やりたい仕事がない時、適職を見つける5つのヒント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. やりたい仕事がない時、適職を見つける5つのヒント

2018/04/23

【このページのまとめ】

  • ・やりたい仕事がないときは、自分の本音と向き合うことがポイント
    ・仕事選びは、好き嫌いではなく、やってみたいかどうかで判断するのも一つの方法
    ・やりたい仕事を見つけるためには、まず自分に合った方法をトライしてみよう
    ・仕事をするうえで何が一番大切なのかを優先順位をつけて考えるのもオススメ
    ・仕事に結びつかないようなことでも好きなことを挙げることで、やりたいことが見えてくることもある

就職や転職活動をする際に、どんな基準で仕事選びをしていますか。
向き不向きで選ぶ人もいることでしょう。また、趣味や特技を活かせる職業や企業を選択する人も多いはず。
しかし、中には「やりたい仕事がない」という人もいます。

どうやったらやりたい仕事と出会えるのか。
いつ見つけられるのか。

日々、悶々と悩んでいるという人は、この機会に自分の「やりたい仕事」探しをしてみませんか?

◆やりたい仕事をしていた方が幸せ?

自分のやりたい仕事に就いている人、「やりたいことがない」と思っている人はどのくらいいるのでしょうか。

やりたい仕事を見つけられるまでフリーターとして働く、という道を選んだ人もいるはず。
また、今の会社に正社員として働いているけど、もっとやりたいことに打ち込める仕事をしたい、と野望を抱いている人もいることでしょう。

やりたい仕事を選んだ人が必ず充実感を味わえる、と言い切れませんが、それを見つけたほとんどの人が人生において幸せを手にしている可能性は高いです。
やりたいことを選択することで将来が変わるのであれば、仕事選びは慎重に行うべきことなのかもしれません。

仕事を見つけるための方法を次項で詳しくみていきましょう。

◆やりたい仕事を見つける方法は?

やりたいと思う仕事を探すにはどうしたらいいのか。
その見つけ方を下記に挙げてみましょう。

【意思を強く持つ】

まず大切なことは、「やりたい仕事を見つける」という強い意思を持つこと。
目標を設定することで、進むべき道が明確になります。

「自分には見つけられない」「私にはこんな仕事はできない」とはじめから諦めてしまっては取り付く島もありません。
しっかりと自分の本音と向き合うこともときには大切です。

【好き嫌いで仕事を選ばない】

仕事を選ぶときに気をつけるポイントは、好きか嫌いかで判断しないこと。
経験のない仕事を好き嫌いだけで判断するのは避けたいものです。
「自分の好きなことを仕事にしたい!」とハッキリとした意思を持っている人は問題ないでしょう。しかし、やりたい仕事が明確ではない場合は別問題です。
「こんな仕事は好きかも」という安易な気持ちで仕事を選ぶのは避けたほうが無難だと言えます。
気持ちがハッキリしていない状態で仕事を決めてしまっては後悔しかねません。
好き嫌いで選ぶのではなく、やってみたいかどうかという気持ちを自分自身に尋ねてみる方法がオススメです。

【「やりたくない」仕事を考えてみる】

やりたい仕事がなくてどうしようもない…というときには、やりたくない仕事を挙げてみるのもよいでしょう。
たとえば、「立ち仕事は体力的に無理」「コミュ障だから、接客はやりたくない」「パソコンが得意じゃないから事務職は避けたい」といったように、自身の気持ちに耳を傾けてみます。
意外にも「やりたくない」と感じている仕事は多く挙げることができる場合もあるようです。

このように、消去法のやり方でやりたくない仕事を仕分けることで、やりたい仕事を見つけられることもあります。

【とにかく人生経験を積む】

やりたい仕事がわからない場合は、なんでも興味のあることにチャレンジしてみるのも一つの方法です。
経験は人生の大きな宝。
人生経験の豊かさによって、数多くの知識やスキルを身につけることができます。
身につけることによって人として成長を遂げ、仕事に対する意欲や願望が湧いてくることでしょう。

【将来を深く考え過ぎない】

就職は、生活するために必要な費用を稼ぐためにする人がほとんどです。
夢を抱いて働く人もたくさんいますが、仕事をする一番の理由は「生きていくため」ではないでしょうか。
将来に夢を掲げ、やりたい仕事をするのが格好いい生き方、といったような将来像を見つめていては、今を懸命に生きるのが苦しくなってしまう可能性があります。
将来を深く考え過ぎず、今の自分が生きていくためにやるべきことを知ることも大切です。
自分ができそうな仕事を選ぶことで、ストレスを最小限に抑えることができ、心に余裕を持つことができるでしょう。それにより、将来と向き合う時間を作ることもできるかもしれません。

上記にご紹介した方法以外にも、さまざまな見つけ方がありますが、その中でも自分に一番しっくりきそうなやり方でトライしてみるのがオススメです。
何がしたいのかわからない状態になってしまったときには、自己分析をしてみてもよいでしょう。
次項では、その方法をご紹介します。

 

◆やりたいことが分からなくなったときは…

自分の強みがハッキリ分からない、今の仕事とは違う何かをしたい、就職で失敗したくないなど、やりたいことが明確に分かっていない人もいることでしょう。
そんなときは、「どんな仕事にやりがいを感じられそうか」「どんな仕事に苦痛を感じるのか」といった視点で考えてみます。
自己分析をする目的は、自分の強みや適正を知ることです。
自分自身と向き合うことで、少しづつ見えてくるものが増えてくるでしょう。

また、仕事をするうえで何が一番大切なのか、優先順位をつけていく方法もオススメです。
たとえば、給与面や労働条件、人間関係、業務内容、手当の有無、勤務地、仕事へのやりがい、好きな仕事をすることなど、自分の中で一番優先度の高い項目を挙げます。
この方法で優先度を探り、目的を持つことで、やりたい仕事を見つけられる可能性が高くなることでしょう。

◆好きなことと仕事を結びつけるには

好きなことを仕事にすること、あなたはどう思いますか?
人によっては、「好きなことではご飯は食べていけない」「仕事にしてしまうと好きなことが嫌いになってしまう」と思っていることもあるでしょう。
しかし、本当に好きなことで生計を立てていけるとしたら…これほど幸せな人生はないと思っている人がいるのも事実です。

好きなことを仕事にしたいと思って会社選びをする人もいますが、結果的に希望の仕事をできているかというと一概にYESとは言えません。
たとえば、本が好きで出版業務に携わりたいと思い入社したが、実際は販売促進の業務からスタートするといった現実が待ち構えていることもあるようです。
それでも、やりたい仕事がない…と悩んでいる人からすると、好きなことに結びつく仕事に就けていること自体がとても羨ましいことなのかもしれません。

やりたい仕事がないという人は、まずは自分の好きなことを探してみてください。
きっと何かしら見つかるはず。
たとえそれが仕事に結びつかないようなことであったとしても、どんなことでも構わないので挙げてみることが大切です。
その第一歩を踏み出すことで、一つ前進することでしょう。


仕事は好きではないと続かないこともあります。
苦手な仕事を毎日するのはストレスの原因になりかねません。
もしあなたが、これからやりたい仕事を見つけたい!と思うのであれば、プロのアドバイザーを頼ってみてはいかがでしょうか。

就職エージェントサービスを利用することで、自分に合った職種や業界を見つけることができます。また、希望に沿った企業を紹介してもらうことも可能です。
ハタラクティブでは、適職診断やカウンセリングなどを通じて、一人ひとりに合った企業紹介を行っています。
「やりたいことが分からない」という社会人経験ゼロの方も大丈夫。未経験者向けの求人も多数ご用意していますので、あなたのやりたい仕事の方向性からリサーチいたします。
サービスは何度ご利用いただいてもOKです。ぜひ一度活用してみませんか? 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ