面接前日は何をする?最終確認すべき内容とは

面接前日は何をする?最終確認すべき内容とはの画像

この記事のまとめ

  • 面接前日はリラックスしたいと考える人もいるが、最終確認をしっかり行うことが大切
  • 持ち物や面接開始時刻、交通手段、服装、履歴書の内容などをチェックしよう
  • 当日は焦らず落ち着いて行動し、スマホや時計のアラーム、面接時間、身だしなみに気をつけよう

面接前日は、当日の流れや持ち物、担当者名、履歴書の内容、志望動機、自己PRのなどを確認することが大切。きちんと確認することで、忘れ物や担当者名が言えないなどの失敗を減らせます。

このコラムでは、事前にチェックしておくべきポイントについてまとめました。
「当日失敗しそうで心配…」という人はぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接前日にできること

面接前日は、最終確認をしっかり行うことが大切。 

事前準備や最終チェックを怠ると、当日になって「忘れ物をしてしまった」「他の選考のために用意した志望動機を伝えてしまった」「面接開始時刻を間違えてしまった」「アピール内容が思い出せない」など、失敗に繋がる恐れがあります。 

面接のことを考えると緊張する、前日はリラックスしたいという方も、のんびりする前に、持ち物や志望動機などをチェックしておきましょう。

面接前日のチェックリスト

この項目では、面接前日に確認しておきたいチェックポイントについてご紹介します。

前日のチェックリスト

持ち物
企業へ提出する応募書類、筆記用具、印鑑、手帳やメモ帳、財布、ハンカチやティッシュ、折りたたみ傘、身だしなみチェック用の鏡など、必要な物を鞄に入れ、忘れない場所に置いておきましょう。

面接会場や開始時刻、会場までの所要時間、交通手段など
面接会場はあらかじめ確認しておきましょう。はじめての場所では迷うことも考えられるので、最寄り駅からの詳細な地図を用意するのもおすすめ。

 会場へは10~15分前には到着するのが基本です。遅延や乗り間違いで遅刻することのないよう、余裕をもったスケジュールを組みましょう。 

担当者名と部署
受付で担当者の部署・名前を伝えられるよう、確認しておきましょう。
手帳やメモ帳に書いておくと、事前にチェックできます。 

服装のチェック
シャツにシワやシミはないか、靴は汚れていないか、ネクタイやベルトは揃っているかなど、細かい部分までチェックしておきましょう。 

時事ニュース
応募先の企業ホームページや、業界の動向などはチェックしておくと良いでしょう。面接前日に、新製品や新規プロジェクトの発表などの変動があるかもしれません。 

応募書類の内容
複数の企業へ応募する場合、アピールポイントや志望動機などを他社用の回答と混同してしまうことがあるようです。2次、最終面接で、1次面接と違う回答をしてしまったという失敗例も。

履歴書や職務経歴書といった応募書類と面接中の発言にズレが出ないよう、確認しておきましょう。

当日に確認すべきことは?

面接当日は焦らず気持ちを落ち着かせることが大切。

前日にしっかりと準備しておけば、最低限の確認だけで余裕をもって選考を受けることができるでしょう。

当日のチェックリスト

・髪型や身だしなみを整える
・自己PR、志望動機、よくある質問に対する自分の回をおさらいする
・時事ニュースに目を通す
・スマホやアラーム機能付きの時計は音がならないようにする
・面接時間を確認し早めに行動する

面接当日は、焦っていると面接官に気持ちが伝わってしまいます。
落ち着いて選考に臨めるように、上記のチェック項目はしっかり確認しておきましょう。

ハタラクティブでは、フリーター・高卒・既卒・第二新卒など、若年層の就職・転職活動を幅広くサポート。求人紹介はもちろん、応募書類の作成、面接対策、面接前日の準備なども専任のアドバイザーがマンツーマンでフォローします。やりたい仕事が分からない、という方もお気軽にお問い合わせください。

無料のカウンセリングで希望に合った仕事をお探しします。就職・転職活動で悩んでいる方は、ぜひ一度ハタラクティブまでご相談ください。

この記事に関連するタグ