自分探しの旅が失敗しやすい理由

自分探しの旅が失敗しやすい理由の画像

自分探しの旅に出たのに、結局答えが見つからない…フリーターから正社員になるために自分探しの旅に出たのにうまくいかないということになる前に、自分探しの欠点ともっと効率的な方法を知っておく必要があります。就職への近道を探るために、自分探しがうまくいかない理由を確認しましょう。

自分探しの旅が失敗しやすい理由

そろそろフリーターを卒業して就職したいと思っても、自分に合う仕事や就職先などが何かわからない…そんなフリーターの就職の悩みを打開するために、自分探しの旅をしたいと考えているアナタ、自分探しは必ずしも自分に合った就職先を絞れる旅とは限らないのです。

就職のための自分探しはどこでつまずきやすいのでしょうか。チェックしましょう。

就職以外のことに意識が向きがち

自分探しの旅を楽しむうちに気分が開放的になり、就職のことが二の次になってしまうパターン。見慣れない土地でこれまでと違う自分になるよう努めていると、通常の自分にどのような就職先が向いているか余計にわからなくなるようです。フリーターを辞めたいなら、なるべくいつも通りの自分でいられる環境をオススメします。

他人からの影響を受けにくくなる

現地の人々と関わるうちに新しい考え方を身につけられれば、就職を見据えた自分探しの旅は成果があったと言えるでしょう。しかし、新しい環境に1人身を置くと、一瞬一瞬自分が無事に生活することにばかり気を取られ、就職のことを忘れがち。他人と関わって生き方に影響を受け、就職のことを考える余裕がなくなることが多いのです。

普段の環境のほうが得られる気づきが多い

自分探しのために遠くまで行かなくても、就職に関する考えは自分の中に潜在していることが多いのです。非日常への憧れで自分探しの旅に出てしまうと、その場その場での適応に必死になり、かえって自分の就職したい職場のイメージがしにくくなり、フリーターから抜けられなくなるかも。

自分の欠点ばかり気にしてしまう

多くの場合、自分探しは1人で行うものですよね。だから旅先で何かうまくいかないことがあると、1人で背負いがちになります。自分を成長させるための旅だったのに、自己評価が下がり結果として就職意欲が落ちてしまうことも。もちろん履歴書でPRできるような長所を発見できることもありますが、どちらに転ぶかはわかりません。

いかがでしたか?自分探しを通じて就職し、フリーター生活にピリオドを打つはずが、就活に対してネガティブにもなりうるのです。
では、フリーターを辞めて正社員就職するにはどうすれば良いのでしょうか?オススメなのは、人材紹介サービスです。ハタラクティブでは、高卒、既卒で正社員として就職した経験がない方や、転職を希望している第二新卒の方などでもOKの求人を扱っています。適職を見つけたいフリーターの方、自分の経歴で募集がある企業が見つけられない方などは、ぜひお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION