教員からの転職が難しい理由は?民間企業への就職を成功させる3つのポイント

教員からの転職が難しい理由は?民間企業への就職を成功させる3つのポイントの画像

この記事のまとめ

  • 過酷な労働環境を理由に、教員から民間企業への転職を希望する人は多い
  • 教員から民間企業への転職が難しい理由は、スキル不足や教員へのイメージ
  • 教員からの転職を検討するなら、できるだけ若い時期がおすすめ
  • 教員からの転職を成功させたいなら、転職理由や自己PRの伝え方を工夫しよう
  • 教員から民間企業へ転職するなら、経験が活かせる塾講師や営業がおすすめ

教員から、民間企業への転職を希望する方は多いものです。
過酷な労働環境や想像していた業務とのギャップが、転職を考える理由でしょう。
教員から民間企業への転職が難しいと言われる理由は、学校と民間企業で必要なスキルや知識が異なる点です。しかし、弱点を把握してうまくアピールすれば、転職は不可能ではありません。
このコラムでは、教員の転職先としておすすめの業種も紹介しているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

教員から転職したいと思う理由

高い志を持って教員の道に進んだにも関わらず、教員から民間企業へ転職したいと思う人も少なくないようです。教員を辞めたい理由として、以下のことが挙げられます。

・長期間勤務を強いられている
・体調を崩している
・部活の顧問を担当しているため休みがとれない
・休憩時間がほとんどない
・保護者や近隣住民などの苦情対応がつらい
・ひとりで何十人もの生徒をまとめるのが大変
・思春期や反抗期の生徒とコミュニケーションを図るのが大変

上記のほかにも転職したいと考える理由はさまざまあるでしょう。なかでも多いのは、過酷な労働環境にあるといえます。
教員は、学生・児童より早く出勤し、授業の準備や朝礼を行わなくてはなりません。
部活で顧問を担当していれば帰りが遅いだけでなく、休日返上で部活に顔を出すこともあり、プライベートな時間が持てない教員も多いようです。
また、教員が仕事で関わるのは、上司や同僚だけではありません。
理不尽なことを要求する保護者の対応も仕事です。運動会や楽器の音、チャイムの音などに対してクレームをつける近隣住民への対応もしなくてはならず、「教員を辞めたい」と考えてしまうのでしょう。

教員を辞めたいと考える理由については、「教師を辞めたい!辞める理由とおすすめの転職先とは?」でも詳しく解説しています。あわせてチェックしてみてください。

教員からの転職は難しいといわれる理由

教員から民間企業への転職は難しいといわれています。その理由は、以下のとおりです。

・ビジネスマナーが身についていない
・世の中の流れに疎い
・スキル不足

教員は主に子どもたちを相手にする学校で働く仕事のため、一般的な社会から切り離された特殊な世界であり、独自の雰囲気を持っています。そのため、一般的な会社員に比べてビジネスマナーが十分でないことも。市場の動きを把握することもないと考えられます。
また、教員の仕事は基本的に激務です。このため、「教員としてのスキル以外に何ができるのか?」を考えた際に、「できることが思いつかない…」という事態にも陥る人も少なくないでしょう。

もちろん、こうした条件に当てはまらない教員・元教員も多くいます。しかし、世間一般からのイメージもあり、民間企業への転職が難しくなっているという事情もあるのでしょう。
ただし、元教員であっても20代前半であれば、比較的転職はしやすいです。
第二新卒として扱われる年代のため、ポテンシャルを重視する企業に応募できる可能性もあるでしょう。
一方で、年齢が上がるにつれて、徐々に転職は難しくなります。企業側が、転職希望者のポテンシャルよりも、ある程度のスキルや経験を求めるようになるため、教員や元教員からの転職者に対して、厳しい判断が下されがちです。
とはいっても、実際に転職活動を始めると意外と求人はあるもの。
転職を成功させるためには、転職活動のコツを把握したうえで、行動していく必要があります。

教員からの転職については、「教師を辞めたい理由は勤務環境が原因?転職を叶える4つのポイントとは」でも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

教員からの転職を成功させるための3つのポイント

教員からの転職を成功させるために必要な3つのポイントを紹介します。下記を参考に、転職活動を進めてみてください。

退職理由をポジティブに言い換える

すでにお伝えしたとおり、教員を巡る仕事環境は非常にシビアです。過酷な労働環境が退職の理由であるとすれば、かなりネガティブなものとなるでしょう。

大切なのは、それをそのまま「転職理由」として伝えないことです。たとえ事実であっても、「残業が多過ぎるから」「人間関係が大変だったから」という理由を転職希望先に伝えてしまうと、「うちの会社もすぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまうでしょう。
退職理由と転職理由は、できるだけ冷静に、分けて考えてみてください。

たとえば、実際の退職理由が「月100時間以上の残業」にあった場合でも、「なぜそれで転職したいと思ったのか?」には、別の理由があったはずです。

・本来はもっと△△の仕事をしたかった
・自身のスキルアップに、もっと時間を使いたかった

このように、ネガティブな理由をポジティブな理由へと言い換えられれば、転職希望先企業からの印象も良くなるでしょう。
なぜ教員の仕事では駄目で、転職先企業ならが良いのか、自分自身の考えや経験をしっかりと棚卸してみてください。

元教員のデメリットを理解した上で自己PRを行う

教員からの転職活動が難しい理由は、元教員ならではのデメリットが多いためです。
こうしたデメリットをあらかじめ理解したうえで適切に対処するだけでも、印象は大きく変わるでしょう。
たとえば、ビジネスマナーについては、事前に弱みと認識していれば対策が可能です。「市場の流れに疎いのでは?」という懸念に対しては、自己PRや逆質問の場で、きちんとした知識を身に付けていることをアピールしましょう。
世間一般的に見ると、教員から民間企業を目指す方の数は、それほど多くはありません。
そのため、企業側は「元教員はいったい何ができるのだろう?」と不安を抱いてしまいがちです。こうした不安を面接の場で払拭できれば、「元教員としてのスキルを活かして、▲▲の分野で活躍してもらえそう」と、具体的なイメージをつかんでもらいやすくなるでしょう。

教員からでも転職しやすい業界を狙う

コツを頭に入れていても、年齢が上がるにつれて難しくなるのが、教員転職の現実です。
転職成功率を高めるためには、「教師としてのスキルを活かせる分野」を選択し、集中的に転職活動を行いましょう。教員の経験やスキルを活かせる業界や職種なら、転職理由も前向きに示しやすくなります。教員におすすめの仕事を紹介するので、転職先を選ぶ参考にしてください。

教員として学生に勉強を教えてきたスキルや経験が活かしやすい仕事です。これまでと同様に、教育分野に携わることができるのも魅力でしょう。仕事内容については、「既卒・未経験から塾講師の正社員を目指すには?仕事内容や注意点も解説」も一読ください。

事務職

事務職は、資料作成や電話対応などを行います。教員の仕事と共通している部分が多いため、アピール材料が多いのが、教員の転職先におすすめな理由です。「未経験から事務職を目指して大丈夫?業務内容と求められるスキルをチェック」のコラムでも、未経験者が事務職に就くことについて解説しています。

営業職

お客さまや取引先など、多くの人と関わる仕事です。幅広い年齢層に応じて対応できるスキルが求められます。上司や同僚、生徒、保護者など、さまざまな人と接してきた教員のコミュニケーションスキルが活かせるでしょう。未経験者からの転職も多い職種です。営業職の仕事内容や就職のポイントについて書かれたコラム「未経験から営業の仕事につくには?」も参考にしてください。

販売職

営業職同様、これまで培ってきたコミュニケーション能力を活かせる仕事です。未経験者でも転職しやすいため、検討する価値はあるでしょう。販売職に必要なスキルについては、「販売員に資格は必要?業界ごとに必要なスキルを解説」のコラムでご確認いただけます。

「教員を辞める!」と決断したものの、教員から異業種への転職に不安を感じる人もいるのではないでしょうか。このような民間企業であれば、教員としてのスキルや経験を活かしながら、活躍できるでしょう。
「とりあえず教員は辞めたいけど、何をすれば良いか分からない」「就活の仕方を知らない」という方は、転職エージェントを活用してみてください。ハタラクティブは、未経験者歓迎の求人を多く取り扱っている転職エージェントです。
教員からの転職でポイントになりがちな退職理由の伝え方や面接対策についても、専任サポートによる丁寧なサポートを受けられます 。転職のプロであるアドバイザーが、あなたに合った求人をご紹介するので、企業探しも安心です。面接日程の調整はアドバイザーが行うので、転職活動をさらに効率良く進められます。アドバイザーはあなたの専任なので、未経験業種への転職など転職に関する相談をすることも可能です。入社後のフォローも行っているので、初めての民間企業への就職でも大丈夫。少しでも相談したい、不安があるという方は、一度ハタラクティブにご相談ください。

関連タグ