短期退職の理由を聞かれたら?面接で気をつけたいこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 短期退職の理由を聞かれたら?面接で気をつけたいこと

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・短期で退職を決める原因は、やりがいを見出だせないことや人間関係がうまくいかないことなど
  • ・面接で退職理由を述べるときは、前職の不満を言わないことが大切
  • ・転職に不安があるときは、ハタラクティブに相談しよう

前の職場を短い期間で辞めた人の中には、転職活動中に退職理由を聞かれて口ごもってしまった経験のある人がいるかもしれません。ネガティブな理由で辞めた場合にはそのまま伝えていいものか…と考えてしまうこともあるでしょう。 そんなときには、いったいどうすればいいのでしょうか。

◆なぜ辞めたいと思うのか

短期で退職を決める理由は人それぞれあると考えられます。たとえば就職先がブラック企業で、ハードワークに耐え切れずに早々に退職を決めた人もいるでしょう。

あるいはやりたいことがあって入社したはずなのに、「希望した部署ではなかった」「実際に働いてみたら思っていた仕事と違った」といった場合には仕事にやりがいや楽しみが見出せずに情熱を失ってしまう人もいるかもしれません。
働いていること自体が苦痛になってしまっては、そこから逃げ出したいと考える人がいてもおかしくはないでしょう。

また職場の人間関係がうまくいかずに悩んでいる人がいるかもしれません。

このように、他人から見たら「そんなことで辞めるの?」と思うことでも本人にとっては大問題となることもあります。そのため退職を決める理由も人それぞれ異なるでしょう。

◆企業はどう見ている?

短期で退職した際には、転職活動でどのような影響があるのか気になる人は少なくないでしょう。企業側からすれば、時間とお金をかけて採用活動をしているのですから、できるだけ会社にとって有益な人材を獲得したいと思うのは自然なことです。

そこに前職での勤務歴が極端に短い人が応募してきた場合、「うちの会社もすぐ辞めるのでは」と考えられてしまう可能性があります。あるいは、そもそも労働に対する意欲が低いのではないかと疑ってしまうこともあるでしょう。

辞められてしまってはまた採用活動をしなければなりませんから、企業としては短期退職は可能な限り避けたい事態です。そのリスクが少しでも感じられる応募者に対しては、ポジティブな評価は下しにくいかもしれません。

◆どうやって伝えるべきか

また仕事へのやる気や情熱があっても、人間関係に難があるのではと思われてしまうこともあります。会社というのは組織で動いていますから、その中でスムーズな人間関係が築けないと何かとトラブルが起こることも考えられます。

このように、短い期間で仕事を辞めている人に対しては、あまり良い印象がもたれないことは少なくありません。そんなマイナスイメージを打ち砕くためにも、面接時に退職理由を聞かれたときの対策をしておくことが重要です。

前職の不満やグチを並べるだけでは、「嫌なことがあればすぐに逃げ出してしまう」と思われかねません。本音は一旦しまっておき、ポジティブな言葉を探すようにしましょう。

【例】労働時間が長くて辞めた場合

NG:残業や休日出勤が多く、体調を崩すことも増えてしまい、自分のやりたいようにできなくなってしまったため、退職しました。

OK:残業が多く土日もなかなか休めず、自己研鑽をする時間を取れなくなってしまいました。仕事にはやりがいを感じていたので、より自分を成長させるためにスキルアップの時間を確保したいと思い、退職を決めました。

◆悩みがあるならハタラクティブへ

退職理由を伝えるときには、上記のような「ポジティブな言い換え」がポイントになります。
辞めた理由を会社や他人のせいにするのではなく、「原因は自分自身にあること」「次の会社では変われるように精一杯努力したいということ」をしっかり伝えるようにしましょう。

それでも転職に際して不安や心配が拭えない人もいるかもしれません。そんな人はぜひハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブでは若年層を中心に就活支援を行っており、履歴書の書き方や面接の対策も指導しています。
プロの就活アドバイザーがマンツーマンでサポートしていますので、ぜひご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ