社会人に向いていないのはどんな人?社会人経験がない人の特徴も解説

社会人に向いていないのはどんな人?社会人経験がない人の特徴も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・社会人に向いていない人の特徴には完璧主義、人からの指示を嫌うなどがある
  • ・社会人に向いていない人には単独で作業でき、場所や時間に捉われない働き方がおすすめ
  • ・社会人に向いていない人の適職にはプログラマーや警備員、ライターなどがある
  • ・社会人経験がない人には指示待ちや自意識過剰、仕事を選り好みするなどの特徴がある

仕事がうまくいかなかったり、非正規の仕事を続けていたりすると「自分は社会人に向いていないのでは…」と悩んでしまうこともあるでしょう。しかし、企業勤めに向いていない人は職選びや働き方の工夫、非正規の仕事を続けている人は自己分析をすることで自分に合った仕事を見つけることは可能です。このコラムで自分に当てはまる特徴からどんな仕事を選べば良いのかを知り、改めて適職を検討してみてください。

社会人に向いていない人の8つの特徴

社会人に向いていない人には、主に以下の8つの特徴があるといわれています。それぞれ見ていきましょう。

1.完璧主義である

完璧主義なところのある人は、社会人には比較的向いていないでしょう。なぜなら、社会人である以上は自分の仕事を決められた期限内に終わらせる必要があるからです。
完璧主義の人には、自分が納得いくまで仕事内容にこだわってしまうのが特徴。期限内に終わらせるために「ほどほどのクオリティで提出する」ということができない人が多いです。自分の仕事のクオリティにこだわるあまり、周囲と足並みが揃わないことがあるでしょう。

2.就業時間を自分でコントロールしたい

就業時間を自分の好きなようにしたいという人も、社会人には不向きです。社会人は就業時間が決まっており、その間は必ず仕事をする必要があります。自分で就業時間を調節できないので、ストレスを感じてしまうでしょう。

3.一人で仕事をしたい

自分一人きりで黙々と仕事をしたい人も、社会人には向いていないといえます。社会人は、集団のなかで連携を取りながら働きます。職場では自分の周囲で多くの人が話したり、自分の作業をしたりするでしょう。よって、一人で静かに仕事をしたいという人は、合わないと感じるようです。

4.人から指示されたくない

人から指示されることに抵抗を覚える人も、社会人には向いていないでしょう。社会人は多くの人のなかで連携して働きます。よって、皆とある程度足並みを揃える必要があり、そのために人から指示を受けることも日常的。人から指示されることに抵抗を覚えていては、周囲とうまく仕事をすることができないでしょう。

5.嫌なことを我慢できない

自分の嫌なことに耐えられない人も、社会人には向いていないといえます。社会人として多くの人々のなかで働くうえでは、多少の嫌なことがあっても辛抱が必要です。少しでも嫌なことがあると大きなストレスを感じてしまいうまく処理できない人は、集団のなかで働くのは難しいでしょう。

6.人とのコミュニケーションが苦手

人とのコミュニケーションが不得手だと、社会人生活を苦痛に感じる可能性があります。社会人として働く日常は、コミュニケーションの連続です。少しの人見知り程度であれば適応できるでしょうが、コミュニケーションが非常に苦手で意思疎通が難しいとなると、社会人として働くのに困難を感じるでしょう

7.ルールに息苦しさを感じる

細かく決まったルールに息が詰まると感じる人も、社会人には向いていない可能性が高いです。集団で仕事をするには、ルールを細部まで決めておくことが必要。ざっくりとしたルールでは、皆が動く際に困るからです。しかし、細かいルール自体が苦痛、息苦しさを感じるという人は、社会人として働くうえでストレスを感じやすいでしょう。

8.人に合わせられない

自分のペースでしか物事を進められない人も、社会人には不向きです。社会人として仕事をする際には、周囲の様子を見ながら動く必要があります。自分の好きなように動きたい、周囲のペースを考えられないという人は、職場の和を乱してしまうでしょう。そのような人は社会人として働いていても、自分、周囲ともにストレスを感じてしまう可能性が高いです。

企業で働くことに向いていないと感じる方には「企業で働くことに向いてない人の特徴は?おすすめの働き方もご紹介!」のコラムが参考になるでしょう。

社会人が向いていない人におすすめの3つの働き方

自分には社会人が向いていないと思う方には、以下の3つの働き方が合っている可能性があります。以下、それぞれ見ていきましょう。

1.単独で作業できる

他人と作業をするのが苦手な人にとって、単独作業できるのは仕事がしやすいと感じるでしょう。周囲を気にせず、集中して作業ができるからです。自分一人で作業できる環境がある仕事を選べば、仕事がうまくいきやすいでしょう。

2.場所や時間が決まっていない

社会人のように仕事の場所や時間が決まっていると不自由を感じる人にとっては、場所や時間の制約を受けない働き方は魅力的。自分の好きな場所や時間で働けるので、ストレスを感じることなく働けるでしょう。

3.得意なことを選ぶ

社会人が向いていない人は自分の苦手な仕事をほどほどにこなすことができず、パフォーマンスを下げてしまいがち。よって、待遇にこだわるよりも自分の得意な業務内容を自分の得意分野にするのがおすすめです。

人が苦手で社会人に向いていないと感じる方は、「人嫌いでも働くことはできる?おすすめの仕事や診断法を紹介!」のコラムも併せてご覧ください。

社会人に向いていない人の8つの適職

社会人に向いていないという特徴を持つ人には、以下の8つの仕事のなかに適職がある可能性があるでしょう。主な特徴をご紹介します。

1.プログラマー

プログラマーは、IT企業でシステムのプログラミングをする仕事です。プログラマーはシステムをコツコツと作り上げていくのが主な業務なので、単独作業を好む人に向いています。人との打ち合わせもありますが、他の仕事と比べて少ないのも特徴です。

2.工場勤務

工場での軽作業は決められた工程をこなしていくものなので、周囲と話さずに仕事をしたい人に向いています。また、人と一緒に作業するものではないので、単独作業を好む人にも適性があるでしょう。

3.郵便局の仕分け作業

郵便局で手紙などの郵便物を仕分けする仕事ですが、工場の軽作業と同様、黙々と決められた工程をこなしていく作業になるでしょう。よって、単独作業を好む人に向いています。また、日々大量の郵便物を仕分けるので、周囲とほとんど話すことなく作業に没頭できるでしょう。人とあまりコミュニケーションを取らずに仕事をしたい人にもおすすめです。

4.トラックの運転手

トラックドライバーの業務は運転が主なので、単独作業を好み、人とのコミュニケーションを苦手とする人に向いています。長距離輸送を担当するドライバーは体力を必要とするものの、就業時間が長いためまとまった金額を稼げるのも魅力的です。

5.警備員

警備員は不審な人が入らないようにする仕事のため、普段人がいない所が就業場所になる場合が多いです。また、複数人で警備をしていても話していると注意が逸れてしまうので、業務の際は会話をしないのが基本。よって、人と話す必要がなく、単独で仕事ができるところがメリットです。

6.ライター

ライターは文章を書くのが仕事なので、業務は基本的に単独作業です。打ち合わせなどで人と連絡を取ることもありますが、必要最低限に留まるでしょう。よって、一人で黙々と作業したい人に向いています。また、時間や場所の制約なく働くことも可能なので、自分で就業時間をコントロールしたい人にも適性があるでしょう。

7.電気検針員

電気検針員は、住宅を回って電気メーターをチェックする仕事です。多くの人の家を回りますが、基本的に住人と会話をしないので、業務上、人とコミュニケーションを取る機会は少ないでしょう。

8.Webデザイナー

Webデザイナーは、見やすく使いやすいWebサイトを作成する仕事です。先述のプログラマーのように単独作業が主なので、黙々と作業したい人に向いています。また、ライターのように打ち合わせも必要最低限なうえ、時間や場所の制約なく働く人も多いです。よって、社会人に向いていないと感じる人に適しているでしょう。

向いている職業の見つけ方!適職の診断方法や自己分析のやり方を解説」のコラムでは、自分に向いている仕事が知りたいと思う方に向けて適職の見つけ方を分かりやすく解説しています。こちらも参考にしてみてください。

社会人が向いていないと思ったときの3つの解決方法

自分には社会人が向いていないと思ったら、以下の3つの方法を検討してみると良いでしょう。

1.リモートワークの多い仕事を選ぶ

企業内で働く場合では、リモートワークができる機会が多い仕事を選ぶのがおすすめです。リモートワークではオフィス以外の場所で働けるため、自宅など自分の好きなところで働けるのが魅力。通常の業務では職場で働く必要があっても、リモートワークが多ければそれだけ精神的な負担が減るでしょう。

2.人と上手くいく方法を探る

もし、社会人として仕事をしていきたいのであれば、前向きに人と上手く行く方法を探るのも効果的です。本を読んだり、誰かに相談したりするのも良いでしょう。人とのコミュニケーションに悩む人は多く、対策本もたくさん出版されています。また、機会があれば、周囲のコミュニケーションの上手い人にさりげなく聞いてみるのも手です。

3.フリーランスになる

時間や場所の制約を受けずに働きたいなら、フリーランスになるのも良いでしょう。出社する必要がなく、周囲を気にせずに作業できるのがメリットです。企業で働くのには適性がなくても、フリーランスになったら仕事がうまくいくようになる場合もあります。

社会人に向いていない人と社会人経験がない人の違い

一般的に「社会人経験がない人」も、社会人としての素質に乏しい人として、社会人に向いていない人と混同されがちです。しかし、「社会人経験がない人」は、必ずしも、社会人経験がない人が社会人に向いていないというわけではありません。以下、それぞれの違いをご紹介します。

社会人としての適性があるかどうか

社会人に向いていない人は「会社員としての適性がない人」とも言い換えられるでしょう。働く場所や時間、ルールに縛られたくなかったり、多くの人とコミュニケーションを取るのが苦手だったりする人がこれに当たります。しかし、社会人経験がない人がこれらの特徴に当てはまるとは限りません。経験が不足しているだけで、会社員としての適性を持っている可能性もあるでしょう。

適している働き方

社会人に向いていない人は会社員以外の働き方や、個人作業のできる仕事が主に適しているといえます。先述したような「就業時間や場所を自分で決められる」「人とあまりコミュニケーションを取らずに業務ができる」といった要素を持つ仕事が望ましいでしょう。
一方、社会人経験のない人が適している働き方は、これまでの経験からは分かりにくい可能性があります。社会人経験がない場合には自己分析や周囲への相談などを通じて、徐々に自分の働きやすい状況について考えていくと良いでしょう。

社会人経験がなく正社員を希望する方は、「社会人経験なしの人が正社員就職を成功させるための準備やコツを紹介!」で正社員就職について詳しく解説していますので、こちらのコラムもお役立てください。

社会人経験がない人の4つの特徴

社会人経験がない人には、主に以下の4つの特徴があるようです。

1.社会人の一般的なマナーが身についていない

社会人経験がない人は「基本的なマナーがなっていない」という評価を受けてしまうことがあります。社会人になると基本的なビジネスマナーにくわえ、上司や取引先など日々多種多様な人と関わるうちに、自然と対人マナーが身についていくものです。しかし、社会人経験がない人はそれらのマナーを身に付ける機会がないため、すでに身についている人からは「礼儀がなっていない人」と見られてしまいやすいでしょう。

2.人から指示されなければ動けない

社会人経験がないと、行動を起こすときに誰かの指示がなければ動けないという人が多いようです。社会人として働いていると、ときには自分で考えて動かなくてはならない場面があります。しかし、社会人経験がないと自分で行動しようという意識がなく、学生時代のように誰かの指示を待ってしまうので、頼りないと評されるようです。

3.自意識過剰である

社会人として働いたことのない人は極端に自信がなかったり、逆にプライドが高すぎてしまったりするようです。これは、社会人に比べて経験が圧倒的に少ないことが主な原因の一つでしょう。社会人として働いていれば仕事の成功で自信を得たり、反対に失敗して自信を失ったりしながら、徐々に自分の力量を見極められるようになっていくものです。しかし、そのような経験が少ない人は自分の力量が客観的に分からないため、自意識過剰になりやすいといえるでしょう。

4.仕事を選り好みしてしまう

社会人経験がない人は、そもそも知っている仕事の種類が少ない場合が多いです。そのため、いざ仕事を選ぼうとすると、限られた選択肢の中でしか選ぼうとしない傾向があります。社会人として働いた経験があると多種多様な仕事をしている人と関わるため、知っている仕事の種類が自然に増えていくもの。よって、転職の際にも多くの可能性を考えられるのです。社会人経験がないと仕事への知識が乏しいことから、仕事を選ぶ際に困ってしまうこともあるでしょう。

社会人経験がなくても大丈夫!適職の探し方

社会人経験がない人はこれまでの経験から適職を判断することが難しいため、就職支援サービスでアドバイスを受けながら就活するのがおすすめです。以下、2つの主な就職支援サービスについてご紹介します。

ハローワーク

ハローワークは厚生労働省が管轄する公的な就職支援サービスで、管轄地域の求人を多く取り扱っているのが特徴。よって、主に地元で就職したい人に向いています。また、無料の就職セミナーを受けられたり、カウンセリングが受けられたりするのもメリットです。

就職エージェント

就職エージェントは民間企業が運営する就職支援サービスで、企業によって扱う求人や支援対象が異なります。よって、自分に合ったサービスを選ぶと適職が見つかりやすいのが特徴です。また、無料のカウンセリングを受けられるのはハローワークと同様ですが、特定の業界や支援対象に特化しているため、アドバイザーがその就職状況に詳しいのもメリットといえるでしょう。
社会人経験がない人は、業界や就職事情に詳しいプロの手を借りてご自身の適職を探してみてはいかがでしょうか。

「自分は社会人に向いていない気がする…」「社会人経験がなく、どんな仕事を選べば良いか分からない」とお悩みの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご利用ください。ハタラクティブでは、20代のスキルや経験に自信のない方に向け、人柄やポテンシャルを重視する企業の求人を多数取り扱っております。企業で働く自信のない方も、まずは一度ご相談ください。経験豊富な就活アドバイザーが、あなたに適した仕事や働き方を丁寧にアドバイスいたします。ご登録、ご利用はすべて無料。お気軽にお問い合わせください。

社会人に向いていないというお悩みに関するQ&A

「自分は社会人に向いていないのでは…」というお悩みを持つ方に向け、よくある質問と回答をご紹介します。

社会人に向いていない人とはどういう人?

社会人に向いていない人とは一般的な企業勤めに向いておらず、完璧主義や人とのコミュニケーションが苦手などの要素を持つ人といえます。なかには、企業勤めに向いていないと「自分には適職がないのではないか」と自信を失ってしまう人も。しかし、自分の特徴を見極めたうえで仕事を選べば適職が見つかるでしょう。「社会不適合者におすすめの仕事12選!就職しても続かないことの対処法も紹介」のコラムも併せて参考にしてみてください。

社会人に向いていないと感じる人の仕事の選び方は?

自分が苦手とする要素を避けたり、反対に得意なことを選んだりしながら仕事を探すと良いでしょう。また、働き方に着目し、企業勤めでも比較的リモートワークの多い仕事を選ぶなど働き続けられそうな環境を考慮した選び方がおすすめです。

社会人に向いていない人から向いている人になれる?

もし企業勤めに向いている人になりたいのであれば、努力によってある程度近づくことが可能でしょう。苦手なことでも、努力によってカバーするのも一つの手です。「会社で必要とされる人になるためには?仕事ができる人の7つの特徴も解説!」では企業人として必要な要素について詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

社会人に向いているか自信がないけど就職したい…

就職したいという気持ちがあるなら、ぜひ一歩を踏み出してみましょう。どんな仕事が自分に合っているのか分からないのであれば、就活のプロの力を借りるのもおすすめです。20代向け就職エージェントのハタラクティブでは、どんな仕事を選んだら良いか分からない方に向け、専任の就活アドバイザーがカウンセリングを通じてアドバイスを行っています。一度ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION