未経験から営業の仕事につくには?

公開日:

最終更新日:

未経験から営業の仕事につくにはどうしたらいいですか?

営業は未経験OK求人が多く、未経験からでも目指しやすい職種です。まずは自分に向いている営業の種類や業界を考えましょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!


未経験から営業の仕事につくには?

◆営業の種類

営業職と一口に言っても、サービスの対象や営業手法はさまざま。どのような種類があるか確認しておきましょう。

まず、一般企業や施設など法人・団体に向けて商品・サービスを提供する「法人営業(BtoB)」と、個人の顧客に対して商品・サービスを提供する「個人営業(BtoC)」があります。
さらにその中から、既存の顧客に対して商品・サービスを提案し購入後のフォローを行う「既存営業」、飛び込み訪問や電話を通して新規の顧客を開拓する「新規開拓営業」、既存の取引先を定期的に巡回して需要の掘り起こしを図る「ルートセールス」に大きく分けられるのが基本です。
簡単にまとめると、以下のように表すことができます。

・既存×法人
・新規開拓×法人
・ルートセールス×法人
・既存×個人
・新規開拓×個人
・ルートセールス×個人

比較的どの営業職でも未経験から就職しやすい傾向にありますが、新規開拓は件数を上げられなくてもルート営業だと成績が良かったり、個人向けのルート営業が苦手でも法人向けなら得意だったりすることがあるため、同じ営業職でも自分に合う業務内容かどうか見極めが必要となるでしょう。

◆営業に向いている人の特徴

営業職は学歴や職務経験を問われることが少ない職種ですが、誰にでもできる仕事というわけではありません。
個々の持っている能力を活かせるかどうかが重要となります。
営業に向いている人には、以下のような特徴があるようです。

・社交的でコミュニケーション力が高い
・ストレス耐性がある
・人脈を築きたいという意欲がある
・目標を設定しそのための努力ができる
・フットワークが軽い
・体力がある

営業というと高度なトークスキルが求められると思う方は多いようですが、実際のところはトークそのものよりも「顧客に必要な情報を的確に捉える力」「正確に情報を伝えられる力」があるかどうかが大切と言えるでしょう。

◆就職・転職を成功させる方法

営業職は比較的求人数が多く就職しやすい職種だと言えますが、その中から自分に合っているかどうかをきちんと見極めなければ早期退職に繋がってしまうことも。
営業は商品知識があることを前提に業務を進めるため、扱う商品などによっても自分の能力を発揮できるか変わってくるかもしれません。さまざまな業界の情報を集めて、志望先を決めましょう。
不動産、保険、ITなどは特に求人が多い業界ですから、調べてみてください。
同時に、目指す業界で役立つ資格があるかも調べ、資格取得も視野に入れておきましょう。

また、採用担当者に響く志望動機や自己PRにするためにも、「なぜ営業になりたいのか」理由を明確にしてください。

営業職が気になるものの、自分の適性がどれに合っているか分からない、求人の選び方を知りたい、志望動機や自己PRを上手く作れないという方は、ハタラクティブにご相談ください。
就職のプロが適性に合う求人をご紹介するほか、書類作成・面接指導などを通して就活をサポート。企業との連絡を代行し、面接日程などのスケジュール調整も行います。ぜひ一度お問い合わせください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ