社会人に向いていないと感じるのはなぜ?社会人経験がない人の特徴も解説

社会人に向いていないと感じるのはなぜ?社会人経験がない人の特徴も解説の画像

この記事のまとめ

  • 社会人に向いていないと悩む人には完璧主義、ルールや規則が苦手などの特徴がある
  • 社会人に向いていないと悩む人は、単独作業でき場所や時間を選べる働き方がおすすめ
  • 社会人に向いていないと悩む人の適職はプログラマーや警備員、ライターなど
  • 社会人経験がない人の特徴に、指示待ちや仕事を選り好みすることなどが挙げられる

仕事がうまくいかず、「自分は社会人に向いていないのでは…」と悩んでしまうこともあるでしょう。職選びや働き方を工夫すれば、適職に出会うことは可能です。このコラムでは、社会人に向いていないと悩んでしまう方の特徴や、おすすめの職業をご紹介しています。また、社会人経験がない人との違いについても解説。漠然とした悩みを解消し適職に出会うために、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

社会人に向いていないと悩みやすい人の6つの特徴

ここでは、社会人に向いていないと悩みやすい人の特徴をご紹介します。それぞれ見ていきましょう。

1.完璧主義である

完璧主義なところがある人は、社会人に向いていないと悩みがちなことが多い傾向にあります。小さな仕事も手を抜かないストイックさは大きな武器ですが、完璧を求めるあまり、自分を「甘えている」と過小評価したり、周囲と足並みがそろわなくなってしまったりすることも。その結果、「自分は社会人に向いていない」と思い悩んでしまうことが多いと考えられます。

2.ルールや規則に縛られたくない

社会人に向いていないと悩みがちな人の特徴の一つに、社会や企業のルールに縛られたくないという考えを持っていることが挙げられます。時間に縛られず働きたい、服装や髪型などの制限を受けたくないと感じる人は、会社の就業規則や細かいルールに息苦しさを感じてしまうでしょう。

3.自分のペースで仕事をしたい

仕事をするうえでは多くの人と連携を取る必要があるため、自分のペースを崩したくない人も、社会人に向いていないと感じることが多いようです。1人で黙々と仕事をするのが得意な人や、周囲に干渉されず自分のペースを貫きたい人は、突然仕事を振られたり、話しかけられたりする環境にストレスを感じやすいといえます。常に人とやり取りをしながら業務を進める働き方は、向いていないと悩んでしまうでしょう。

4.人から指示されたくない

人から指示されることに抵抗を覚える人も、社会人に向いていないと悩みやすいでしょう。企業に勤めていると、上司やリーダーからの指示をもとに行動する機会が多々あります。人からの指示にストレスがたまってしまうという人は、誰かの下について働くことに違和感を覚えやすいようです。

5.嫌なことを我慢できない

忍耐力がなく、嫌なことを我慢できないといった特徴も挙げられるでしょう。社会人に向いていないと悩む人のなかには、ちょっとした失敗や挫折が受け入れられず、働くことに耐えられなくなってしまう人もいるようです。また、ストレス耐性が低いと、社会に向いていないのではと落ち込みやすいことも考えられます。

6.コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手だと感じる人も、社会人に向いていないと悩みやすいようです。業務を進めるうえでコミュニケーションは必要不可欠なほか、ビジネスシーンでは気遣いやマナーを求められることも。人間関係の構築や人との接し方に自信がない場合、それが社会人への苦手意識に直結してしまうといえます。

以上の特徴に当てはまる方や、「企業勤めに向いていないのでは…」と悩んでいる方は、「企業で働くことに向いてない人の特徴は?おすすめの働き方もご紹介!」をご覧ください。悩んだときの考え方や対処法についてご紹介しています。

未経験OK多数!求人を見てみる

社会人が向いていないと悩む人におすすめの働き方

自分には社会人が向いていないと悩みやすい方には、以下の3つの働き方が合っている可能性があります。以下で詳しく解説しているので、確認してみましょう。

1.単独で作業できる

集団行動やコミュニケーションへの苦手意識から「社会人に向いていない」と悩んでしまう場合は、単独作業が可能な仕事がおすすめです。周囲を気にせず集中して作業できる仕事を選べば、ストレスや苦手意識が軽減される可能性が高まるでしょう。

2.場所や時間を自分で決められる

就業時間や場所、服装の自由のないことが原因で「社会人に向いていない」と感じている人は、場所や時間の制約を受けない働き方が向いているといえます。自宅やカフェなど、自分の好きな場所や時間を選べるようになれば、今よりも仕事を楽しめるでしょう。

3.得意なことを仕事にする

「社会人に向いていない」と悩むことが多い人は、小さな失敗や挫折が苦手意識に拍車をかけてしまう可能性があります。雇用形態や待遇だけを見るのではなく、得意分野や好きなことを仕事にするということも考えてみてください。適性をもとに仕事を選ぶことで、失敗や挫折から立ち直りやすくなるでしょう。

人が苦手で社会人に向いていないと感じる方は、「人嫌いも働くことはできる?おすすめの仕事や悩んだときの対処法を紹介!」のコラムも併せてご覧ください。

社会人に向いていないと悩む人の8つの適職

社会人に向いていないと悩んでいる人は、以下の8つの仕事のなかに適職がある可能性が高いでしょう。それぞれの特徴をご紹介します。

1.プログラマー

プログラマーとは、システムを作動させるためのプログラミングを行う仕事です。コードを書き込んでシステムを作り上げていくため、パソコンでの単独作業がメインとなることが多いでしょう。打ち合わせやコミュニケーションの機会もそこまで多くないため、「社会人に向いていない」と悩む方も挑戦しやすいといえます。

2.工場勤務

工場での作業は、決められた工程をこなす場合が多いため、一つの業務にコツコツと集中したい人におすすめです。また、業務の多くは一人での作業なので、単独作業を好む人にも適性があるでしょう。

3.郵便局の仕分け作業

郵便物の仕分けも、決められた工程を黙々とこなしていく作業が多いようです。よって、単独作業を好む人に向いているといえます。また、時間内に大量の郵便物を仕分ける必要があるので、作業中に人と話す機会はそれほど多くありません。なるべく人とコミュニケーションを取らずに仕事をしたい人にもおすすめです

4.トラックの運転手

トラックドライバーの業務は運転が主なので、単独作業を好み、人とのコミュニケーションを苦手とする人に向いているでしょう。長距離輸送を担当するドライバーは体力を必要とするものの、就業時間が長いため、まとまった金額を稼げるのもメリットです。

5.警備員

警備員は、不審者・不審物をいち早く発見し対処するため、警備や巡回業務などを担当する仕事です。集中力と注意力が必要なので、業務連絡以外のコミュニケーションが求められることは少ないでしょう。担当によっては一人で作業する場合も多くあるため、黙々と集中したいという人に向いているといえます

6.ライター

ライターは文章を書くのが仕事なので、業務は基本的に単独で行います。打ち合わせなどで人と連絡を取ることもありますが、ライティング自体は一人で行うため、コミュニケーションを必要最低限に抑えたい人に向いているでしょう。また、企業によってはリモートワークが可能なので、自分のリラックスできる環境で仕事をしたい人にもおすすめです

7.電気検針員

電気検針員は、住宅を回って電気メーターをチェックする仕事です。多くの家を回りますが、基本的に住人と会話をしないので、人とコミュニケーションを取る機会は少ないでしょう。また、大枠の業務内容も決まっているため、作業に集中しやすい仕事といえます

8.Webデザイナー

Webデザイナーは、見やすく使いやすいWebサイトを作成する仕事です。クライアントや取引先とやりとりする必要がありますが、デザイン作成時は単独作業となる場合が多いでしょう。裏方として作業したい人に向いているほか、時間や場所を選んで働けるのも魅力です。ものづくりが好きな人や、ルールに縛られたくない人に向いているといえます。

自分に向いてる仕事が分からない!自己分析や適職診断を活用しよう」のコラムでは、自分に向いている仕事が知りたい方に向けて、適職の見つけ方を解説しています。こちらも参考にしてみてください。

社会人が向いていないと思ったときの3つの解決方法

自分には社会人が向いていないと思ったら、以下の3つの方法を検討してみると良いでしょう。

1.リモートワークの多い仕事を選ぶ

社会人に向いていないと感じる人が企業で働く場合、リモートワークの選択ができる仕事がおすすめです。リモートワークなら、自宅やコワーキングスペースなど好きなところで働けるほか、上司や同僚とのコミュニケーションの機会も減るでしょう。業務中に話しかけられることもなくなるため、対人ストレスの軽減が期待できます。

2.人と上手く関わる方法を探る

社会人として仕事を続けたいのであれば、人と上手く付き合っていく方法を探るのも効果的です。本を読んだり、誰かに相談したりするのも良いでしょう。人とのコミュニケーションに悩む人は多く、対策本も出版されています。また、コミュニケーションの上手い友人や家族にさりげなく聞いてみるのも手です。

3.フリーランスになる

時間や場所の制約を受けずに働きたいなら、フリーランスになるのも良いでしょう。出社する必要がなく、周囲を気にせずに作業できるので、社会人に向いていないと悩みがちな人におすすめの働き方です。自分の得意分野を仕事にできるため、会社員の適性がなくても、フリーランスになったら仕事がうまくいく可能性もあります。

社会人に向いていないと悩む人と社会人経験がない人の違い

「社会人に向いていないと悩む人=社会人経験がない人」というわけではありません。以下で、それぞれの違いをご紹介します。

社会人としての適性

社会人に向いていないと悩みがちな人は「会社員としての適性がないことに悩みがちな人」とも言い換えられるでしょう。働く場所や時間、ルールに縛られたくなかったり、多くの人とコミュニケーションを取るのが苦手だったりする人が該当します。しかし、社会人経験がない人がこれらの特徴に必ずしも当てはまるとは限りません。経験不足から苦手意識を持っているだけで、適性がある可能性も考えられるでしょう

適している働き方

社会人に向いていないと悩む人は、会社員以外の働き方や、個人作業のできる仕事が適しているといえます。先述したような「就業時間や場所を自分で決められる」「人とあまりコミュニケーションを取らずに業務ができる」といった要素を持つ仕事が望ましいでしょう。一方、社会人経験のない人が適している働き方は、これまでの経験からは分かりにくい可能性があります。社会人経験がない場合は自己分析や周囲への相談などを通じて、自分の働きやすい状況について考えていくと良いでしょう

社会人経験なしから正社員就職を成功させるための準備やコツを紹介!」では、社会人経験がない状態から正社員を目指す方へ向け、就職のコツをご紹介しています。こちらのコラムもお役立てください。

社会人経験がない人の4つの特徴

社会人経験がない人には、ビジネスマナーが身についていない、自分を客観視できないなどの特徴があるようです。ここでは、4つの特徴を紹介します。

1.社会人としてのマナーが身についていない

社会人経験がない人は、「基本的なマナーがなっていない」という評価を受けてしまうことがあります。社会人になると、上司や取引先などさまざまな人と関わるうちに、自然と対人スキルやビジネスマナーが身についていくものです。しかし、社会人経験がない人はそれらのマナーを身につける機会がないため、「礼儀がなっていない人」と見られてしまいやすいでしょう。

2.人から指示されなければ動けない

社会人経験がない人のなかには、誰かの指示がなければ動けないという人もいるようです。社会人として働いていると、ときには自分で考えて動かなくてはならない場面があります。しかし、社会人経験がないと自分で行動しようという意識が持てないほか、経験不足のためどうするべきか分からなくなってしまうことも。結果として誰かの指示を待ってしまい、頼りないと評価されてしまうようです。

3.自分の能力を客観視できていない

社会人として働いたことのない人は、極端に自信がなかったり、逆にプライドが高過ぎたりすることがあるようです。これは、社会人に比べて自分を見つめ直す経験が少ないことが主な原因でしょう。社会人は、仕事の成功と失敗を繰り返すことで、徐々に自分の力量を見極められるようになっていくものです。しかし、そのような経験が少ない人は自分の力量が客観視できず、正当な自己評価ができなくなってしまうといえます。

4.仕事を選り好みしてしまう

社会人経験がない人は、仕事選びの際に限られた選択肢のなかから選ぼうとする傾向があります。なぜなら、業種・職種についての知識が不足していることが多いためです。社会人は多くの人と関わる機会があるため、知っている仕事の種類が自然と増えていくでしょう。そのため、転職時も経験と知識の両面から多くの可能性を考えられるのです。一方、社会人経験がないと仕事への知識が限られている場合が多く、仕事を選ぶ際に自分の理想が高くなり過ぎてしまうこともあるでしょう。

社会人経験がなくても大丈夫!適職の探し方

社会人経験がない人はこれまでの経験から適職を判断することが難しいため、就職支援サービスでアドバイスを受けながら就活するのがおすすめです。2つの主な就職支援サービスについてご紹介します。

ハローワーク

ハローワークは厚生労働省が管轄する公的な就職支援サービスです。管轄地域の求人を多く取り扱っているため、主に地元で就職したい人に向いているでしょう。また、無料の就職セミナーを受けられたり、カウンセリングが受けられたりと、充実した支援が受けられるのもメリットです。

就職エージェント

就職エージェントは民間企業が運営する就職支援サービスで、企業によって扱う求人や支援対象が異なります。特定の業界や年齢に特化しており、知識や経験が豊富なアドバイザーのサポートを受けられるのが大きなメリットです。そのため、希望や適性をもとに、自分に合ったサービスを選ぶことが重要でしょう。社会人経験がない人は、業界や就職事情に詳しいプロの手を借りてご自身の適職を探してみるのもおすすめです。

「自分は社会人に向いていない気がする…」「社会人経験がなく、どのような仕事を選べば良いか分からない」とお悩みの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブでは、20代のスキルや経験に自信のない方に向け、人柄やポテンシャルを重視する企業の求人を多数取り扱っております。企業で働く自信のない方も、まずは一度ご相談ください。経験豊富な就活アドバイザーが、一人ひとりに適した仕事や働き方を丁寧にアドバイスいたします。ご登録、ご利用はすべて無料なので、お気軽にご相談ください。

社会人に向いていないというお悩みに関するFAQ

「自分は社会人に向いていないのでは…」というお悩みを持つ方に向け、よくある質問と回答をご紹介します。

社会人に向いていないと悩みやすい人の特徴は?

完璧主義で自己評価が低い、コミュニケーションが苦手などの特徴を持つ人といえます。なかには、企業勤めに向いていないと「自分には適職がないのではないか」と自信を失ってしまう人もいるようです。しかし、自分の特徴を見極めたうえで仕事を選べば適職は見つかるでしょう。詳しくは、このコラムの「社会人に向いていないと悩みやすい人の6つの特徴」をご覧ください。

社会人に向いていないと感じる人の仕事の選び方は?

社会人に向いていないと感じる人は、そう思う原因や自分の特徴について考えてみてください。それらをもとに、自分が苦手とする要素を避けたり、反対に得意なことを選んだりしながら仕事を探すと良いでしょう。また、働き方に着目し、企業勤めでも比較的リモートワークの多い仕事を選ぶなど、働き続けられそうな環境を考慮した選び方がおすすめです。仕事の選び方について、詳しくはこのコラムの「社会人が向いていないと悩む人におすすめの働き方」で紹介しています。

社会人に向いていないと悩んでしまうのを克服するには?

自分の苦手をカバーする努力が必要といえます。「会社で必要とされる人になるためには?仕事ができる人の7つの特徴も解説!」では、企業人として必要な要素について詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

社会人に向いているか自信がないけど就職したい…

就職したいという気持ちがあるなら、ぜひ一歩を踏み出してみましょう。どのような仕事が自分に合っているのか分からないのであれば、就活のプロの力を借りるのもおすすめです。20代向け就職エージェントのハタラクティブでは、仕事の選び方が分からないという方に向け、専任の就活アドバイザーがカウンセリングを通じてアドバイスを行っています。お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ