1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. バイト経験を強みに!フリーターから正社員就職する際のアピールポイント3つ

バイト経験を強みに!フリーターから正社員就職する際のアピールポイント3つ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

・仕事を通じて得た思考の『順応性』や『柔軟性』

社会人として仕事をこなしていくにおいて重要視されるのが思考の『順応性』や『柔軟性』です。
これらは企業に入社してから若手として活躍する間は特に、大切なスキルになります。
仕事を1から学ぶ新人にとって、仕事環境に慣れることは大切です。しかし、社会人経験が全くない場合だと、仕事の現場に急に溶け込むということは難しいかもしれません。

一方フリーターとして仕事の経験を積んだ人は、職種などの違いがある場合であっても、仕事の現場を知っているため、順応性が高い人が多いといえます。
上司からの指示や人の意見を受け入れる思考の『柔軟性』も、仕事の成長に大きく関係します。仕事に従事してきたフリーターは、順応性や柔軟性に長けている人が多いともいえ、大切なアピールポイントにもなります。

・社会人に必要な言葉遣いやマナー

仕事の経験が無い人に多いのが、マナーや言葉遣いを知らないというケースです。
ビジネスを進めていくにおいて、コミュニケーション能力は欠かすことのできない大切なスキルの1つともいえます。
仕事を進めるうえでのコミュニケーションを形作る基盤となるのが、言葉遣いやマナーです。新卒や、仕事をした経験がない人の中には、言葉遣いやマナーなどをきちんと理解できていないというケースも存在します。

一方フリーターとして仕事の経験を積んでいる人は、マナーや言葉遣いをきちんと理解し、自然に使うことができる人が多く、コミュニケーションを円滑に進めることができる人が多いです。
正社員として就職し、どのような仕事に就く場合であっても、ビジネスにふさわしい言葉遣いやマナーを知っているということは、フリーターから正社員就職をするうえでの強みになるともいえます。

・バイト経験から見出した自分の強み

仕事をした経験がない場合、仕事上で活かせる自分の能力を見つけることは難しいこともあります。
しかし、フリーターとして仕事に従事していた人の場合は、仕事現場での経験を通し、自分の強みを見出すことができます。アルバイト経験を通し、上司から褒められた言葉や、人からかけてもらった言葉などを思い返すと、正社員就職後の仕事を進めていくにおいての自分の強みを見つけやすいです。
また、アルバイトであっても教育係やリーダーなどの責任あるポジションについていた方の場合は、大切な自己アピールの材料にもなります。責任ある立場を任された時の仕事への姿勢や気持ちなどを、具体的にまとめておくと良いでしょう。
机上で考える自分の強みよりも、仕事の現場で見出された自分の強みには説得力があるといえます。
中には、アルバイトとして仕事をこなしながら、資格を取得する人などもおり、一生もののスキルを身に付けた人もいます。資格は、ダイレクトに自分の能力をアピールできるため就職するにおいて有利に働きます。
バイト経験を通して資格を取得した場合などは、就職したい企業に対し積極的にアピールすると良いでしょう。


ハタラクティブでは、フリーターから正社員就職を目指す方を、就職のプロがマンツーマンでしっかりサポートします。求人サイトにはない非公開求人も多数ご用意しており、入社後のフォロー連絡などアフターサービスも充実しています。就職に関する様々なサポートが無料で受けていただけるので、就職に疑問や不安がある方はご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる