと何をすれば良いか分からず複雑な心境が続いてしまいますが、実際に書けば本音と向き合えて次のステップに進めるでしょう。

【3.やりたいことに挑戦する】

「◯◯の仕事がしたい」「□□に行きたい」など、書き出した内容で実践できそうなことは積極的にチャレンジしましょう。「失敗しそうで不安」「もう少し年月が経ってからでもいいかも」という気持ちに負けて挑戦しないでいると、「やっぱりあのときやればよかった…」と後悔する恐れがあります。

実際にチャレンジすれば、「◯◯の仕事は向いていると思ったけれど、実際にやってみて合わないと分かった」と新たな発見があったり、「◯◯に早めにチャレンジしたことで、ステップアップするための道が開けた」と次の段階への弾みとなったりするでしょう。

【4.将来について家族や友人に相談する】

自分の将来に不安を感じた際は、第三者に相談するのも1つの方法です。悩みを誰かに話すだけでも、不安が解消されたり前向きな気持ちになったりすると考えられます。

家族や友人からアドバイスをもらった際は、すべてを即座に実践する必要はありません。第三者からの提案を勢いに任せて実践してもうまくいくとは限らないため、あくまで参考程度に留め、自分でじっくり考えてから行動をとりましょう。

【5.本を読む】

本には、文学やビジネス、歴史、サイエンスなど多くのジャンルがあります。自分の将来について考えるなら、視野を広げるためにノンフィクション小説やエッセイ、伝記などを読んでより多くの著者の生き方に触れるのも1つの方法です。

「どんな本を選んだらいいか迷う」「普段読書をしないので最後まで読めるか不安」という人は、インターネットで検索したり書店員や図書館のスタッフに相談したりすると良いでしょう。売れ筋をインターネットで調べたり第三者の意見を聞いたりすれば、読みやすい本を効率的に見つけられると考えられます。

◆周りの目を気にしすぎないことも大切

「このままでいいのか」と悩むのは、「現状のままだと家族から何か言われそう」「本当は◯◯したいけれど、友達にどう思われるか不安…」と人目を気にすることが原因の1つとして考えられます。しかし、周りからの評価を気にしすぎてしまうと、自己肯定感が低くなったり、他者の意見に振り回されたりしてしまうでしょう。

自己肯定感を高めて人目を気にしすぎないようにするには、自分の好きなこと・得意なことを考えるのが有効です。好きなことが料理なら、「手先が器用」「レシピのアイデアがすぐに思いつく」といった自分の強みを思い浮かべましょう。「自分には取り柄がない」と思っていた人も、「細かな作業を地道に進められる」「発想力がある」と長所に気づけて、少しずつ自信を持てるようになると考えられます。

そのほか、新しいチャレンジをしたときは、結果にかかわらず自分を褒めることが大切です。失敗したとしても、挑戦したこと自体を褒めれば、周りの反応に敏感にならずに済むでしょう。

◆仕事でこのままでいいのか悩んだらプロへの相談がおすすめ

就職・転職をする際は、「友達と同じように自分も有名企業で働きたい」「本当はあんまり興味がない仕事だけど、家族に勧められたから」と周りに流されて会社や職種を選ばないよう注意が必要。自己分析や企業研究を行わないで就職・転職先を決めてしまうと、「思っていたのと違う」「仕事にやりがいがなくてつらい…」とミスマッチが起きてしまうからです。

もし「自分にどんな仕事が合うのか分からない」「このままでいいのかと思う一方で、内定をもらえるか不安で転職活動できずにいる」という状況なら、ハタラクティブに相談することをおすすめします。

ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒などを対象に就職・転職支援を行うエージェントです。ハタラクティブに登録すると、以下のサポートを無料で受けられます。

1.希望条件や経験に合う求人の紹介
2.履歴書や職務経歴書の添削
3.模擬面接
4.面接の日程調整の代行
5.面接後の企業へのフォロー
6.入社前に必要な準備のアドバイス

ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがマンツーマンで就職・転職活動をサポート。カウンセリングでチャレンジしたい仕事や働くうえで譲れない条件などを伺い、あなたに合う求人をご紹介します。ハタラクティブが扱う求人は実際に取材した企業なので、具体的な仕事内容や社風を確認できて入社後のミスマッチを防げるでしょう。

ハタラクティブのカウンセリング実績は60,000人で、利用した方の内定率は80.4%。自分に合う企業に就職できるよう、ぜひご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ