仕事に集中できない原因はストレス?対策法や生じるデメリットを紹介!

仕事に集中できない原因はストレス?対策法や生じるデメリットを紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事に集中できない原因としてストレスや睡眠不足、作業量が多いなどが挙げられる
  • 仕事に集中できないと、残業の増加や評価の低下といったデメリットが生じる
  • 仕事に集中できない人は生活リズムを整えたり、優先順位をつけたりするとよい
  • 状況が改善しない場合は、異動や転職を検討するのも一つの手

「仕事に集中できない原因はストレス?」「集中力を上げる方法はある?」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?仕事に集中できない原因はストレスだけではありません。このコラムでは仕事に集中できない原因や、集中できない場合に起こるデメリットをご紹介します。集中できないときの改善策も解説しているので、効率的に仕事を進めたい方はぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事に集中できない主な原因

仕事に集中できない原因として考えられるのは、体調や職場環境など。また、業務内容そのものに原因がある可能性もあるでしょう。

体調に問題がある

やる気はあるのに仕事に集中できない場合は、体調不良が原因かもしれません。たとえば、睡眠時間が不足していると、頭がぼーっとして集中できません。夜更かしをする方は、生活リズムを見直して睡眠時間を確保しましょう。就寝前のスマートフォンやパソコンの使用は睡眠の質を下げ、日中に眠くなる要因となるため注意してください。
風邪などで頭痛や腹痛、身体のだるさがある場合は、仕事がはかどらないだけでなく、ミスしやすくもなるので、無理せずに休むことをおすすめします。また、猫背でパソコンを操作すると、神経が圧迫されて脳への血流が減少し、集中力が低下します。集中力を高めるために、姿勢よく作業しましょう。

仕事に問題がある

自分の能力に対して仕事が簡単すぎる、難しすぎるなど差があると、集中できなくなるでしょう。能力と仕事内容が見合っていないと感じたときは、上司に相談して調整してもらうのがおすすめです。
好きではない仕事をしていると、仕事がつまらなく感じてしまい集中できなくなることも。仕事にやりがいを感じられなかったり興味がわかなかったりする場合は、改めて適性を考えることが大切です。

ストレスも集中できない原因になる

「仕事が楽しくない」「苦手な作業がある」などとストレスが溜まっていると、集中力が低下する可能性があります。集中力が続かないと仕事が進まず、余計にストレスを感じて悪循環になるため、適度にストレスを発散することが大切です。ストレスを発散できないとお悩みの方は「ストレス発散できない人の特徴とは?解消法や予防策も解説!」もご参照ください。

職場環境に問題がある

体調や業務内容に問題はなくても、働く環境が原因で集中力が持たないことがあります。たとえば空調が合わなかったり、デスクの上やオフィス全体が散らかっていたりすると、作業に支障が出るでしょう。騒音や周囲の話し声が大きくて集中できない、というケースも良く見られます。

在宅勤務は集中できない?

近年では在宅勤務を導入する企業も増えていますが、自宅だからこそ家のことが気になってしまったり、周囲に人がいないことからだらけてしまったりする方も多いようです。また、同居人や子どもが家にいる場合は話しかけられてしまい、集中できなくなることもあるでしょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

仕事に集中できない方に起こる3つのデメリット

集中力が低下することで作業効率も悪くなり、時間内に業務が終わらず残業につながる可能性が高まります。また、ミスが増えて評価が低くなり、その結果として成長できずに仕事を任せてもらえなくなるケースもあるでしょう。それぞれ詳しく解説します。

1.作業効率が悪くなり残業につながる

仕事に集中できないと作業スピードが遅くなり、効率が悪くなります。自分のやるべき仕事が終わっていないことで残業時間が増え、睡眠不足になったりストレスが溜まったりと悪循環に陥ります。業務スピードが全体的に遅いと悩んでいるなら、「要領が悪いとは?仕事が遅いと悩む方に向いてる仕事と改善法」のコラムをご覧ください。

2.ミスが増えて評価が低くなる

集中力が低下した状態で行った仕事には、ミスが多くなってしまうでしょう。ミスが多かったり仕事の質が悪かったりすると上司からの評価が低くなり、評価に影響が出る可能性も。それだけでなく、上司から注意されることが多くなると、モチベーションが下がったり、ストレスを感じる機会も増えてしまいます。

3.成長できずに仕事を任せてもらえなくなる

集中できずにだらだらと仕事をしていると、成長は見込めません。成長を感じられない人や作業スピードが遅い人には、新しい仕事を任せてもらえないでしょう。現職で成果がない方は、転職を検討しても採用される可能性が低くなるので、効率的に仕事をするのがおすすめです。

メンタル不調に注意

残業の増加や評価の低下、仕事を任せてもらえないといったことが起こると、メンタルに不調をきたすことがあります。年月が経ってから病気を治すのは難しいため、ストレスがかかった時点で退職を考えるのも一つの手です。ストレスが原因で退職を検討している方は、「ストレスで退職したいときの5つの対処法!円満退社をするコツは?」もご参照ください。

仕事に集中できない場合の5つの対策方法

仕事に集中できないときは、生活リズムを見直して体調を整えたり、集中が続くよう適度に休憩を取ったりするのが効果的。可能な範囲で周辺環境を整えるのもおすすめです。

1.生活リズムを見直す

体調不良が仕事に集中できない原因なら、睡眠不足の解消や体調を整えるために生活リズムを見直すことが重要です。ストレスが溜まって眠れない、残業が多くて寝る時間が短くなるといった方は、異動や転職を検討して根本的な問題の解決も検討しましょう。

2.適度に休憩をとる

人間が集中できる時間には限度があるといわれているため、仕事中に適度な休憩をとることも大切です。昼休みに仮眠をとったり、休憩時間にストレッチしたりすると頭がすっきりして集中力を高められるでしょう。

3.仕事に優先順位をつける

複数の作業を同時に行うのではなく、優先順位をつけて一つずつ仕事をこなすのがおすすめです。優先順位をつけずにやみくもに仕事を進めると、仕事が終わるのかといった不安におそわれて集中できなくなります。前日の最後か、当日の最初にタスクを書き出して、やるべき順番を決めましょう。

4.作業環境の問題を解消する

作業環境が集中力低下の原因になっている場合は、問題を解決することで集中力を高められます。デスクを整理整頓する、オフィスを片付ける、上司に相談して業務中の会話は控えるよう通達してもらうといった対応が考えられます。「仕事が早い人の特徴とは?効率的に作業するコツについて」でも触れているように、デスクを片付けると業務効率に繋がります。

5.転職する

仕事に集中できない場合は、原因となる問題を解決することが必要です。上司や同僚に相談しても解決できない場合は、転職を検討しましょう。転職エージェントに相談すると、社風や残業の多さなど聞きにくいことでも教えてもらえます。

転職するか迷っている方は、ハタラクティブのアドバイザーにぜひ一度ご相談ください。
ハタラクティブは、高卒や第二新卒、既卒、フリーターなどの若年層を対象とする就職・転職支援サービス。経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、厳選した求人からあなたに合うお仕事をご紹介します。当サービスは、マンツーマン体制で応募書類の添削や面接対策などを行うのが特徴。未経験OKの求人も多数ご用意しています。サービスのご利用はすべて無料のため、気軽にご相談ください。

仕事に集中できない人に関するFAQ

仕事に集中できない方が気になる質問をまとめました。

15・45・90分の法則とは?

15・45・90分の法則とは、集中できる時間が15分・45分・90分だと唱えた法則です。特に集中できる時間が15分、一般的に集中できる時間が45分、集中力の限界時間が90分だといわれています。15・45・90分の法則にしたがって、仕事を進めるのもおすすめです。

ポモロードテクニックとは?

ポモロードテクニックとは、短期集中と休憩を交互に行うことで作業効率を上げる時間管理の方法です。短期集中を25分、休憩を5分で行うのが一般的。ポモロードテクニックを詳しく知りたい方は、「ポモドーロ・テクニックとは?うまく活用して集中力と生産性をアップ!」をご覧ください。

朝、仕事に集中できない場合は?

人によって集中できる時間帯は異なるため、朝は集中力が上がらない方もいるでしょう。自分がどの時間帯に集中できるのか、把握しておくことが大切です。集中できない時間帯は単純作業を行い、集中できる時間帯は頭を使う仕事をするなど、工夫して作業を進めましょう。

この記事に関連するタグ