面接に落とされるサインとは?面接官の言動から分かる合否

面接に落とされるサインとは?面接官の言動から分かる合否の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接に落とされるサインは、面接官の反応の悪さや質問の少なさなど関心の薄い言動
  • ・面接に受かるサインは面接官の積極的なメモや質問など、前向きな言動に表れる
  • ・面接に落とされる人はマナーや志望動機の内容などが不十分な可能性がある
  • ・面接に落とされるサインはあくまでも目安ととらえ、最後まで気を抜かず諦めない
  • ・面接に落とされても落ち込みすぎず、前向きに次の面接の準備をする

面接に落とされるのか、それとも合格したのか…結果が出る前に心の準備をしておきたい方も多いはず。このコラムでは、面接に落とされるサインを知りたい方向けに、面接官の言動から分かる合格・不合格のサインを解説します。
あわせて、なかなか面接に合格できないときの対策もご紹介。「落とされるかもしれない」という不安ばかりにとらわれず、次の面接に向けて前向きな気持ちを作ることも大切です。

面接に落とされる10個のサイン【チェックリスト】

ここでは、面接で落とされるサインをリスト形式でまとめています。面接時に以下のような兆候がなかったかを思い返してみましょう。

【面接に落ちる可能性があるサイン】

1.質問に答えてもリアクションが薄い
2.質問に答えるとマイナスの言葉で返される
3.面接官と目が合わない
4.対応が冷たい
5.よくある質問しかされない
6.今後の話題がでない
7.逆質問に真摯に答えてもらえない
8.面接がすぐに終了する
9.面接が進むにつれ面接官の態度が変わる
10.入社するメリットを伝えられない

以上に挙げたサインは、面接官が前向きに採用を考えている場合、なかなか出ないと考えられます。

落とされるかも?面接不合格のサイン

面接官が以下のような言動をとった場合、面接に落とされる可能性が高いといわれています。

回答への反応がそっけない

質問に対して一生懸命回答したにもかかわらず、面接官の返事は「そうですか」「分かりました」といった一言のみ…そのようなそっけない態度は不合格のサインである可能性があります。興味がなさそうだったり、話しを広げてくれなかったりするのは、応募者への関心が薄い証拠でしょう。また、良いリアクションがあったとしても、上辺っぽさがあるようでは合格の確率は低いかもしれません。

逆質問の機会がない

逆質問の機会が与えられないのも不合格のサインといわれています。また、逆質問の機会が与えられたとしても、回答が丁寧でない場合は不合格を疑っても良いでしょう。
多くの面接官は入社してほしい人に対し、自社の良さを知ってもらおうとアピールするもの。自社の良さをアピールする機会である逆質問が省かれるのは、「不合格者にわざわざ自社の情報を教える必要はない」と思われてしまっている可能性があります。

「向いていない」と言われる

はっきり「うちの仕事に向いていないよ」「君の性格はうちの社風に合わないよ」などと言われてしまった場合は不合格の可能性があるでしょう。
しかし、このような面接官の厳しい言葉は、いわゆる「圧迫面接」でも聞かれます。あえて「向いていない」と突き放すことで、どのような反応を見せるか試している可能性もあるため、決して諦めずに、前向きな回答で巻き返しを図りましょう。

仕事に関係のない話が多い

面接官との会話が盛り上がると合格を予感しがちですが、話の内容が仕事に関係のないものばかりだった場合は要注意。「不合格にするけど、企業に悪いイメージを持たれないよう良い雰囲気を演出しよう」と考え、あえて会話を盛り上げている面接官も、実は少なくないようです。

面接時間が極端に短い

面接時間が極端に短いのも、不合格のサインである可能性が高いようです。回答に対する面接官の反応が薄かったり、話が盛り上がらなかったりした結果、面接時間が短くなってしまったのであれば、それは面接官に興味を持ってもらえなかったためであると考えられます。

「最後にアピールすることはありませんか?」

面接中のアピールが不十分だったとき、最後のチャンスとして投げかけられるのがこの質問。アピール不足という意味では不合格のサインですが、回答次第では挽回できる可能性も十分あります。「落ちたかも…」とネガティブにとらえず、諦めずにアピールしましょう。

合否連絡をメールで送ると言われる

不合格をわざわざ電話で伝えてくる企業はあまり見られません。そのため「面接結果はメールでご連絡いたします」という言葉が出た場合、それは不合格のサインである可能性があります。
合格・不合格に関わらず、すべての連絡をメール・書面で行う企業もあるため一概にはいえませんが、いわゆる「お祈りメール」が来ることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

不合格のサインや面接結果の問い合わせ方法については「不合格フラグはある?最終面接に落ちた人の特徴まとめ」や「面接結果が遅いのは合格?不合格?企業に問い合わせる際の注意点を解説」のコラムを参考にしてください。

受かったかも!面接合格のサイン

面接官が以下のような言動をとった場合は、面接に合格する可能性が高まります。

面接官がたくさんメモを取る

面接官がたくさんメモを取るのは、応募者に興味がある証拠といえます。応募者の情報を次の選考担当者や上司に伝えるためにメモを取っている可能性が高いので、合格を期待しても良いでしょう。

適性があると言われる

「当社の社風に合っている」「君の性格はこの仕事に向いているね」など、企業に適性があることを示す言葉が聞かれた場合は、面接官に好印象を持たれている可能性が高いです。中には「ぜひ入社してほしい」とはっきり伝えられるケースもあり、その場合は合格を期待しても良いでしょう。
謙遜しすぎたり、逆に浮かれたりはせず、素直に「ありがとうございます」「恐縮です」と受け止めるのが望ましいです。引き続き面接終了まで気を抜かないようにしましょう。

面接時間が長い

回答に対し「それはなぜ?」「どうしてそう思ったの?」と突っ込んだ質問をされたり、会話が盛り上がったりすると、予定より面接時間が長引くことがあります。それは、面接官が応募者に興味を抱いている証拠。合格のサインと考えても良いでしょう。
なお、前項で「面接時間が短いのは不合格のサイン」と解説しましたが、最終面接の場合は面接時間が短いことこそが、合格のサインである可能性もあります。すでに内定が決まっている場合の最終面接は、最低限の質問だけで終了することもあるためです。
一概にはいえませんが、一次面接や二次面接では質問数が多い方が、最終面接では質問数が少ない方が、合格の可能性が高いでしょう。

次の面接のアドバイスをくれる
「もう少し志望動機を深めた方が良い」「具体的なエピソードがもっと聞きたい」など、面接官が次の選考のためのアドバイスをくれるのは合格のサイン。最終面接まで進めるよう、アドバイスをしてくれている可能性があります。面接官は何人もの応募者を見てきた採用のプロ。「ありがとうございます」「ぜひ参考にさせていただきます」と素直に受け取り、今後の選考にぜひプロの視点を活かしましょう。

その場で次の選考のスケジュール調整を行う

その場で次の選考の日程調整が行われた場合も、合格の可能性が高いでしょう。一般的に、次の選考のスケジュール調整は合格が決まった後に行われるものです。その場で次回の面接の話をされるのは、面接官が「もっと応募者について知りたい」と考え、早めにスケジュールを確保しようとしている証拠といえます。

他社の選考状況について聞かれる

ほかに応募している企業や、選考がどの程度進んでいるかを聞かれるのも合格のサインといえます。採用したい人材が他社に流れてしまうのを防ぎたい、という思いから発せられている可能性が高いため、期待しても良いでしょう。
「回答次第で不合格になるのでは」と不安になる人も少なくないはず。しかし、どんな質問に対しても嘘をつかず、正直に答えるのが面接の基本です。動揺したり、駆け引きしようと考えたりせず、ありのままの選考状況を述べましょう。
なお、嘘をつくのはNGですが、すべての選考状況を述べる必要はありません。「ほかに受けている企業は?」と聞かれた場合、業種や職種に関連性がないと志望度合いを疑われてしまうので、面接を受けている企業と同じ業種・職種の他社を答えるのがおすすめです。また、落ちた企業に触れる必要はありません。落ちた企業について話すと、面接官の意向が揺らいでしまう恐れがあります。

入社日を相談される

入社日の相談をされれば、内定は近いと考えて良いでしょう。不合格者に対して「いつから働けますか?」と尋ねる面接官はそういないはずです。
同様の理由で、仕事内容や通勤時間など、入社後の具体的な話が出るのも合格のサインといえます。

入社後に上司となる人と挨拶する

面接後、今後上司となる人を紹介してもらった場合は、合格の可能性が高いでしょう。さらに、具体的な仕事の説明をされたり、一緒に働く予定のメンバーについて紹介されたりすれば、より内定が近づいていると考えられます。気を抜かず、丁寧に対応しましょう。

握手をされる

面接の最後に握手をされると、合格の可能性が高いといえます。特に最終面接で見られることが多く、「ぜひ入社してほしい」「入社後も頑張ってほしい」という意味が込められることもあるようです。場合によっては「合格おめでとう」という言葉が添えられることも。慣れていない人は、手を差し出されて驚くこともあるかもしれませんが、相手に不安を感じさせないようしっかり握り返しましょう。
ただし、面接官の個人的な主義や企業の方針として握手をする場合もあります。舞い上がりすぎず、面接官が退出するまで気を引き締めてください。

面接の合否が分かるフラグについては「面接中の合格or不合格サインとは?」や「最終面接での合格・不合格・お祈りフラグとは?」の記事でも詳しく触れています。

面接に落とされる人の5つの特徴と対策

「面接に落とされるサインが知りたい」と思っている人の中には、面接がうまくいっていない人もいるでしょう。ここでは、面接に落とされやすい人に共通する特徴と、その対策方法をご紹介します。悪い点を改善し、面接の通過率を上げましょう。

1.マナーが守れていない

社会人として基本のビジネスマナーを守るのは、合格の最低条件。清潔感のある服装・髪型を心がけ、入退室の挨拶から面接中の姿勢まで気を配るようにしましょう。携帯電話や音の出る電子機器の電源をオフにしておくことも忘れずに。
また、どんな面接でも丁寧な言葉遣いで話すことが大切です。企業によっては面接官がフランクに接してくる場合もありますが、それに乗じてこちらも軽い言葉を使うことは望ましくありません。常に相手が目上の人間であることを意識し、正しい敬語を使いましょう。

2.志望動機に説得力がない

企業は志望動機を通して、入社意欲や適性、自社への理解度などを知ろうとしています。重要な質問であるだけに、回答に説得力がないと「あまり真剣に企業選びをしていない」「入社できればどこでもよいと考えているのでは」と一気に面接官からの関心が削がれてしまいます。
志望動機の説得力を高めるには、企業研究が重要です。面接を受ける企業の特徴や仕事内容、社風についてよく調べるのはもちろんですが、可能であれば同業他社との違いまで把握しておくのがおすすめ。その企業だからこそ入社したい理由を、具体的に述べられるようにしましょう。

3.主体性が感じられない

志望動機を聞かれ、「御社なら〇〇を学べると思ったから」と回答している人は要注意。一見真面目な印象を残せそうですが、面接官によっては「受け身で主体性がない」と感じる可能性があります。面接で重要なのは、自分がその企業で活躍できる人材であるとイメージしてもらうことです。
そこでカギとなるのが自己分析。自分のこれまでの人生経験を振り返り、長所や短所を明確に把握しておきましょう。自分の強みと企業研究で分かった企業の特徴を結び付ければ、志望動機や自己PRのオリジナリティと説得力がぐんと高まるはずです。

4.面接の練習をしていない

面接ではどうしても緊張してしまい、普段の自分を表現しにくいもの。そのため、自己紹介や志望動機など、面接の定番といわれる質問はあらかじめ回答を用意しておき、話す練習をしておくのがおすすめです。話し方や表情も面接官の印象を大きく左右するため、鏡を見ながら話してみたり、友人や家族に協力してもらいアドバイスを聞いたりするのが良いでしょう。

5.質問に答えていない

質問の答えになっていないことを述べてしまうと「コミュニケーション力がない」「質問の理解度が低い」など、マイナスの印象を与えてしまう可能性があります。
自分が用意しておいた文言にこだわりすぎると、的外れな回答になってしまう恐れもあるため、まずは焦らず質問の意図を理解しましょう。そのうえで結論を簡潔に述べ、後から理由を説明するとスムーズに回答ができるでしょう。

最終面接の合格率を上げるには?」や「就職面接を成功させるためのポイントと注意点」のコラムでは、就職面接をスムーズに進めるコツを紹介しています。

合否サインは「絶対」ではない

面接の合格・不合格サインについてご紹介しましたが、サインはあくまでも目安であり、「絶対」ではないことを心にとめておきましょう。
不合格のサインとされる言動が見られたからといって、面接の途中で諦めることは避けるべきです。挽回のチャンスがあっても、自信のなさや後ろ向きな姿勢が見えてしまうことで、本当に取り返しがつかなくなってしまいます。
逆に、合格サインに浮かれることも避けましょう。油断や気のゆるみも面接官に伝わってしまうもの。せっかく好印象を与えていたにもかかわらず、浮かれてしまったことで内定が遠のいてしまう恐れがあります。また、合格と思い込みながらも不採用になってしまった場合は、一気にモチベーションが低下してしまうでしょう。
合否サインに振り回されず、最後まで誠意をもって面接官に向き合うことが大切です。

不合格の経験を次につなげよう

どれだけ対策を行っても、面接に落とされる可能性はゼロではありません。不合格になってしまった場合は「縁がなかった」「たまたま相性が合わなかった」と考え、早めに気持ちを切り替えることが大切です。
また、不合格の経験から得られるものもあります。落ち着いて面接の内容を振り返ると、面接官の反応が悪かった部分や、言葉に詰まってしまった部分など、改善点が見えてくることも。なぜだめだったのかをしっかり反省したうえで、前向きな気持ちで次の選考に挑みましょう。

「面接に落とされる不安ばかり先立ってしまう」「一人で面接対策ができない」とお悩みの方は、就職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、若年層を中心に求職活動のサポートを行う就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーがカウンセリングを行ったうえで、あなたに適性がある求人をご紹介します。また、自己分析や企業研究、面接対策などのサポートもすべて無料で提供。就職活動に行き詰まっている方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。
合否サインに左右されず、自信をもって面接を行えるようになりましょう。

面接合格を目指すQ&A

これから面接を受ける方に向けて、面接の合格サイン・不合格サインをまとめました。面接で印象を良くコツもご紹介するので、参考にしてください。

面接の合格サインはある?

面接の合格フラグといわれるものには、「他社の選考状況を聞かれる」「面接時間が長くなる」「面接官がメモをとる」といったものがあります。「応募者のことをもっと知りたい」という気持ちが現れた面接官の質問や行動は、合格サインの可能性があるでしょう。 合格サインの詳しい具体例は、このコラムの「受かったかも!面接合格のサイン」でも紹介しています。

不合格のサインはどんなものがある?

面接時間が予定より大幅に短かったり、簡単な質問しかされなかったりするのは、不合格のサインと予測できます。面接官がすでに不採用を決めており、時間をとる必要がないと判断されている可能性があるからです。「落とされるかも?面接不合格のサイン」では、よくある不合格のサインをまとめているのでご覧ください。

不合格のサインを感じたらどうする?

一般的に不合格といわれているサインがあったからといって、必ずしも不合格になるわけではありません。たとえば、面接時間が短くても、「すでに合格を決めていたので面接が早く終わった」という可能性も。不合格サインを感じても、面接中は気にせず最後まで冷静に回答を続けましょう。自信を失わずにアピールを続けることで、面接官の評価を変えられる可能性もあります。

面接に受かる人の特徴は?

面接に受かる人には、企業が求めるスキルや経験の条件を満たしている、求められる人物像に沿ったアピールをしている、意欲が伝わる受け答えをしている、といった特徴があります。面接前には企業研究を行い、企業がどんな人材を求めているのか、何をアピールするのが効果的なのかを考えましょう。

面接で落ちる可能性を減らすには?

基本的なビジネスマナーを守ることや、第一印象を良くすることが大切になります。面接開始前に、スーツにシワや汚れがないか、髪型に乱れがないかを確認しましょう。面接中は姿勢を正し、明るくはきはきと笑顔で話すのがポイントです。敬語が苦手な人も、「~です」「~ます」を徹底して丁寧な言葉使いで話しましょう。ハタラクティブでは、面接対策のアドバイスを行っているので、面接に不安がある方はぜひご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION