自分に合った仕事の見つけ方!適職が分からないときの対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自分に合った仕事の見つけ方!適職が分からないときの対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自分に合った仕事の見つけ方が分からず苦戦している人は天職ではなく適職を探すと良い
    ・自分に合った仕事の見つけ方が分かると、早期離職を防げる
    ・自分に合った仕事の見つけるには、「自己分析」「他己分析」「企業研究」などを徹底する
    ・自分に合った仕事を探すなら、「条件を出しすぎない」「完璧を求めすぎない」

就職活動中に「自分に合った仕事の見つけ方が分からない…」と困ったことはありませんか?自分に合った仕事が分からないままだと、就活がうまくいかないばかりか、将来への不安を感じる要因になります。就活をスムーズに行うには、自分の適職を見つけることが重要です。このコラムで、自分に合った仕事の見つけ方を学び、就職活動を成功させましょう。

◆そもそも、自分に合った仕事って何?

自分に合った仕事とは「適職」のこと。必ずしも「天職」…すなわち「自分の生まれ持った性格や性質を活かせる仕事、なおかつ好きな仕事」とは限りません。

【自分に向いている仕事「適職」とは】

適職を直訳すると「その人に適した職」です。その仕事が好きかどうかは含まれていません。
つまり、自分に向いている仕事とは、「その仕事が好きかどうかに限らず得意な仕事」ともいえます。
けれども、自分に合った仕事探しに苦戦している方の多くが、天職を探している傾向があります。もちろん、天職を見つけるのが間違いということはありません。むしろ、自分の好きなこと、かつ得意なことを仕事にしたいと考えるのは自然な流れです。

とはいえ、自分に合った仕事がなかなか見つからないと感じるなら、「好きなこと」に関わらず選択肢を広げて仕事探しをする必要があります。自分が好きなことでなくても、「頑張った分だけ成果を出せそう」「強みを発揮できそう」という仕事が適職である可能性が高いです。

【必ずしも「好きなこと」が適職とは限らない】

「好きなこと」が適職になる場合もありますが、好きなこと以外で力を発揮する人もいます。
仕事選びをする上で重要なのは、自分の力を発揮できて、成果につながるかという点。「楽しいから仕事にしたい」というのも大切ですが、その他の条件が自分に合っているかもよく考えてください。
仮に、「好きなこと」を仕事にできたとして、自分の理想の働き方や待遇、給与が得られなかった場合はどうでしょう。仕事以外の面に不安を感じれば、続けられなくなる恐れも。仕事との相性が悪ければ、それだけ不満につながり、成果を出せなくなります。

自分に合った仕事を見つけるには、「好きなこと」以外にも目を向けることが大切。好きなこと以外の仕事に就いたとしても、続けるうちに評価を得たり、やりがいを感じたりするパターンは多くあります。適職を「好きなことから探さなければいけない」と考えているのなら、一度その概念を取り払いましょう。

 

◆自分に合った仕事を見つける意味

就職活動を成功させるために、自分に合った仕事を見つける意味を知りましょう。
同時に、自分にとって不向きな仕事に就くとどうなるのかもチェックしてみてください。

【就職後の早期離職を防げる】

自分に合った仕事に就ければ入社後のミスマッチを感じにくく、早期離職のリスクを減らせます。
反対に、不向きな仕事に就いてしまうと、早い段階で退職を選ぶことになりかねません。
早期離職の原因の多くは、「会社と価値観が合わない」「仕事内容が合わない」など、ネガティブな内容です。そうならないためにも、入社前に会社の価値観や仕事内容が自分に適しているかを確認しておく必要があります。

【「就活の軸」を定めるのに必要】

やり方は後ほどご説明しますが、自分に合った仕事を見つけるには自己分析が大切。自己分析で洗い出した自分の強みや価値観などから、「就活の軸」を定めることができます。
就活の軸とは、「自分が就職先を選び進めるうえでどうしても譲れない条件」のこと。応募先企業探しや自己PR・志望動機などを考えるうえで、欠かせないものです。
就職活動がうまくいかないときは、この就活の軸が定まっていない、もしくはブレてしまっている可能性があります。就活をスムーズに進めるためにも、自分に合った仕事を探す工程は、しっかりと行ってください。

◆自分に合った仕事の4つの見つけ方

この項目では、自分に合った仕事を見つけるための4つのヒントご紹介します。
実際に「自分に合った仕事」を探してみましょう。

【1.自己分析で自分の強みや価値観を知る】

自己分析とは、過去の経験を振り返り、自分の長所や短所、行動や思考の傾向などから、自身を客観的に評価すること。自分にはどんな強みがあって、それをどのように仕事へ活かすのか、どんな価値観を大切にしたいのかなどを考えることで、自分がどんな人間なのかを客観視できます。
自分がどのような人間なのかを知れば、おのずと適職が見えてくるもの。自分の傾向と照らし合わせて、仕事の向き・不向きを判断しましょう。

【2.他己分析で客観的な意見を聞く】

自己分析に対して、家族や友人に協力してもらう他己分析という方法があります。自己分析はあくまで自分の判断になるため、思い込みや固定概念があるとうまくいきません。その点、他己分析は第三者視点からの評価なので、客観性が高まります。
家族や友人といった身近な人は、本人が気づかない強みを知っていることも。また、相手が就職経験者であれば、より的確なアドバイスをもらえる可能性もあるでしょう。

【3.企業研究で求める人物像を理解する】

採用ページや募集要項などから、「企業が求める人物像」を理解しましょう。求める人物像は、業務内容や社風からも確かめられます。業務に必要な能力や企業理念などを調べてみてください。
また、福利厚生や教育体制といった待遇面から、希望する働き方ができる企業かどうかもチェックしましょう。注意したいのは、待遇面だけで自分に合った企業かどうかを判断すること。待遇はあくまで判断材料の1つとして捉え、業務内容と働き方の両面から適職かどうか見極めてください。

【4.職場見学で実際に働いているスタッフを観察する】

興味のある企業や仕事が見つかったなら、可能な限り、店舗見学に行ったり、実際に働いている人の声を聞いたりしてみましょう。実際に働いている環境や人を観察することで、自分が働く姿を具体的に想像することができます。 
また、職場の雰囲気を知る良い機会になるので、自分に合った職場環境かどうかも判断できるでしょう。

「自分に合った仕事」は、漠然と考えていては見つかりません。上記4つのヒントを参考に、行動を起こしましょう。

◆自分に合った仕事を探すときの3つの注意点

自分に合った仕事を探す際は以下3つのポイントに注意しましょう。

【1.完全に希望とマッチする企業を探そうとしない】

業務内容や社風など、ある程度理想を持つことは大切ですが、完全に希望が一致した企業を探すのは難しいといえます。完璧を求めるあまり、一社も内定を貰えていない、理想の企業が見つからず応募すらできないという状況に陥り、就職のタイミングを逃してしまいます。
企業研究の段階で企業のすべてを知ることはできません。選考中や入社後に企業のイメージや自分の価値観が変わることもあります。理想を求めるのはほどほどにし、まずは自分の興味を広げてみましょう。

【2.最初から条件を出し過ぎない】

希望条件を出すときは2~3個が適切。条件があまりに多いと、選択肢を狭めることになります。
就活の軸についてご説明したときに少し触れましたが、希望条件は「どうしても譲れないもの」だけに絞り、視野を広く持つことが大切です。
条件を出すときは、自分のやりたい仕事ができるかどうか、理想の働き方に近いかどうか、将来達成したいことが叶うかどうかの3つ程度に抑えてください。

【3.適職かどうか判断するのは仕事に慣れてから】

自分に合った仕事かどうかはっきりするのは「就職後」になる可能性も考えてください。就職して実際に仕事に向き合うことで適職になることもあるでしょう。
入社したての頃はミスが多かったり、人間関係がうまくいかなかったりするもの。「この仕事は自分に合っているのだろうか」と不安になる人もいるでしょう。だからといって、すぐに自分には向いていないと判断しないでください。 入社間もない頃に不安を感じる原因は「仕事に慣れていないだけ」の場合もあるので、しばらく様子をみてみましょう。

自分に合った仕事といっても、最初からすべてが合うとは限りません。試行錯誤しながら仕事に向き合うことで「自分に合った仕事」になることもあると理解しましょう。

それでも自分に合った仕事の見つけ方が分からず不安な方は、就職のプロに相談してみることをおすすめします。
若年層向け就職エージェントのハタラクティブでは、専任の就職アドバイザーがカウンセリングから内定までトータルサポートを行っています。
サービスの一環として、就職相談を実施。「自分に合った仕事」について相談することも可能です。
また、丁寧なカウンセリング後は、希望や適性を考慮した求人紹介や応募書類の添削、面接対策など手厚いサポートを受けられます。
サービスは全て無料。適職探しで不安な方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ