短期退職の言い訳はどうする?よくある理由と伝え方を解説!

短期退職の言い訳はどうする?よくある理由と伝え方を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 短期退職した理由は、言い訳に聞こえないように伝える
  • 「短期退職したら言い訳しなくては」と悩む必要はない
  • 面接官が退職理由を聞くのは、仕事をするうえで何を重視しているのか確認するため
  • 短期退職した理由はポジティブな内容に言い換えることが重要
  • 短期退職の理由として前職の不満や愚痴を話すと言い訳のように聞こえてしまう

短期退職したことを後ろめたく思い、「どうやって言い訳しよう…」と思う方もいるでしょう。選考では、言い訳ではなく理由をしっかりと説明するのがポイントです。短期退職に至った理由をしっかりと説明できれば、転職志望先の選考で不利になるリスクを軽減できます。このコラムでは、短期退職のよくある理由と伝え方のポイントを解説しています。面接官が退職理由を聞く意味を理解し、好印象を与える退職理由を考えてみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

短期退職は言い訳が必要?

短期で離職したあとの転職活動では、言い訳ではなく理由をしっかりと説明するようにしましょう。短期退職をするに至った背景や原因を分析し、転職後は長く働く意欲があることを伝えるのがコツ。「短期退職した言い訳を考えなければ」と思う必要はなく、基本的には正直に退職理由を話すのが望ましいといえます。

未経験OK多数!求人を見てみる

短期退職の理由を聞かれるのはなぜか

面接官が短期退職の理由を聞くのは、求職者が仕事に何を求めているのか、仕事に対してどのように向き合うのかを確認するためです。自分の転職活動に対する軸と、企業の理念や社風が一致していなければ、採用される可能性は低いといえます。たとえば、仕事にやりがいを求めている場合とワーク・ライフ・バランスを求めている場合では、希望する業界職種が同じでも、条件に合った企業は異なるでしょう。
以下で、面接官に短期退職の理由を聞かれるほかの背景も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

人間関係の問題がないか知りたい

求職者に、人間関係を構築するうえでの問題がないかを知るために、短期退職の理由を聞くことがあります。退職理由によっては、面接官に「人間関係に難があるのでは」と判断されることも。会社は組織で動いているため、良好な人間関係を築けなければトラブルになりかねません。短期退職の理由は周囲との付き合い方を判断する一因にもなるので、言い訳のような内容にしてしまうと面接官にネガティブな印象を与え、内定を獲得するのが難しくなるでしょう。

すぐに辞めないか知りたい

面接官は、「すぐに辞めるのでは?」という不安を解消する目的で退職理由を質問することがあります。前職での在職期間が短い状態で応募すると、「うちの会社もすぐ辞めるのでは」「忍耐力がないのでは」と、マイナスに考えられてしまうことも。あるいは、「そもそも労働に対する意欲が低いのでは?」と疑われてしまうこともあるでしょう。

企業は採用コストが増えるリスクを回避したい

企業側は、時間とコストをかけて採用活動を行っているため、すぐに辞められてしまうとまた一から採用活動をしなければなりません。そのため、短期退職の経験がある場合は、言い訳よりも「長く働く意欲」を述べる方が企業から信頼してもらいやすいといえます。

短期退職の理由を伝えるときのポイント

短期退職の理由を伝える際のポイントは、「退職理由をポジティブに言い換える」「志望動機につながるようにする」「明るく自信をもって話す」ことです。以下で詳しく解説するので、チェックしてみてください。

退職理由はできるだけポジティブな内容にする

退職をした本音がネガティブな内容の場合はそのまま述べず、ポジティブな言葉に言い換えるようにしましょう。前職の不満や愚痴を短期退職した理由としてそのまま伝えてしまうと、「嫌なことがあればすぐに逃げ出してしまう」と思われたり、言い訳がましく思われたりしてしまいます。

志望動機につながるようにする

退職理由は、志望動機につながるように伝えるようにしましょう。たとえば、希望の部署に配属されず、やりたい仕事ができなかったことが短期退職の理由であった場合、「△△(希望する仕事)がしたくて御社を志望しました」といった志望理由につなげるのがベター。その際「同業他社でもいいのでは」という印象にならないためにも、その企業ならではの業務と関連づけるのも効果的です。具体的な内容にすることで、企業研究をしっかり行ったアピールにもつながります。

明るく自信をもって話す

面接官への印象が採用・不採用に影響することもあるため、明るくハキハキと自信をもって短期退職した理由を伝えることがポイントです。声が小さくなったり、挙動不審だったりすると、「本当の退職理由は違うのでは」と思われてしまう可能性があります。退職理由の伝え方にお悩みの場合は、転職理由の違いを解説している「第二新卒「退職理由」の伝え方の極意」も合わせてチェックしておきましょう。

短期退職の理由と伝え方

ここでは、短期退職のよくある理由と伝え方を解説します。自分に当てはまるものを参考にして、言い訳にならない退職理由の伝え方を考えてみてください。

給与や待遇に不満があって短期退職した場合

給与や待遇に不満があって辞めた場合は、そのまま伝えるのは避けましょう。「給与が高ければどこでも良いのではないのか」と思われてしまう可能性があります。「実力を正当に評価してもらいたい」「若手でも活躍できる会社で働きたい」のように表現し、志望動機と関連付けられるとより効果的です。

人間関係が悪くて短期退職した場合

人間関係のトラブルやパワハラが原因で短期退職してしまった場合も、ポジティブに言い換えましょう。組織の一員として働く以上、人と関わることは避けられません。「嫌な態度の先輩がいた」「同僚の雰囲気が自分に合わなかった」などと述べてしまうと、言い訳に聞こえる可能性があるうえ、「自社でもうまくやれないのでは」と懸念されるでしょう。コミュニケーションが少ない職場に不満を感じて短期退職したのであれば、「チームワークを活かしたい」「コミュニケーションを積極的に取りながら働きたい」とポジティブな理由に言い換えます。

残業が多くて短期退職した場合

残業の多さを理由に短期退職した場合も、そのまま伝えるだけでは愚痴や言い訳に聞こえてしまう可能性があります。場合によっては、「働く意欲がない」「責任感がない」という印象を与えてしまうでしょう。残業が多かった場合は、資格取得やスキルアップをするための時間が確保できなかったことを交えて、成長意欲を伝えるのも手。また、仕事の効率化を図ったり、残業削減のための対策を講じたりしたことがあれば、一緒に伝えると、仕事に対するやる気のアピールになります。

体調不良や病気で短期退職した場合

体調不良や病気で短期退職した場合は、そのまま伝えましょう。心身の不調を「言い訳」と捉える面接官は、少ない傾向です。ただし、現状は回復して業務に支障がないことを伝えるのが大切。病名や症状を細かく話す必要はありませんが、何かしらの配慮が必要な場合や、事前に知っておいてもらう方が働きやすいことがあれば、伝えるのが良いでしょう。

家庭の事情で短期退職した場合

家庭の事情による退職は、親の介護や結婚、家族の転勤などさまざま。基本的にはやむを得ない理由と判断されることが多く、そのまま伝えても言い訳とは思われないでしょう。ただし、親の介護による退職も、体調不良や病気による退職と同様に、業務に支障がないことを伝えるのがポイント。また、結婚や妊娠・出産の予定を理由に退職した場合は、子育てと仕事の両立ができることを説明するのも良いでしょう。

思っていた仕事と違った場合

思っていた仕事内容と実際の業務が異なり短期退職した場合は、そのまま伝えると「またすぐに辞めてしまうのでは」と思われてしまいます。入社前の自身の企業研究が完全でなかった可能性やその反省点を伝えれば、原因を分析して次に活かせる人材であるとアピールできるでしょう。また、応募先企業と自身のやりたいことがマッチしていることを示し、志望動機につながるように退職理由を伝えれば内定獲得の可能性が高まります。

会社都合で短期退職した場合

会社都合による短期退職もやむを得ない理由であるため、そのまま伝えても言い訳とは思われないでしょう。しかし、急な転職活動を余儀なくされたことで、面接官に「働ければどこでも良いと思っているかも」と疑念を抱かれる可能性も。冷静に企業研究をしたうえで、志望動機の内容に厚みを持たせるようにしましょう。

このほか、よくある退職理由が気になる方は、「退職理由は建前を伝えてもいい?仕事を辞める本当の理由」をご覧ください。

短期退職の理由を伝える際の注意点

短期退職の理由を伝える際の注意点を解説します。以下の内容に気をつけながら、言い訳のような伝え方にならないよう参考にしてみてください。

嘘をつかない

ポジティブな退職理由の言い換えが思いつかなくても、嘘をつかないようにしましょう。退職理由に限らず、選考で嘘をついたことが露見すると経歴詐称になってしまう恐れも。たとえ嘘の退職理由で入社できたとしても、バレるとそれまでに培った周囲からの信頼も失ってしまいます。

ネガティブな理由は伝えない

面接などの限られた時間では、面接官に与えた印象が合否に大きく影響します。「ネガティブな内容や不満ばかり言っていた」というような印象を与えてしまうと、好印象を与えるのは難しいでしょう。また、前職への不満や愚痴は言い訳に聞こえてしまいます。

消極的な態度で話さない

「選考に落とされたら...」という不安な気持ちから、消極的な態度で話すのは避けましょう。退職理由をしっかりと面接官に理解してもらうためにも、「言い訳しなければ」と考えず前向きに伝えてください。明るい印象を与えるために、笑顔で相手の顔を見ながら話すのがおすすめです。目を見て話すのが苦手な場合は、相手の眉間あたりを見るようにしてみてください。
言いにくい退職理由の伝え方が知りたい場合は、「退職理由が人間関係の場合は面接でどう伝える?例文と答え方のコツを解説!」もチェックしてみましょう。

短期退職の理由を履歴書に書く必要はない

履歴書や職務経歴書には、短期退職の理由を無理に書く必要はありません。履歴書の職歴欄はスペースも少なく、書類上で退職理由を伝えきることは難しいので、面接で説明した方がうまくいくでしょう。面接では面接官の疑問にすぐ答えることもできるので、短期退職の理由を詳しく説明する場として効果的です。応募書類に短期退職した理由を端折って記載すると、面接官に与える印象が悪くなる可能性があります。

短期退職を前向きに言い換えるべき6つの場合

短期退職の理由を伝える際は「言い訳しよう」と焦るのではなく、「原因は自分自身にあり、転職先では精一杯努力する」ことをしっかり伝えるようにしましょう。一般的に、伝え方に迷う退職理由には以下のようなものがあります。「短期退職の理由と伝え方」の内容と重なるものもあるので、あわせて参考にしてみてください。

1.人間関係の悪化で退職する場合

人間関係の悪化が原因で退職した場合には、直接理由を述べないほうが無難。先述したように、人間関係が理由だと、面接官に「上司や同僚とうまくいかない人材かも」という懸念を抱かせる可能性があるからです。主な退職理由が人間関係だったとしても、スキルアップなどのほかの理由もないか探してみてください。

2.給与など待遇への不満から退職する場合

退職理由が待遇への不満だったときは、はっきり伝えないほうが良いでしょう。待遇への不満を説明しようとすると愚痴に聞こえ、面接官にネガティブなイメージを抱かれてしまいやすいからです。

3.体調不良で退職せざるを得なかった場合

前職の退職理由が体調不良だった場合には、すでに全快していることや今後の仕事に支障が出ないことを伝えましょう。面接官に不安を抱かせないのが大事です。

4.募集内容と実際の条件が異なるため退職する場合

募集内容と実際の条件が異なるのが退職理由である場合、状況によって工夫が必要でしょう。労働条件だった場合には待遇への不満と受け取られやすいので、そのまま伝えないほうが無難です。業務内容が異なった場合には、前職では自分の望むような仕事ができないことや転職先で実現したい働き方について説明しましょう。

5.長時間労働への不満から退職する場合

長時間労働への不満が理由の場合も、はっきり伝えるのは避けるのが無難。どのような仕事でも、多少の残業が発生することはあるため、長時間労働に対する不満は残業の拒否と受け取られる可能性があります。よって、ほかのポジティブな理由に言い換えるのがおすすめです。

6.身内の介護など家庭の事情から退職する場合

家庭の事情など仕方のない理由で退職せざるを得なかった場合には、内容をそのまま伝えても構いません。ただし、業務をこなすうえで懸念する理由がないといえるものの、体調不良の場合と同様、今後の仕事に支障がないことをしっかり伝えるようにしましょう。

短期離職を前向きに伝える例文

ポジティブな印象の退職理由としては主にスキルアップや新しい仕事への興味など、チャレンジ精神を伴う内容が挙げられます。以下、主な理由を使った例文をご紹介します。

新しい仕事への興味を理由にする場合の例文

「前職では4年間一般事務の仕事をしていましたが、より専門的な業務に挑戦してみたいという気持ちが強くなったため転職を志望しました。どのような仕事が良いか探しているうちに貿易事務に興味を持ち、学生時代に培った英語力を活かして活躍するべく勉強中です。」

スキルアップを理由にする場合の例文

「退職を決意した理由は、経理業務のスキルをより深めたいからです。入社して3年間経理部門に所属し、業務の経験を積みました。業務にあたっているうちに、さらにスキルを伸ばしたいと思うようになりましたが、今の企業では数年ごとに部署移動が義務付けられているため、ずっと経理部門で働き続けられる環境が良いと考え、転職を決意しました。」

転職に際して不安や心配があるという場合は、就職・転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブは、第二新卒やフリーターなどの若年層を中心に就職・転職を支援するエージェントです。プロのキャリアアドバイザーがマンツーマンであなたの希望条件にあった求人をご紹介。履歴書の書き方や面接の対策も指導しています。企業とのやり取りから入職後のフォローまでサポートも万全なので、ぜひお気軽にご相談ください。

短期退職の言い訳を伝えるときに関するお悩みQ&A

ここでは、短期退職の理由を聞かれたときに関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。履歴書の書き方や、短期の退職歴があると転職に不利になるかどうかについても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

短期の退職歴があると転職に不利ですか?

状況によっては、短期退職が転職に不利に働くこともあるでしょう。面接官に「忍耐力に欠ける」「不満を抱えやすい」などと思われる恐れがあるためです。 イメージダウンを避けるためには、退職理由の伝え方を工夫する必要があります。短期退職のリスクや伝え方の詳細は、「短期間で転職を繰り返す理由は?自分に合う会社を見つける方法も解説!」をご覧ください。

短期退職の前向きな理由が思いつきません

ネガティブな退職理由は、できるだけマイナス要素を減らした伝え方を考えてみましょう。言い方次第で、面接官に与える印象は変わります。 たとえば、「給与の低さ」が退職理由だった場合、「実力主義の現場で意欲的に働きたかった」などと言い換え、仕事に対するポジティブな姿勢を示すのがおすすめ。短期退職のほかの回答例については、「早期退職の理由を聞かれたら?面接での伝え方や回答例9つを紹介!」でご紹介しています。

短期退職の経歴は履歴書に書かなくても良い?

短期退職であっても、履歴書の経歴欄に記載することをおすすめします。 履歴書は企業が採用を決める際の判断材料になるため、正確な情報を書くのが基本。「試用期間中に退職したら履歴書の職歴欄に書く?書かない?」でも触れているように、履歴書に嘘や無記載があると、経歴詐称に繋がる恐れもあるため注意しましょう。

転職活動の進め方に不安があります

転職活動をスムーズに進めるには、事前準備がポイントです。転職活動でやるべきことを把握し、大まかな流れを掴みましょう。「ひとりでの転職活動に自信がない」「より効率的に転職活動がしたい」という方には、転職エージェントの利用もおすすめ。詳しくは、「転職活動をスムーズに進めるために準備しておくこと」をご参照ください。ハタラクティブでは、キャリアアドバイザーが求人紹介や応募書類の添削、面接対策を行っていますので、お気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ