1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. もう転職しない!向いてる仕事の探し方

もう転職しない!向いてる仕事の探し方

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・適職を探すには、インターネットの適職診断やこれまでの経験、趣味に基づく自己分析をしよう
    ・ハローワークは自宅近くの職場を探せる、求人サイトは求人数が多いことがメリット
    ・デメリットは、それぞれ、大手企業の求人が少ないこと、信頼できるサイトが分かりづらい、など
    ・転職エージェントならカウンセリングや面接対策などのサービスがある

自分に向いてる仕事が分からず、転職を繰り返していませんか?若い間はすぐに転職できても、30代、40代になると採用条件は厳しくなります。このページでは向いてる仕事を探す方法や、ハローワークや求人サイトで求人を探す際のメリット・デメリットなどをご紹介。20代のうちに適職を見つけましょう。

◆やりたい仕事、向いてる仕事の探し方

【インターネット上の適職診断を参考にする】

近年、インターネットで「適職診断」と検索するだけで、自分の性格や特性を基に適職をピックアップしてくれるサイトが増えています。
自分の性格や特性などの傾向も合わせて記述されることが多く、ピックアップされた職種に似ている仕事や特性・才能を活かせる求人を探すキッカケになることも。
中には、聞いたことのない職種を紹介されるケースや、自分では不適合と思っていた職種をおすすめされる場合もあり、幅広い視野を持って求人を選べるようになる人もいるようです。


【経験から自己分析してみる】

仕事や学生生活における過去の経験・強みを把握することで、自分の特性を知ることができるでしょう。
まずは、大きなプロジェクトでの出来事や印象に残っている経験を振り返り、その時に自分が担っていた業務と、会社や社内外の人に対してどのように貢献していたかを書き出してみてください。
また、普段の業務で自分がどんな役割を果たしているのかも書きましょう。

これらのことから、自分が得意な分野や人から求められている役割を分析することができます。
例えば、「チームのリーダーとして、積極的にコミュニケーションをとってメンバーをまとめた」という印象が強かった場合、人と関わる仕事が向いているかもしれません。「与えられた業務をスムーズに行い、生産性の向上に努めた」という人は、ライン作業や1人でコツコツ取り組める職種が適職であることも。

自分が好きなことや得意なこと、人から求められている役割は何かをまとめましょう。


【好きなことや夢・嫌いなことから分析する】

人は、好きなことに携わるとリラックスした状態を保てることが多く、思っていた以上の力を発揮することがあります。
業務においても同様で、好きな内容であれば仕事が楽しい、と充実感を得られることもあるでしょう。難易度の高い業務であっても、意欲的に進められるかもしれません。
とはいえ、仕事と好きなことのイメージが結びつかない人もいるでしょう。
そんな時は、趣味や昔の夢などから選んでみてはいかがでしょうか。
趣味や夢は「好きなこと・興味のある対象」です。
例えば、ショッピングが好きなのであれば販売職、映画鑑賞が好きな人は映画館のスタッフや映像制作に関わる職種、小さな頃パティシエになりたかった方は飲食に関わる仕事などが考えられます。

とはいえ、「趣味は仕事にするべきじゃない」という意見も耳にしたことがあるでしょう。
好きなことや趣味を仕事にする場合は、きちんと業務内容や職場環境、業界の動向などを確認する必要があります。

一方、嫌いな物事に対しては意欲が湧きづらいもの。
嫌いなことに関わる仕事を選ぶと、毎日を苦痛に感じてしまうのではないでしょうか。
例えば、会話が苦手なのに、テレアポや営業など人と会話することが前提の職種に就くと、「頑張って話さなければならない」と無理をすることもあるでしょう。質を重視する性格なのに、スピードを求められる業務内容では不満を感じることがあるかもしれません。
円滑に業務を進めるためには、自分の思いと折り合いをつけなければならないことが多々ありますが、自分が「本当に嫌」と分かっている仕事を最初から選ぶ必要はないのではないでしょうか。


【仕事をするための条件を考える】

やりたい仕事や適職を考えるのではなく、「仕事をする上での条件」から仕事を探すのもおすすめです。
給与の高さや、社会貢献度の高さ、職場の雰囲気を重視したい、など人によって希望は異なります。
仕事をする上で望んでいる条件に優先順位をつけることで、自分に合った業界や職種が導けるでしょう。

例えば、

稼ぎたい人…インセンティブのある営業職
雇用の安定を重視する人…公務員
チームワークを重視する人…店舗販売
自分のペースで働きたい人…清掃員、配送ドライバー
デスクワークが好きな人…事務職

などが挙げられます。


【体験してみる】

気になる仕事が複数ある人は、まずはアルバイト・パートなどの短期雇用契約で体験してみるのも良いかもしれません。
実際に働いてみると、イメージよりも激務だった、やりたい作業ではなかった、職場環境が悪いなどの理由から、長く続けたい仕事ではないと判断できることがあります。
しかし、現在、正社員として就労中の方は、短期雇用契約を選択しづらいのではないでしょうか。
アルバイトやパートで体験できない場合は、転職エージェントを活用して、その職種や業界についての詳細を聞いてみるのがおすすめです。

◆求人の探し方

求人を探す際に多くの人が利用するのは、ハローワークとインターネットでの求人検索ではないでしょうか。
ここでは、ハローワークと求人サイトを利用する際のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

【ハローワークを利用する】

・メリット

自宅近くの求人を探しやすい
職員に相談ができ、サポートを受けながら仕事を探せる
求人を探しに行くのと同時に、失業保険の手続きが行える

・デメリット

基本的に平日の17時半までしか営業していない
ハローワークのある地域周辺に特化しているので大手企業の求人は少なめ
給与や福利厚生などの待遇の差が、求人によって大きい
離職率の高い企業もある
担当者との相性が悪い可能性がある
募集が終了している求人も紛れている


【求人(転職)サイトを利用する】

・メリット

ハローワークや求人広告にない求人を扱っている
求人数が多く、条件を絞っても仕事を探しやすい
パソコンやスマートフォンで簡単に登録でき、応募したい求人にすぐエントリーできる
登録情報を公開することで企業からのスカウトを受けられるサイトもある

・デメリット

応募や企業とのやりとりなど、基本的に全て自分で行わなければならない
応募しても返信がないケースがある
サイト内に記載されている内容だけで選択しなければならない
求人サイト数が多く、信頼できるサイトが分からない

◆就職、転職エージェントならプロ視点のアドバイスが可能

やりたい仕事や向いている仕事を探したい時におすすめなのは、転職エージェントの活用です。
求人サイトと混同されがちですが、転職エージェントはハローワークと求人サイト両方のメリットを備え、さらにその他のサービスを提供していることが多くあります。

例えば、

アドバイザーが転職に関わるカウンセリングや相談を行う
優良企業の求人を豊富に扱っている
希望に合う職種や業界、求人をアドバイザーがピックアップ
面接の日程調整、採用通知など企業とのやりとりはアドバイザーが行う
企業や業界の詳しい情報を提供する

などのサービスを展開しているようです。


転職エージェントのハタラクティブでは、これらのサービスの他にも、個々の強みを活かす面接対策や、添削を含む書類作成のアドバイス、さらには入社後の悩みや不安の相談も受け付けるフォローも行っています。
サービスは全て無料ですので、お問い合わせだけでもお気軽にご利用いただけます。ぜひ一度ご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    考えることが好きな人の適職は?向いている要素や仕事の選び方もご紹介!

  • image

    適職ってどんな仕事?自分に向いている仕事の見つけ方

  • image

    職業に迷うなら適職診断?転職時に適職を見つけるコツ

  • image

    自分に合う仕事は?向いている仕事の見つけ方

  • image

    自分に向いてる仕事を見つける利点と探すポイントとは

  • image

    自分の適性に合った仕事の探し方

  • image

    適職を見つけて転職を成功させよう!

  • image

    今の仕事に向いてない…判断する方法と打開策とは

  • image

    やりたい仕事が見つからない!適職診断ツールの活用が就職成功への近道

  • image

    仕事の向き不向きの見極め方!今の仕事は向いている?

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?