1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 在職中に転職したい方必見!成功するコツ教えます!

在職中に転職したい方必見!成功するコツ教えます!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・在職中に転職活動するメリットは、経済的な安定と職歴にブランクができない点
    ・デメリットは、現職との両立で転職活動に集中できない、職場の人たちに気を使う必要がある点
    ・在職中の転職活動では、知らず知らずのうちにモチベーションが下がっていないか気をつけよう
    ・「いつから勤務できますか」の問には、引き継ぎ期間を考えた上で答えよう。内定から1か月前後であれば待ってもらえることが多い
    ・忙しい在職中の仕事探しは、転職支援のハタラクティブにお任せください!

在職中に転職活動をした方が良いのか、辞めてから転職活動をした方が良いのか…。
これから転職活動を始めようとしている方で、どのやり方が良いのか悩んでいる人はいませんか?
在職中の転職活動と退職後の転職活動。どちらを選んでもメリット、デメリットがあるので、転職をする時はその両方を理解した上で今後の方針を決めましょう!
このページでは在職中の転職事情についてご紹介していきます。転職活動の方法にお悩みの方は、ぜひご一読ください。

◆在職中に転職するメリットとは?

在職中に転職活動をするメリットは、"収入を得ながら仕事探しができる"点ではないでしょうか。
会社を辞めて転職活動をした場合は貯蓄を崩して生活しなければなりません。仕事が決まらない期間が長期にわたるほど、経済的負担が大きくなり、かつ精神的にもプレッシャーがかかってくるでしょう。
仕事がなかなか決まらないことで焦りが生まれ、不本意な会社に就職してしまってはせっかくの転職活動も本末転倒になってしまいます。
満足のいく転職活動するためには、心の余裕と経済的な余裕の両方があるのがベスト。実現可能な範囲で環境を整え、転職活動に集中できる状態に自分を置くと良いでしょう。
そのためには、働きながらの転職は収入が途切れない点でメリットが大。経済面での心配をすることなく、納得のいくまで自分の転職活動を続けられます。

経済面以外でのメリットは、活動が長引いても職歴に空白期間ができないという点。
個人の事情にもよりますが、長すぎるブランクは選考の評価に影響を与える可能性があります。
選考での不利な要素を少なくするという意味では、ブランクはないほうが望ましいでしょう。

また、転職活動を続けていくなかで様々な企業の社風や事業内容について知り、「今の会社もそんなに悪くないかも?」と考えが変化する場合もあります。
転職には多かれ少なかれリスクがありますので、"現在定職がある"という保険は大きなリスクヘッジになるのではないでしょうか。 

◆在職中の転職は負担も大きい!忘れてはいけないデメリットとは?

在職中は働きながら仕事を探すので、どうしても転職活動に使える時間が限られてしまいます。
さらに、転職活動していることを知られないよう、職場の人たちに気を使うのもなかなか疲れるものです。
上司や同僚の理解があるという人は良いのですが、大抵の人は転職活動については伏せて仕事をしているでしょう。
そのため在職中の転職活動では、応募先の企業に勤務時間外での電話連絡をお願いしたり、面接の日程調整が難しかったりと苦労が多くなります。
特に転職活動が長引くと、そういったストレスの積み重ねで疲れが蓄積するケースがあるので、気苦労が苦手という方には、在職中の転職活動は向いていないかもしれません。

また、転職先が決まった際にも、引き継ぎ等の都合上すぐに会社を辞めることができず、転職先の入社予定日を調整してもらう必要が出てくるといった可能性も。
退職時期の折り合いをつけることは、在職中に転職する人にとって大きな悩みのひとつです。

◆在職中の転職活動、こんなことに気をつけよう

在職中の転職活動では、「現在仕事がある・収入がある」といった精神的な余裕から、応募先の企業へのアピールに力が入らないというリスクがあります。
自分ではそんなことはないと思っていても、環境が安定していることから転職活動に全力を出し切れないというパターンは実は少なくないのです。
そんな事態を避けるためには、「3ヶ月以内に転職先を決める」といった具体的な目標とスケジューリングを行い、自分の意志とモチベーションを保つ工夫をすることが大切です。

職場では、同僚や上司に転職活動をしていることが伝わらないよう、ちょっとした行動に気を配るようにします。
応募先企業からの電話は誰も話を聞いていない場所で出る、会社のパソコンで求人サイトをチェックしない、社用のメールアドレスや電話番号を履歴書に書かないなど、「そこまでしなくても大丈夫かな?」と思うところまで注意を巡らせておくと安全。
転職活動が明らかになると会社から引き留められたり、職場での風当たりが悪くなる恐れがあるので、周囲がよほど協力的でない限りは転職については隠しておくのが賢明です。 

◆在職中の転職でよく聞かれる「いつから働けますか?」の答え方

面接時に聞かれる「いつから勤務できますか?」という質問、どう答えればいいのか悩んでいませんか?
応募企業に良い印象を与えようと「すぐに勤務できます」と答えたくなってしまうかもしれませんが、引き継ぎ期間などを無視した回答は社会人として悪印象を与えることに。

転職の場合、内定から勤務日まで1か月ほどは待ってもらえることが多いため、正直に「引き継ぎに○日ほどかかるため、勤務できるのは○月頃になります」と答えましょう。

引き継ぎにかかる時間は1か月程度が一般的。事前に資料作りやスケジューリングを行っておき、後任者にしっかり引き継ぎを行った上で転職するのが理想的です。
引き継ぎ時は後任者に口で伝えるだけではなく、後から確認できる形で残すのがオススメ。引き継ぎの進捗を客観的に証明することができるので、退職前後にトラブルになることが少ないでしょう。

応募先の企業は面接時の態度だけではなく、退職する時の姿勢で社会人としての姿勢を確認していることも。
「これで最後だから」と砂をかけるようなことはせず、最後まで丁寧に対応することで再就職先での印象もアップするかもしれません。

◆在職中に転職を成功させたいなら、スキマ時間を上手く使おう!

在職中に転職を成功させるには、限られた隙間時間の有効利用が必要になってきます。
転職活動はチャンスを迅速につかむのが大事ですので、退社後や休日だけの転職活動では、不十分な場合があります。
少し大変かもしれませんが、仕事の休憩時間に求人サイトをチェックすることを日課にしてみませんか。通勤時間が長い方であれば、電車のなかでスマホアプリなどを利用し、履歴書、職務経歴書を書きためるのも良いアイディアです。


転職エージェントに依頼し、自分に合っている仕事を探してもらうのもおすすめ。
ハタラクティブでは求人サイトに公開されていない非公開求人を多数取り扱い、あなたにぴったりの仕事をご紹介しています。
また、ハタラクティブでは面接日の日程調整など企業とのやり取りを全て代行するため、就業時間を転職活動の手続きに使えないという方にとっては心強いサポートとなるでしょう。
当サービスはすべて無料ですので、一度お気軽にご相談ください。内定率80%の実績を支える優秀な就活アドバイザーが、あなたをお待ちしています。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる