社会人経験なしの人が正社員就職を成功させるための準備やコツを紹介!

社会人経験なしの人が正社員就職を成功させるための準備やコツを紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・社会人経験なしでも就職は可能だが、年齢を重ねるにつれて難易度が上がる
  • ・社会人経験なしの人は、できるだけ早く就職活動を始めよう
  • ・社会人経験なしの人の就職は、面接が選考を左右するといっても過言ではない
  • ・社会人経験なしの人には、人手不足の業界や未経験を歓迎している仕事がおすすめ

「就職したいけれど自信がない」「自分にどんな仕事が向いているかわからない」という、社会人未経験の方もいるでしょう。対策を行えば社会人経験なしでも正社員就職は可能です。
このコラムでは、社会人経験なしの人が就職を成功させるための準備やコツを紹介。就職しやすい業界も解説しています。就職できない人の特徴もまとめているので、自分に当てはまらないかチェックしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

社会人経験なしの人の就職活動は厳しい?

社会人経験なしでも就職は可能です。特に、年齢が若いうちはポテンシャル採用をされる可能性もあるでしょう。しかし、年齢を重ねるにつれて就職の難易度は上がる傾向に。以下で詳しく解説します。

若いうちはポテンシャル採用の可能性がある

ポテンシャル採用とはすでに持っているスキルよりも潜在能力を重視し、今後の成長を期待して採用することです。主に新卒や第二新卒といった、社会人経験がなかったり浅かったりする人を対象に行われます。しかし、近年は少子高齢化による労働人口の減少で、若手の人材不足に陥っている企業は増加傾向に。新卒採用だけでは若手人材の確保ができないため、主に20代を対象にポテンシャル採用を行っている企業が増えているのです。

ポテンシャル採用のメリットとは?
ポテンシャル採用であれば、「社会人経験なし」「資格やスキルなし」という人も未経験の業種にチャレンジができます。また、未経験を前提として採用されるので、企業によっては新卒と同じような手厚い研修で業務を1から学ぶことも可能でしょう。

ポテンシャル採用で見られているポイントは?
ポテンシャル採用では熱意や向上心、コミュニケーション能力をチェックされています。将来性を期待して採用するため、仕事に対する熱意や前向きに取り組む姿勢、向上心が大切なのです。また、仕事を円滑に進めるために必要不可欠なコミュニケーション能力や、基本的なビジネスマナーもチェックされています。

年齢を重ねるごとに就職は難しくなる

前述したとおり、20代の若いうちはポテンシャル採用の可能性がありますが、30代以降は即戦力としての能力が求められる傾向にあります。培った経験やスキルを活かして、会社の利益に貢献することを求められるのです。そのため、社会人経験なしのまま年齢を重ねると、就職はどんどん難しくなるでしょう。また、年齢が上がるにつれて求人数は減る傾向にあるため、早めに行動を起こすことが大切です

30歳職歴なしでも正社員になれる?就職成功のコツをご紹介!」では、職歴なしのままでいるリスクや仕事を探す際のポイントについてまとめているので、ぜひご一読ください。

就職できない社会人経験なしの人の特徴とは?

就職できない人には就活の準備ができていなかったり、社会人としてのマナーが身についていなかったりといった特徴があります。また、行動が遅かったり行動量が少なかったりする場合も、なかなか内定には至らないでしょう。以下で詳しく解説します。

就活の準備ができていない

就職活動において自己分析と企業研究は非常に重要です。自分を理解できていないと、やりたいことや強みが明確になりません。また、企業研究を疎かにしていると説得力のある志望動機を伝えるのは難しいでしょう。

自己分析の方法とコツ
自己分析では、まずは過去の自分を振り返って印象に残っているエピソードを書き出します。「努力したこと」「好きなこと」「苦手なこと」「苦労したこと」「得意なこと」など、ざまざまな視点で振り返ってみましょう。そして、それらのエピソードを通じて、自分の長所やどんなときに喜びを感じるのか、何を大切にしているのかを考えます。自身の強みや価値観を理解することで、理想とする働き方や職場環境が明確になり、説得力のある志望動機や自己PRに繋げられるでしょう。

企業研究をする際のポイント
企業研究は会社概要や社風、事業内容、今後の事業展開を調べるだけでなく、自分の価値観と合っているか、強みを活かせるかを考えながら行いましょう。また、同じ業界のほかの企業と比較するのも大切です。ほかの企業との違いや秀でている点などを調べましょう。もともと希望していた企業よりも、より自分の理想にマッチした企業に巡り会えることがあります。

基本的な社会人マナーが身に付いていない

中途採用では、社会人としてのマナーは身についていて当たり前と考えられています。ヨレヨレのスーツを着ていたり髪の毛を明るい色に染めていたりすると、「社会人としての常識がない」と判断されてしまうでしょう。また、面接時間に遅れたり、挨拶がきちんとできなかったりすると「信用できない人」「やる気がない」という印象を与えてしまいます。たとえ、社会人経験なしでも、社会人としての基本的なマナーは身につけておきましょう。

行動が遅い

正社員になりたいと考えてはいるものの、「何がやりたいかわからない」「就活が面倒」といった理由で、なかなか行動を起こさない人がいます。中には、ダラダラとニートやフリーターを続ける人も。また、就活を始めてもアルバイトを優先したり、数社しか受けなかったりすると内定までの道のりは遠いでしょう。就活は早く積極的な行動を心掛けることが大切です

就職できない人とできる人の特徴は?既卒はあり?辛いときの対処法も解説!」と「既卒が就職できない原因と成功させる4つのポイント」では、就職できる人の共通点や就職できない場合の対処法を、紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

社会人経験なしの人が就職を成功させるための準備

社会人経験なしの人が就職を成功させるためには、自己分析や企業・業界研究、応募書類の作成、面接対策などの準備をしっかりと行うことが大切です
ここでは、就職を成功させるための準備やポイントを6つ紹介します。

1.できるだけ早く就職活動を始める

社会人経験なしの人は、できるだけ早く就職活動を始めるのがおすすめです。中途採用は新卒採用とは異なり、通年行われています早く動けばそれだけ早く内定する可能性が高いです。そのため、就職したいと思い立ったらすぐに行動しましょう。

求人数が多い時期と少ない時期がある
年明けの1月から3月にかけて、年末や年度末に退社する人の穴埋めで求人数が増えます。また、夏のボーナスを貰って退社する人もいるため、8月から秋にかけても求人数は増加傾向に。
一方、企業も休みになる年末年始やゴールデンウィーク、お盆といった連休は求人数が減少します。接客業やサービス業は連休が繁忙期のため、採用は連休前後に行うことが多いようです。
求人数によって就職難易度が変わるわけではありませんが、求人数が多い時期のほうが選択肢は増えます。応募書類の準備や面接対策には時間がかかるので、就活は計画を立てて行いましょう。

2.自己分析を行う

自分の価値観や強みを知るために、自己分析を行いましょう。社会人経験なしの人は職歴やスキルのアピールができません。そのため、これまでの経験やエピソードから、企業にアピールできる強みを探す必要があります。
なお、自己分析では第三者に意見を聞くのもおすすめです。自分では気づけなかった長所や特性がわかる場合があります。また、「自分が考える自分の特性」と「第三者が感じている自分の特性」の双方を理解することで、より深い自己分析ができるでしょう。

適職診断もおすすめ
「自己分析をしてみたけれど、自分にどんな仕事が向いているかわからない」という方は、適職診断を受けるのもおすすめです。質問に答えることで自分に向いている職業がわかります。適職診断で出た職業が必ずしも自分に合っているというわけではありませんが、仕事を選ぶ際の参考になるでしょう。ハタラクティブにも「適職診断」のページがあるので、ぜひやってみてください。

3.企業・業界研究を行う

応募書類を作成する前に、企業研究と業界研究を行います。新卒であれば会社説明会や就活セミナーがあるので、企業の情報は得やすいでしょう。しかし、中途採用の場合は志望する企業の会社説明会がタイミングよくあるとは限りません。そのため、社会人経験なしの人は自身で企業の公式ホームページを見て情報を集める必要があります。会社概要や企業理念、ビジョン、事業内容などをじっくり見て、「理想とする仕事ができそうか」「キャリアプランが描けるか」など考えてみましょうまた、働きやすさや会社の雰囲気を掴むために、福利厚生や社員の声を見るのもおすすめです
なお、企業研究だけでなく業界研究もしっかりと行いましょう。業界全体の将来性や、志望する企業が業界でどういった立ち位置にあるのかを知るためです。

企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」と「業界研究のやり方から情報収集の仕方・ノートのまとめ方まで徹底解説!」では、それぞれ企業研究と業界研究のやり方やコツをまとめているので、ぜひ目を通してみてください。

4.履歴書と職務経歴書を書く

自己分析と企業・業界研究ができたら、応募書類を作成します。手書きをする際は、黒ペンで丁寧に書きましょう。修正テープや修正ペン、二重線での訂正はNGです。書き損じた場合は、新しい用紙に書き直します。
なお、社会人経験なしの人は職歴がないため、アルバイトで培った経験や自身の強みなどがアピールできる書き方を心掛けましょう。すべて書けたら誤字脱字や文章に違和感がないか、間違った敬語を使っていないかなどをチェックします。家族や友人に確認してもらうのも良いでしょう。

履歴書の選び方
履歴書にはJIS規格や一般用、転職用、パート・アルバイト用などがあり、種類によって用紙のサイズや記入欄が異なります。JIS規格が一般的な履歴書ですが、学歴・職歴欄が大きいため社会人経験なしの方は空白部分が多くなるでしょう。一般用の履歴書は販売している会社によって記入欄のサイズや項目が異なります。自身の強みをアピールするために、趣味・特技欄や自己PR欄のサイズが大きいものを選ぶのがおすすめです

履歴書と職務経歴書の違い
履歴書は応募者の氏名や連絡先、学歴、職歴といった基本情報を伝えるための書類です。基本的にフォーマットが決まっているので、項目に沿って記入します。
一方、職務経歴書は業務経験や仕事に活かせる知識、スキルなど、応募者のより詳細な情報を知るための書類です。職務経歴書にもフォーマットはありますが履歴書ほど定型化されていないので、自分なりに工夫して自由に書けます。A4サイズの用紙1~2枚に内容をまとめるのが一般的です。

履歴書が書けない!新卒やニートの場合は?書き方を徹底解説!」と「職務経歴書は本当に必要?判断基準や書き方を解説」では、履歴書と職務経歴書を書着方を紹介しています。ぜひ参考にして書いてみてください。

5.スーツや身だしなみを整える

正社員面接の服装はスーツが基本です。ラフな服装で仕事をする職種でも、必ずスーツを着て面接に行きましょう。スーツにシワや汚れがないか、自分のサイズに合っているかなど事前にチェックしておくことが大切です。また、髪型や髪色も面接に適したスタイルに変えましょう。

リクルートスーツとビジネススーツの違い
リクルートスーツは黒で無難なデザインですが、ビジネススーツはカラーやデザインが豊富に展開されています。
新卒の就職活動ではリクルートスーツを着用するのが基本です。新卒採用では協調性も重視されるため、黒地で無難なデザインのリクルートスーツが良しとされています。
一方、中途採用の面接ではビジネススーツを着用するのが一般的。リクルートスーツは年齢を重ねてから着ると、「頼りない」「未熟」といった印象を与えてしまうためです。

どんなスーツを着たら良いかわからないという方は「正社員の面接の服装はどうすれば良い?男女ごとに詳しく解説!」をご一読ください。正社員面接を受ける際の服装の選び方や気をつけるポイントなどをまとめています。

6.面接対策を行う

面接に行く前に、必ず面接練習を行いましょう。面接官の質問に対する答え方で評価は大きく変わります。また、好印象を与える聞き方や話し方、退室のマナーなども身につけることが大切。
社会人経験なしの人の中には、初めて面接を受ける方もいるでしょう。「面接の流れを理解しよう!受付から退室まで徹底解説」では、面接当日の流れを紹介しているので、ぜひ目を通しておいてください。
次の項では面接のポイントを解説します。

社会人経験なしの人の就職活動では面接が重要

経験やスキルのアピールが難しい社会人経験なしの人は、面接が選考を左右するといっても過言ではありません。挨拶や入退室といった面接時のマナー、質問に対する受け答えがしっかりとできるようにしておきましょう。

面接時のマナー

面接開始の10分前には会場に到着して受付を済ませます。遅刻は厳禁です。もしも遅れる場合は、必ず連絡を入れましょう。また、あまり早く着きすぎるのも良くありません。面接官にも別の仕事がありますし、会場の準備が整っていない可能性もあります。
受付で氏名と来社した目的を端的に伝えたら、面接開始までは静かに待ちましょう。時間があるからといって、スマートフォンを見るのはNGです。スマートフォンは音やバイブがならないように、電源を切るかマナーモードにします。
待合室から面接室に入る際はドアをゆっくりと3回ノックし、「どうぞ」と声をかけられたら「失礼します」と言って入るのがマナーです。ドアを閉めたら「よろしくお願いいたします」と挨拶をしてお辞儀します。着席を促されたら「失礼します」と言って椅子に座りましょう。背もたれにはもたれず、背筋を伸ばして座ります。退室時まで気を抜かないようにしましょう。

面接のマナーは流れで覚えよう!転職・就活に役立つ入室~退室の基礎知識」では、面接の入退室マナーやWeb面接のルールを詳しく解説しています。ぜひご一読ください。

就職しなかった理由を正直に答える

就職しなかった理由を聞かれたら正直に答えましょう嘘をついたりはぐらかしたりするのは印象が良くありません。面接官は多くの求職者を見ているので、下手な嘘は見破ってしまいます。もし嘘がバレたら「信頼できない」「自分自身に向き合っていない」という印象を与え、マイナス評価に繋がってしまうでしょう。「夢を追っていた」「家庭の事情で就職できなかった」「資格取得を目指していた」などきちんと事情を説明して、それらの経験から得たことを伝えるのがおすすめです。

嘘はつかずに言い換える
「就職したくなかった」「やる気がなかった」といったあまりにもネガティブな理由は、「やりたいことが見つからなかった」「ほかに熱中していることがあった」というように言い換えて伝えるのが無難です。ストレートに伝えることで、「正直者」と捉える面接官もいるでしょう。しかし、多くの面接官は「不真面目」「努力をしていない」と、マイナスイメージを持つ可能性が高いです。嘘をつくのはいけませんが、面接では納得してもらえるように伝える必要があります。ネガティブな内容は、言葉を選んで伝えるように心掛けましょう。

既卒就活の実態は?厳しいと感じたら就職サイト・エージェントを活用しよう」では、就職しなかった理由の答え方やコツをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ブランク期間を前向きに説明する

「就職しなかった期間に何をしていたのか」と聞かれたら、ポジティブな回答ができるようにしておきましょう。「アウトバウンドのコールセンターでアルバイトをして、プレゼン力や営業力を培った」「カフェのアルバイトで新メニューを考え、提案力が身についた」など具体的に答えるのがおすすめです。なお、志望する職種に関連するような伝え方ができると、ポテンシャル採用に繋がる可能性があります

空白期間を面接で質問されたときの対策」では、ブランク期間の履歴書の書き方を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

社会人経験なしの人が就職しやすい業界とは?

社会人経験なしの人は今後さらに需要が高くなる業界や人手不足の業界、特別なスキルが必要ない職種の求人に応募すると就職しやすいでしょう
以下で詳しく解説します。

介護業界

高齢化が進む日本では、介護職の需要が高まっています。内閣府の「令和2年版高齢社会白書」によると、2019年10月1日時点の65歳以上の人口は3,589万人。高齢化率は28.4%です。65歳以上の人口は今後も増加傾向にあり、2042年には3,935万人になるといわれています。一方、出生数は年々減少。高齢者の増加により介護職の需要は高まっていますが、少子化で働き手が足りていないのが現状です。未経験者も積極的に採用する施設が多いため、社会人経験なしの人も就職しやすい業界といえるでしょう。また、ケアマネジャーや介護福祉士などの資格を取得することで、スキルアップやキャリアアップも可能です。

参照元
内閣府
令和2年版高齢社会白書

サービス業界

飲食店やアパレル販売などのサービス業は、ほとんどが特別なスキルを必要としない仕事なので、社会人経験なしの人も就職しやすいといえます。ただし、人と接する仕事のためコミュニケーション能力は必要不可欠です。また、1日中立ちっぱなしで仕事をすることもあるため、体力がないと務まらないでしょう。なお、ホテル業務や観光業務は、勤務地や職種によって語学力が必要な場合もあります。

建設業界

建設業界は深刻な人手不足に陥っています。厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和3年3月分及び令和2年度分)」によると、建設・採掘の職業の有効求人倍率は4.92%。なかでも 建設躯体工事の職業は8.79%と高い数値になっています。土木や採掘、電気工事の職業も軒並み有効求人倍率が高く、建設業界は全体的に人手が足りていない状況です。また、労働者の高齢化も問題となっており、若手の人材が必要とされています。そのため、未経験者を積極的に採用して育成する企業が増えているようです。社会人経験なしの人の中でも、体力に自信がある人はチャレンジしてみると良いでしょう。

参照元
厚生労働省
一般職業紹介状況(令和3年3月分及び令和2年度分)

IT業界

日々進化を続けるIT業界は、人手不足の傾向にあります。専門的な知識を持っていないと就職できないのではないかと考える方も多いですが、未経験者もチャレンジしやすい業界です。未経験者をポテンシャル採用して、人材育成に力を入れている企業も数多くあります。IT業界は今後も伸びていくと予想されるため、職種によっては将来的に安定した働き方ができたり、高い給与を得たりすることも可能でしょう。

運送業界

ここ数年でネットショッピングをする人が急増したため、運送業界は人手不足に陥っています。荷物を運ぶという単純な業務がほとんどで、特別なスキルはあまり必要とされていません。そのため、運転免許を持っていれば採用されるケースもあるようです。教育制度が充実している企業も多いので、社会人経験なしの人も就職しやすい仕事といえるでしょう。

未経験でも転職しやすい業界はある?おすすめの職種や企業選びをご紹介!」では、キャリアアップが図れる業界や市場の拡大が予想される業界について紹介しているので、ぜひご一読ください。

社会人経験なしの人が正社員就職を成功させる3つのコツ

社会人経験なしの人は、「未経験可」や「未経験者歓迎」の職種に応募するのがおすすめです。また、人手不足の業界は採用されやすい可能性があります
ここでは、社会人経験なしの人が正社員就職を成功させるコツを詳しく解説。なかなか就職が決まらない、就活のコツがわからないという人は、ぜひ参考にしてください。

1.「未経験可」の求人に応募する

社会人経験なしの人は、「未経験可」や「未経験者歓迎」と書かれた求人に応募しましょう。中途採用の求人には、経験豊富な求職者も応募します。もしも、同じ職種に社会人経験なしの人と経験ありの人が応募したら、後者が採用される可能性が高いでしょう。経験豊富な人と採用枠を争っても不利になってしまいます。未経験者を歓迎している企業はポテンシャル採用をする可能性もあるので、「未経験可」や「未経験者歓迎」と書かれた求人に応募するのがおすすめです

2.人手不足の業界の仕事に応募する

前述した介護業界や建設業界、IT業界、運送業界といった人手不足の業界の仕事に応募しましょう。特に深刻な人手不足に陥っている職種や職場は、すぐにでも人手が欲しい状況です。そのため、社会人経験なしの人も採用される可能性があります。また、若い人材を欲している職種では人材育成に力を入れている場合が多いので、社会人経験なしの人も働きやすいでしょう

3.就職・転職エージェントを活用する

社会人経験なしの人は自分ひとりで就活をするのではなく、就職・転職エージェントを活用するのがおすすめです。特にこれまで就活をしたことがない人は、自己分析や企業研究、面接練習の方法などわからないことも多いでしょう。就職・転職エージェントは自分に合った求人の提案や応募書類の添削、面接対策などサポートが豊富です。就職・転職エージェントを活用することで、正社員就職が近づくでしょう。

社会人経験がないけれど就職したいという方は、ハタラクティブにご連絡ください。
ハタラクティブは若年層に特化した転職エージェントです。経験豊富なアドバイザーが、あなたの就活をマンツーマンでサポートします。未経験者歓迎の求人も多数取り揃えているため、就職が初めての方でも安心です。
サービスの利用はすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION