1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 効果的な自己分析のやり方とは?

効果的な自己分析のやり方とは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自己分析の目的は「自分の強みを知る」「自分の適性を知る」こと
  • ・企業は応募者が自己分析を通じて「自分を客観視できているか」「業界・企業研究を行えているか」などを見ている
  • ・自己分析で複数の経験から共通することを洗い出すと自分の強みや価値観を知ることができる
  • ・自己分析の結果から、適職や将来像を明確にすることもできる

「就職活動を成功させるには自己分析が大切」と、聞いたことはありませんか?

その重要性をわからず、やらなかったり中途半端に自己分析をしている方は少なくありません。

自己分析の目的や正しいやり方を学び、履歴書の作成や面接に役立てましょう。

◆自己分析の目的とは?

就職活動における自己分析は「自分の強み」「自分の適性」を知るために行います。
自分の強みを理解することで、自分をどうアピールすればよいのかを明確にすることが就活ではとても大切です。
自己分析が十分にできていれば、面接官に自分の強みを職務にどう活かせるのか深く追求されたとしても、具体的に伝えることができるでしょう。 

さらに、自分の性格や適性を知ることで企業探しがしやすくなります。

「自分はどんな仕事ならやりがいを持って働けるのか」「自分に合った社風はどんなものなのか」を知ることで、求人探しがスムーズになるでしょう。

◆企業は応募者の自己分析能力を見ている

自己分析って本当に必要なの?適当で大丈夫なのでは?と手を抜いてしまう人もいますが、採用担当者が応募者の自己分析能力を見ていることは少なくありません。

「自分を客観的に見ることができているか」や、「業界研究、企業研究をしっかり行ってきたか」を見られていることもある自己分析。

手を抜いて適当に考えた志望動機や自己PRと、しっかり自己分析を行って考えられたものには大きな違いがあるのです。

正しい自己分析のやり方を知って、採用担当者に効果的にアピールできるようになりましょう。

◆自己分析のやり方は?

前項では自己分析の必要性を説明しました。

自己分析が大切なのはわかったけど、実際にどうすればいいのかわからない…という方は少なくないはず。

次は、自己分析の進め方について解説します。

 

1)自分史を作成する

まずは、これまでの経験の中で印象に残っているエピソードを時系列順に書き出します。
エピソードを書き出す際は「頑張ったこと」「苦労したこと」「楽しかったこと」など、自分の中で強く印象に残っていることを中心にするとやりやすいのではないでしょうか。
勉強・部活・習い事・アルバイト経験など、さまざまな経験の中から、心に残るエピソードを洗い出してみましょう。

2)エピソードから強みを発見する

エピソードを通じて、自分の強みといえる部分を探してみましょう。

例えば、部活やアルバイト先で人をまとめたリーダーシップ、長くスポーツを続けてきたという粘り強さ…など、何か自分にとっての強みが見つかるはずです。
具体的なエピソードを絡めた「強み」は説得力が増し、採用担当者に効果的に伝わるはず。

今までの経験から、自分がどんな人間なのかを振り返ってみましょう。

3)適職や将来像を考える

これまでのエピソードを振り返り、自分が何に力を入れてきたのか、何を大切にしているのかを振り返ってみましょう。

例えば、仲間と協力することを大切にしてきた、コツコツと努力することを続けてきた…など、自分の価値観を振り返ることで自分に合った働き方や職場の雰囲気が掴めるかもしれません。
「自分の志向を実現させるためには何をすればよいのか」「将来的に自分はどうなっていたいのか」がわかるので、求人を探すヒントになるでしょう。

◆自己分析の注意点とポイント!

自己分析を行う際、ただ闇雲にエピソードを並べるだけではまとまらず時間も掛かってしまいます。
限られた時間の中で就職活動を進めるには、効率的に自己分析をすることが大切です。
自己分析をする際は、以下の点に気を付けましょう。

【客観的な視点を含める】

自分の長所や強みを書こうと思うと主観的になりがちですが、説得力を持たせるためにも客観的な視点を含めて行うことが大切。

例えば「継続力」が長所である場合、ただ「私の長所は継続力があるところです」と言っても相手にはうまく伝わりません。「私の長所は継続力があるところです。小学生の頃からサッカーを続けており、現在も毎日欠かさずにトレーニングを行っています」のように、具体的なエピソードを添えると良いでしょう。

【企業が求める人物像を意識する】

例えばチームワークを大切にしている企業であった場合、「一人で黙々と作業を続けることが得意です」というよりも、「協調性が合って人と協力して物事を成し遂げたいです」というアピールのほうがマッチするでしょう。

このように、企業の求める人物像を読み取り、それに合わせたアピールを行うことも効果的です。

【スケジュールとゴールを決める】

自己分析は自分でキリをつけないといつまでも終わらない恐れがあります。

時間を掛け過ぎるとかえって内容がまとまらないということもあるので、あらかじめ自己分析を終了する日を設定しておくと良いでしょう。


ここでは基本的な自己分析のやり方やポイントをご紹介しました。自己分析をする際の参考にしてください。

自己分析のやり方で不安や疑問がある方は、若年層向け就職サポートサービスのハタラクティブへご相談ください。
正社員を目指す第二新卒・既卒・フリーターの方う向けに、正社員求人のご紹介をはじめ、応募書類の添削、面接対策など就職・転職活動のサポートを提供しています。
専任のキャリアアドバイザーが、自己分析の悩みや質問に丁寧にお答えします。



関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる