空白期間は「リフレッシュしていた」と伝える?企業に伝えるブランクの理由

空白期間は「リフレッシュしていた」と伝える?企業に伝えるブランクの理由の画像

この記事のまとめ

  • 空白期間をリフレッシュ期間と答えるのは問題ない
  • 空白期間ができる理由は人によって異なるが、面接では正直に伝える
  • 空白期間が長いと就業意欲を不安視される可能性が高まる
  • 前職で疲れてしまったら、空白期間をリフレッシュに充ててから再就職に臨もう

長すぎる残業や人間関係のトラブルなどで仕事に疲れてしまい、退職後すぐに転職活動をスタートできないこともあるでしょう。再就職まで期間があく場合は経歴上の「空白期間」となりますが、空白期間があると面接で過ごし方を聞かれます。理由や答え方によってはマイナスイメージを与えてしまうこともあるため注意が必要です。コラムでは、空白期間の伝え方や転職活動に与える影響をまとめました。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 面接でどう答えたらいいの?
  • 履歴書の時点で落とされそう・・・
  • 仕事探したいけど、経歴が不安・・
履歴書も面接も、成功するまでサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

空白期間を「リフレッシュに充てていた」と答えるのはアリ?

職歴の空白期間があったとき、企業に「何をしていたか」と聞かれて「リフレッシュしていた」と答えることは問題ありません。
ただし、勤務歴が短い場合は注意が必要。業務量が多くストレスの大きな職場や長い経歴の場合は仕事に対する責任も大きく、リフレッシュの必要性が高いと判断されますが、勤務歴が短いにもかかわらずリフレッシュを目的に空白期間を設けていると、「適切ではない」と判断される可能性が高まります。
実際、福利厚生としてリフレッシュ休暇を設けている企業は、「勤続3年で5日、勤続5年で7日、勤続10年で10日」のように、一定期間を超えた従業員を対象としていることも珍しくありません。このことから、勤続年数が短いにも関わらずリフレッシュ目的で空白期間を過ごしている場合は、リフレッシュ期間を設ける必要があった明確な理由を伝える必要があるといえるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

空白期間は正直に伝えるのが鉄則

空白期間の説明で大切なのは、嘘をつかず正直に伝えること。
空白期間ができた理由を正直に伝えたうえで、仕事に対する意欲やスキル面が低下していないことを前向きにアピールすると良いでしょう。
たとえば、「アルバイトで○○の業務に関する知識やスキルを身につけた」「○○のスキルアップを図りたいと考え、○○の資格取得に向けて勉強をしていた」など、仕事に関することで時間を使っていたのなら、アピール材料になります。

また、空白期間中は転職前のリフレッシュ期間として過ごしたという人も、転職活動に向けて情報収集はしたのではないでしょうか。
たとえば、「在職期間中はまとまった時間をとることが難しかったため、書籍やインターネットで情報収集し、キャリアの見直しを行った」というのも転職活動の1つです。仕事に対しての前向きさが伝わるように回答できると、企業側の印象も良くなるでしょう。

よくある空白期間の理由

空白期間ができてしまう原因は人によって異なりますが、直近で就業経験があると「少し休んでから再就職したい」とリフレッシュを目的とする方も少なくないでしょう。
そのほか、資格取得に向けた勉強時間の確保ややむを得ない事情なども当てはまります。

リフレッシュしていた

「前職でなかなか休暇を取れなかった」「リフレッシュしてから転職活動をしたい」「もう少しゆっくり休みたい」という思いから、空白期間が長引いてしまうこともあるでしょう。
なかには失業保険を満額受給してから再就職をする、という方もいるようです。しかし、後述しますが空白期間は長くなるほど再就職にマイナスの影響を与えるため、できるだけ早く転職活動を始めるのがおすすめ。
リフレッシュすること自体は問題ありませんが、「2週間」など期限を決めましょう。

資格の勉強をしていた

資格などの勉強に注力するために就職を選ばなかった、という方もいるはずです。特に難易度の高い国家資格や公務員試験は勉強時間が膨大になりやすいため、理由として納得されやすいでしょう。
ただし、業務に関係のない資格や趣味の範囲と判断できる資格などは「遊び」と思われることもあるため、伝える際には注意が必要です。

やむを得ない事情

家族の介護や生活サポートなど、本人に就職の意思があってもやむを得ない事情から空白期間ができてしまうこともあるでしょう。
この場合は応募者に要因があると考える企業は少ないため、正直に伝えて問題ありません。ただし、「家族は快復したため今後はサポートの必要がない」など、業務に支障が出ないことを伝えるのがポイントです。

空白期間があると転職や就職に影響が出る?

一般的に、転職活動には3ヶ月ほどかかるといわれています。そのため、3ヶ月程度の空白期間であれば大きな影響はないといえるでしょう。
しかし、6ヶ月以上の空白期間になると「計画性がないのでは」「再就職の意欲が低い」などネガティブな印象が強まります。就業できなかった理由があれば必ず伝え、仕事に対して意欲的であることをアピールしましょう。

採用担当者が空白期間から気にすること

採用担当者は、スキルや経験以上に、応募者が仕事に対してどれだけ意欲的に取り組めるかを重視しています。どれだけ輝かしい実績やスキルがあっても、空白期間が1年近くあれば「働くことに消極的では」「採用しても主体的に取り組んでくれなさそう」といった印象になるでしょう。

好印象を与える空白期間の伝え方

空白期間に対してネガティブな印象を持つ人も少なくないため、懸念を払拭するような伝え方を意識しましょう。具体的には「仕事に対して意欲があることを伝える」「空白期間を認めて振り返る」がポイントになります。

今後の展望や熱意をアピールする

前述したように、企業は仕事に対して熱意のある人材を採用したいと考えています。そのため、空白期間を説明するときは仕事に対する意欲や熱意をしっかりと伝えましょう。
仕事に対しての前向きさが伝わるように回答できると、好印象を与えられます。

空白期間ができたことに対する振り返りをする

企業は基本的に空白期間に対してネガティブに捉えがちなので、空白期間ができたことを振り返り、反省を示すことで働く意欲を示せます。「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」のコラムでは、なんとなく空白期間ができてしまった…という方に向けて説明方法をまとめています。

空白期間にリフレッシュして再就職に取り組もう

前職を退職してからすぐに転職活動に取り組めないこともあるでしょう。
特に、人間関係や労働環境を理由に退職していると、気持ちが転職に向かないことも。そんなときは無理に転職活動を行わず、休養を取ってリフレッシュするのがおすすめです。
転職活動に疲れたときの対処法!うまくいかない場合はどうすれば良い?」で紹介しているように、誰かに悩みを相談したり気分転換を行ったりすると、気持ちが切り替わって転職活動に意欲的になれるでしょう。

休んだりリフレッシュしたりしても転職活動に関する悩みが解決しないときは、プロが相談に乗るハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブでは、ご利用者に対して転職アドバイザーの専任担当制を採用。身近な人に相談しづらい内容や、専門的な回答が欲しい悩みならお任せください。
ハタラクティブは転職エージェントなので、相談だけでなく転職先の探し方やアピール材料の見つけ方、書類の書き方、面接のコツなどのサポートを受けられるのも特徴。専任アドバイザーと細かく相談しながら、自分に合った転職先を探してみませんか?
もちろん、空白期間があってもご利用いただけます。空白期間の説明方法や伝え方についてもご相談ください。

第二新卒の空白期間に関するお悩みQ&A

仕事をしていない空白期間が長いと就活で不利になるのではと不安になる人が多いでしょう。第二新卒で就職を考えている人に向けて、空白期間に関するお悩みにQ&Aで答えます。

空白期間が許容されるのは何カ月までですか?

平均的な転職活動期間は2~3カ月といわれています。会社によって考え方は違いますが、2~3カ月を超えると就活が難航する可能性があるでしょう。6カ月を超えると、多くの採用担当者に「何か特別な事情があるのでは」と思われてしまう恐れがあるので、注意が必要です。詳しくは「空白期間は転職に不利?企業を納得させる回答とは」をご覧ください。

空白期間が長引いたときの対処法はありますか?

空白期間が6カ月を超える場合、応募する仕事に関連の資格を取得したり、フリーランスで働いて実績を作ったりするなど、就職に向けた活動をすると良いでしょう。そのような理由であれば、面接官に「空白期間が長引いても仕方がない」と納得してもらえる可能性があります。「転職先が見つからない!空白期間が長引いた理由はなに?」では、面接での回答例を紹介しているので、参考にしてください。

働く意欲をアピールするためには?

「アルバイトをしながら経験を積んでいた」「新聞や業界誌などで情報収集は欠かさなかった」など、空白期間中も就職後のことを考え行動していたアピールするのが良い方法です。空白期間があると面接官に「やる気がないのでは」と思われかねないので、具体的な行動で意欲を示す必要があります。「ニートの就職に役立つ!意欲が伝わる志望動機とは」で紹介している「業界研究のやり方」が参考になるでしょう。

空白期間があっても就職しやすい職種は?

人手不足の業界や、安定して求人数が多い職種がおすすめです。介護業界やIT業界は人手不足のため、スキルや経験がなくても就職しやすいといわれています。 営業職はどのような業界でも存在するため、安定して求人数が多い職種。学歴や経験よりも、人柄やポテンシャルで採用されやすいのが特徴です。「ニートからの就職を目指したい人におすすめの業界は?」で、そのほかの職種も紹介しています。ハタラクティブでは、利用者の3人に2人が未経験から正社員に就職しています。経験よりも人柄を重視する企業も紹介していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ