フリーターが営業職の正社員になるには?向いている人や就職のコツをご紹介

フリーターが営業職の正社員になるには?向いている人や就職のコツをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 営業職は未経験歓迎の求人が多く、フリーターからでも就職は可能
  • 営業には企業と取引する法人営業と、一般消費者を対象とする個人営業がある
  • 新規開拓の飛び込み営業や内勤営業など、働き方はさまざま
  • 人と話すのが好きな人や相手の話を聞ける人、明るくて元気があるフリーターは営業向き
  • 面接では具体的な志望動機のほか、フリーター経験や仕事への熱意をアピールする

「今までフリーターだったのに、営業職の勤務なんてできるかな?」と不安に思っている方もいるでしょう。フリーターの就職に、営業職はうってつけの職種であるといえます。働きながらビジネスマナーを身につけられ、未経験者を歓迎している求人も多いからです。
このコラムでは、営業職に就職するメリットや仕事内容をご紹介します。フリーターから営業職の正社員になるために必要な面接対策も解説するので、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

営業職未経験のフリーターでも正社員になれる?

営業職未経験のフリーターでも正社員になれる?の画像

結論からいうと、未経験のフリーターでも営業職の正社員になれます。なぜなら、大卒や高卒で営業未経験の人を歓迎している会社があるように、必ずしも企業は営業経験者を求めているわけではないからです。むしろ、自分たちの営業方法を一から教えられるので、未経験者を積極的に採用したい場合もあります。
未経験のフリーターから正社員を目指すなら、年齢が若いほど有利。スキルがなくても若手を歓迎する企業は多いので、正社員になれる確率を上げたいフリーターは1日も早く就職活動をするのがおすすめです。仕事を探すときは、未経験を歓迎する求人を中心に見ると良いでしょう。
営業職の魅力は「未経験OK求人が多い営業職の魅力とは」でもご紹介しているので、参考にしてみてください。

営業職の種類と仕事内容

営業職の種類と仕事内容の画像

営業職は自社の商品やサービスを顧客に購入してもらうために、商品の提案や売り込みを行う仕事です。営業職は顧客や営業方法などによっていくつかの種類に分かれ、呼び名や仕事内容もそれぞれ異なります。

顧客の違い

顧客には大きく分けて、企業などの「法人」を対象にした法人営業と、一般消費者である「個人」を対象にした個人営業があります。

法人営業

法人営業は、法人(企業)を相手に行う営業です。BtoB(Business to Business)営業とも呼ばれています。主な商品・サービスは部品や素材、広告、人材などで、契約までの大まかな流れは以下の通りです。

1.事前準備(資料作成や情報収集など)
2.アポイントメント
3.商談
4.契約
5.アフターフォロー

契約してもらうためには、事前に資料を作成したりアポイントメントをとったりといった準備は欠かせません。特に、後述する新規営業の際は、より綿密な用意が必要になるでしょう。

個人営業

個人営業は、消費者個人を顧客として行う営業のことです。BtoC(Business to Consumer)営業ともいわれており、車や保険、不動産などの商品やサービスを売り込みます。個人営業は営業先によって仕事内容や順序などが異なりますが、大まかな流れは以下の通りです。

1.見込み顧客の獲得(マーケティング)
2.アプローチ
3.ヒアリング、商品提案
4.契約
5.アフターフォロー

一口に「営業」といっても、種類や営業の順序、やり方などは企業によって差があります。営業職に就きたいフリーターの方は、自身が入社したい、やってみたいと思える営業スタイルの会社を見つけることが大切です。

営業方法の違い

営業方法の違いとして、既に取引のある顧客への営業を「既存営業」、新たに取引をする(新規開拓をする)顧客への営業を「新規営業」と区別しています。また、新規営業の中には電話で行う「電話営業」という方法も。
また、営業は個人で行うものとチームで行うものがありますが、細かな働き方は企業の取り扱っている商品やサービスによって異なります。

新規営業

新規営業は、今まで取引のなかった企業や個人に対して行う営業のことです。営業先からすれば、突然知らない人から「商品(サービス)を買ってほしい」と持ちかけられることになるため、話を聞いてもらえないことも多々ある難しい営業方法といえます。しかし、難易度が高い反面、契約にまでこぎつければ売り上げに大きく繋がり、自身の営業職としてのスキルも評価されるでしょう。

既存営業

既存営業とは、継続した取引をしている企業や個人に行う営業方法です。付き合いのある取引先への営業のため、新規営業に比べて契約をとりやすいのが特徴。既存営業の取引先と信頼関係を築いておくと、売り上げに繋がるだけでなく新しい顧客を紹介してもらえる場合もあります。

電話営業(テレアポ)

電話営業は、営業先に直接出向かず電話で行う営業のことで、テレアポともいいます。新規営業と同じく、これまで付き合いのなかった会社に営業をかけるため、契約までこぎつけるのは簡単ではありません。また、お互いの表情や仕草が分からず声のみで訴える必要がある分、より丁寧な言葉遣いや相手を惹きつけるトーク力が求められます。

上記のほかにも、自社の店舗や窓口に来るお客様を対象にした内勤営業(カウンターセールス)、アポイント無しの飛び込み営業など、各企業によって営業方法が異なります。フリーターの方が就職活動をする際は、志望先がどのような営業スタイルをとっているのか、求人の募集要項で確認してから応募しましょう。
営業方法の違いについては「ルート営業と新規営業の違いとは?業務内容や求められる能力を詳しく解説」のコラムでも詳しくご紹介していますので、参考にしてみてください。

フリーターが営業職に就くメリット

フリーターに営業職がおすすめなのは、以下のようなメリットがあるためです。

働きながらビジネスマナーを身につけられる

営業職では、言葉遣いから電話のかけ方、プレゼンのやり方といった一通りのビジネスマナーを勤務の中で身につけられます。また、多くの仕事は営業を起点として進んでいくため、業務において他部署とどのようなタイミングで関わっていくのか、といったビジネスの仕組みも分かるようになるでしょう。

転職時に有利になる可能性がある

営業職では、どのような職種・業界でも欠かせない「自社の商品やサービスを理解する」能力を養えます。そのため、転職時にも有利になる可能性があります。上記でご紹介したように、一通りのビジネスマナーを身につけられる点も転職に有利なポイントの1つ。「社会人としての能力に自信がない…」と思っているフリーターこそ、営業職に向いているといえるでしょう。

インセンティブが付く場合がある

営業職は固定給とは別にインセンティブがつく場合があり、入社歴の浅い社員でも頑張りに応じて高収入が狙えるのもメリットです。成果が給与に反映されるので、ルーチンワークがつまらない、頑張った分だけ報酬も多くなる仕事が良いというフリーターの方におすすめ。営業の腕を磨きながら高収入を目指して努力するのは、仕事のやりがいにもなるでしょう。
営業職のメリットだけでなくデメリットも知りたいフリーターは、「営業がきついとされる8つの理由とは?対処法と向いていない人の特徴も紹介」をチェックしてみてください。

こんなフリーターは営業職に向いている!

こんなフリーターは営業職に向いている!の画像

仕事には向き不向きがあり、適職に就くと順調にスキルアップできるでしょう。営業に向いている人には、以下にご紹介するような特徴があります。

人と会話をするのが好きな人

顧客とのコミュニケーションが売り上げに直結する営業は、人と話すのに抵抗がない性格の人に向いています。場をなごませるための世間話も必要なので、人と話すのが好きなフリーターは営業の仕事を楽しめるのではないでしょうか。
飲食店やカラオケ、サービス関係のアルバイトを経験したことがある人は、人と接する能力が身についているので、営業職に向いている可能性があります。

相手の話を聞ける人

営業では自分が提案するだけでなく、顧客の話に耳を傾けてニーズを理解する力が必要になります。営業側の一方的な意見や提案では顧客に契約したいと思わせられないため、話を丁寧に聞き取り、相手の立場になって考えられるフリーターは営業向きといえるでしょう。

明るくて元気がある人

特に新規開拓の営業には「断られて当たり前」という面があり、仕事がうまくいかなくてもすぐに気持ちを立て直す必要があります。いつまでも落ち込んでいては仕事が進まないので、明るく元気な性格で、ストレス耐性があるフリーターに向いているでしょう。また、断られても諦めない粘り強さも求められます。

計画的に行動できる人

営業には目標となる数字(ノルマ)があるので、達成に向けて計画的に行動できるフリーターに向いています。無計画に行動しても目標を達成するのは難しく、1日単位、週単位、月単位という風に、細かくスケジュールを立てる能力が必要です。

勉強が好きな人

売り込む商品やサービスについて自分が理解していなければ顧客への説明もできないので、学ぶ姿勢があり勉強が好きな人も営業に向いています。特に、未経験から就職するフリーターは、営業のノウハウや商品知識について積極的に勉強していかなければなりません。そのため、分からないことは上司や先輩に聞く、不安なことは独断で判断せず指示を仰ぐといった姿勢も求められます。
営業に向いている人の特徴は「営業って何?様々な営業の仕事と向いてる人」にも掲載されているので、こちらも併せてご覧ください。

営業職に就きたいフリーターのための面接対策

ここでは、営業職に就きたいフリーターの方に向けた面接対策をご紹介します。
世の中には、最終学歴や経験を優先させて採用する企業が存在します。だからといって、フリーターの人が完全に不利、というわけでもありません。営業の仕事で本当に大切なのは、学歴や経歴よりも、人柄やコミュニケーション能力です。面接では自分の持ち味や強みをアピールすれば、採用に繋げることができるでしょう。

志望動機は具体的に伝える

志望動機は、志望する企業ならではの特徴や魅力などを交えて具体的に伝えましょう。どこの会社でもいえるような、「人と関わるのが好きだから!」や、「人見知りせずに話すことができます!」だけでは志望動機として薄く、面接官に「営業職ならどの会社でもいいのかな」と思われてしまいます。志望している企業でしかやっていないこと、もしくは販売していない商品について語ると、面接官に好感を持ってもらえるでしょう。

フリーター経験をアピールする

フリーターとして得た経験は評価されないと思っている人がいますが、営業に活かせる経験や強みがあるなら、アルバイトであっても積極的にアピールしましょう。今までの経験とともに、今後への意欲を示せるとなお効果的です。フリーターとしての経歴については、「◯◯で◯年間アルバイトをし、◯◯を学びました」という風に、具体的に回答してください。

仕事への熱意をアピールする

営業職未経験のフリーターがアピールすべきなのは、仕事への熱意です。熱意をアピールするには、事前に志望する企業について研究し、営業職とはどのような仕事でどういった能力が必要かを理解しておくことが必要。志望先の事業についてはもちろん、自分のなりたい営業職像や、そのために努力することなどを面接で説明できるようにしておきましょう。

「自分が営業に向いているかわからない」「フリーターからの就職が不安…」そんな方は、若年層の就職・転職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。当サービスでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、不安や悩み、今後の希望をお聞きします。ヒアリングした情報をもとに適性に合った求人をご提案するので、就活が初めての方も安心。応募書類の添削や面接対策など、内定までに必要な全ての過程を手厚くサポートいたします!サービスはすべて無料なので、まずはご相談だけでも気軽にお申し込みください。

営業職を目指すフリーターのお悩みQ&A

ここでは、フリーターが営業職に就職するためのヒントとなる質問を掲載。すべてQ&A形式で分かりやすく回答しているので、ぜひ就活の参考にしてください。

営業職未経験のフリーターでも正社員になれますか?

可能です。大卒・高卒で営業未経験の方を採用している企業があるように、必ずしも企業は「営業経験者」を求めているわけではありません。むしろ、営業方法を一から教育することができるので、未経験者を採用したい場合も。詳しくは、このコラムの「営業職未経験のフリーターでも正社員になれる?」をご覧ください。

営業職ってどんな仕事ですか?

営業は、自社商品やサービスを相手に紹介し、購入を促す仕事です。
営業には、「法人営業」「個人営業」「ルート営業」「新規開拓」など、さまざまな種類があり、業界や手法によって、それぞれ必要な能力が変わります。また、近年の「消費者が商品を比較検討し、ネットで購入しやすい環境」に対応したWebサイトの運営や、セミナー・イベントでの、生の声による営業テクニックも必要になっています。営業の仕事については、「営業職とは何をする仕事?向いてる人の特徴や男性・女性別の年収を解説!」のコラムで詳しく説明しています。

なぜフリーターが営業に向いているのですか?

営業の仕事は未経験歓迎の求人が多く、社会人に必要なビジネスマナーも働きながら学べるためです。営業職に若い人材が欲しい企業は多いので、早めに就職活動を始めましょう。

営業職に向いている人の特徴とは?

「人との会話が好き」「傾聴力がある」「計画的に行動できる」などです。
ほかにも、「話を分かりやすく伝えられる」「スケジュール管理が上手」「人当たりが良い人」などは営業職向きといえるでしょう。また、ストレス耐性が低かったり、世間話が苦手だったりする人は営業に向かない可能性があります。詳しくは、このコラムの「こんなフリーターは営業職に向いている!」でも説明しているので、ご確認ください。

フリーターが就職するためには?

まずは、就活全体の流れを把握し、必要な情報を収集しましょう。
書類作成や面接対策なども欠かせません。1人で就活を進めるのが不安な方は、多くのフリーター就活を支援してきたハタラクティブの専任アドバイザーとともに、内定を勝ち取りましょう!

この記事に関連するタグ