就職は穴場企業もおすすめ!ホワイトな業界や企業の見つけ方を紹介

就職は穴場企業もおすすめ!ホワイトな業界や企業の見つけ方を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 「穴場企業」は知名度が低くても働きやすいため、就職先におすすめ
  • 福利厚生の充実度や人員の定着率で、穴場企業を見分けよう
  • 金融業界やインフラ業界などはホワイト企業が多く、穴場の就職先といえる
  • BtoB企業やニッチ分野企業に「穴場」があるため、就職先におすすめ

就職・転職活動を行う場合、どうしても有名な大手企業ばかりに目が向いてしまいがちです。しかし、知名度の高い企業にばかり注目していると、「なかなか内定が決まらない」「入社したものの自分には合っていなかった」といった困りごとが出てくる可能性があります。このコラムでは、知名度は高くないものの、隠れた優良企業である就職先の穴場について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就職先として「穴場企業」にも注目しよう

就職先として「穴場企業」にも注目しようの画像

「良い求人を見つけてもなかなか就職できない」という人は、知名度の高い大手の企業だけに飛びつかず、「穴場企業」に注目してみましょう。大手だからといって、誰にとっても働きやすい企業というわけではありません。大手企業は知名度が高いほど競争率も高くなるため、そこだけに絞った就活をしていると内定がなかなか決まらない可能性もあります。

「穴場企業」とは?

「穴場企業」は「隠れ優良企業」と呼ばれることもあり、知名度は高くないものの優れた点を持った、就職における「穴場」の企業です。優良企業の定義は人によって異なりますが、就活においては下記の特徴を持つ企業がそれに当てはまるといえます。

・離職率が低く、長く勤めている社員が多い
・給与や休日、福利厚生が充実している
・成長率や業界におけるシェア率が高く将来性が見込める

大手企業にこだわらず、知名度の低い中小企業であってもこのような穴場企業の特徴を持つ企業に就職できれば、より良い環境で長く働けるでしょう。「ホワイト企業の特徴。満足できる職種を見つけるには」では、ホワイト企業の特徴について解説しているので、あわせて参考にしてください。

穴場企業に就職する3つのメリット

ここでは、穴場企業に就職するメリットについて解説します。知名度が高くない穴場企業であっても、就職の条件は大手企業より良い場合もあるので、以下の3つを頭に入れておきましょう。

1.給料が高い可能性がある

穴場企業は会社の業績が安定しているため、その分社員の給料やボーナスが高い可能性があります。また、勤続年数によって昇給もしやすいため、雇用の安定と給料の高さの両方を就職先に求める方には穴場企業が合っているでしょう。

2.福利厚生の種類が豊富

福利厚生の種類が豊富なのも、穴場企業に就職するメリットです。穴場企業は経営が安定していることが多く、企業の利益を福利厚生として社員に還元する余裕があります。福利厚生の種類は企業によってさまざまですが、通勤補助や住居手当、年間休日数の多さに加え、食堂の格安利用や施設の割引などが人気です。ワークライフバランスや各種手当の支給を重要視するのであれば、穴場企業に目を向けてみるのが良いでしょう。

3.競争率が低い

穴場企業は競争率が低いため、大手企業より採用されやすいのもメリットの1つ。知名度の高い企業はBtoC(Business to Consumer)が多く、あまり消費者に知られないBtoB(Business to Business)は就職先の選択肢に入りづらい傾向にあります。特に、機械メーカーや化学メーカーは業界内で有名であっても、一般的な知名度は低い企業が多いため、就職先として狙い目といえるでしょう。
「よく聞くBtoBやBtoCって何?」という方は、「BtoBとは?今さら聞けないワードについて解説!」をご覧ください。

「穴場企業」かどうかを見分ける8つのポイント

「穴場企業」かどうかを見分ける8つのポイントの画像

穴場企業は、元々あまり知名度が高くはないため、自分で見つける必要があります。ここでは穴場企業かを見分けるポイントを紹介していきますので、就職先を選ぶ参考にしてみてください。

1.離職率が低く勤続年数が長い人が多い

離職率が低く勤続年数が長い人が多い職場は、穴場の就職先である可能性が高いです。ワークライフバランスを保ちやすかったり、職場の人間関係が良好であったりする企業は離職率が低い傾向にあります。逆に離職率が高い企業は、職場環境に難がある可能性も。頻繁に求人広告を出している場合は、慢性的な人手不足で離職率が高い企業とも考えられるので注意が必要です。

2.有給休暇の取得率が高い

穴場の就職先には、共通して社員の有給休暇の取得率が高いという特徴があります。穴場企業には働き方改革や長時間労働の削減などに積極的に取り組んでいることが多く、そのような職場は有給消化率も高いようです。そのため、有給休暇の取得率をチェックすることで、穴場企業かどうかを判断できるでしょう。

3.残業が少ない

穴場企業には、社員の平均残業時間が少ないという特徴もあります。上記でも触れたとおり、穴場企業は長時間労働やサービス残業が発生しないよう働き方改革を行っている場合が多く、自然に社員の残業時間も少なくなるようです。有給取得率と同様、平均残業時間をチェックすることで就職先として穴場かどうかを見極めやすくなるでしょう。

4.女性が活躍しやすい職場

穴場の優良企業は、女性社員が活躍できる取り組みを行っている特徴があります。たとえば、育児復帰支援制度や社内託児所があったり、産休・育休取得の促進などを行っていたりする企業では、出産や子育てが落ち着いた女性社員の復帰もしやすいでしょう。女性が活躍しやすい環境が整っている職場も、穴場の就職先であるといえます。

5.福利厚生が充実している

一般的な企業よりも、穴場企業の方が、平均年収が高かったり福利厚生が整っていたりする特徴があります。そのため、企業年金制度や社宅、休暇制度などがしっかりと整っている企業は穴場企業であると判断できるでしょう。福利厚生について詳しく知りたい方は「福利厚生には何があるの?」をご覧ください。

6.成長率や業界におけるシェア率が高い

成長率が高く、業界内では世界レベルの高シェアを誇っているBtoB企業も就職の穴場です。穴場企業に就職する3つのメリットでも触れましたが、BtoB企業は顧客である企業に向けて製品・サービスを提供しています。売上高や決算資料を公開している企業もあるので、経営の安定性が気になる方は確認しておくと良いでしょう。職場環境や雰囲気に関することは、就職活動の面接で直接社員の方に聞いてみるのも方法の一つ。ただし、質問の仕方によっては印象を悪くしてしまう可能性があるので注意が必要です。

7.経営状況が安定している

優良企業の特徴として、経営状況が安定しているという点が挙げられます。たとえば上場企業であれば、経営状況が周りからも一目瞭然となるため、経営が安定しているかどうか把握しやすいでしょう。穴場の優良企業は非上場の場合もあるので、企業のWebサイトや企業情報誌などから財務状況を確認するのがおすすめです。経営が安定していれば、ブラック企業のように社員を必死になって働かせる必要がありません。そのため、平均残業時間や年間休日数などに加え、経営が安定しているかどうかは就職先を選ぶうえでとても重要といえます。

8.新規参入が難しい業界や業種である

一般的に、新規参入が難しい参入障壁の高い業界は優良企業が多いという特徴があります。参入障壁が高いと、新規参入企業に脅かされる心配がなく守られている業界ということになるため、経営も安定し社員の待遇も良いようです。参入するために国の許可が必要な業界は障壁が高く、特に電力業界や通信業界、建設業界などは穴場企業が多いといえます。就職先としてチェックしてみると良いでしょう。

穴場と思ったらブラック?就職を避けるべき企業の特徴

ここでは、就職を避けた方が良いブラック企業の特徴をご紹介します。穴場企業を探す中で、一見良さそうに見えた求人が実はブラック企業だったという可能性はゼロではありません。以下のような企業はブラック企業である可能性が高いので、避けるようにしましょう。

長時間労働が当たり前

ブラック企業によくあるのが、社員に対して長時間労働を強いること。労働基準法では、「残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間」と定めています。この時間を超える残業を強いる企業は、ブラック企業の可能性が高いでしょう。
長時間働かないと、なかなか売り上げが上がらない職種や業界では残業が増える傾向にありますが、業務内容やシフトを工夫して労働基準法に違反しないように取り組んでいる優良企業もあります。ブラック企業と気づかずに就職してしまい、早期離職とならないためにも残業時間に注目するのがおすすめです。

ハラスメントに対処してくれない

ハラスメントが横行しており、会社が対処してくれないのもブラック企業の特徴です。ハラスメントには、ミスをした社員を叱責するパワハラ、女性社員に対し性的な嫌がらせをするセクハラなどがあります。これらのハラスメントがあるにも関わらず上司や人事部などが対処せず、問題を放置している企業はブラック企業といって良いでしょう。
長時間労働やハラスメントがあるブラック企業を避けるための対処法については、「ブラック企業の特徴は?見極めて回避するのは可能?」に詳しく掲載されています。こちらもぜひご覧ください。

参照元
e-Gov法令検索
労働基準法

穴場でホワイト企業が多い20の業界

ここでは、穴場でホワイト企業が多い20の業界について解説します。働きやすく待遇も良いホワイト企業に就職したいと考えている方は多いため、人気のある業界は競争率も高いです。しかし、あまり知られていない隠れ優良企業であれば倍率もそれほど高くなく、スムーズに就職できる可能性があります。ぜひ参考にしてみてください。

1.金融業界

金融業界の中でも、特に消費者金融業界は隠れたホワイト企業が多くあります。消費者金融業界は利益率が高いことから経営が安定しており、社員にとっても働きやすい環境になっているようです。
その一方で、金融業界というと一般的には銀行や証券、保険のイメージが強いことから、消費者金融業界自体は知名度が低く「就職の穴場」といえます。

2.インフラ業界

インフラ業界とは、人々が生活するのに欠かせない電気やガス、鉄道業界などを指します。これらのインフラは生活に欠かせない業界であることから、経営が安定しており、雇用や収入も安定しているという点が特徴です。また、インフラ業界は景気の影響を受けにくく、一度就職すれば年功序列で昇給していきやすいでしょう。

3.医薬・医療機器業界

医薬品や医療機器業界もホワイト企業の多い穴場の業界。医薬品や医療機器は商品そのものの利益率が非常に高いだけでなく、新規参入が非常に難しい業界です。そのため、安定的に利益を上げていける業界だといえるでしょう。大手の製薬会社や医療機器メーカーは競争率が高いものの、大手グループ会社で小型の医療機器を作っている会社といった穴場の就職先もあります。
今後も高齢化が加速していくことが予想される日本では、医薬品や医療機器の需要が落ちる可能性は低く、将来的にも経営が安定している穴場の業界だといえるでしょう。

4.食品業界

食品業界はホワイト企業が多い業界として知られているため穴場とまではいえませんが、おすすめしたい業界。食品業界は競合が新規参入しづらいこともあり、今後競争になる可能性も低くなっています。なぜなら、食品業界は工場の建設や商品開発などに莫大な費用がかかることにより、競合他社との競争が起きにくいからです。
また、食は景気にも左右されにくいことから、経営も安定しています。商品によっては穴場と呼べるようなものもあるため、就職先を探すときは一度チェックしてみてください。

5.鉱業業界

鉱業業界とは、素材メーカーとも呼ばれる業界で、製品を開発するための素材を製造しているメーカーです。主に銅や亜鉛、石油や天然ガスなどを掘削する事業を行っており、一般的に知名度は低いですが、消費者がよく知っているような製品の素材として利用されています。
鉱業業界が製品として販売している素材は基本的に需要が安定しており、企業の数も限られているため、激しい競争なども発生しません。そのため、就職できれば安定した経営の下で長く勤められるでしょう。

6.化学業界

化学業界とは、石油や繊維、ガス、パルプといった原材料を、化学技術で変化させた商品を製造販売する企業です。化学業界は、研究開発にコストがかかることから参入障壁が高く、さらに新商品が大量に生まれにくい特徴も。そのため、営業を必死に行わなくても固定の取引先に継続的に販売しやすく、安定して利益を上げられます。営業職であってもゆとりのある働き方がしやすい穴場の業界だといえるでしょう。

7.リース業界

リースとは、企業が必要とする設備を代わりにリース会社が購入して貸し出すサービスのことです。貸し出す商品はコピー機から土地、建物まで幅広くあります。
リース業界は金融業界に似て利益率が高いことから経営が安定しており、社員にとっても働きやすい環境である場合が多いようです。また、メーカーやサービス業に比べて知名度が低いため、ほかの有名な業界に比べて就職の競争率も低い穴場となっています。

8.自動車業界

自動車業界も有名な自動車メーカーは固定となっており、顔ぶれが変わりません。また、自動車業界は日本における基幹産業ともいわれており成長が期待される業界のため、将来的にも安定して働ける就職先でしょう。そのため、大手自動車メーカーは競争率が高く穴場とはいえません。しかし、大手の子会社には優良企業が多く穴場です。さらに、自動車業界では工場で働いている社員も多いことから労働組合の力が強く、労働環境や待遇がしっかりと守られているという傾向があります。

9.エネルギー業界

エネルギー業界とは石油や石炭の掘削、販売などを行っている業界のこと。近年は再生可能エネルギーや電力の自由化などで外資系企業も参入しており、就職しやすい穴場の優良企業もあるようです。また、雇用も安定しており休みも取りやすいといったホワイト企業の特徴があります。

10.海運業界

海運業界は石油やガス、日用品などのさまざまな物質を船で運搬することで輸出入を支えるのが仕事。事業を展開するためには国の許可が必要となっているため、参入障壁が高い業界です。
競争が激しくなりにくく経営も安定しており、待遇も良いホワイト企業が多くあります。採用人数が少ないため大手を狙うのは難しいようですが、それほど知名度が高くない大手の関連企業であれば、就職先として狙いやすい穴場だといえるでしょう。

11.私立大学の職員

私立大学の職員は残業が少なめで給与が高いホワイトな職場だといえます。私立大学職員の仕事は経理や総務など幅広くありますが、仕事量は適切に保たれているようです。夏休みや冬休みも設けられており、プライベートと両立しやすい環境といわれています。民間企業に比べて利益重視ではないため、精神的にもゆとりのある働き方ができる穴場の就職先だといえるでしょう。

12.種苗業界

種苗業界とは穀物や野菜、草花などの植物の種の研究開発や販売を行っている業界のことです。米や野菜の品質向上や安全性の確保のため、より価値の高い種を作るのが仕事。そのため、種苗業界は人々の生活に欠かせない業界だといえるでしょう。食品業界と比べて知名度が低く、景気にも左右されない業界となっているため、就職に向いているホワイト企業の多い穴場だといえるでしょう。

13.独立行政法人

独立行政法人とは、国の公共事業を行うための特別な法人のこと。たとえば、国立美術館や都市再生機構などです。独立行政法人は国から独立した組織ではあるものの、運営には売上以外にも税金が含まれていることから、非常に経営が安定しています。平均給与も高い傾向にあるため、穴場の就職先の一つです。

14.組合・団体

組合や団体も、残業時間が少なく、休みが取りやすいホワイトな就職先だといえるでしょう。就職先には財団法人や社団法人、協業組合などがあります。組合や団体は、長く働くほど年功序列式に給与も上がっていくのが一般的といえるでしょう。支社を多く持っている組合や団体もあるため、就職しやすい穴場の組織を見つけることも可能です。地元で就職したいという方は候補として検討してみると良いでしょう。

15.自動車部品メーカー

自動車業界と同じように自動車部品メーカーもホワイト企業の多い穴場の就職先です。ホワイト企業が多い理由は、上位企業の顔触れが変わらず今後の将来性も高いといった理由が挙げられます。自動車業界自体が景気の影響を受けやすいという面があるものの、労働組合が力を持っているため雇用や労働条件は安定しています。最先端技術を駆使する仕事にも携われるため、手に職を身につけるのに興味がある方にとって魅力的な業界といえるでしょう。

16.情報・通信業界

情報・通信業界も、有給休暇取得率が高い企業が多くあります。また、女性管理職の比率が高いという特徴があり、ほかの業界にはあまり見られない穴場企業といえるでしょう。女性の方でいずれは管理職になりたいという方は、情報・通信業界も就職の視野に入れるのがおすすめです。

17.機械メーカー

機械メーカーは基本的にBtoB企業となるため知名度は低いものの、世界的に必要とされている企業が多く、穴場の就職先が多い業界だといえるでしょう。
また、機械メーカーが販売しているのは工場の設備や部品といった「モノを作るための機械」なので、消費ニーズが変わっても異なる業界・企業から受注しやすく収益が安定しているのが特徴です。そのため、企業の規模にかかわらず穴場の就職先が多い業界といえます。

18.製紙業界

製紙業界は需要が安定した業界で、給与も高い穴場企業が多いです。製紙業界の職種は開発や生産、営業のほか工場で働く生産・開発職も多いですが、どの職種の給与も高い水準となっている企業が多いため就職先としておすすめといえます。

19.鉄道業界

鉄道業界で働く従業員には、運転士や車掌、駅員などの種類があります。鉄道業界ではこれらの現業職が多いことから労働組合の力が強く、社員の労働環境が守られているという特徴があります。ただし、鉄道業界は基本的に各社とも募集人数が少ないことから、就職は狭き門であるといえるでしょう。

20.繊維業界

繊維業界は、社員の有給取得日数が高く、定着率も高いホワイト企業が多い業界です。企業の中には、社員は遅くとも20時ごろには退社するように定め長時間労働を防ぐ働きかけをしているところもあります。また、給与も高い水準にあるため、非常に高待遇で働ける穴場の就職先だといえるでしょう。

穴場企業に就職するための3つのコツ

ここでは、穴場企業に就職するためのコツを紹介します。「面接を通過できない」「具体的にどう対策すればいいか分からない」という方は、ぜひ参考にしてください。

1.先輩内定者のエントリーシートを研究する

「就活はいつも書類選考で落ちてしまう」と悩んでいる方は、先輩内定者のエントリーシートを研究してみましょう。就職サイトの中には、先輩内定者のエントリーシートが読めるようになっているサイトも多くあります。先輩内定者と自分のエントリーシートを見比べてみることで、相違点や改善点が見つかるでしょう。
エントリーシートの書き方については、「エントリーシートの書き方を解説!志望動機や自己PRの例文」に詳しく掲載されているので、こちらも併せてご覧ください。

2.ほかの人とは違う志望動機で差別化を図る

就職活動で採用担当者の印象に残るためには、志望動機に「自分が企業にどう貢献できるのか」を記載することで、ほかの応募者との差別化を図ることが大事です。
就活では自分の熱意をアピールするために、「入社後頑張って働きたい」といった内容は志望動機に書いてしまいがちですが、それではほかの応募者の中に紛れてしまいます。志望動機を書く場合は、自分を採用することでどのようなメリットがあるのかを述べるようにしましょう。ニッチ産業のような穴場企業を志望する場合は、「なぜ、この業界か」を明確にすると評価される可能性があります。
志望動機の書き方に悩んでいる方は「志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します」をご覧ください。

3.インターンにできるだけ参加する

企業のことを詳しく知るためには、就職前にインターンシップに参加するのがおすすめです。グループワークや職業体験など、企業によってインターンシップの実施内容は異なりますが、いずれも業界や企業研究などに役立ちます。特に、知名度の低い就職先を狙う場合は、実際に体験して企業の実態を知るのがおすすめです。
また、自分自身に適性がある業界かどうかを見極められるため、できるだけ多くのインターンシップに参加すると良いでしょう。

穴場企業を見つけるときの5つのポイント

穴場企業を見つけるときの5つのポイントの画像

「穴場」という言葉どおり、名前を知らない優良企業を見つけることは難しいものです。ここでは、穴場企業に出会う方法をご紹介します。

1.大企業にこだわらず中小企業にも目を向ける

会社規模が小さいからといって安定性がない、売り上げが少ないと判断すると、穴場企業を見落としてしまいます。中小企業でも業界トップレベルの技術や業績を誇っていたり、大企業にも劣らない福利厚生を備えたりする会社が存在しているので、就職先の選択肢から外さないようにしましょう。

2.BtoB企業に注目してみる

穴場企業に就職する3つのメリット」でも触れたとおり、知名度の高いBtoC企業だけでなくBtoB企業にも目を向けてみましょう。消費者が名前を知らないだけで、実は優れた業績を上げている穴場企業が含まれている可能性があります。
大手企業をメインに探している方は、同時にその企業の取引先にも注目してみると、穴場のBtoB企業が見つかることもあるでしょう。

3.ニッチ分野から探してみる

就職活動で穴場企業を探す際は、ニッチ分野に注目してみるのもおすすめです。ニッチとは、大手企業が参入しないような小さな市場やビジネスの対象としていない分野のこと。その中で、実はグローバルに活動していたり、黒字経営を維持したりしている企業なども存在しており、今後の安定性にも期待できるでしょう。

4.大手企業のグループ企業をチェックしてみる

大手企業のグループに属している企業を受けるのも1つの手です。会社規模が小さくても、大手企業の管理下にあったり同様の権限を有していたりすることもあるため、就職先に安定性を求めるのであれば狙い目です。大手企業に比べて競争率が低い場合もあるので、穴場の就職先といえます。

5.自分のなかで優良企業の基準を決める

穴場の就職先を見つけるには、自分のなかで優良企業の基準を決めておくことが大切。基準を決めておけば、その条件に合った企業を効率的に探せるようになります。『就職先として「穴場企業」にも注目しよう』でもご紹介した通り、優良企業の基準としては、経営の安定や福利厚生の充実、離職率の低さなどがあげられます。ただし、これらは一般的な基準なので「残業が多くても住宅手当が欲しい」といった自分なりの基準を明確にするのが重要です。

名前を知らない穴場企業を見つける5つの方法

名前を知らない穴場企業を見つける5つの方法の画像

そもそも企業の名前を知らなければ、インターネットでの検索も難しいもの。まず穴場企業の社名を知るには、以下の方法があります。

1.企業情報に特化した冊子を見てみる

企業情報特化の冊子には、離職率や平均年収、有給取得年平均など、優良企業を見分けるポイントが掲載されているものもあります。気になる項目に注目し、良い数値が出ている企業をさらに深く調べていくという手順で、就職先の選択肢を増やしてみてください。

2.ビジネスニュースを読んでみる

ビジネスニュースに目を通してみると、知らなかった企業の名前を見る機会が増えます。紙媒体の新聞のほか、無料でダウンロードできるニュース購読アプリも増えているので、スマートフォンやパソコンを活用して情報を収集しましょう。

3.所属大学の就職支援機関を活用する

多くの大学の就職支援機関では卒業生の就職先を確認できるので、そこからどのような企業があるのかリサーチしてみるのも有効な手段です。気になる企業があれば、OB・OG訪問やインターンシップを申し込むと、実際の社内の雰囲気がつかめるでしょう。

4.企業説明会に参加する

合同企業説明会に参加すれば、待遇の良い穴場企業を見つけやすくなります。会社説明会であれば直接企業の採用担当者から話を聞けるため、会社の雰囲気なども掴みやすくなるでしょう。就職サイトや求人情報では分からなかった穴場の会社を発見できることもあるようです。

5.就職エージェントを活用する

就職活動をスムーズにする手段の一つとして、エージェントに相談するのもおすすめです。エージェントは企業規模の大小にとらわれず、相談者と相性の良い企業を紹介してくれるため、穴場企業に出会えることもあるでしょう。

「大手企業の内定が出ず、就活に行き詰まってしまった」「働きやすい会社に長く勤めたい」という方は、大手企業に負けない魅力を持った「穴場企業」に仕事探しの選択肢を広げてみてはいかがでしょうか。
それでもなかなか自分に合った企業に出会えないという方は、一度ハタラクティブの就職アドバイザーにご相談ください。丁寧なカウンセリングを行ったうえであなたに合った優良企業を一緒にお探しし、内定までを徹底サポート。求人紹介のほか、面接対策や書類添削を含むすべてのサービスが無料なので、安心してご利用いただけます。

穴場企業に就職するためのQ&A

ここでは、穴場企業への就職にまつわるQ&Aをご紹介します。就活の際はぜひ参考にご覧ください。

穴場企業って何?

あまり知名度が高くないものの、離職率の低さや豊富な福利厚生などで社員が働きやすいホワイト企業のことです。隠れ優良企業と呼ばれることもあります。企業に向けて製品やサービスを提供するBtoBに穴場が多く、就職の競争率が低いのが特徴です。ホワイト企業について、詳しくは「ホワイト企業の特徴とは?働きやすい職場の見分け方」を参考にご覧ください。

どんな業界が就職の穴場なの?

金融やインフラ、鉱業業界などがホワイト企業の多い穴場の業界といえます。いずれも利益率が高かったり景気に左右されにくかったりするのが特徴で、将来的にも安定して働けるでしょう。穴場企業の多い業界についてさらに詳しく知りたい方は、当コラムの「穴場でホワイト企業が多い20の業界」をご覧ください。

穴場企業に就職するためにはどうすれば良い?

先輩内定者のエントリーシートを研究したり、インターンシップに参加して業界研究を行ったりといった対策が効果的です。また、志望動機に「自分が企業に貢献できること」を記載するのもアピールとして有効。ほかの応募者との差別化を図ることで、採用担当者の印象に残りやすくなるでしょう。

知名度の低い穴場の企業をどうやって探すの?

企業情報に特化した冊子やビジネスニュースなどに情報が掲載されていることがあります。また、穴場の求人がなかなか見つからないときは就職エージェントに頼るのも一つの手。就職エージェントのハタラクティブは、若年層向けに穴場企業を含む求人をご紹介する就職エージェントです。ご利用はすべて無料なので、就職活動に不安や疑問をお持ちの方はハタラクティブをぜひご利用ください。

この記事に関連するタグ