1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自分がしたい仕事がわからない!適職が見つからない理由と効果的な解決策

自分がしたい仕事がわからない!適職が見つからない理由と効果的な解決策

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自分がしたい仕事が見つからない人は、自己分析が不十分なことが多い
    ・自分の好きなことをリストアップすることで、自分がしたい仕事が見つかる可能性がある
    ・性格や理想のライフスタイルから自分がしたい仕事を考えるのも、一つの方法
    ・世の中にはどんな職種が存在するのかをリサーチすることで、視野を広げられる

 

自分がしたい仕事がわからない!適職が見つからない理由と効果的な解決策の画像

「自分がしたい仕事」について考えたことはありますか?「本当にやりたい仕事に出会えていない」と感じたまま仕事や就職活動を続けていると、やりがいを見いだせずにモチベーションを維持できなかったり、転職を繰り返してしまったりする恐れがあります。適職探しのポイントは、自己分析と情報収集。このコラムでは、理想の仕事が思い浮かばない理由や、自分に合った仕事を探す方法についてご紹介しています。

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

 

自分がしたい仕事がわからないのは悪いことではない

近年、仕事へのこだわりをもつ若者は減少傾向にあるようです。
2017年、内閣府が全国の16歳から29歳までの若者を対象に行った「子供・若者の意識に関する調査」により、若者の仕事に対する意識の変化が明らかになりました。

 

若者の8割以上は「収入を得るため」に働いている

調査結果の図表5を見ると、若者が仕事をする目的として最も多かった回答は、「収入を得るため」の84.6%。次に回答が多い「仕事を通して達成感や生きがいを得るため」「自分の能力を発揮するため」などの項目は、10%台に留まりました。
若者の大半は、仕事を「人生の生きがい」ではなく、あくまで「収入を得るための手段」だと割り切って考えていることがうかがえます。

 

仕事よりもプライベートを重視する若者が増加

仕事と家庭・プライベートとのバランスにおいても、大きな変化が表れています。
資料の図表7によると、2017年時点で「仕事よりも私生活を優先する」と答えた若者の割合は63.7%で、「仕事を優先する」の12.7%を大幅に上回っていました。男性は58.3%、女性は69.4%と性別によって差はあるものの、いずれも2011年度の調査時と比べて10%以上増加していることもわかります。
自分がしたい仕事にこだわりすぎず、ワーク・ライフ・バランスを意識した働き方に着目する若者は、年々増えているようです。「やりたい仕事が見つからない」と焦らず、自分に合う仕事をじっくりと探していきましょう。

 

参照元
内閣府
平成30年版 子供・若者白書(概要版)「特集 就労等に関する若者の意識」

自分がしたい仕事がわからない8つの理由

自分がしたい仕事がわからない理由としては、情報不足や自己分析不足などが挙げられます。原因を明らかにして、あなたに合った対策を考えましょう。

 

1.知っている仕事の種類が少ない

自分がしたい仕事が思い浮かばない人の多くは、情報収集が足りていない傾向にあります。
どのような仕事があるかのがわからないため、わずかな選択肢の中からしか仕事を選べず「知っている職業の中に、自分がしたい仕事はない」「自分がしたいことができる職業はない」と判断してしまうためです。

 

2.自分のことを理解していない

自分のことがよくわかっていない人は、自分がしたい仕事の方向性があやふやになりがちです。
したい仕事について考えるためには、まず「自分がしたいことは何か」を明確にする必要があります。

 

3.将来のビジョンが描けていない

将来の目標がない人は、「自分にはもっとやりたいことがあるはずなのに」とモヤモヤを抱えながら、今の生活をなんとなく続けてしまう傾向にあります。一方、「将来こういう自分になりたい」「こんな生活が送りたい」という将来の目標や叶えたい夢がある人は、「目標に向かって自分が今すべき仕事」が明確です。たとえ今やっている仕事が自分のしたいことではなくても、なりたい自分になるために努力する期間だと割り切って頑張れるようです。

 

4.条件ばかりにこだわってしまう

求人を探す際、仕事内容以外にも譲れない条件がある人は多いでしょう。
給与や勤務時間、休日、勤務地、福利厚生など、職場を選ぶときに重要視する条件は、家庭環境やライフスタイルによって異なるもの。しかし、「高給与」「土日祝日休み」「残業なし」「駅チカ」「福利厚生充実」「フレックス制度あり」など、あまりにも条件にこだわりすぎると選べる仕事は少なくなります。

 

5.今の自分に自信がない

「今の職場で力を発揮できていない」という思いから、自分がしたい仕事を見失ってしまう人もいるようです。今の職場で自信が持てずにいると「きっと今の仕事は自分に向いていないんだ」というマイナスの感情がわいてしまい、「今の仕事は自分に合った仕事ではない」「別の仕事だったら自分の力を活かせるかも」という考えが頭をよぎってしまいます。
しかし、そこで思い切って転職活動に踏み切れない理由の多くは、自信のなさから来る不安でしょう。自分に自信が持てずにいると、「自分の能力が別の仕事で通用する」「今の仕事よりもよい結果が出せる」と強く言い切れないため、尻込みしてしまうようです。

 

6.周囲の目を気にしすぎている

周囲の評価や世間体が気になってしまうタイプの人は、自分がしたい仕事があっても実行に移せないことが多いようです。「世間で評価されている有名企業かどうか」「家族に反対されないか」「友達に自慢できるか」など、他人のものさしで理想の仕事を決めようとしてしまいます。
しかし、どんなに周囲が評価してくれる仕事であっても、自分自身がやりたいと思える仕事でなければモチベーションを維持するのは難しいでしょう。
また、自分の意見よりも周りの意見を尊重するタイプの人も、外部の意見を取り入れすぎて自分がしたい仕事がわからなくなりがち。「私のためを思ってアドバイスしてくれているんだ」と相手の善意を素直に受け止めすぎて、自分の意見を優先できなくなってしまいます。協調性や素直さは社会人の必須スキルではありますが、ときには自分の意見を大切にすることも必要です。

 

7.やりたいことが多すぎる

好奇心旺盛でやりたいことがたくさんあるのは良いことですが、あまりにも多すぎる人は、希望の仕事が一つに決められずに悩みがち。また、何でも器用にこなせる万能タイプの人も、何でもできてしまうがゆえに自分の強みを把握しづらい傾向にあるようです。
したい仕事の候補が多すぎると、仕事選びの基準があやふやになってしまいます。

 

8.失敗したくないという思いが強い

「採用されるはずがない」「想像していた仕事と違っているかも」「新しい仕事に就いても、また転職したくなったらどうしよう」と悩んでばかりで、行動に移せないという人もいるようです。特に、初めて就職や転職を考える人ほど「失敗したくない」と慎重になりすぎて、自分がしたい仕事を探せない傾向にあります。

 

自分がしたい仕事を探す9つの方法

自分がしたい仕事を探すためには、まず自分を知ることが一番の近道です。好きなことや興味があること、継続できていること、将来の夢など、自分自身について深く掘り下げていきましょう。詳しい方法を紹介しますので、まだ試していない方法があれば実践してみてください。

 

1.自己分析をしよう

自分がしたい仕事が明確になっていない人は、自己分析で自分の長所や短所、強み、価値観を明確にしましょう。自分は何がしたいのかがハッキリするだけでなく、これまで意識していなかった自分の強みがわかる可能性もあります。
自己分析は、就職・転職活動の場で志望企業へ自分をアピールする際にも役立つので、転職を検討しているなら実施しておきましょう。

 

2.好きなこと・興味があることを掘り下げよう

天職を探す方法として挙げられるのは、自分の好きなことを仕事にすること。
好きなことであれば、仕事に必要な情報収集や資格取得も、やらされているという感覚ではなく自ら進んで前向きに取り組めます。
自分の好きなことを自由にリストに書き出して、振り返ってみましょう。趣味や特技など好きなことだけでなく、心地よく感じた時間、モチベーションが上がった瞬間なども思い出してみることでより選択肢が広がるでしょう。リストアップが終わったら、好きなことを仕事にできそうな職業も考えてみます。

 

(例1)

好きなこと

食べること、料理、おいしいお店を探すこと

向いている職業

調理師、栄養士、飲食店スタッフ、食のブログ運営、フードマイスター、食育講師、料理研究家、フードコーディネーター

 

(例2)

好きなこと

アクセサリーにこだわること、ピアスや指輪などを自作すること、手先を使うこと、ものづくり

向いている職業

アクセサリーショップの店員、ジュエリーデザイナー、ハンドメイド職人

 

(例3)

好きなこと

動物、ペットと遊ぶこと、生き物図鑑を見ること

向いている職業

トリマー、飼育員、ペットショップスタッフ、獣医、ブリーダー
 

3.苦手なこと・やりたくないことを洗い出そう

好きなことに限らず、嫌いなことや苦手だと感じることも明確にしておくことをおすすめします。勤務条件が良いという理由で自分と合っていない仕事に就いても、長続きしないことが多いためです。就職後のミスマッチを防ぐためにも、好きなことと嫌いなことの両方をピックアップしておきましょう。また、前項で好きなことが思い浮かばなくても、苦手なことをリストアップしているうちに、自分と合わない業種や職種が明確になってきます。やりたくない仕事を除外し、仕事の選択肢を少しずつ絞り込みましょう。

 

4.続けられていることを考えてみよう

何年も継続できていることや長時間行っていても苦にならないことを考えるのも一つの方法です。
趣味や習い事、アルバイト、ボランティア、家事など、あなたが継続できている活動の中にも、適職のヒントが隠れています。
自分で好きなこと・得意なことだと認識していなくても、「長続きしている」ことは「実はあなたに向いている」ことだといえます。「自分が今まで継続してきた活動を活かせる仕事」という視点から、したい仕事に出会える手がかりを探しましょう。

 

5.やりたいことに優先順位をつけよう

やりたいことが多くて1つに決められないのであれば、好きなことや得意なことに優先順位をつけましょう。何が最も重要で、何を先に始めるべきなのかを考えることで、自然とやりたいことが見えてきます。

 

6.ビジョンやキャリアプランを具体的に描こう

「将来こうなりたい」という明確なビジョンがあれば、「理想の自分になるためにどのような仕事をすれば良いか」が明らかになります。
まずは、「将来こうなりたい」という夢や希望を自由に書き出してみましょう。「海外に移住したい」「自分の店を持ちたい」など、なんでも構いません。すべて書き終わったら、次に「理想の自分になるためには、今のうちにどのような知識やスキルを習得しておく必要があるか」を考え、実現できる職場を探してみましょう。
ポイントは「夢や希望を自由に書き出す」というところです。「どうすれば叶う?」「本当に実現できる?」ということは一切考えずに「こうなりたい」という姿だけを発想することで、思いもよらなかった仕事に出会える可能性があります。
人生の目標を立てるのが難しいのであれば、まずは今の環境で目的意識を持って行動することから始めてみましょう。「楽しいと思える業務を探す」「作業効率が上がる方法を考える」など、目的を持って仕事をすることで、今後の目標や適職を見つけられる可能性が高まります。

 

7.自分の性格や理想のライフスタイルを考えよう

自分自身の性格や理想のライフスタイルから、働き方を考える方法もおすすめです。自分が思う性格や、どのような生活が送りたいかを書き出してみましょう。

 

(例)

 

・コミュニケーションが苦手→在宅ワーク、工場、配送ドライバー
・コミュニケーションが得意→営業職、接客業
・人を支えることが好き→事務、秘書、マネージャー、看護師、セラピスト
・競争するのが好き→実力主義の会社
・プライベートを大切にして働きたい→残業や休日出勤が少ない会社
・朝型の生活がしたい→朝刊配達、ホテルバイキングの朝食スタッフ
・夜型の生活がしたい→夜勤がある仕事、24時間稼働の工場のスタッフ、居酒屋スタッフ、夜間ドライバー

 

リスト出しをすることで、どのような職種に向いているのかを絞り込むきっかけが生まれます。自分とじっくり向き合う時間を作ってみましょう。

 

8.情報収集して視野を広げよう

世の中にどのような業種や職種があるのかを調べて、選択肢を広げるのも効果的です。
日本には多くの仕事が存在しています。厚生労働省が作成した「第4回改訂厚生労働省編職業分類」の職業名索引には、なんと17,209種類もの職業名が掲載されているのです。
1万以上の職業の中からであれば、興味がある仕事や好きなことに関係する仕事を見つけられるでしょう。事務系や医療系、IT系、販売系など、世の中はさまざまな職種にあふれています。定番の職種や身近な職種以外にも、調べてみると「こんな仕事があったんだ」と、珍しい職種や知らない業界に出会えることも少なくありません。興味を持った職業に合わせて、類似した職業を徹底的に調べてみると、職業選択の幅が広がっていきます。
まずは仕事の情報を本やインターネットで調べたり、友人や先輩から話を聞いたりすることから始めてみてください。調べる際には、その職種のメリットだけでなくデメリットについても調べれば、より自分の特性に合った仕事が探しやすいでしょう。

 

9.失敗を恐れずに行動しよう

失敗を怖がっていては、いつまで経っても状況は変わりません。失敗しても、原因を振り返って次に活かすことで後悔をしにくくなるはず。いざというときは転職という道も残されています。
内閣府資料の図表8を見ると、2017年度時点で「自分の能力や適性に合わない職場ならば、転職することもやむを得ない」もしくは「転職する方がよい」「転職するべき」と転職について肯定的に答えた若者の割合は、全体の7割以上。転職に対してネガティブなイメージをもつ若者は、それほど多くないようです。
転職について悲観的なイメージを持っていると、いつまで経っても行動に移せません。まずは、自己分析や情報収集といったこれまでに挙げた方法を行い、自分に合う職種の傾向をつかんでみてください。求人サイトや就職情報誌の仕事内容や応募資格の欄を見てみるのも良いでしょう。実際に就活を進めていくうちに、自分がしたい仕事に出会える可能性もあります。

 

参照元
厚生労働省
第4回改訂厚生労働省編職業分類 職業名索引について
第4回改訂厚生労働省編職業分類 職業名索引
 

内閣府
平成30年版 子供・若者白書(概要版)「特集 就労等に関する若者の意識」

「したい仕事」以外に目を向けるという選択肢もある

それでも「自分がしたい仕事」が見つからない場合は、「できる仕事」や「喜んでもらえる仕事」など、別の観点から仕事を探してみるという方法もあります。「したい仕事」を見つけることに悩んでしまう人は、以下の観点からも見てみましょう。

 

「できる仕事」を探す

「自分がしたいこと」がわからない場合は、「自分にできること」「向いていること」が活かせる仕事を探してみましょう。「できないことはたくさん思い浮かぶのに、できることはわからない」という人は、これまでの人生で良い結果が出せたことを、具体的に思い出してみてください。仕事でも学業でも部活動でも、何でも構いません。
向いている仕事ほど早くスキルアップでき、成果が出やすいというメリットがあります。周囲から認められるのも早く、頼られることで自己肯定感も上がるでしょう。たとえ初めはやりたくなかった仕事だとしても、できるようになればなるほど楽しくなり、気づいたら好きな仕事になっている場合があります。
また、したい仕事と向いている仕事が一致している状態が最も理想的ですが、実際には「したいけれど得意ではない」という場合もあります。したかったことが仕事としてうまくできないと、好きだったことがどんどん嫌いになってしまう可能性もゼロではありません。「できること」と「できないこと」をハッキリさせて、できることの中から関心のある仕事を見つけてみましょう。

 

「喜んでもらえる仕事」を探す

「誰かに喜んでもらえる」ということは、仕事を続けるうえでモチベーションに大きく関わります。職場の仲間や顧客など、自分が誰かの役に立っていると実感できれば「もっと仕事を頑張ろう」と仕事へのやりがいを見いだせるでしょう。
これまでの経験の中から、「人に感謝された出来事」や「役に立ったと思えた出来事」を洗い出してみてください。もし「人からよく頼られること」「よく褒められること」があるのなら、あなたかその分野において周りから高い評価を受けているということ。自分では気づいていない「あなたの強み」である可能性が考えられます。

 

「習得したい能力」を探す

自分がしたい仕事が思い浮かばない場合、身につけたいスキルから仕事を探すという方法もあります。興味のある資格が取得できる会社や、教育制度が充実している会社に就職して、どこでも通用するスキルを身につけるという考え方です。専門スキルを習得すれば、視野が広がり、自分がしたい仕事を見つけられる可能性があります。趣味を極めて専門家を目指すのも良いですし、将来の目標から逆算して今取得すべき資格を目指すのもおすすめ。
就職・転職を考えていると、「長く働ける会社を選ばなければ失敗してしまう」と不安を感じることもあるでしょう。しかし、選んだ会社で一生働けるという保証はどこにもありません。時代とともに環境は変化します。突然別事業所へ異動になったり、会社の経営状況が変わって倒産したりすることもあるでしょう。そんなときに「どの会社でも通用するスキル」があれば、万が一別の会社へ転職することになったとしても採用試験の際に有利です。また、将来起業や独立、フリーランスとして働くといった選択も視野に入れられます。

 

「働きたい職場」を探す

仕事内容ではなく、職場環境に着目するという考え方もあります。
「意見交換が活発」「新人にも大きな仕事を任せてもらえるチャンスがある」「人材育成の支援が充実している」「和気あいあいとしたアットホームな雰囲気」など、あなたにとって快適な職場とは何かを考えてみましょう。社風や職場環境は、仕事のモチベーションに大きく関わります。

 

1人での仕事探しに限界を感じたときの解決策

仕事探しに行き詰まったら、誰かに相談してみましょう。1人では気づかなかった強みや価値観が見えてきて、自分がしたい仕事が見えてくることがあります。

 

周囲に相談する

1人で自分自身の分析をしていると、長所や短所が主観的になりがちです。「自分はこうなりたい」という願望や、「自分はこうに違いない」という思い込みから、職業選択の選択肢を狭めてしまっている可能性もあります。
そこでおすすめなのが、他己分析です。家族や友人など、自分をよく知る周囲の人々に分析をしてもらうことで、あなたの知らない特性を客観的な視点から発見してもらえることがあります。

 

就職・転職イベントに参加する

既卒や第二新卒、フリーターなどの若年層を対象とした就職・転職イベントに参加するのも1つの方法です。さまざまな企業が参加するイベントに参加すれば、1社ずつ企業情報を調べるよりはるかに効率よく情報が得られます。社員の方と直接会話ができるので、実際の仕事内容やリアルな職場の雰囲気を聞けるのもメリットです。さらに、今まで意識していなかった仕事と出会える可能性もあります。合同企業説明会や転職フェアなど、気になるイベントがあれば積極的に参加してみましょう。

 

Webの適職診断サービスを活用する

最近では、無料で手軽に適職診断ができるWebサイトも増えています。
適職診断サービスのメリットは、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの性格や強み、能力を活かせる職業などが総合的かつ客観的にわかるところ。自分にはない視点から仕事探しができるので、自分の新たな可能性を知るのにも役立ちます。

 

ただし、診断結果にこだわりすぎてしまうと、かえって選択の幅を狭めかねません。あくまで適職探しの材料の1つとして有効活用してみましょう。

 

就職・転職エージェントに相談する

それでも仕事探しがうまく進まないなら、就職・転職活動のプロフェッショナルに相談するという方法もあります。
「何から始めれば良いかわからない」「自己分析のやり方がわからない」など、仕事探しで困っている方は、ハタラクティブの無料カウンセリングがおすすめです。ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒に特化した正社員就職支援サービス。経験豊富なアドバイザーが、マンツーマン体制であなたの適性を見極め、ピッタリの仕事をご紹介します。書類添削や面談対策といった就活全般のサポート、内定後のフォローも受けられるので、安心して就活が進められるのもポイントです。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    やりたい仕事がない人におすすめ!自分に合う転職先が見つかる7つのヒント

  • image

    仕事で何がしたいか分からない!やりたいことの探し方を解説

  • image

    やりたい仕事がない新卒者も就職できる!自己分析をして内定をもらおう

  • image

    できる仕事がないと感じる原因とは?対処法とおすすめの仕事

  • image

    転職したいけど次にやりたい仕事が分からない!希望を明確にするには?

  • image

    転職したいけどやりたいことがない?自分に合った仕事の見つけ方

  • image

    自分に合った仕事の見つけ方って?企業探しのヒントをご紹介

  • image

    自分に向いてる仕事の探し方!転職先はどう選ぶ?診断方法は?

  • image

    やりたい仕事は本当に適職?適性について考えよう

  • image

    やりたい仕事がない?理想の仕事の見つけ方とは

  • image

    やりたい仕事が見つからない!適職診断ツールの活用が就職成功への近道

  • image

    どんな仕事をしたいか面接で聞かれたら?回答の仕方とポイント

  • image

    自分のやりたいことは就職してからわかる!

  • image

    何がしたいのかわからないままの転職は危険!適職の見つけ方

  • image

    自分に合った仕事の見つけ方!適職が分からないときの対処法

  • image

    自分の適性に合った仕事の探し方

  • image

    仕事におけるやりがいとは?自分の価値観を見つけよう

  • image

    自己分析が大事!「やりたいこと探し」の方法とは

  • image

    転職したいけどやりたいことがない!対処法や仕事探しのポイントを解説

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる