例文あり!自己PRの見つけ方と効果的なアピール方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 例文あり!自己PRの見つけ方と効果的なアピール方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・企業は自己PRで会社にプラスになる人材であるかを判断している
    ・自己PRのエピソードがない時は日常の生活や自分の人生を振り返ってみる
    ・自己PRの例文はあくまでも「例」なのでそのまま使用しない

履歴書やエントリーシートだけでなく、面接の場でも質問されることが多い自己PR。
自己PRに何を書けばいいか、どう答えればいいかわからないと悩んでいる方もいるでしょう。
そもそもなぜ、自己PRが必要なのでしょうか。

こちらのコラムでは、自己PRの意図やそれを踏まえた上での書き方についてまとめています。
いくつか例文もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

◆「自己PR」を問う理由とは?

自己PRと聞いて、自分の長所や持っているスキルなどをアピールしたいと考える人が多いでしょう。
実際にサークル活動やアルバイトのほか、ボランティアや留学などの経験についてまとめるパターンが多いようです。
履歴書やエントリーシート、職務経歴書のほか、面接でも詳しく聞かれることが多い自己PR。
そもそも、一体この自己PRという質問にはどのような意図があるのでしょうか。
実際に企業は自己PRからどんなことをチェックしているのか、以下にまとめてみました。

・業務に役立つスキルや資格を持っているか
・実際の業務に向いているか
・入社後どのように活躍してくれるか
・企業にとってプラスになる人物か

このように企業側からしてみれば、自己PRは応募者が求めている人物像とマッチしているかどうかを判断する材料の1つです。
自己PRが学歴や経歴よりも強力なアピールポイントになるケースもあります。
職種や業種によっても、企業の求める人物像はそれぞれ違うもの。
企業の理念や社風、仕事内容などを確認した上で、自分の長所やスキルをどのようにアピールすれば良いか考えてみると、より効果的な自己PRを作成することができるでしょう。

自己PRと同じく、志望動機の書き方について困っているという人がいるかもしれません。
それぞれを一度作成してみて、同じような内容になってしまったという人もいるのではないでしょうか。
似たりよったりの内容になってしまう時には、一度自己PRと志望動機それぞれの意図を再確認してみると、うまく書き分けることができます。

・自己PR

能力や人間性を含めて、企業に自分をアピールする欄。
自分の長所やスキルなどを通して、自分ができることや会社に貢献できることを伝えましょう。

・志望動機

なぜその企業で働きたいのか、何を目的としているのかなど、志望の理由について語る欄。
自分がやりたいことや目標が企業とマッチしているか伝えましょう。

上記を意識して書き分けることで、それぞれ異なる視点から自分をアピールできます。
今一度、自己PRと志望動機について見直してみましょう。

◆職務経歴書にも自己PRを書くべき?

履歴書と職務経歴書の自己PR欄の両方に、同じことを書いて良いのかと疑問に思う人もいるかもしれません。
履歴書はフォーマットが決まっており、記入できるスペースが小さいため字数に制限があります。
一方、職務経歴書の形式は自由なので、自分のアピールしたいポイントに重点を置いて広くスペースを用意することが可能です。
そのため、履歴書にはスペースに収まるよう要約した内容を書き、職務経歴書にはより詳しい内容を書くのが一般的。
また、職務経歴書では業務関連するスキルなど特にアピールしたい部分を追加して書いていくのが良いでしょう。

上の項目でもご説明した通り、自己PRは自分が会社にとってプラスになる人間であるかをアピールできる大事な項目。
履歴書の種類によっては自己PR欄がない場合もあるため、職務経歴書の自己PRは特に力を入れたいポイントと言えます。
履歴書と職務経歴書の両方に自己PRを記載する場合は、それぞれのアピールに矛盾が生じないように注意しましょう。

 

◆自己PRのエピソードがないときは

自己PRでとりあげるエピソートが思いつかないことで悩んでいる人もいるかもしれません。
しかし、大事なのはエピソードの内容ではなく、そこから何をアピールするか。
「ボランティア活動をした」「留学経験がある」など大きなエピソードでなくても、日常のできごとからアピールすることもできます。
もしもエピソードが思いつかないときには、日常を振り返って自分の強みになる部分を探してみるのが良いでしょう。

・アルバイトや習い事などからアピールする

企業としては採用した人にできるだけ長く働いてもらいたいと考えるのが一般的。
何かを継続していることは、飽きずに続ける力があるという長所に繋がります。
スポーツや習い事、バイトなど毎日の生活で続けている些細なことについてまとめてみるのも良いでしょう。
複数のアルバイト経験や登録制のアルバイトなどは、「柔軟性がある」「どんな仕事にでもやりがいを持つことができる」といったアピールに繋げられます。

・成功談ではなく失敗談についてまとめる

自己PRでは、自分を良く見せるために成功談でないといけないと思いこんでしまう場合があります。
しかし、ときには失敗談の方が有力なアピールポイントとなることも。
失敗から立ち上がる強さや困難に立ち向かう姿勢が、企業の求める人物像にマッチする可能性があるからです。
失敗談から学んだことやそれから気をつけていること、努力していることについて触れてみるのも良いかもしれません。

・短所を長所に置き換えてアピールする

自分の長所や強みが思い浮かばなくとも、短所は思いつくという人がいるかもしれません。
しかし、短所は見方や考え方によって長所になることがあります。

(例)
神経質な人→些細なことに気がつく
計画性がない→行動力がある
飽き性→気持ちの切り替えが早い など

このように自分では短所と思っていることが、意外とアピールできるポイントになるかもしれません。
短所から長所を見つけ、長所を裏づける具体的なエピソードがないか振り返ってみましょう。

・人の意見を聞いてみる

それでも思いつかないという時には、人に聞いてみるというのも1つの手段。
友達や家族など親しい人に自己分析を手伝ってもらうことで、自分では思いもしなかった長所が見つかるかもしれません。

◆履歴書の自己PR例文

自分をよく見せようという一心からどうしても長文になってしまいがちな自己PR文。
履歴書の場合は読みやすさを考えて、150~300文字ほどにまとめるのが良いようです。

以下にいくつか例を紹介しますので、参考にしてみてください。

(例1)努力家であることをアピールしたい場合
私の長所は「努力家」であるところです。小学生からミニバスケットボールのクラブチームに所属していましたが、チームの中ではあまり強い選手ではありませんでした。しかし、チームの練習以外にも自主練に取り組んだことで、中学校ではキャプテンになり、高校受験の時にはスポーツ推薦を獲得することができました。また、今でも自宅でのトレーニングを続けているため、体力にも自信があります。

(例2)問題解決能力をアピールしたい場合
私は高校時代、生徒会長として生徒と先生の間に立って、それぞれの意見を取り入れることに注力しました。おかげで当時問題になっていた学力の低下や服装の乱れといった問題を解決できました。生徒会を通して、話し合いをすることや人の意見を聞き入れることや人の上に立つことの大切さを学びました。この経験を貴社でも活かしていきたいと考えています。

(例3)リーダーシップをアピールしたい場合
学生時代はバレー部で部長を務め、目標を達成するためにチーム全体を見回し、些細な問題にも目を向けながら、自分にできることを常に意識して行動してきました。何か問題が起きた時にはまずしっかりと話を聞くこと、そして自分の気持ちをしっかり伝え、一つひとつ解決することで、チームの絆を築けたと感じています。リーダーという立場に立つとき以外にも、自分にできることを常に意識していきたいと思っています。

 

◆職務経歴書の自己PR例文

職務経歴書の場合はスペースに制限がないため、履歴書よりも詳細に書くことができます。
しかし面接官は多くの履歴書や職務経歴書に目を通すため、あまりにも長過ぎると読むのが面倒と思われてしまうことも。
職務経歴書の場合は、短すぎず長すぎないよう心がけ、200~400文字ほどにまとめるのが一般的なようです。
企業側から文字数やフォーマットなどの指定があった場合には、それに従うようにしましょう。

職務経歴書用の自己PRの例をまとめていますので、参考にしてください。

(例1)努力家であることをアピールしたい場合
小学生から続けているバスケットボールからたくさんのことを得ました。1つは才能がなくとも、努力次第でなりたい自分になれるということです。私は身長が低いこともあり、強い選手ではありませんでした。自分には向いてないと悩み、辞めてしまおうと考えた時もありましたが、負けず嫌いな性格の私はひたすら自主練に励みました。そのおかげが中学生になる頃には、キャプテンに任命され、高校受験はスポーツ推薦を受けることができました。今でも休日にはミニバスチームのコーチの手伝いをし、大好きなバスケットボールに関わることができています。この経験を経て、私は努力は裏切らないと実感しました。またキャプテンやミニバスチームのコーチという立場に立ち、人間関係の大切さを学びました。バスケットボールを通して学んだ努力する姿勢や人とのかかわり方を、今後は貴社で活かして行きたいと考えています。

(例2)問題解決能力をアピールしたい場合
私は高校時代、生徒会に所属し生徒会長も経験しました。学校内では生徒の服装や頭髪の乱れと学力の低下が問題になっていたので、全校生徒と先生方にアンケートを実施し、双方の意見を知ることができました。また「授業がわかりにくい」「黒板が見づらい」などの意見を先生方に伝えることで、生徒と先生方の信頼関係が深まると同時に、生徒の学力向上や校則の緩和という結果を残せました。この経験で私は「対話」の大切さや人の上に立つことの大変さを身をもって実感しました。どんな問題にも立ち向かい、根本から解決していこうという気持ちと、人の意見を聞き入れる力が私の強みだと思っています。

(例3)リーダーシップをアピールしたい場合
学生時代バレー部の部長を経験して気付いたのは、リーダーは1人で頑張るものではないということです。部員全員で目標を達成するためには、1人だけ頑張っても意味がありません。私はチーム全体を見回し、些細なことにも目を向けながら、自分にできることを意識して行動していました。問題が起きた時にはチーム全体で対話をし、リーダーだけでなく全員が自分にできることを意識し、チームの絆をより強くできたと感じました。この経験を活かして、人の上に立つときでも、サポートする側に回ったときでも自分にできることを常に意識していきたいと思っています。

 

◆自己PRの例文を参考にするときは

上の項目では、自己PRの例文をいくつかご紹介しましたが、例文はあくまでも1つの例です。
例文をそのまま使用したり、自分にあてはめたりした時に、違和感や矛盾のある文章になってしまうことがあります。
また、Webサイト上に掲載されている例文は誰でも閲覧できるため、他の就活生が同じ例文を使用する可能性も。
面接官は多くの人の自己PRに目を通すため、例文を使っていることがバレたり、ありきたりな文章だと思われたりすることがあります。
マイナスな評価に繋がるため、例文をそのまま使用するのはやめましょう。
先にもお伝えした通り、企業が自己PRを質問するのには理由があります。
自己PRを質問する意図を理解した上で、自分の経験に基づいた文を1から考えるのが良いでしょう。

履歴書の書き方に困ったときは、就活アドバイザーに相談してみるのも1つの手段です。
就職支援サポートを行うハタラクティブでは、お仕事のご紹介だけでなく書類作成のお手伝いも実施。
就活カウンセリングであなたのお話をじっくり聞いた上で、自己PRの書き方を指導いたします。
自己PRの内容が思いつかない場合でも、自己分析の見直しを一緒に行いますのでご安心ください。
あなた自身では思いつかなった思わぬアピールポイントを発見できるかもしれません。
カウンセリングのほか、電話やメール、チャットツールを使った相談も可能。
サービスの利用に料金が発生することはないので、お気軽にご相談ください!

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ