マネジメント経験とは?転職時にアピールするコツや例文を紹介

マネジメント経験とは?転職時にアピールするコツや例文を紹介の画像

この記事のまとめ

  • マネジメント経験とは、リーダーとなってプロジェクトメンバーの管理業務を行うこと
  • 企業側は、マネジメントに関する戦力や目標を実現する能力があるかを見ている
  • マネジメント経験がない場合も、マネジメント能力をアピールできる可能性がある
  • マネジメント経験した人数は、正確に伝えると担当できる業務量がイメージしやすい
  • マネジメント経験は、企業のニーズに沿った内容を簡潔にまとめることが大切

「マネジメント経験が必要な求人に応募したいけど、どういった業務が該当するのか分からない」と悩む方も多いようです。企業から問われる「マネジメント経験」とは、具体的にどのような業務を指すのでしょうか。このコラムでは、マネジメント経験とは何か、企業が採用活動で何を見ているのかを詳しく解説。また、転職活動でマネジメント経験をアピールするコツについてもご紹介します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

マネジメント経験とは

マネジメント経験とは、自分がリーダーやマネージャーとなってプロジェクトメンバーの管理業務に携わることを指します。マネジメント経験に含まれる主な業務は、目的に向けて人員を管理し、プロジェクトを進行すること。管理業務の内容は幅広く、マネジメント経験の定義やメンバーの人数は明確に定められていません。「マネジメント経験」に含まれる主な業務内容として、以下のような例が挙げられます。

・チームのメンバーの統率
・メンバーの目標設定やフィードバック
・部下や後輩の教育および指導
・店舗における人員や売上の管理
・プロジェクトの進行

プロジェクトを効率的に進行するために周囲を指導し、トラブルが発生した場合には迅速に対処していくことがマネジメント業務と考えられています。マネジメントに携わる役職は、課長やチーフ、ディレクターなど、さまざまです。部下やチームを動かす役割を担ったことがあれば、「マネジメント経験がある」といえるでしょう。

マネジメント経験があると転職活動で有利になる?

30代の多くは10年近い業務経験を持っているので、即戦力やマネジメント能力を採用基準としている企業が多いようです。そのため、マネジメント経験があると、転職活動の際に有利に働くといえるでしょう。「経験が有利になる?30歳の転職を成功させるには」では、30歳を過ぎてからの転職で求められることが多いスキルや経験、未経験職種へ転職する際のコツなどを解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

マネジメント経験がある人に企業が期待すること

企業側は、「どのようなマネジメント経験をしてきたのか」「リーダーシップを発揮してチームを引っ張っていけるか」「チームメンバーに対する協調性があるか」などの要素を知りたがっています。マネジメントを的確に行うために企業がチェックしているポイントは以下のとおりです。

マネジメントを任せられる人材である

マネジメント経験があれば、プロジェクトを通してチームをまとめられるスキルがあると評価されます。企業側は、応募者のマネジメント経験を確認することで「この会社でも率先して動いてくれるのでは」と判断しているようです。

組織で目標を実現する能力がある

マネジメント業務ではプロジェクトの中心となり、「誰が・何を・いつまでに・どのように取り組むのか」を把握しなければなりません。そのため、組織の能力や特徴を活かして、プロジェクトの目標を着実に実現していける能力があるかを確認していると考えられます。

課題や反省を次の戦略に活かせる

多くの企業では、業績における課題を整理し、次年度の戦略を立てています。そのため、プロジェクトの内容やメンバーの適性に沿った戦略を立てられ、中心人物となって動ける人物であるかを見ているようです。

マネジメント経験なしで求人に応募するには

求人の募集要項に「マネジメント経験のある方歓迎」と書かれている場合、マネジメント経験がなくても応募はできるのでしょうか。以下では、マネジメント経験がない場合のアピール方法や注意点を解説していきます。

マネジメント能力があることを伝える

マネジメント経験がない場合は、管理業務に携われるほどのマネジメント能力を有していることをアピールします。プロジェクトリーダーでなくても、サブリーダーや補佐としての経験があれば、その取り組みを伝えると良いでしょう。リーダーシップを発揮してプロジェクトを動かした経験があれば、積極性が評価される場合も。自分のマネジメント能力が、志望する企業で活かせることをアピールしましょう。ただし、応募先に明確なマネジメント経験の基準が示されていた場合は、その条件を満たしていないと書類選考を通過できない可能性が高いので注意が必要です。求人に申し込む前に、自身のスキルや経験が基準をクリアしているかをしっかりと確認するようにしましょう。

マネジメント経験として判断されない場合

「部下の質問に答えた経験がある」「作業を少し手伝ったことがある」程度の業務内容は、マネジメント経験に含まれません。また、役職に就いてもマネジメントに直接携わらない場合もあります。「役職がある=マネジメント経験がある」というアピールは一概に成立しないので注意が必要です。

マネジメント経験の人数を伝えるときのポイント

マネジメント経験を重視している企業では、何人のメンバーをマネジメントしてきたのかを正確に伝えることが大切。なぜなら、数人の規模と数百人の規模のプロジェクトとでは、業務内容が大きく異なるからです。マネジメントした人数の違いに応じ、適切なアピールを心がけましょう。

数人のマネジメント経験がある場合

企業側は、必ずしも大人数のプロジェクト経験を重視している訳ではありません。たとえ数名であっても、プロジェクトメンバーの育成や進捗管理をしていれば、その経験をアピールすることが可能です。たとえば、メンバーの顔を見てサポートにあたった経験があるのなら、一人ひとりの気持ちに寄り添ったアドバイスをしたことが伝えられます。

数十~数百人のマネジメント経験がある場合

人数の規模が大きい場合は、すべてのメンバーをサポートすることは難しいでしょう。そのため、サブリーダーに的確な指示を出し、全体をどのようにまとめたか、進捗や数字の管理をしてきたかを伝えることが大切。マネジメントした人数が多ければ、責任をもってプロジェクトを動かしたことをアピールすることが可能です。

プロジェクトメンバーや部下がいない場合

直接マネジメントした人物がいない場合、取り組んできたことはマネジメント経験として評価されない可能性も。しかし、採用担当者によってマネジメント経験の判断基準は異なるようです。プロジェクトの戦略立案・企画・進行などの進捗管理を行った経験があれば、その能力を判断材料にしてもらえる場合があります。企業が出している求人票の内容に沿って、自分なりのマネジメント能力をアピールしてみましょう。

マネジメント経験をアピールする3つのコツ

応募する企業や職種によって、求められるマネジメント経験は異なるようです。以下では、マネジメント経験をアピールする際に注意すべきポイントを3つご紹介します。

1.応募する企業のニーズに合っているか確認する

企業の規模や仕事内容によって、求職者に求められるスキルは異なります。自分のマネジメント経験が応募する企業のニーズに合致しているかは、求人に申し込みをする前に必ず確認しましょう。企業が求めている経験や能力に近いものがあれば、志望動機に活かすことが可能です。志望動機については「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」において、志望動機の作り方や注意点などを解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

2.職務経歴書に記載する内容は簡潔にまとめる

マネジメント経験をアピールする際は、部下の人数や仕事のプロセス、実績などを盛り込みます。採用担当者が理解しやすいよう、どのようにプロジェクトを完遂したのかを簡潔にまとめることが大切です。社内初の取り組みやメディアに取り上げられたものなどがあれば、積極性をアピールできます。職務経歴書の書き方については「職務経歴書で活かせるスキルをアピール!例文付きで書き方とポイントを解説」にて詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

3.具体的な業務内容や実績を説明する

マネジメントの予算や期間、実績などは、数字を使って説明すると説得力が増します。具体的なエピソードを導入すれば、採用担当者があなたの能力をイメージしやすくなるでしょう。目標設定はどのような数値で、実際はどのような結果になったのかを簡潔に伝えれば、入社後にマネジメント能力を発揮していかに活躍できるかをアピールできます。

上記の内容を踏まえ、マネジメント経験を効果的にアピールしましょう。転職活動の際は、今までの経験を応募先の企業でどう活かせるかアピールすることが大切。特にキャリアを積んでいる人の場合、リーダーシップを発揮できる人材であるかは重要なポイントです。

マネジメント経験をアピールする例文

前述のとおり、マネジメント経験には具体的なエピソードを盛り込み、企業のニーズに沿った内容にまとめることが大切です。以下で、プロジェクトの中心となって10人の部下を指導していた場合の例文をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

私は、プロジェクトリーダーとして6か月間メンバーの指導と管理に努めました。
全体のスケジュールを確認しながら、期日までにプロジェクトを完了できるよう部下にタスクを割り振りました。
部下の進捗が躓いていたらアドバイスをし、メンバー同士が衝突しないようチームをまとめました。
10人という少ないメンバーではありましたが、一人ひとりが自分の能力を発揮して役割を果たすことができました。
目標を達成したプロジェクトは社内でも高い評価をいただき、メンバーの士気を向上することができました。

上記の例文のように期間や人数など具体的な数字を混ぜて、プロセスや実績をまとめると効果的です。
しかし、求職者の中には「マネジメント経験をうまくアピールできない」「希望している企業に就職できるか不安」と感じている人もいるでしょう。転職活動に関する悩みがある場合は、エージェントに相談してみるのも一つの方法です。
若年層に特化したハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーがマンツーマンでサポート。あなたの希望条件をヒアリングし、経験や能力に合った求人をご紹介しています。また、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、入社日時の調整などにも対応。サービスのご利用はすべて無料なので、まずは気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ