医療機器業界の仕事業界図鑑

医療機器業界とは

医療機器は、医薬品医療機器法で「人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等」と定義されています。

医療機器の分類や製造を行う企業については以下のとおりです。

医療機器は以下のように大きく3つに分けることができ、医療機器のメーカーは、病院やクリニックなどに機器の提案・販売を行います。

・診断系の医療機器

診断系の医療機器には、CTや内視鏡、超音波診断装置、MRI、X線画像診断システムなどが該当します。

光学機器・電子機器メーカーである「オリンパス」は、胃や大腸などの消化器内視鏡で世界シェア7割(2017年7月時点)。内視鏡は病気の早期発見・早期治療の手段となっており、より高度な治療のための開発が現在も進められています。

・治療系の医療機器

カテーテルやメス、注射器のほか、人工関節や心臓ペースメーカーといった生体機能補助・代行機器が治療系の医療機器に当てはまります。

医療機器の製造・販売と医薬品の製造を行う「テルモ」は、カテーテルや人工肺装置などの心臓血管領域分野が強み。ほかにも薬剤をあらかじめ充填している注射器を製造・販売し、医療の安全と効率化に貢献しています。

・その他の医療機器

診断系・治療系以外の医療機器は、コンタクトレンズや手術用手袋、歯科材料、家庭用マッサージ器などが該当します。

ちなみに、医療機器は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(通称:薬事法)で規制されています。医療用として商品を製造・販売する際は、患者へのリスクの高さに応じて独立行政法人医薬品医療機器総合機構への届け出や審査の依頼、厚生労働大臣からの承認が必要です。

医療機器業界の志望動機例

・学ぶ意欲のある人

医療機器の技術は日々進歩しているため、新たな知識を身につける積極性が大切になります。向上心を持ち、専門的な知識を主体的に習得することが必要です。

・責任感の強い人

医療機器は病気の診断や治療などに使われる物であり、トラブルが生じた際は重大な事態につながりかねません。そのため、人命に関わる仕事をしているという自覚と責任感を常に持って仕事に取り組むことが大切です。

・臨機応変に対応できる人

営業職の場合、決まった顧客の訪問のほかにも、製品にトラブルが生じた際はサポートスタッフと現場へ向かうことがあります。顧客に商品を継続して利用してもらえるよう、優先順位を考えて行動し、状況に応じて対応する柔軟性が必要です。

【上記を踏まえた志望動機例】

〈想定する人物〉

・他業界の営業経験者

・医療機器メーカーの営業職を希望

前職では○○の営業職としてお客様のニーズに合った提案とアフターフォローに努め、営業成績□□%という結果を出しました。

応募のきっかけは、御社の△△という理念に共感し、一人でも多くの患者の方がいきいきと毎日を過ごせるよう、医療機関との橋渡し役として働きたいと思ったことです。

お客様の興味や信頼を得られるよう製品に関する知識を深め、前職で身につけた柔軟性と傾聴する姿勢を活かして御社に貢献したいと考えております。

医療機器業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

医療機器業界は景気の動向を受けにくく、安定成長が見込める業界だといわれています。

ただし、心臓ペースメーカーや人工関節といった治療系の医療機器は海外からの輸入に頼っており、貿易赤字は拡大傾向に。

先進国の高齢化や新興国の医療水準向上によって医療機器の需要は高くなっているため、日本は得意分野とする診療系の医療機器で顧客を獲得する必要があるでしょう。

【今後の動向】

日本に限らずほかの先進国や新興国も高齢化社会を迎えているため、病気の早期発見・治療への関心は高まり、医療機器業界の発展が期待されています。

日本では旭化成やソニーなど異業種からの参入が相次いでおり、今後の成長・拡大が見込まれる業界だといえるでしょう。

医療機器業界の仕事内容

・営業

病院やクリニックで働く医師・看護師などに対して自社製品の提案と販売を行うのが仕事。医療現場で機器の操作を説明することもあるため、取り扱いについて十分な知識を身につける必要があります。

・サービスエンジニア

顧客である病院やクリニックを定期的に訪問し、自社製品の点検・修理などを実施するのが仕事。医療機関のスタッフが製品を正しく使用できるよう、セミナーや説明会で講師を務めることもあるようです。

・開発

企業にもよりますが、先進の技術に関する情報収集・研究のほか、新製品の開発に向けた映像回路や電源回路の設計といった専門的な業務を担当します。また、新製品についての情報をまとめ、申請用の資料を作成するのも開発者の仕事です。

医療機器業界のメーカー

医療業界において、医療メーカーの技術発展は大きな意味を持ちます。健康を守ることに必要な「予防・診断・治療」に繋がるからです。

そこで、昨今、目覚ましい技術発展を遂げている医療メーカーの中から5社をセレクトし、メーカー像に迫ってみました。メーカーの特色や現況について言及。医療メーカーの今後や展望を知るのに、ご参照ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ