面接で聞かれる退職理由は、合格・不合格を左右する?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接で聞かれる退職理由は、合格・不合格を左右する?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接官が退職理由をたずねるのは、また辞めてしまうことがないかを見極めるため
    ・前向きな転職理由をアピールするのがポイント
    ・履歴書などの応募書類には基本的に退職理由は書かない。「一身上の都合」か「会社都合により」とする
    ・退職理由のNGは、不満やトラブルなどのマイナスな要素を挙げること

転職活動を行う際に面接で必ず聞かれるのが退職理由です。
単なる形式的な質問だと思う人もいるかもしれませんが、これに対してなんと答えるかは非常に重要な意味をもっています。
そこで、退職理由の正しい伝え方とその理由について説明をしていきます。

 

◆面接対策のために知っておきたい!退職理由をたずねる面接官の意図

面接前に知っておきたいのが、面接官が退職理由を尋ねる意図。それを知っていれば、しっかりと対策することができます。

面接官が退職理由を尋ねるのは、その人が「またすぐに辞めてしまうのではないか?」という疑問を持っているから。
退職理由によっては、採用してもまたすぐに辞めるかもしれないからです。
そこで、面接官は第ニ新卒に退職理由をたずね、その答え方によって何かあればすぐに会社を辞めるタイプの人間なのかを見極めようとしています。
だからこそ、退職理由の伝え方は非常に重要な問題なのです。もしそこで「辞めてしまいそうだな」という印象を与えてしまった場合、採用のマイナスポイントとなるでしょう。

【短期間で辞めた人は不利?】

では、短期間で退職した人は転職活動で不利になるのかというと、そんなことはありません。
前職がブラック企業だった、希望していた職種と異なった、どうしても仕事内容が合わなかった…など、様々な理由で仕事を辞めてしまった人がいますが、その中に別の場所では活躍できる!という人もいるからです。

新卒で就職し、その後数年以内に退職した人を第ニ新卒と呼びますが、近年の企業はこの第ニ新卒の人材確保に力を入れています。ある程度の社会経験を積んでいるのでビジネスマナーなどといった基本的な教育をゼロから行う必要がなく、その分教育コストの削減が図れるからです。
もし仕事が合わずいずれ転職する予定…という人は、経験やスキルが重視される中途採用よりも新卒に近い若さと、ビジネスの基本を押さえた第二新卒として転職したほうが有利になる可能性もあるでしょう。

◆仕事に対する前向きな姿勢が感じられる退職理由がベスト

前項で「大切なのは伝え方」ということをお伝えしました。この項では、具体的な退職理由の例を出しながら解説します。

【志望動機と退職理由のリンクがポイント】

面接時に退職理由を説明する際は、仕事に対する前向きな姿勢を伝えるのが基本。
なぜ前の会社を辞めたのかというよりも、この会社でぜひやりたい仕事があったので転職を決意したというスタンスがよいでしょう。
ただ、『御社の○○の仕事に魅力を感じ応募しました』というと、ではそもそも、なぜ最初から自社を目指さすにその会社に入ったのかという話になります。
そこで、志望動機と前の会社の退社理由をリンクさせて話を組み立てます。 

【前向きな退職理由の例】

『私は販売の仕事に興味があり、今の仕事につきました。しかし、その仕事を通じて御社のブランドの魅力を知って、その素晴らしさを広く世間に伝えたいと思い転職を決意しました。営業職は未経験ですが、前職で培ったセールストークのスキルを活かしてシェア率向上に貢献したいと考えています』 

などといった具合です。前の仕事で嫌なことがあって逃げてきたのではなく、前の仕事をがんばっているなかで、新しい目標が生まれたという流れであれば、面接官もマイナスにつながるイメージは抱かないでしょう。
また、内容がポジティブでも暗い顔をしてボソボソと話していたのでは説得力に欠けてしまいます。退職理由を話す時は面接官の目を見てハキハキと話すように心がけましょう。

◆履歴書に退職理由は記載する?

結論から言うと、履歴書や職務経歴書などの応募書類に退職理由を記載する必要はありません。
自己都合退職の場合は「一身上の都合により退職」、会社都合退職の場合は「会社都合により退職」と記載します。

退職理由を書類にも書きたいという場合は、「一身上の都合により退職」のあとに「(転居のため)」というようにかっこを付けて理由を添えましょう。
基本的には記載しない形で問題ありませんが、書類選考では口頭で説明することができないため、理由があって短期間で退職してしまった場合や転職回数が多い場合などはこの方法を用いてもよいかもしれません。

◆トラブルや不満を退職理由に挙げるのはNG

退職理由がネガティブな人は、転職しても不満ばかりなのでは?という印象を与えてしまいます。
そうならないためにも、下記のようなポイントには気をつけましょう。

【トラブルがあった時は、うまく言い換えて伝えるのがポイント】

退職理由を伝えるうえで避けたいのが、不満やトラブルがあって会社を辞めたという説明。そういう答えが返ってくると、面接官は警戒を強めます。

例えば、パワハラを受けて会社を辞めたという場合。
面接官は実際にパワハラの現場を見たわけではありませんので、例え本当にひどいパワハラを受けていたとしても、当人の話を聞いただけでは『本人にも非があるのではないか?』、『忍耐力がないだけでは?』などという印象を与えてしまうことになります。
したがって、パワハラという言葉を使うのは避け、以下のように会社と仕事の方針が合わなかったという程度の表現にとどめておいた方がよいでしょう。 

【例】

『営業の仕事をするうえで目標達成を目指しつつも、将来的な視点から顧客満足度を高める工夫をしてきました。しかし、会社の方針が目先の利益に偏重しすぎているように感じることが多くなってきました。そんなときに御社のホームページを拝見し、営業に対する理念に共感を覚えて転職を決意いたしました』 

【会社や仕事への不満=熱意のなさと受け取られることも】

残業や休日出勤の多さを退職理由に挙げるのは、仕事へ熱意のなさの表れだと取られかねません。
そういった理由で退職を決めた場合は、『休日出勤が多くて、スキルアップの時間が確保できなかった』などという風に言い換え、仕事に対して前向きな発言に変換するのがポイントです。

ただし、退職理由にまったくの嘘をつくのは厳禁。とってつけた嘘は面接官に突っ込まれた場合、すぐにほころびが生じてしまいます。
あくまでも事実に基づき、そのうえで、どうすればネガティブなイメージを拭えるかを考えてみましょう。


そうはいっても、ひとりでそれを行うのは難しい場合もあります。そういうときはハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブは、20代を中心にした既卒・フリーター、第ニ新卒の就活支援サービスです。

ハタラクティブでは非公開求人の紹介するだけではなく、経験豊富な就活アドバイザーがワンツーマンでのカウンセリングを実施。面接対策や書類作成など就職活動に関するさまざまな問題にアドバイスを行っているので、就活・転職活動の悩みを一緒に乗り越えることができます。
サービスのご利用はすべて無料ですので、お気軽にご登録ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ