新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 空白期間を面接で質問されたときの答え方は?説明の仕方を解説!

空白期間を面接で質問されたときの答え方は?説明の仕方を解説!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・半年程度の空白期間であれば、面接官も「転職活動をしていたのだ」と納得してくれる
  • ・面接で空白期間を聞かれたら、その間にしていたことを詳しく説明するのがポイント
  • ・面接で空白期間について聞かれたら、下手に隠さず堂々とした態度で答える
  • ・空白期間がある場合は履歴書の職歴欄に簡潔に、自己PR欄に詳しく記載すると良い

監修者:後藤祐介

就活アドバイザー

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「空白期間があると面接に通らないのでは」と不安に思う人も多いでしょう。しかし、病気や怪我などさまざまな理由から働けない方もいるため、ただ空白期間があるからという理由で落とされることはありません。一般的に長期に亘る空白期間はマイナス評価となりますが、きちんと理由を説明すれば挽回の可能性はあります。このコラムでは、空白期間があっても面接を成功させる方法を解説しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

空白期間は転職に不利になる?

半年程度の空白期間であれば、面接官も「転職活動をしていた」のだと理解してくれるでしょう。しかし、空白期間が1~2年にも及ぶと会社側は「働く意欲がなかったのではないか?」「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか?」と不安に思ってしまいます。会社側にとって人材採用はコストがかかるため、空白期間がある人の採用に慎重になり、転職が難しくなるようです。また、空白期間が長いと「人柄や能力に何か問題があるのでは?」という誤解も生じやすく、転職者にとってマイナス要因になってしまいます。しかし、アピール次第では挽回することが可能なので、ネガティブに考え過ぎないようにしましょう。

空白期間がある場合、面接官は何をチェックしている?

面接官は、空白期間に求職者が「何をしていたか」や「仕事へのやる気や意欲の有無」をチェックしています。たとえば、働いていなくても資格を取得するための勉強をしていたのなら、取得した資格を交えて具体的に伝えれば、高評価を得られる可能性があるようです。アピールできることがないと悩んでいる人は、アルバイトや家事など自分なりに頑張ったことを伝えましょう。また、空白期間が長い人は「入社後しっかり働いてくれるのか?」と面接官に不安に思われてしまう傾向があるので、前職を辞めた理由は応募書類にしっかりと記載してください。そのうえで、面接時に分かりやすく説明する必要があります。

長期に亘る空白期間がある人は「空白期間が半年から1年以上あると転職に不利?履歴書にはこう書く!」も見て、転職活動をしてみてください。

面接で空白期間を聞かれたときの説明方法

当然ですが、空白期間中に「何の目的もなく過ごしていた」「友人と遊びまわっていた」という人材を採用する会社はありません。空白期間が長引いてしまった人は、その間の活動をいかにアピールするかが重要です。

就活が長引いてしまい空白期間がある場合

転職活動が上手くいかなかった人は、「時間はかかっても次こそは一生働きたいと思える職場を見つけたいと思い、◯カ月間転職活動をしていました」と説明に工夫を加えましょう。ただ「転職活動していた」と伝えるだけでは、空白期間が長引いたのは人柄に問題があった、ビジネスルキルが不足していたなどと思われてしまう可能性があります。時間がかかっても自分の望むキャリアプランを実現したかったなど、自分なりの考えを説明できれば、「芯のある人」「良い意味で妥協しない人」というような高評価を得られるかもしれません。

資格取得の勉強や留学をしていて空白期間がある場合

勉強や留学をするために仕事を辞めた場合は、その経緯や成果を具体的に説明することが重要です。たとえば、資格取得のための勉強や留学などをしていたなら「どんな目的を掲げ、どのような計画を立てて、取り組んだのか」を分かりやすくを説明しましょう。取り組んだ結果や成果まで伝えることがポイントです。意味もなく時間を過ごしていたのではない点を理解してもらいましょう。

自身の病気や家族の介護で空白期間がある場合

自身の病気や怪我、家族の介護などで空白期間がある場合は、その事実をそのまま説明しましょう。ただし、現在は仕事に支障がない点は必ず伝えるようにしてください。また、おおよそ仕事をすることに支障はなくても健康状態がまだ万全でない場合は、正直にその旨を伝えれば問題ありません。あらかじめ話をしておけば入職後に職場のサポートを受けられますし、「そんな話は聞いていない」という後々のトラブルを避けられます。

病気による空白期間は必ずしも詳しく説明する必要はありません。病歴は個人のプライバシーに関わることなので、採用が確定するまで健康状態について聞くことは認められていないのです。仕事に影響がありそうであれば伝えておくべきですが、すでに症状が改善しているのなら詳しく説明しなくても大丈夫です。

空白期間に何もしてないと感じている場合

空白期間に何もしてないと感じる人は、その期間を悲観せず「空白期間で自分と向き合いあえた」「自分の仕事に対する思いを再確認することができた」というように、自分には必要な時間だったと説明するのも一つの方法です。また、自分では気づかなくても、空白期間中にアピールにつながるエピソードがあったり、経験をしていたりすることも。印象に残っていることや今後に活かせそうなエピソードがないか書き出してみましょう。

面接時の空白期間の答え方や回答例について知りたい人は「空白期間は転職に不利?面接で企業を納得させる回答とは」も合わせてご覧ください。

面接で空白期間を聞かれたときの答え方のポイント

面接では、空白期間について下手に隠さず堂々とした態度で答えましょう。また、すぐに辞めないことをアピールすることがポイントです。こちらで詳しく解説します。

面接には堂々とした態度で挑む

面接では、第一印象を良くするために、ハキハキと最初の挨拶をすることを心掛けましょう。さらに、堂々とした態度で面接に挑むことで、話の内容に説得力が増します。ポイントは、話すときに言い切ることです。自信がなさそうに話したり、最後に言いよどんだりするとマイナス評価につながってしまいます。ハキハキと聞き取りやすい声で最後までしっかり言い切ってください。また、働いていない期間ができてしまったことを反省していると、アピールすることも大切です。仕事に行きたくなくて空白期間ができたのだとしても、自分が変わろうとしているのだと態度で示しましょう。

面接官にすぐ辞めないことをアピールする

すぐに辞めそうだと判断されてしまうと、内定から遠ざかってしまう可能性があります。面接官は長期的に働いてくれる人材を求めています。そのため、「なぜ空白期間があるのか」「空白期間は何をしていたのか」という質問をして、すぐに辞めない人かどうか見極めようとしているのです。採用したとしてもすぐに辞められてしまうと採用にかかったコストが無駄になってしまい、面接官の会社での評価も下がってしまうので、念入りに質問されることもあるでしょう。面接官にすぐに辞めない人間であるとアピールできるように、志望先の会社にどのように貢献していきたいのか、入社後のビジョンを明確にしておくことが大切です。

空白期間に関して嘘はつかない

面接で嘘をついてしまうと、そのあとも、つじつまを合わせるために嘘を重ねることになりかねません。さらに、面接官に嘘が分かってしまうと、評価が下がってしまう恐れがあります。たとえば「単に働きたくなかった」「遊ぶことを優先したかった」「前職を辞めて実家でゆっくりしていた」「やりたい仕事が見つからなかった」といった理由だったとしても隠さずに答え、今後のビジョンをポジティブに伝えるのがポイントです。こちらの「面接で嘘をついてしまった?バレたらどうなる?考えられるリスクとは」の記事も見ておきましょう。

空白期間がある場合の履歴書の書き方

面接まで選考が進めば、空白期間中に取り組んだことや経験したことを口頭で説明することができます。しかし履歴書に何も書かかなければ、事情があって働けなかったのだとしても、理解してもらえません。そのため、空白期間が半年以上ある場合は、履歴書に簡単な理由を添えるのがおすすめです。

空白期間の記載方法

空白期間の理由については、職歴・学歴欄で簡単に説明し、自己PR欄で詳細について触れる、という書き方が一般的です。

職歴
平成◯年◯月 一身上の都合により退職
        ◯◯の資格取得のため1年間スクールに通学

自己PR
退職後は××に携わる仕事をしたいと希望し、◯◯資格取得のためにスクールに通学していました。◯◯資格は貴社の△△の業務にも貢献できるのではないかと考えております。

このように、学歴・職歴欄では最後の経歴の次の行に空白期間に取り組んだことを簡潔に記載し、自己PR欄では前職の経歴に基づいたアピール内容を伝えましょう。そうすれば、書類選考で落ちてしまう…という事態を少なくできるはずです。

履歴書は完成度が高ければ高いほど、面接官に良い印象を与えることができます。しかし、自分一人ではきちんと履歴書が書けているか分からないことも。誰かに添削してほしい、履歴書の書き方に自信がないという人は、就職・転職支援のハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブなら、経験豊富なアドバイザーが応募に必要な書類を添削。あなたの魅力が面接官に伝わる履歴書の作成方法をアドバイスいたします。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ