県外就職で後悔しないコツは?面接での理由の答え方も解説

県外就職で後悔しないコツは?面接での理由の答え方も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・県外就職では理由を明確にするのが成功のコツ
  • ・県外就職で後悔しないためには、メリット・デメリットを知ることが大切
  • ・地方から都会へ就職するメリットは「求人数の多さ」や「賃金の高さ」
  • ・県外就職では、地元出身でないと不利になるケースもある
  • ・高卒の人にとっては、都会よりも地方の方が求人数が多い可能性がある

県外就職を実現するのは難しいのではと考えている人も多いでしょう。県外就職で重要なのは理由の明確化です。理由が曖昧だと面接で困るだけでなく、「地元の方が良かった」と後悔することも。県外就職のメリット・デメリットを理解し、自分に合った就職先を選びましょう。このコラムでは、県外就職で成功するコツや後悔するパターン、面接での回答例を解説します。県外就職を検討している人は、参考にしてください。

都会から地方への県外就職のメリット

都会から地方へ県外就職するメリットは、生活費の安さや「通勤ストレスが少ない」「自然が多い」といった環境の良さでしょう。将来的に子育てを考えている人には、子どもが自然と触れ合える環境はもちろん、待機児童の少なさもメリットになります。

生活費が安い

地方へ県外就職する場合、家賃を含め、物価が安い地域では、都会に比べて生活費を抑えられます。特に、食費や娯楽費、保険医療費が安い傾向にあるでしょう。家族構成によりますが、最も生活費が高い首都圏と比べて、最も安い地域では1カ月の差額が約5万円になるとも言われています。ただし、交通機関が発達していない地域では、自動車が必要になることも。購入費に加えて、ガソリン代や駐車場代など、思わぬ出費があるので注意が必要です。県外就職を希望している地域がどのような生活環境なのか、事前に確認しておくと安心でしょう。

地域に貢献できる

企業数が少ない地方では、1つの会社が地域に与える影響が大きいため、地域への貢献度が高くなります。地域の衰退は自社の経営悪化に大きく影響するので、会社としても発展させたい気持ちが強いでしょう。そのため、イベントの開催や、地産地消の推進などを通して、地域に貢献している会社が多いようです。また、働き手が減っている地域では、後継者不足のために衰退していく事業もあります。自分が後継者となって、事業を継承していくのも地域貢献になるでしょう。自分が住む地域を自らの手で活性化できるのは、地方へ県外就職するメリットの一つといえます。

通勤のストレスが少ない

都会に比べて人口が少ない地方では、通勤ラッシュのストレスは少ないでしょう。通勤時間帯に混雑しても、東京のように乗車率が100%を超えることはないようです。また、マイカー通勤をする人が多いのも特徴。東京に比べて渋滞が少なく、空いている道を自家用車で通勤できるので快適です。通勤時間が30分以下のところも多く、時間のゆとりが持ちやすいのも地方への県外就職のメリットと言えるでしょう。

自然が多くリフレッシュできる

地方へ県外就職をすると、海や山、川などの自然が身近にあり、いつでも触れ合える環境があります。都市部であっても、少しの移動時間で自然豊かな場所に行けるので、休日のリフレッシュがしやすいでしょう。空気や水がおいしいのも特徴で、都会に比べて健康的な生活を送れるのがメリットです。自然に囲まれた環境で子育てがしたい人には、地方で就職するのがおすすめ。待機児童が少ない地域では、産育休後の復帰もスムーズでしょう。

都会から地方への県外就職のデメリット

都会から地方への県外就職は、企業数が少ないのがデメリットです。選択肢が少ないので、希望の仕事に就職できない可能性があります。また、賃金が安いため、地方と都会では生涯年収に大きな差が生じることも。仕事選びの条件として「賃金」を重要視する人にとっては、大きなデメリットになるでしょう。

企業数が少ない

企業数が少なく、選択肢の幅が狭いのが地方への県外就職のデメリットです。
経済産業省の「2020年企業活動基本調査速報-2019年度実績-第12表 都道府県別、企業数、事業所数、従業者数、総資産、売上高、付加価値額」によると、企業数は東京が7,478社で最も多く、次いで大阪、愛知、神奈川というように都会に集中しています。一方、企業数が最も少ないのが101社の徳島。続いて、高知が108社、和歌山が113社となっており、都会との差が大きくなっています。そのため、県外就職を希望する地域によっては、やりたい仕事の求人が見つからない場合があるでしょう。

参照元
経済産業省
2020年企業活動基本調査速報-2019年度実績-第12表 都道府県別、企業数、事業所数、従業者数、総資産、売上高、付加価値額

賃金が安い

地方は都会に比べて賃金が安い傾向にあります。地方は家賃や物価が安いため、賃金が安くても生活していけると言われますが、先述の通り、地域によっては自動車の購入が必要になったり、光熱費が高くなったりと、都会以上に出費がかさむこともあるので県外就職の地域選びには注意が必要です。「厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 都道府県別」を見ても分かるとおり、全国でもっとも賃金の平均が高い東京都と、賃金平均が低い地域では10万円以上の差があります。具体的な賃金差については、都会と地方の賃金差について解説している項「 賃金が高い」を参考にしてください。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 都道府県別

余暇の楽しみが少ない

地方へ県外就職した場合、娯楽施設や文化施設が少ないため、余暇の楽しみ方が限定されてしまうことも。買い物や外食をする場所が限られるので、新しいものが好きな人にはデメリットに感じてしまう場合があるでしょう。そのため、人との出会いが少なく、休日の過ごし方がワンパターンになりがちです。また、都会に比べて自己啓発のためのセミナーやスクールなどの開催が少ない地方もあります。開催場所が遠かったり、得たい情報が得られなかったりするなど、思うように勉強ができないこともあるでしょう。地方での生活や県外での就職事情について詳しく知りたい方は、「田舎に就職すると後悔する?都会よりつまらない?地方就職のメリットとは」を参考にしてください。

地方から都会への県外就職のメリット

地方から都会へ県外就職するメリットは、「求人の多さ」や「待遇の良さ」などがあります。人口が多い分、就職先の選択肢も多いのが特徴です。また、娯楽施設や人との出会いが多いため、プライベートを充実させられるのもメリットといえます。

賃金が高い

会社によって差はありますが、地方よりも都会のほうが賃金が高い傾向にあります。「厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 都道府県別
によると、東京都の平均賃金は全国平均よりも65,900円高くなっています。

全国 307.7千円
東京都 373.6千円

【賃金が高い地域】
東京都 373.6千円
神奈川県 335.2千円
大阪府 320.4千円

【賃金が安い地域】
青森県 240.5千円
岩手県 245.9千円
秋田県 246.7千円

上記のほか、愛知県・広島県・福岡県も賃金が高くなっており、地方の中でも都市部は待遇が良いことが分かります。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 都道府県別
 

就職の選択肢が増える

求人が多い都会では、地方に比べて就職の選択肢が増えます。そのため、将来のキャリアプランも幅広く考えられるのがメリットです。地方では就職先がなくて実現できなかった「本当にやりたい仕事」が、都会への県外就職をすることで実現できる可能性が高くなります。

キャリアアップにつながる

都会では大企業やベンチャー企業、スタートアップ企業などのさまざまな会社があります。そのため、同じ業種・職種であっても多様な経験を積むことが可能です。また、県外就職をすると多種多様な人や物との出会いから、視野が広がることも。県外就職を通して、自分が知らなかった職業や働き方を知り、幅広くキャリアアップを考えられます。周りの人に影響を受けて、スキルを磨いたり、資格取得を目指したりするなど、成長意欲を刺激される機会も多いでしょう。選択肢が多いこととや自分の成長機会を得やすいというのが、キャリアアップにつながる理由です。

プライベートを充実させやすい

都会へ県外就職した場合、娯楽施設や文化施設が多いため、プライベートを充実させやすいでしょう。おしゃれな飲食店やアパレルショップなど、休日に出かける場所が豊富で気分転換をしやすいのがメリット。また、映画館や美術館、音楽ライブの公演なども多数あるので、文化的な刺激も多々受けられます。プライベートが充実させられるとストレスが溜まりにくく、仕事にも良い影響があるでしょう。

地方から都会への県外就職のデメリット

地方から都会へ県外就職するデメリットは、就活費用や家賃・物価の高さです。就活では交通費や宿泊費がかかり、内定後に引越し費用が発生することもあります。家賃や物価も高いので、お金に関するデメリットが大きいのが特徴です。

就活費用が高い

地方から都会へ県外就職するための就活費用は、平均で10万円を超えるといわれています。面接のたびに新幹線や飛行機を使い、場所によっては宿泊費も必要です。就活中は外食が増えるため、食費も積み上がれば大きな出費になります。県外への就職が決まれば、引越し費用や賃貸契約の初期費用も発生するので、余裕をもって費用を用意しておくのがおすすめです。

ライバルが増える

都会は求人数が多いものの、ライバルも多い地域です。人気の高い職種や、好条件の求人には応募者が殺到します。人数が多い分、スキル・経験が豊富な応募者も多いので、地方に比べてライバルが増えるのがデメリットです。効果的な自己PRができるように、自己分析や面接対策などの準備をしておきましょう。

家賃・物価が高い

都会は家賃・物価が高いので、給料のほとんどが生活費に消えてしまうのがデメリットです。地方と都会では、家賃の差が2~3万円になることも。賃貸契約には敷金・礼金や仲介手数料、前家賃などの初期費用がかかり、東京では30万円を超えるといわれています。そのほか、食費や日用品費なども高いので、地元での就職に比べて出費がかさむでしょう。一人暮らしの家賃相場や生活事情について詳しく知りたい方は「フリーターの家賃相場は?一人暮らしの生活事情や節約術もご紹介」を参考にしてください。

県外就職で後悔する3つのパターンとは

県外就職を後悔した理由として多く挙がるのは、「地元に帰りたい」「通勤の仕方にギャップを感じる」など、環境の変化による不安。あらかじめ後悔するパターンを知り、不安やストレスを軽減するための対策を考えておくと良いでしょう。

1.家族や友人と離れホームシックになる

県外就職をして地元を離れると、寂しい思いをしたり、想像以上に負担が大きかったりして、ホームシックになる人が少なくないようです。また、いつも通っていたお店や、子どものころからお世話になっている病院など、見慣れた建物が一切ない見知らぬ土地で1人になることで不安が増す場合もあるでしょう。慣れない仕事で疲れると弱気になり「地元に帰りたい」と県外就職を後悔するのが1つのパターンです。
ホームシックを回避するために、家族や友人と定期的に連絡を取り、いつでも相談できるような環境を作りましょう。また、習い事やサークルで仲間を作るのも良い方法です。自分の居場所を作ると、新しい生活に早く慣れるので、寂しさが軽減できます。

2.通勤がストレスになる

地方から都会へ県外就職した場合は、電車の通勤ラッシュが大きなストレスになるようです。地方に比べて人口が多い都会では、朝夕の通勤ラッシュ時は乗車率が180%を超える路線もあります。特に首都圏では、郊外から都心への通勤が1時間以上に及ぶことも。往復2時間を超える通勤が毎日…というのは、大きなストレスになるでしょう。
一方、都会から地方へ県外就職した場合は、前述の通り、通勤ストレスが少ないといわれています。しかし、交通の不便さや自動車にかかる費用がストレスになることもあるようです。交通インフラが整っていない地域では、電車やバスの本数が少ないため、発車時刻に合わせて行動する必要があります。乗り遅れると大幅な時間ロスになり、ストレスを抱える原因になるでしょう。また、就業時間や通勤ルートによっては、自動車がないと通勤できない場合があります。購入費だけでなく、駐車場代や車検代などの維持費が負担になるようです。

3.一人暮らしが大変

初めて一人暮らしをする人には、毎日の家事や自己管理が負担になるでしょう。一人暮らしは自由で楽しい一面もありますが、掃除や洗濯、毎日の食事など、すべてを自分でやることになります。体調を崩したときでも、自分で薬や食料品の買い物に行かなければならないのが、一人暮らしの大変なところでしょう。また、県外など見知らぬ土地に引越しをすると災害時に不安を感じる人が多いと言われており、「近所に知り合いがいない」「避難場所が分からない」などが原因として挙げられます。上述のような不安を少しでも減らすため、県外就職のために引越しをしたら避難場所の確認や、かかりつけ医を見つけておくなどの準備をしておくと良いでしょう。

県外就職で成功する3つのポイント

県外就職で成功するには、明確な理由が重要です。なんとなく「都会への憧れ」だけで上京を決めたり、「ゆっくりしたい」というだけで地方移住を決めたりすると、後悔する可能性があります。
なぜ「地元ではなく県外へ就職するのか」という理由を明確にしたうえで、就職先を決めましょう。

1.県外就職をしてでもやりたい仕事を明確にする

県外就職を成功させるポイントの1つめは、やりたい仕事を明確にしておくことです。「やりたい仕事を実現できる会社が県外にあった」というのであれば、地元を離れても後悔しないでしょう。たとえ寂しい思いをしても、「この仕事がしたい」と思えるような強い動機が必要です。

2.県外就職したい地域の情報を詳しく調べる

就職先を決める前に、地域のことを詳しく調べておきましょう。企業数や家賃相場、通勤手段などを調べておき、許容範囲であることを確認しておけば後悔する確率が低くなります。特に地方への就職では、人とのコミュニケーションが密接で、ストレスになる場合もあるでしょう。地域によって特性があるので、自分に合った場所を選ぶのも県外就職を成功させるコツです。

3.県外就職を希望する理由を面接で答えられるようにする

県外就職の面接では「なぜ県外へ就職するのか」という理由を必ずと言って良いほど聞かれます。理由が曖昧だと「この会社でなくても良いのでは」と思われてしまうこともあるでしょう。地元を離れてまで、応募先企業に入りたい理由を明確にするのが重要です。そのためには、自己分析や企業研究をして、自分の強みと、企業が求める能力がマッチしているとアピールする必要があります。企業理念への共感や、入社後のキャリアプランなどを説明し、「この会社だから移住してでも入りたい」という熱意をアピールしましょう。

県外就職の志望動機はどう答える?

先述のように、県外就職をする場合は面接で「なぜ県外へ就職したいのか?」という理由を聞かれることが多くあります。ここでは、具体的にどのような理由を志望動機として伝えることができるのか、回答例をご紹介します。

会社にどんなメリットを与えられるか

県外就職の面接では「これまでの経験を活かして即戦力として働いてくれるか」「採用することで会社に新しい風を吹かせてくれるか」と言った点が重視されます。志望動機を作成する際は、自身のこれまでの経験が、どのような形で会社のメリットになるかという点をアピールしましょう。志望動機の回答例を下記でご紹介します。

・「これまでの○○業界での仕事経験を活かし、○○業界のトップシェアを誇る御社で、○○製品の開発に関わってみたいと考え志望しました。」

・「これまで○○職を○年経験してきました。御社の求人で○○職の募集を行っていることを知り、これまでの経験を活かして即戦力として仕事ができると考え志望しました。」

・「後継者不足が懸念されるこの業界で、自身がこれからの担い手として経験を積み、この分野を盛り上げたいと考えたため志願しました。」

前の職場での経験のほか、学生時代の経験やアルバイトでの経験の中から、志望する会社で活かせそうなことを見つけてアピールポイントに繋げましょう。

就職を希望する土地に思い入れがある

県外就職の面接では、「どうしてその土地を選んだのか?」、「なぜ数ある選択肢の中からこの地域で生活したいと思ったのか」という質問もされる可能性が高いでしょう。「地方(都会)に住んでみたかったから」、「一人暮らしをしたかったから」と言うだけではなく、その土地でなければならないという必要性が伝わる回答をできることが大切です。下記に回答例をご紹介するので、参考にしてください。

・「親類が住んでいて子どもの頃から訪れており、風光明媚な風景や人の温かさに触れて、この土地で暮らしたいと考えました。」

・「この土地にしかない○○の文化に惹かれ、自身もこの土地に住んで伝統文化を守っていきたいと考えました。」

・「選択肢が豊富なこの地域で、生活や仕事を通して視野を広げ、キャリアアップをしたいと考えました。」

この土地でなくてはならないと、面接官が納得してくれる明確な理由を説明できるようにしましょう。志望動機の答え方について詳しく知りたい方は、こちらの「志望動機はなぜ聞くの?会社側の意図と書き方を知ろう」を参考にしてください。

避けたほうが良い志望動機の例
県外就職の志望動機を面接で質問された際、避けたほうが良い回答もあります。県外就職先を住みたい地域で選んだ人は注意しておくべきなのが、「都会(田舎)暮らしをしたいため、県外就職を希望している」という回答です。面接官は「都会(田舎)暮らしができればどの会社でも良いのでは」という印象を受けやすく、入社したい熱意が伝わりづらいでしょう。たとえ地域から就職先を選んだ場合でも、面接の際には「その地域の中でも、なぜその会社なのか」という点を明確に答えられるよう準備しておくことが大切です。

県外就職によくある傾向

県外就職では地方・都会のそれぞれに傾向があるようです。地方では地元出身でないと不利になる場合や、高卒の人が応募できる中小企業の求人が多い場合があります。一方、都市部への就活では求人数が多いため、優良企業を見つけるのが難しい傾向があるでしょう。

地方では地元出身でないと不利

地方では、能力が同じなら地元出身の人を採用する傾向があるようです。会社によって理由は違いますが、「方言が通じる」「地元の事情をよく分かっている」などが仕事のしやすさにつながる場合があります。特に営業の仕事では「知り合いの知り合い」といった地元出身を活かしたネットワークが強みになるでしょう。都会から地方へ県外就職する場合は、上記のような地元出身のメリットを超える、効果的な自己PRが必要だと言えます。

高卒の人には地方がおすすめ
地方の求人には「学歴不問」や「高卒以上」で募集をしている会社が多いと言われています。都会は求人数が多いものの、「大卒以上」「経験者」を条件とする大企業の求人が多いため、高卒の人にとっては応募できる求人数が限られてしまうでしょう。「学歴不問」や「高卒以上」で募集をしているのは主に中小企業です。地方には地域密着の中小企業が多いので、県外就職を希望している高卒の人には地方がおすすめ。働きながらスキルや経験を積んで、キャリアアップを目指すのも良い方法です。

都市部への県外就職は就職エージェントを利用すると良い

都市部への県外就職には、就職エージェントの利用がおすすめです。地方から都市部の企業へ就職活動をするときには、分からないことが多くて悩むもの。求人数が多い分、優良企業を見つけるのが難しい面もあります。就職エージェントなら、専任のアドバイザーに相談しながら就活を進められるので安心です。エージェントを通した求人なので、詳細な企業情報を得られるでしょう。また、電話面談を行っているエージェントもあるので、地方在住でも利用が可能です。何度も足を運ばなくても、効率的に就活が進められます。

「就活をサポートしてほしい」「県外就職に関する情報がほしい」という方は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブでは、独自に取材した企業の求人から、あなたのご希望に合った求人をご紹介。就職アドバイザーが企業の雰囲気や、良い面・悪い面も確認したうえで紹介するので、入社後のミスマッチを防ぎます。また、細かい日程調整も就活アドバイザーが代行しますので、県外就職を検討している人におすすめです。サービスは無料ですので、まずはご登録ください。

県外就職に関するお悩みQ&A

就職は県外でしたいと考えている人は多いでしょう。ここでは、県外就職に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

就職するなら県外と県内どちらが最適ですか?

県外と県内どちらで就職するかは、求める要素によって異なるでしょう。県外就職、県内就職はそれぞれメリットとデメリットが存在しています。メリットとデメリットについて理解したうえで、どちらで就職したいか考えてみましょう。このコラムの「県外就職のメリット」「県外就職のデメリット」にて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

県外での就職に向いている人は?

働くうえで高い収入を求めている人や、大手企業へ勤めたい人は県外での就職に向いています。県外での就職を考えている人は、自分の希望に合った企業の情報を確認し、しっかりと下準備をしてから就活に臨みましょう。

県外(都会)で就職するにはどんな準備が必要?

地方に比べ都会は家賃や物価が高い傾向にあるため、ある程度の資金を準備しておくことをおすすめします。また、都会の方が企業の数も多く存在しているため、働きたい会社の候補も考えておきましょう。こちらのコラム「東京で仕事を探すなら事前準備は必須?やみくも就活が危険な理由」では、都会での就職を考えている人に向けた解説をしているので、参考にしてみてください。

フリーターでも県外で就職できますか?

フリーターの方でも県外で就職できる可能性はあります。ハローワークや就職エージェントといった支援機関を活用すると良いでしょう。ハタラクティブでは、若年層の就活をサポートしています。フリーターの方に向けた求人を数多く紹介していますので、まずはお気軽にご相談ください。

多田健二

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION