自己PRの見つけ方は?効果的なアピール方法もご紹介

自己PRの見つけ方は?効果的なアピール方法もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 自己PRは、で会社にプラスになる人材であるかを判断する材料
  • 自己PRの見つけ方は、自己分析をすること
  • 他己分析や企業が求める人物像をチェックするのも自己PRの見つけ方の1つ
  • 自己PRの見つけ方としては、失敗談や短所を振り返ることも有効

自己PRの見つけ方が分からないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。自己PRは履歴書や職務経歴書、採用面接でよく聞かれる内容なので、悩みがある人も少なくありません。このコラムでは、自己PRの見つけ方や採用担当者に好印象を与えるアピールの仕方を例文を交えて解説します。自己PRの見つけ方が分からない人は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

自己PRの見つけ方

自己PRの見つけ方が分からないと悩む方は多くいますが、難しく考える必要はありません。自己PRで大事なのはエピソードよりもアピールできるあなたの性格や能力です。「ボランティア活動をした」「留学経験がある」といった大きなエピソードでなくても、日常のできごとからアピールポイントを探していきましょう。

企業が自己PRを聞く意図を理解する

自己PRの見つけ方が分からないという方は、そもそも自己PRがなぜ問われるのかを考えてみましょう。企業が自己PRを問う理由として、下記のようなものが考えられます。

・業務に役立つスキルや資格を持っているか
・実際の業務に向いているか
・入社後どのように活躍してくれるか
・企業にとってプラスになる人物か
・価値観や人間性が自社にマッチするか
・分析力があるか
・アピール力やプレゼン能力があるか
・長く活躍できる人か

学歴や職歴だけでは分からないポイントをチェックするために、企業は自己PRを聞きたいと考えているのです。業界や業種、企業、職種によっても、求める人物像は異なります。自己PRを通して、「企業とマッチしている」「採用するメリットがある」と感じさせるような自己PRを見つけましょう。
自己PRについてより詳しく知りたい方は、「自己PRとは?定義を知って効果的な書き方を覚えよう!面接の例文も紹介」のコラムも一読ください。

自己PRと志望動機は別物
履歴書を書いていて、「自己PRと志望動機が同じような内容になってしまった」という人もいるでしょう。両者は似ていますが、全く別物です。自己PRでは、自分の能力や人間性、長所などを企業にアピールします。一方、志望動機とはその企業に就職したいと思った理由や目的です。両者の違いを正しく認識し、内容を書き分けられるようにしましょう。志望動機については、「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」のコラムも参考にしてください。

 

自己分析をして自分の強みや長所を考える

自己PRの具体的な見つけ方として効果的なのが、自己分析です。自己分析とは、自分の長所と短所、得意なことや不得意なこと、価値観などを明らかにする作業を指します。決まったやり方はありませんが、下記のようなやり方をする人が多いようです。

・好きなことと嫌いなこと、得意なことと苦手なことなどを列挙する
・自分の過去のできごとを洗い出す
・印象的なエピソードを深堀りする
・複数の経験に共通する点をまとめる

自己分析のやり方については、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムも一読ください。

アルバイトや習いごとなどからアピールする

アルバイトや習いごとの経験を振り返るのも、自己PRの見つけ方として有効な方法です。
企業が自己PRを聞く意図を理解する」でも紹介したとおり、企業としてはできるだけ長く働いてくれる人材を採用したいと考えるのが一般的。何かを継続してきた経験は、飽きずに続ける力があるという長所のアピールになります。スポーツや習いごと、アルバイトなど毎日の生活で続けていることについてまとめてみるのも良いでしょう。

失敗談をまとめる

自己PRの見つけ方としては、過去の失敗談をまとめるのも良いでしょう。
自己PRでは自分を良く見せるため、成功談に目を向けてしまいがちです。しかし、ときには失敗談の方が有力なアピールポイントとなることもあるので、失敗談もまとめてみてください。
失敗から立ち上がる強さや困難に立ち向かう姿勢が、企業の求める人物像にマッチすることもあります。失敗談から学んだことや、それから気をつけていること、努力していることについて触れてみるのも好印象な自己PRになるでしょう。

短所を長所に置き換えてアピールする

自分の短所を探して長所に言い換えることも、自己PRの見つけ方の1つです。
自分の長所や強みが思い浮かばなくとも、短所なら思いつくという人は多いのではないでしょうか。短所は見方や考え方によって長所に言い換えることができるものです。長所を挙げるのが難しければ、短所から攻めるのも良いでしょう。

(例)
神経質な人→些細なことに気がつく
計画性がない→行動力がある
飽き性→気持ちの切り替えが早い

このように、自分では短所と思っていることが意外とアピールポイントになることもあります。短所から長所を見つけたら、長所を裏づける具体的なエピソードがないか振り返ってみましょう。

周りの人に自分のアピールポイントを聞いてみる

自分で自己PRを見つけるのに限界を感じたら、周囲の人の意見を求めるのも有効な手段です。この見つけ方は、自己分析に対して「他己分析」と呼ばれることもあります。
他己分析では、友達や家族など第三者にあなたについて質問してみましょう。親しい人の客観的な意見をもらうことで、自分では思いもしなかった長所が見つかることもあります。
自己分析と併用したい!他己分析のススメ」のコラムも参考に、他己分析を取り入れてみましょう。

企業が求める人物像から考えてみる

就活での自己PRの見つけ方としては、「企業が求める人物像」から自己PRを考えてみるのも効果的です。就活の自己PRは、企業にとってどれだけ必要で価値のある人材なのかをアピールする機会となります。どれだけ素晴らしい経歴やスキルを披露しても、企業の求める人材像とマッチしなければ採用にはいたりません。繰り返しになりますが、就活の自己PRで大切なのは企業の求めている人物像と自己PRの内容をマッチさせることです。企業の求める人物像と自分が重なる部分を中心にアピールしてみましょう。

自己PR作成の注意点

上記で紹介した自己PRの見つけ方は、あくまでアピール材料を探したまでです。履歴書に書いたり面接で話したりするときは、採用担当者の印象に残るようにアピールしてください。

分かりやすい構成にする

自己PRを書いたり話したりする際は、あなたのことをよく知らない採用担当者が読んだり聞いたりしても、すぐにイメージが湧くような文章にする必要があります。下記のような構成にすると、初見でも主張したいことが伝わりやすくなるでしょう。

1.自分のPRポイント
2.根拠となる具体的なエピソード
3.エピソードから得たこと
4.自分のPRポイントを入社後どう活かすか

自己PRでは、まず最初にあなたのPRポイントが何なのかを明確にすることがポイントです。続いて、その根拠となる過去の経験談を述べます。自己分析をしておくと、ここで使えるエピソードを見つけやすいでしょう。そのエピソードから学んだこと・得たことは、最初に主張したPRポイントと合わせます。最後に、PRポイントが入社後どのように活かせるのかを述べると、入社意欲や会社との相性の良さをアピールできるでしょう。

例文は参考程度に捉える

Webサイトや就活ノウハウ本には、多くの自己PR例文が掲載されているでしょう。このコラムでも自己PRの例文を紹介しています。しかし、例文はあくまで例であり、真似しても意味がありません。例文を流用すると、違和感や矛盾を生む原因になることもあります。
面接官は多くの人の自己PRに目を通すため、例文やありきたりな文章を使っていることはバレてしまうでしょう。マイナスな評価に繋がるため、例文をそのまま使用するのは避けてください。

履歴書の自己PR例文

自分を良く見せようという一心から、自己PRがつい長くなってしまう人も多いでしょう。履歴書に書く場合は、150〜300文字ほどにまとめると読みやすくなります。スペースに制限のない職務経歴書に記入するときでも、200〜400文字程度にとどめましょう。長過ぎると、読むのが面倒になります。ただし、企業側から文字数やフォーマットなどの指定があった場合には、それに従うようにしましょう。
また、面接で話す場合は1分程度が理想的です。人が1分間に話せる文字数は300字程度といわれているので、面接用に300字前後に話題をまとめておくと良いでしょう。 以下にいくつか例を紹介しますので、参考にしてみてください。

(例1)努力家であることをアピールしたい場合

私の長所は努力家なことです。小学生からミニバスケットボールのクラブチームに所属していますが、強い選手ではありませんでした。しかし、チームの練習以外にも自主練に取り組み、中学校ではキャプテンになり、高校はスポーツ推薦で進学を決めました。長期的に努力する姿勢は、研究職として活かせる長所だと思います。(148文字)

(例2)問題解決能力をアピールしたい場合

私は高校時代に生徒会長を経験しました。学校のために何をすれば良いか決めるため、全校生徒と先生方にアンケートを実施したこともあります。その結果、生徒の学力低下という問題が浮き彫りになりました。そこで、生徒から出た「授業が分かりにくい」「黒板が見づらい」といった意見を先生方に伝え、問題解決を図りました。結果、授業中に寝たりさぼったりする生徒が減少し、先生方からも「生徒会のおかげで生徒が授業に興味を持った」と評価していただきました。この経験で私は課題を発見して解決する能力を身につけられたと感じています。貴社の販売職として、お客さまの要望や不満を汲み取り、サービス改善や商品開発に貢献していきたいです。(300文字)

(例3)リーダーシップをアピールしたい場合

私の長所は、リーダーシップがあることです。大学時代バレー部の部長を経験し、リーダーは1人で頑張るものではないということに気づきました。部員全員で目標を達成するためには、1人だけ頑張っても意味がありません。
優勝を目標にしていた大会が中止となり、部は活気がなくなってしまいました。そこで、部員を集めて今後の目標を考える場を設けることにしました。話し合いの結果、「自分たちが勝つことより、バレーボールの面白さを広めたい」という意見が多く、大学近くの小学校でバレーボール教室のボランティアを行うことになりました。自分では考えもしなかったアイデアでしたが、話し合いの場を設けたことで部のみんなの意見をすり合わせ、再び同じ方向を向けるようになったと思います。 この経験から、チームの方向を定めることがリーダーの役目であると認識しました。貴社に入社したら、個人ではなくチームで業務を行う体制づくりに貢献していきます。(400文字)

「自己PRで何を伝えれば良いか分からない」「面接でうまく話せない」という方は、就活アドバイザーに相談するのも手です。
就職支援サポートを行うハタラクティブでは、お仕事のご紹介だけでなく書類作成のお手伝いや面接練習も実施しています。
就活カウンセリングであなたのお話をじっくり聞いたうえで、自己PRの書き方を指導いたします。自己PRの内容が思いつかない場合でも、自己分析の見直しを一緒に行いますのでご安心ください。自分一人では思いつかなかった思わぬアピールポイントを発見できることも。サービスの利用に料金が発生することはないので、就活にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

関連タグ