長所が見つからない…見つけ方を知って自分のアピールポイントを理解しよう

長所が見つからない…見つけ方を知って自分のアピールポイントを理解しようの画像

この記事のまとめ

  • 長所が見つからないのは自己理解が不十分だから
  • 自分が当たり前に行っていることが長所になることもある
  • 長所が見つからないときは企業の質問意図を考えてみよう
  • 長所が見つからないときは家族や友人、エージェントに相談するのもおすすめ

就活の面接で必ずと言っていいほど問われる長所。「自分には長所がない」「これを長所とアピールして良いのか」と悩んでいる人は、少なくないようです。長所が見つからないと悩んでいるなら、企業がなぜ長所を聞くか考えてみましょう。コラムでは、企業の質問意図や長所を見つける方法をまとめました。選考対策にご活用ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

長所が見つからない要因

自分の長所が見つからないと悩む方の多くは、「自分に厳しい」「自己肯定感が低い」「褒められる経験が少ない」といった特徴があるようです。周囲から褒められた経験が少ないと、自己肯定感が高まらずに「自分には長所がない」と考える要因になるでしょう。

1.自分に厳しい

自分の長所が見つからない理由として1つ目に挙げられるのが、自分に厳しすぎる点です。誰かに褒められたとしても素直に受け止められず、謙遜してしまう人は多いもの。向上心が強いのは良いことですが、ときには周囲の意見を素直に受け入れてみましょう。

2.自己肯定感が低い

自分の長所が見つからない理由として2つ目に挙げられるのが、自己肯定感が低いこと。自分のことを認められず、また褒めることができないために、長所が見えにくくなっている可能性もあります。仕事やプライベートなどの時間に自分が少しでも「努力した」「頑張った」と思うことがあれば、どんどん自分を認め、努力を称えて自己肯定感を高めるべきです。

3.褒められた経験が少ない

褒められた経験がなく「得意」がわからないのも、長所が見つからない要因といえるでしょう。自分では長所だと思っていても、周囲からも褒められないと「長所」として自信を持って示すのを躊躇してしまうことも。また、褒められる経験が少ないと自己肯定感の低さにもつながってしまいます。

未経験OK多数!求人を見てみる

自分の長所の見つけ方

自分の長所を見つけるには、下記の方法がおすすめです。

1.自分の「当たり前」を考える
2.身近な人に聞く
3.これまでの経験から考える
4.短所から考える
5.診断ツールを使う
6.プロに相談する

それぞれ詳細を解説するので、自分に合った見つけ方を探してみましょう。

1.自分の「当たり前」から考える

まず、苦労せずに「当たり前」にできていることを探してみます。難なくこなせることの中に、自分の「長所」が埋もれている可能性があります。
当たり前にこなしているからこそ、自分では気付きづらいもの。「誰とでも仲良くなれる」「状況を把握して適切に対応できる」「毎日決まった時間に起きれる」など、日常的なことから考えてみましょう。

2.長所を身近な人に聞いてみる

長所が見つからないときは、親しい人に聞いてみるのもおすすめ。特に「これが長所といっていいのか自信がない…」と思っているのなら効果的です。
第三者は、自分とはまた違う視点で良い部分を見つけてくれるはず。自分では自信が持てないことでも、自分以外の人の後押しがあれば客観的な意見として、自信を持ってアピールできるはずです。

3.経験を洗い出してみる

経験から自分の長所を導き出すのも良いでしょう。
学生時代の取り組みなど、過去を振り返り自分の行動を分析し、行動の動機や問題が起きた時の対処の仕方から、長所といえる部分がないか探してみましょう。
印象に残ったエピソードをいくつかピックアップし、具体的な取り組みを思い出し書き出します。
例えば、「思い立ったらすぐ行動に移す」「課題に粘り強く取り組める」なども、立派な長所です。
いくつか自分の長所が発見できたら、その中から入社後に強みになりそうな長所を選ぶと良いでしょう。

経験の洗い出しに「自分史」を活用しよう

「自分史」とは、自分のこれまでの人生を時系列にまとめたもの。「学校」「部活」「趣味」などカテゴリーごとにまとめる方法もあります。各項目に対して得意だったことや努力したこと、失敗などを書き出すと、自分がどんなときに何を感じていたかを把握しやすくなるでしょう。「自己分析とは?就活や転職でどう使う?基本的なやり方をご紹介」のコラムも参考にしてください。

4.短所から長所を探す

短所と長所は紙一重。自分で短所だと思っている部分を言い換えると長所になることも十分にありえます。
例を参考に、短所から長所を見つけてみましょう。

短所の例長所に言い換えた例
飽き性好奇心旺盛、切り替えが早い
自分の主張がない協調性がある、傾聴力が強い
感受性が強く傷つきやすい相手の気持ちがわかる、寄り添える
頑固周囲に流されない、強い意志を持っている

人は、つい自分の性格で気になる部分を悪い方に考え、自己嫌悪に陥ってしまうもの。実際は、その部分は欠点ではなく、あなたの長所になりうるのです。「就活の長所・短所の書き方!ない場合の答え方や具体例を一覧でご紹介」のコラムでも、長所と短所の言い換え例をまとめているので、参考にしてください。

5.診断ツールの活用

インターネットで検索すると、自己分析や自分の長所・短所を確認できる診断ツールが出てきます。あくまでもツールなので結果を鵜呑みにするのは危険ですが、参考として活用してみても良いでしょう。

6.ハローワークやエージェントの活用

長所が見つけられず困っているときは、ハローワークやエージェントを活用するのも方法の一つです。ハローワークやエージェントでは職員・スタッフが就職について相談に乗ってくれるため、長所の見つけ方についてアドバイスをもらえることも。特にエージェントは専任スタッフによるカウンセリングを行っているため、より詳細な長所・短所を客観的に教えてくれるはずです。

どうしても長所が見つからないときは

どうしても長所が見つからないときは、選考までの間に長所を新しく作るのも1つの方法です。長所は過去の経験から必ず見つける、という決まりはありません。ただし、長所とは自分の人柄や性格をもとに考えるのが基本のため、新しい経験を通して長所を見つけ出す、というイメージで行いましょう。

長所が見つからないときは企業が質問する意図を考える

長所が見つからない、どんな内容をアピールしていいか分からない、というときは、企業が長所を聞く理由を考えましょう。企業は長所の回答から、自己理解の程度や社風やビジョンとのマッチ度を確認しています。

自己理解の程度を確認している

長所を把握できている=自己理解が十分にできている、と捉える事ができます。選考では自己分析が非常に重要。自己分析で自己理解ができていないと、自分に合った企業を選べません。また、十分な自己理解で自分の得意や不得意を把握していれば、「得意をどうやって伸ばしていくか」「苦手をどうやって克服するか」なども分かっていると判断されます。自己理解ができている=自分の苦手も理解して受け入れ、改善に努めている、と評価されるでしょう。

人柄や思考が合っているか確認している

長所から、自社に合う人材かどうかを確認するのも目的の1つです。たとえば、古くからの慣例や習慣を大切にする企業に対して「新しいことをどんどん取り入れる」「効率を重視する」という長所の人が応募してきても、マッチするとはいえないでしょう。企業風土やビジョンと合っていないと、採用しても早期離職のリスクが高まります

物事を客観視できるか確認している

自分の長所や短所を把握できていることで、物事を客観視するスキルがあると捉える企業も。謙遜して「長所はありません」と回答したり、良く見せようと「短所はありません」と回答してしまうと、社会人にとって重要な「客観視」のスキルがないと判断されてしまいます。

長所が見つからないときはプロに相談しよう

どうしても自分の長所が見つからないときは、プロに相談するのがおすすめ。前述したようにエージェントを活用すれば、十分なヒアリングのうえで客観的に長所を教えてくれるでしょう。そのほか、エージェントを活用するメリットをまとめました。

自己分析をサポートしてくれる

エージェントを利用すると、自己分析を手厚くサポートしてくれます。プロの目線から分析してくれるので、自分では気付かなかった長所や短所、得意とすることや向いている仕事も見つかるでしょう。

適性に合った求人を紹介してくれる

エージェントは選考対策だけでなく、求人の紹介も行っています。
民間企業ならではのネットワークで集めた多くの求人から、希望や適性に合ったものをピックアップ。企業についての理解も十分なため、社内の雰囲気や実際の業務内容なども細かく質問できます。

きめ細やかなサポートをしてくれる

エージェントの多くは専任担当者制を採用しているため、手厚いサポートを受けられます。
自己分析や企業研究のお手伝いはもちろん、作成した書類が企業向けになっているか、応募先企業にはどんなアピールが有効かなど、内定に向けて効果的なサポートが特徴。書類提出期限や面接日程の調整などはエージェントの担当者が代行してくれるので、利用者は選考内容に集中できるでしょう。

どのエージェントを利用するか悩んでいるなら、若年層向けのハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは、未経験や経歴を問わない若年層・フリーター向けの求人を多く扱っています。社会人経験が浅くて自分の長所や得意がよく分からない、前職がなんとなく合わないなど、どんなことでもご相談ください!

長所が見つからない人のためのお悩みQ&A

ここでは、自分の長所が見つからない人が抱きがちな質問をまとめました。

面接ではなぜ長所を聞かれるのでしょうか。

面接官が長所を聞くのには、応募者の性格が社風に合うかを確かめたいという意図があります。企業としては、できるだけ自社が求める人材像に近い応募者を選びたいもの。その基準となる要素の一つが、長所であるといえます。「面接で気になる長所と短所の答え方まとめ」にも長所が質問される理由が書かれているので、参考にしてみてください。

長所の見つけ方を詳しく知りたいです。

まずは、自己分析をしっかりと行いましょう。過去から現在までを振り返り、力をいれた事柄や成功した体験などを掘り起こすことが、長所発見につながります。そのうえで、あなたをよく知る友人や家族にも分析してもらい、客観的な意見を聞くのが効果的です。なかなか長所が思いつかない…という方は、『もう面接で悩まない!「自分の長所」の見つけ方』もご覧ください。

どうしても短所ばかりに目が行きます…。

自分を一番知っているのは自分自身であり、悪いところがよく分かるからこそ、短所に目が行きやすいのでしょう。しかし、短所に目が行く傾向は、「自己を謙虚に客観視できる性格」と言い換えられます。自分では欠点だと思うことも、視点を変えれば長所になり得ると覚えておきましょう。

面接で長所を効果的に伝えるには?

相手の印象に残りやすいよう、長所を1つに絞り、簡潔に伝えるのが効果的です。応募先企業が求める人材像と合致した長所になっていれば、なお望ましいといえます。また、長所が発揮された具体的なエピソードを盛り込むのも大切なポイントです。『アピールポイントを逃さない!「長所」の伝え方と例文』には伝え方とともに回答例も載っているので、ぜひチェックしてみてください。

アピールしない方が良い長所はありますか?

応募先企業の業務では活かせない長所や、仕事と無関係のスキルを伝えるのは避けた方が良いとされます。「長所と短所の伝え方を詳しく解説!面接で採用されるポイントを紹介!」のような記事も併せて読み、企業に対して的確にアピールできる長所を考えてみましょう。面接で長所を伝えることに自信がない方は、ハタラクティブを利用するのも手です。個々の強みをアピールする方法を伝授するので、お気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ