新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自分に向いてる仕事の探し方!転職先の選び方と診断方法

自分に向いてる仕事の探し方!転職先の選び方と診断方法

公開日:

最終更新日:

自分に向いてる仕事の探し方!転職先の選び方と診断方法の画像

【このページのまとめ】

  • ・自分に向いてる仕事へ転するため職には、自分の適職は何かを把握するのが大切
  • ・自分に向いてる仕事に転職したいなら、情報収集は必要不可欠
  • ・自分に向いてる仕事を探す方法は「適性診断」「自己分析」「企業研究」などがある
  • ・「好きなこと」を中心に転職しても、自分に向いてる仕事が見つかるとは限らない

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

「自分に向いてる仕事に転職したい」と考えながらも、どのように探したら良いか分からずに悩んでいる方も多いでしょう。このコラムでは「向いてる仕事」の定義を始め、診断方法や性格別におすすめの職種をご紹介。そのほか、自分に向いてる仕事に就くことのメリット・デメリットにも触れています。転職を繰り返さないためにも、コラムを参考にしながら適職を見つけてみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

自分に向いてる仕事って?

自分に向いてる仕事は、意欲をもって取り組むことができて、成果や成長が感じられます。
自分に向いてる仕事は、「好き・嫌い」といった観点ではなく、その仕事が自分に合っているかどうかです。「自分に向いてる仕事」と「自分のやりたい仕事」が同じこともあれば違うこともあります。
自分に向いてる仕事とはつまり「適職」のこと。転職するまえに、適職とは何なのか詳しくチェックしていきましょう。

適職とは

適職とは自分の能力を十分に発揮でき、その過程や結果に満足感が得られる職業を指します。「特技を活かせる」「やりがいや成長を感じられる」仕事は適職といえるでしょう。
また、「継続していくことが苦じゃない」「やってみたら意外と成果を出せた」といった仕事も適職に該当します。得意なことや好きなことだけが自分に向いてる仕事になるわけではないと覚えておきましょう。適職については「やりたい仕事は本当に適職?適性について考えよう」でもまとめているので、あわせてご覧ください。

適職を選ぶメリットとデメリット

適職に就くメリットには「実績を上げやすい」「モチベーションを維持できる」「自然とスキルアップできる」などが挙げられます。成果が評価につながり、さらにやる気が向上するという相乗効果にも期待できるでしょう。
反対に、転職してそれが自分にとっての適職でも「成果は出せるけれど好きな仕事でない」「好きな仕事だが低賃金/重労働」といった場合があります。この場合は、「無理をして疲労困憊してしまう」「理想と現実のギャップに困惑する」などのデメリットを感じることもあるようです。

転職したいけど自分に向いてる仕事が分からない理由

自分に向いてる仕事が分からないのは、自分自身や世の中の仕事をきちんと理解していないことが主な原因です。この項目で詳しい理由を解説するので、「転職したいけど、自分に向いてる仕事が分からない」という方は、ぜひ参考にしてください。

自分の強みを理解していない

自分のできることや得意なことを理解していない人は、自分に向いてる仕事が分からないでしょう。そういった場合は、過去の経験から「特に意識しなくてもうまくできたこと」「ほかの人はうまくできないのに、自分は簡単にできること」などがないか、探してみてください。自分がどんな強みや能力を持っているのかを理解する糸口になります。自身の強みや能力が明確になれば、自分に向いてる仕事へ転職できるでしょう。自分の強みや能力の見つけ方をしりたい人は、「長所がない?長所を見つける簡単な方法」をご覧ください。

世の中にある仕事を理解していない

世の中にどんな業種や職種があるのか理解していない人は、自分に向いてる仕事が見つからないことも。厚生労働省編職業分類(2011年改訂版)では、17,000以上の種類の職業があることが分かります。掲載してある職業をじっくりと見て、どんな仕事があるかをチェックしてみてはいかがでしょうか。視野が広がり、転職先の選択肢が増える可能性があります。

好きなことが分からない

自分の好きなことが分からないと、自分に向いてる仕事が見つけにくいもの。中には仕事が忙し過ぎて「自分の時間が取れずに好きなことに取り組めなない」「何が好きだったか分からなくなってしまった」ということもあるでしょう。転職に向けて、好きなことを思い出す、探すためのコツを次項で解説します。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
第4回改訂厚生労働省編職業分類 職業分類表

自分に向いてる仕事へ転職するための4つの方法

自分に向いてる仕事を探す方法として、「適性診断」「自己分析」「業界/企業研究」「実務経験を積む」の4つが挙げられます。「自分に向いてる仕事へ転職したい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.適性診断

就職活動における適性診断とは求職者の能力や性格を検査し、応募企業との相性を見極める検査を指します。ここでは、「ホランド理論」と「エニアグラム」を用いた自己診断方法をご紹介。当てはまる特徴から自分に向いてる仕事を探しましょう。

ホランド理論

ホランド理論は、「働く人の性格的な特徴を6つのパターンに分けて考え、そのパーソナリティをもとに適職を診断する」という考え方です。ジョン・L・ホランドというアメリカの心理学者が提唱し、学生向けのキャリア教育プログラムや進路選択支援ツールとして使われています。
以下の6つのタイプの特徴と向いてる仕事を参考に、自分がどのタイプに当てはまるかをチェックしてみてください。

(1)現実的(Realistic)タイプの特徴
現実的タイプの人は、秩序のある組織的な活動や道具を使った作業を好む傾向があります。「目に見える成果を追う」という特徴もあるので、ものづくりに関わる仕事や、機械を扱う技術職がおすすめです。

(2)研究的(Investigative)タイプの特徴
研究的タイプの人は、物事を分析したり、意見を具体的・論理的に表明したりすることが得意です。また、数学や生物、科学といった分野に興味・好奇心を抱きがちな傾向も。研究職や調査関係の仕事に向いてるといえるでしょう。

(3)芸術的(Artistic)タイプの特徴
既成概念に囚われず新しいことを思いつき、ゼロから生みだす力に優れている人は芸術的タイプ。独創的で感受性が豊かな人が多く、繊細な一面を持ちます。デザイン係や芸術関係といったクリエイティブな仕事で適性を発揮できるでしょう。

(4)社会的(Social)タイプの特徴
社会的タイプの人は「誰かの役に立つ・支えになる仕事がしたい」と考える傾向があります。ソーシャルワーカー(生活相談員)や介護職など、社会的貢献度の高い職業がおすすめです。

(5)企業的(Enterprising)タイプの特徴
競争意識が高く、率先してリーダーシップを取ることが得意な人は企業的タイプといえます。また、他人への影響力が強いのも特徴の一つ。組織の中で存在感を発揮するので、運営や企画に関わる仕事に向いています。

(6)慣習的(Conventional)タイプの特徴
慣習的タイプはデータや情報の整理が得意で、ルーチンワークを好みます。マニュアルに沿った秩序のある行動に馴染みやすいのも特徴。正確さと素早さを求められるデータ入力や事務職に適性があるといえます。

エニアグラム

エニアグラムは、9つの性格タイプに分類し、感情や行動パターン、思考などを教えてくれる診断のこと。企業や指導、カウンセリング、教育などの分野に取り入れられているようです。
自分の性格タイプを把握することは、自分に向いてる仕事を見つける手がかりとなります。以下の9つの性格分類をご参考ください。

(1)ストイック、完璧主義者
目標や理想に向かってストイックに物事に取り組める人。行動力があり意識が高く、努力を惜しみません。几帳面で職人気質な一面もあるので、技術職や公共サービスに向いています。

(2)献身的、思いやりがある
人の役に立ちたいという思いが強く、誰かのために働くことが原動力になる人はこのタイプです。福祉や教育といった他者との関わりが多い業界や、顧客や同僚のサポートに従事する事務職などに適性があります。

(3)自信家、向上心が強い
向上心が強く、自分を成長させることにやりがいを感じるパワフルな性格です。労働意欲や競争意識が高い傾向があり、どんなビジネスでも活躍が期待できます。起業家としても成功しやすく、大企業でのキャリアアップも狙えるでしょう。逆に、出世が望めない職業や、挑戦よりも保守を重んじる仕事には向いていません。

(4)個性的、ロマンチスト
発想力や想像力に富み、自分なりの美学を持っている人はこのタイプ。アーティステックな気質が強いので、ビジネスライクな環境には馴染みにくい可能性があります。既成概念に囚われず、新しいものを作るクリエイティブな仕事で輝けるでしょう。

(5)研究熱心、観察眼に優れている
研究熱心で観察眼に優れた学者肌タイプは、分析力や客観性に長けており、知的好奇心も旺盛です。技術職や専門性の高い職業に向いてるでしょう。
このタイプは自分の裁量で仕事を進められないとストレスを感じる一面を持ちます。接客業や営業などのように、他者との関わり合いが前提な職種や感情的な交流を求められる仕事は向いていません。

(6)堅実、注意深い
真面目で注意深く、周囲への気配りもできる社交性の高い堅実な人はこのタイプ。協調性や責任感に定評があり、多くの人から信頼されます。安定志向が強いので、公共サービスや公務員がおすすめ。反対に、競争意識が高くライバルの多い環境や、先行きが不透明な挑戦的な職場だと、ストレスを感じやすいようです。

(7)ポジティブ、楽観的
前向きで明るく、あまり物事に動じずに「なんとかなる」と受け止められる人はこのタイプ。前向きで変化に柔軟、行動力もあるのが特徴です。
人を楽しませることが好きだったり、大胆で挑戦的な一面があったりするため、エンターテイナーの気質を持っています。広報やコンサルタントのように人前で活躍する華やかな職業がおすすめです。

(8)統率力、決断力がある
自ら率先して前に出ていく人や、リーダーシップを発揮できる人はこのタイプに当てはまります。正義感や責任感が強く、仲間思いなことが特徴です。自分の力を試して挑戦できる環境や、上に立って他者を導くポジションで力を発揮します。経営の根幹に関わる管理職や、店舗のオーナーなどに適性があるといえるでしょう。

(9)おおらか、平和主義
平和主義で対立を好ず、他者の考えや決定を受容するのが得意な人はこのタイプ。献身的な(2)のタイプと似ており、思いやりと忍耐力の高さが特徴です。看護師や介護士といった医療系や福祉系の仕事に適性があります。

2.自己分析

自分に向いてる仕事を探すために自己分析は欠かせない要素です。ここでは、「過去の経験」と「好きなことや嫌いなこと」から自分を掘り下げていく方法をご紹介します。自己分析は、仕事探しだけでなく、転職の理由や自己PRなどの選考にも役立つので、一度行ってみましょう。

過去の経験から分析する

これまでの仕事の経験から、印象深い思い出や大きな出来事を振り返ってみてください。そのとき、「どのような状況だったか」「自分はどのようなポジションだったか」「会社や社内外の人に対してどのように貢献していたか」を具体的に書き出してみましょう。
たとえば、「チームのリーダーとして、積極的にコミュニケーションをとってメンバーをまとめた」「与えられた業務をスムーズに行い、生産性の向上に努めた」という出来事から、自分が求められている役割や得意な分野、モチベーションが上がる環境などが見えてくるはずです。

好きなことや嫌いなことから分析する

自分の「得意なことや好きなこと」「苦手なことや嫌いなこと」を書き出してみましょう。「ショッピングが好き」なら販売職、「映画鑑賞が好き」であれば映画館のスタッフや映像制作に関わる職種などのように、「関わりたい仕事」が見えてくることがあります。
また、苦手や嫌いなことを把握しておくのも、自分に向いてる仕事を選ぶ際に大切な要素。たとえば、「他者との会話が苦手」であれば営業や接客は避けるべきですし、「ルーチンワークだと集中できない」という人は事務職には向かないと分かります。自分の好き・嫌いを明確にしておくことで、転職活動がスムーズになるでしょう。
とはいえ、「好きだから自分に向いてる仕事」「嫌いだから向かない仕事」とは限りません。詳しくは後述する「「好き」で自分に向いてる仕事へ転職できるのか」の項目をご覧ください。

3.業界/企業研究

自己分析と並んで、業界研究と企業研究は就活において重要な要素です。先述したとおり、世の中の仕事を把握できていないと、自分に向いてる仕事を見つけるのが難しくなります。まずはこれまで属してきた業界や関心のある業界について、新聞や経済ニュースを参考に業界の景気動向や成長性・安定性などを調べてみましょう。
企業の情報が掲載された雑誌を活用するのもおすすめです。
業界内に気になる企業が見つかったら、企業のWeサイトなどから事業内容・経営理念・風土などを調べてみましょう。また、同じ職種でも企業によって働き方や待遇は異なるもの。いくつかの企業を比較するのもおすすめ。詳しい業界研究や企業研究のやり方は「業界研究のやり方がわからない?就職・転職に役立つノートづくり」でもまとめているので、あわせて参考にしてください。

4.経験してみる

ある程度、自分に向いてる仕事が分かったら、実際に経験してみるのも1つの手段。やってみないと本当に自分に向いてる仕事かどうかは分からないので、挑戦してみることも大切です。
転職だけが、業務を体験する方法ではありません。体験する手段としては、気になる職種の短期アルバイトをする、ハローワークの職業訓練に申し込むなどの方法があります。ハローワークの職業訓練には、機械関係や建築、塗装、介護など、幅広い職種があり、無料で受けられるものもあるので、チェックしてみてください。

「好き」で自分に向いてる仕事へ転職できるのか

「好きなことをしたい」と思い転職するときは、好きなことを仕事に結びつけることが大切。深く考えずに単に好きという理由だけで転職すると、失敗してしまう恐れもあります。

「好き」と「適性」の違い

好きなことと適性が同じとは限らないことがあります。「本が好きだから、書店に就職したい」「洋服が好きだから、アパレルに就職したい」といった理由で転職してしまうのは注意。この場合の好きは、「好き=読みたい、着たい」の場合もあるので、販売や接客することが好きではない可能性があります。
ミスマッチを避けるためにも、「なぜそれが好きなのか」を明確にしておきましょう。仕事の適性について調べたい方は、コラム内の「1.適性診断」の項目を参考にしてみてください。

「好き」を仕事にするメリットとデメリット

「好き」を中心に転職した場合のメリットは、モチベーションが保てることやストレスが少ないこと。デメリットには夢中になり過ぎるとこやギャップがあることなどがあります。

<主なメリット>
・やりがいやモチベーションが維持できる
・多少の不満は我慢できる
・より多くの知識を学ぶ喜びがある
・行動的になれる
・ストレスが少ない

<主なデメリット>
・必ずしも高給与とは限らない
・夢中になり過ぎる
・ギャップが生じる

「好き」を仕事にすれば、楽しさを感じられるので、難易度の高い業務であっても意欲的に取り組めるでしょう。また、多少の不満やストレスには目をつぶれる場合もあります。
反面、うまくいかないときは理想と現実のギャップに苦しんだり、「好きを仕事にするために転職したのに、嫌いになってしまいそう…」といった葛藤を抱えたりすることもあるようです。「好き」を仕事にしたい方は「好きなことを仕事にするには、どうしたらよい?」をご覧ください。

【性格別】自分に向いてる仕事の例

性格によって、自分に向いてる仕事・向いてない仕事があります。その一例を性格別に挙げてみますので、転職を考えている人は当てはまるものがあるか、参考にしてみてください。

行動力がある人

行動力がある人におすすめなのはフットワークが求められる仕事です、代表例は接客業や営業、スポーツインストラクターなど。瞬発力や目的意識の高さ、積極性を強みとしてアピールできます。

こだわりを持っている人

自分にこだわりがある人に向いてるのは、完璧を求めるられる仕事。職種はシステムエンジニアや建築系、経理などです。細かいところまで気づける点や正確性をアピールしましょう。

変化を楽しめる人

変化を楽しめる人には、臨機応変な対応が求められる教師や自営業、プログラマーなどが向いてるでしょう。変化を楽しめる対応力の高さがアピールとして有効です。また、自分の裁量でペースを決められる仕事もおすすめ。デザイナーや起業家は、日々変化のある仕事にどんどんチャレンジできるため、変化が楽しめる人はやりがいを感じられるはずです。

真面目な人

真面目な人は、コツコツと努力するのが得意なので、使命感のある仕事に向いてます。警察官や公務員、介護職員など、ルールを守って着実に進められる仕事がおすすめ。アピールポイントは「誠実さ」「努力家」といった点になります。

穏やかな人

穏やかな人におすすめするのは、感情的にならず冷静さが求められる仕事です。職種はカウンセラーや秘書、ITエンジニアなどがあります。落ち着きのあるところや人々に好かれる部分をアピールすると良いでしょう。

自分に向いてる仕事へ転職するときの4つのポイント

自分に向いてる仕事へ転職するときには、重視される内容や実際の業務内容を十分に確認しておくことが大切です。さらに、業界や職種、就活市場などの情報収集がとても重要になります。以下で詳しく紹介するので、ポイントをおさえて、自分に向いてる仕事へ転職できるように準備しましょう。

1.これまでの経験を棚卸しする

転職するときには、適性診断の結果や今までの仕事内容、学生生活の経験から、業務に活かせることがあるか振り返ってみましょう。経験は、面接時の自己PRの強みとして伝えられるので、しっかり把握しておくことが大切です。

2.業務内容だけで選ばない

業務内容だけで「自分に向いてる仕事だ」と思わず、その会社の社風や企業文化が自分に合っているかどうかの確認を怠らないようにしましょう。たとえばルーチンワークの業務でも、会社の社風が体育会系の場合、内向的な人ではミスマッチとなってしまいます。
また、給与や勤務形態などの「条件」もきちんと視野に入れて転職を考えましょう。以下は厚生労働省の「平成27年転職者実態調査の概況 転職理由」の表を抜粋したものです。「労働条件」「業務内容」「賃金の低さ」を理由に転職する人が多いことが分かります。自分に向いてる仕事は、業務内容だけでなく、職場環境や賃金も関わってくることを理解しておきましょう。

離職理由 回答者の割合
労働条件(賃金以外)がよくなかったから 27.3%
満足のいく仕事内容でなかったから 26.7%
賃金が低かったから 25.1%
会社の将来に不安を感じたから 24.2%
人間関係がうまくいかなかったから 17.1%
能力・実績が正当に評価されないから 15.9%
その他 15.9%
ほかに良い仕事があったから 15.1%
いろいろな会社で経験を積みたいから 12.2%

引用:厚生労働省 平成27年転職者実態調査の概況 転職理由

3.転職成功には情報が不可欠

「自分に向いてる仕事へ転職するための4つの方法」のなかでも述べたように、Webサイトや書籍だけでなく転職イベントや新聞、ニュースなどからも情報を収集しましょう。イベントでは、文字からは伝わらない企業や社員の雰囲気を感じ取れますし、ニュースでは「現在起きていること」を確認できます。
リアルタイムの情報を入手しておくと、「情報のアンテナが高い」「トレンドを意識できている」といった評価につながり、転職の選考で有利になる場合も。得た情報は、しっかりとした志望動機を書くためにも役立ちます。面接で「最近の気になるニュースは?」といった質問を投げかけられることもあるので、世の中の動向をしっかりと把握しておきましょう。

4.転職エージェントを活用してみる

「自分に向いてる仕事へ転職したい」方は、転職エージェントを活用するのも一つの手。転職エージェントは、転職に関する相談にのってくれたり、面接対策をしてくれたりするサービスです。専任のアドバイザーが対応するため、一人ひとりにあった求人を紹介してもらえるのが特徴。転職エージェントを活用し、第三者の目線を入れることで、1人では気づけなかった「自分に向いてる仕事」が見つかる可能性があるはずです。

「転職したいけど、自分に向いてる仕事が分からない」とお悩みなら、転職エージェントのハタラクティブまでご相談ください。専任の就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施し、あなたの得意なことや苦手なことを探すお手伝いをいたします。さらに、ヒアリング結果をもとに、あなたの適性にマッチしたお仕事をご紹介。企業とのやり取りはアドバイザーが担当するので、就業しながら転職活動を進められます。すべてのサービスは無料でご利用いただけますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

参照元
厚生労働省 
平成27年転職者実態調査の概況

自分に向いてる仕事に転職したい!お悩み解決FAQ

「向いてる仕事に転職したい」と思いながらも、何から始めれば良いのか分からず、行動に移せない方も多いでしょう。ここでは適職探しによくある疑問やお悩みをQ&A形式で解決していきます。

そもそも自分に向いてる仕事が何なのか分かりません…

まずは自分自身と、世の中にある仕事のことをきちんと理解することが大切。向いてる仕事が分からない人の多くは、自己分析や業界研究が不十分な傾向にあります。このコラムの「自分に向いてる仕事へ転職するための4つの方法」の項目を参考に、自分の適性をチェックしてみましょう。

「向いてる仕事」=「好きを仕事にする」ということ?

向いてることが必ずしも好きなこととは限りません。自分で気づいていなくとも、意外なところに適性があることも多いです。反対に、「◯◯は好きだけど、仕事にするには向いていない」という場合もあります。大切なのは「やりたいこと」と「できること」の範囲を見極めること。「仕事の向き不向きの見極め方!今の仕事は向いてる?」では仕事への向き・不向きを見極めるポイントについて解説していますので、ぜひご一読ください。

適性診断はどこでできますか?

インターネット無料サイトで診断できます。ハタラクティブの適職診断は32の質問に「当てはまる・やや当てはまる・どちらでもない・やや当てはまらない・当てはまらない」のどれかを選び答えるだけで結果が出ますので、ぜひ一度試してみてください。本格的な診断を求める場合は、ハローワークや民間の就職エージェントを利用してみても良いでしょう。

効率よく向いてる仕事を探す方法は?

転職エージェントの活用がおすすめです。エージェントでは利用者一人ひとりに専任の就活アドバイザーが就き、カウンセリング相談を通じて適性にマッチした仕事を紹介してもらえます。企業への連絡や面接日程の調整なども代行してくれるので、一人で行うよりもスムーズに転職活動が進むでしょう。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ