第二新卒の空白期間は内定を左右する?

第二新卒の空白期間は内定を左右する?の画像

この記事のまとめ

  • 空白期間ができる理由は「転職活動が長引いた」「アルバイトをしていた」「転職前にリフレッシュしたかった」など
  • 空白期間は、回答の仕方によって面接官に与える印象を左右する
  • 面接ではブランクの理由を正直に伝え、仕事に対する意欲をアピールできる回答にしよう

「退職から時間が経ってしまったので、印象が悪いかも…」と不安に思っている第二新卒の方はいませんか?

今回は、空白期間が転職活動に与える影響や、面接時の回答例などをご紹介します。空白期間に悩む第二新卒の方、要チェックの内容です。

【関連記事】
第二新卒のための転職成功の秘訣

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

空白期間ができるのはなぜ?

空白期間ができる理由は、人によってさまざま。一般的に多いパターンとしては、以下の3つになります。

転職活動が長引いた

「次の企業ではもっと長く働きたい」という思いから、適職診断や企業研究、求人探しなどに時間をかけて空白期間ができるパターンです。
正社員経験を踏まえ、転職活動を慎重に進めたい第二新卒者ならではの理由ではないでしょうか。

アルバイトをしていた

「当座の生活資金が必要」「就きたい職種に関連する仕事を体験したい」という思いから、フリーター生活をする方もいるようです。
アルバイトと並行しながらの転職活動は、スケジュール管理が大変という一面も。空白期間が長くなる場合があるといえるでしょう。

転職前にリフレッシュしたい

「前職でなかなか休暇を取れなかった」「リフレッシュしてから転職活動をしたい」という第二新卒の方も少なくないのではないでしょうか。
「もう少しゆっくり休みたい」という思いから、空白期間が長引いてしまうことがあるかもしれません。

空白期間ができる主な理由は、上記の3つになります。
そのほか、資格取得に向けて勉強をしていた、介護など家庭の事情で転職活動できなかったという理由から、ブランク期間ができるようです。

空白期間は内定に響く?

結論から言うと、空白期間が転職活動の結果に響くかは、面接時の回答の仕方によって変わるでしょう。
空白期間の長さによっては、面接で理由を確認されることがあります。
空白期間の理由を尋ねる際、企業側は空白期間ができた理由の良し悪しよりも、「納得できる説明ができるか」をチェックする場合が多いようです。

伝え方や内容によっては、アピールポイントになることも。空白期間に関する質問は、チャンスと捉えて回答を考えておくと良いでしょう。
どのように答えれば肯定的な印象を与えられるのかは、次の項目でご紹介します。

空白期間についての質問はどのように回答する?

空白期間について質問された際は、まず、嘘はつかないことが大切です
空白期間ができた理由を正直に伝えた上で、仕事に対する意欲やスキル面が低下していないことを前向きにアピールすると良いでしょう。

たとえば、「アルバイトで○○の業務に関する知識やスキルを身につけた」「○○のスキルアップを図りたいと考え、○○の資格取得に向けて勉強をしていた」など、仕事に関することで時間を使っていたのなら、アピール材料になります。

また、空白期間中は転職前の休暇として過ごしたという人も、転職活動に向けて情報収集はしたのではないでしょうか。
たとえば、「在職期間中はまとまった時間をとることが難しかったため、書籍やインターネットで情報収集し、キャリアの見直しを行った」というのも転職活動の1つです。

仕事に対しての前向きさが伝わるように回答できると、企業側の印象も良くなるでしょう。
このコラムでは、空白期間ができる理由や、面接で聞かれた際の回答例をご紹介しました。
先述したように、面接で空白期間について聞かれた際は、正直に理由を伝えた上で、仕事に対しての意欲をアピールできる回答をしましょう。

「空白期間が長いので転職できるか不安」「理由の伝え方に悩んでいる」という方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、第二新卒や高卒、既卒、フリーターの方を対象に求人をご紹介しています。

当サービスは、ご希望の正社員求人をご紹介するほか、今回のコラムのような面接対策に関するお悩みにも、専任のキャリアアドバイザーが丁寧に対応。
応募書類の添削や面接対策なども行い、あなたの就職・転職活動を全面的にサポートします。
サービスはすべて無料でご利用できるため、気軽にご相談ください。

第二新卒の空白期間に関するお悩みQ&A

仕事をしていない空白期間が長いと就活で不利になるのではと不安になる人が多いでしょう。第二新卒で就職を考えている人に向けて、空白期間に関するお悩みにQ&Aで答えます。

空白期間が許容されるのは何カ月までですか?

平均的な転職活動期間は2~3カ月といわれています。会社によって考え方は違いますが、2~3カ月を超えると就活が難航する可能性があるでしょう。6カ月を超えると、多くの採用担当者に「何か特別な事情があるのでは」と思われてしまう恐れがあるので、注意が必要です。詳しくは「空白期間は転職に不利?企業を納得させる回答とは」をご覧ください。

空白期間が長引いたときの対処法はありますか?

空白期間が6カ月を超える場合、応募する仕事に関連の資格を取得したり、フリーランスで働いて実績を作ったりするなど、就職に向けた活動をすると良いでしょう。そのような理由であれば、面接官に「空白期間が長引いても仕方がない」と納得してもらえる可能性があります。「転職先が見つからない!空白期間が長引いた理由はなに?」では、面接での回答例を紹介しているので、参考にしてください。

働く意欲をアピールするためには?

「アルバイトをしながら経験を積んでいた」「新聞や業界誌などで情報収集は欠かさなかった」など、空白期間中も就職後のことを考え行動していたアピールするのが良い方法です。空白期間があると面接官に「やる気がないのでは」と思われかねないので、具体的な行動で意欲を示す必要があります。「ニートの就職に役立つ!意欲が伝わる志望動機とは」で紹介している「業界研究のやり方」が参考になるでしょう。

空白期間があっても就職しやすい職種は?

人手不足の業界や、安定して求人数が多い職種がおすすめです。介護業界やIT業界は人手不足のため、スキルや経験がなくても就職しやすいといわれています。 営業職はどのような業界でも存在するため、安定して求人数が多い職種。学歴や経験よりも、人柄やポテンシャルで採用されやすいのが特徴です。「ニートからの就職を目指したい人におすすめの業界は?」で、そのほかの職種も紹介しています。ハタラクティブでは、利用者の3人に2人が未経験から正社員に就職しています。経験よりも人柄を重視する企業も紹介していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連タグ