1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「穴場企業」の良さを知る!大手企業への就職がすべてではない

「穴場企業」の良さを知る!大手企業への就職がすべてではない

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・大手企業は倍率が高く、また自分にとって「良い会社」とは限らない
    ・「穴場企業」は知名度が低くても働きやすい優良企業
    ・福利厚生や人員の定着率で穴場企業を見分けよう
    ・BtoB企業やニッチ分野企業に「穴場」があるかも

「穴場企業」の良さを知る!大手企業への就職がすべてではないの画像

就職活動をする際、つい誰もが名前を知っている大手企業ばかりに目を向けてしまうことはないでしょうか?たしかに知名度が高く安定感もありますが、その点だけに注目してしまうと「なかなか内定が決まらない」「入社したものの自分には合っていなかった」といった困りごとが出てくるかもしれません。
このコラムでは「穴場企業」についてご紹介します。隠れた優良企業に就職の選択肢を広げてみてはいかがでしょうか。


監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!


大手企業だけが「良い企業」ではない

就職活動を始め「どの企業を志望しよう?」と考えた際、「まず頭に浮かんだのはテレビや新聞などでよく名前を見かける大手企業だった」という方は多いはず。普段からその会社の提供するサービスや商品に触れていれば馴染みがありますし、また大手企業を受けること自体は全く悪いことではありません。
しかし、大手企業は知名度の分だけ競争率も高くなるため、そこだけに絞った就職活動をしていると内定がなかなか決まらない可能性もあります。また、大手だからといって誰にとっても働きやすい企業というわけではありません。企業の知名度に飛びつかず、自分がどんな働き方をしたいか見つめ直したうえで志望する企業を探すことをおすすめします。



「穴場企業」とは?

「穴場企業」は「隠れ優良企業」と呼ばれることもあります。知名度は高くないものの優れた点を持った、まさに就活における「穴場」の企業です。優良企業の定義は人によって異なりますが、就職活動においては下記の特徴を持つ企業がそれに当てはまるといえます。


・離職率が低く、長く勤めている社員が多い
・給与や休日、福利厚生が充実している
・成長率や業界におけるシェア率が高く将来的にも安定が見込める


大手企業にこだわらず、知名度の低い中小企業であってもこういった特徴を持つ企業に就職できれば、より良い環境で長く働くことができるでしょう。



優良企業を見分けるポイント

優良企業かどうかを見分けるには、先ほど述べた「優良企業の特徴」がポイントとなります。ここではポイント別に優良企業の見分け方をご紹介します。


長く勤めている社員が多いかどうか

長く勤めている社員、特に女性が多い企業は産前産後休暇・育児休暇などの福利厚生が整っており、それを活用しやすい雰囲気であることが多いようです。ワークライフバランスを保つことができるため、離職率も低い傾向にあります。
逆に離職率が高い企業は、職場環境に難がある可能性も。頻繁に求人広告を出している場合は慢性的な人手不足、つまり離職率が高い企業とも考えられるので注意が必要です。


給与や休日、福利厚生が充実しているかどうか

企業が「社員を大切にしているか」が表れやすいポイントです。業務量に対し給与額や休日の日数が見合っていなければ、社員の働きをきちんと評価・還元していない可能性があります。
福利厚生については、前述の産前産後休暇・育児休暇などライフイベントをサポートするもののほか、住宅手当や家族手当など暮らしを支援するものの有無を確認すると、企業の社員に対する心遣いが見えてくるかもしれません。また、社員の意見を取り入れて独自の福利厚生を整えている企業からは、風通しの良さもうかがえるでしょう。


成長率や業界におけるシェア率が高いかどうか

「BtoC(Business to Customer)企業」は、消費者に向けて製品やサービスを提供する企業です。一方、「BtoB(Business to Business)企業」は顧客である企業に向けて製品・サービスを提供しています。消費者が知らないだけで、実は業界内では世界レベルの高シェアを誇っている…というBtoB企業も数多く存在しており、まさに「穴場」。売上高や決算資料を公開している企業もあるので、今後の安定性が気になる方は確認しておくとよいでしょう。


こういった情報はインターネットや企業情報に特化した冊子などで調べることができます。また、職場環境や雰囲気に関することは、面接の際に直接社員の方に聞いてみるのも良いでしょう。ただし、質問の仕方によっては印象を悪くしてしまう可能性があるので注意が必要です。


隠れ優良企業の見つけ方

「穴場」や「隠れ」という言葉どおり、名前を知らない優良企業を見つけることは難しいものです。では、どのように見つければいいのでしょうか。ここでは穴場企業に出会う方法をご紹介します。


穴場企業はここに含まれているかも

以下のような企業に、隠れ優良企業が含まれている可能性があります。
就職活動の範囲を広げたい方はご参照ください。


大企業にこだわらず中小企業にも目を向ける

会社規模が小さいからと言って安定性がない・売り上げが出ていないと判断してしまうのは、穴場企業探しにおいては非常にもったいないこと。業界トップレベルの技術・業績を誇っていたり、大企業にも劣らない福利厚生を備えている中小企業も存在しているので、選択肢から外さないことをおすすめします。


BtoB企業に注目してみる

先ほど述べたとおり「BtoB(Business to Business)企業」には、消費者が名前を知らないだけで、実は優れた業績を上げている穴場企業が含まれている可能性があります。
大手企業を探している方は、同時にその企業の取引先にも注目してみると穴場のBtoB企業が見つかることもあるでしょう。


ニッチ分野から探してみる

穴場企業を探す際は、ニッチ分野に注目してみるのもおすすめです。ニッチとは、大手企業が参入しないような小さな市場やビジネスの対象としていない分野のこと。その中で、実はグローバルに活動していたり、半世紀以上黒字経営を維持したりしている企業なども存在しており、今後の安定性にも期待できるでしょう。


大手企業のグループ企業をチェックしてみる

盲点になりがちですが、大手企業のグループに属している企業を受けるのも1つの手です。
会社規模が小さくても、大手企業の管理下にあったり同様の権限を有していたりすることもあるため、安定性を求めるのであれば狙い目です。


名前を知らない企業を見つけるには?

そもそも企業の名前を知らなければ、インターネットなどでの検索も難しいもの。まず穴場企業の社名を知るには、以下の方法があります。


企業情報に特化した冊子を見てみる

3年後離職率や平均年収、有給取得年平均など、優良企業を見分けるポイントとなる企業情報が掲載されている冊子もあります。気になる項目に注目し良い数値が出ている企業をさらに深く調べていく、という手順で志望企業の選択肢を増やしてみてください。


ビジネスニュースを読んでみる

ビジネスに特化したニュースに目を通してみると、名前を知らなかった企業に出会う機会があるかもしれません。無料でダウンロードできるニュース購読アプリも増えているので、活用してみましょう。


所属大学の就職支援機関を活用する

多くの大学の就職支援機関では卒業生の就職先一覧が確認できるので、そこからどんな企業があるのかリサーチしてみるのも有効な手段です。気になる企業があれば、OB・OG訪問やインターンシップを申し込むと、より社内の雰囲気がつかめるでしょう。


就職エージェントを活用する

就職活動をスムーズにする手段の1つとして、エージェントに相談するのもおすすめです。
エージェントは企業規模の大小にとらわれず、相談者と相性のいい企業をマッチングしてくれるため、穴場企業に出会えることもあるでしょう。


「大手企業の内定が出ず、就職活動に行き詰ってしまった」「働きやすい会社に長く勤めたい」という方は、大手企業に負けない魅力を持った「穴場企業」に仕事探しの選択肢を広げてみてはいかがでしょうか。
それでもなかなか自分に合った企業に出会えないという方は、1度ハタラクティブの就職アドバイザーにご相談ください。丁寧なカウンセリングを行ったうえであなたに合った優良企業を一緒にお探しし、内定まで徹底サポート。サービスは全て無料なので、安心してご利用いただけます。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる