新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学中退就職TOP
  4. >
  5. 大学中退者の就職は厳しい?求人探しのコツやエージェントの活用方法を解説

大学中退者の就職は厳しい?求人探しのコツやエージェントの活用方法を解説

大学中退者の就職は厳しい?求人探しのコツやエージェントの活用方法を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・大学中退者の就職は一定の厳しさはあるが年齢が若ければ難しくはない
  • ・大学中退者は全学生の約2%で、就職や転学を理由とする人が多い
  • ・大学中退者が就職しやすいのは、「未経験歓迎」や「学歴不問」の求人
  • ・大学中退から就職するなら、営業職やITのエンジニアなどの職種がおすすめ
  • ・大学中退からの就職が不安ならハローワークやエージェントを活用しよう

大学中退の経歴が気になり、正社員就職を躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。多くの企業が採用で重視するのは年齢やポテンシャル。大学を中退していても、若さや入社意欲をしっかりアピールできれば就職は叶います。このコラムでは、大学中退者向けに、就活のポイントや就職しやすい求人の探し方についてまとめました。大学中退者におすすめの就職先もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

厳しい?不利?大学中退者の就職事情

厳しい?不利?大学中退者の就職事情の画像

大学中退者の就職は一定の厳しさはあるものの、年齢が若いうちはそれほど経歴が不利になることはありません。以下で大学中退者の就職事情を解説します。

高卒扱いとなり、大卒者に比べて厳しい面も

「大学中退者の就職は厳しい」といわれることもありますが、その理由には、大学中退者の最終学歴が「高卒」になり、中途採用枠で応募することが挙げられます。新卒一括採用の風土のある日本では、新卒枠に力を入れる企業が多いものの、中途採用に大量募集を掛けることは少ないのが現状です。高卒扱いになると、「大卒以上」や「新卒」といった条件付きの求人に応募しにくいうえ、応募してもなかなか採用に至らない可能性があります。

「大卒以上」に応募できないわけではない
応募条件に「大卒以上」と記載があるからといって、応募できないわけではありません。学歴の条件を満たしていなくても、応募してみたら就職できたということもあるので、一概に大学中退の就職が大卒者より不利になるとはいえないでしょう。

年齢が若い大学中退者の需要は高く、就職チャンスは多い

採用市場において、若い人材のニーズは高いため、大学中退者の就職チャンスはたくさんあります。若い人材は、物事を柔軟に捉えられるため教育しやすく、成長スピードも早い特徴があるため、年齢が若ければ学歴に関わらず歓迎したいと考える企業は多いでしょう。

経験や能力よりもポテンシャルを評価してもらえる

大学中退者の就職活動では、経験や能力よりも、熱意やその人の持つ可能性や将来性=ポテンシャルを評価してもらえます。志望企業への熱意や成長意欲、仕事への前向きな姿勢をアピールできれば、「採用したら活躍してくれそうだ」という印象を与えられるでしょう。

年齢を重ねるとポテンシャル採用の可能性は低くなる
20代後半、30代と年齢を重ねるにつれてポテンシャルよりも経験やスキルが重視されるように。大学中退者は、ポテンシャル採用の可能性の高い20代前半のうちに就職活動を始めるのがおすすめです。

就職のため?大学中退を選ぶ理由

就職のため?大学中退を選ぶ理由の画像

大学中退を選ぶ理由は、就職のため、経済的事情があるためなど、人によってさまざまです。実際のデータをもとに、大学中退者がどのような理由で大学を中退したのかを見ていきましょう。

そもそも大学中退者はどのくらいいる?

文部科学省の「経済的理由による学生等の中途退学の状況に関する実態把握・分析等及び学生等に対する経済的支援の在り方に関する調査研究(p1)」によると、2014年に大学を中途退学をした学生は、全学生数206万6387人(アンケートに回答した学生の数)のうち4万3528人でした。割合で表すと、全体の2.12%となります。

大学中退理由のトップは「就職」

 図6「中途退学の理由(全体)」の画像

引用:文部科学省 「経済的理由による学生等の中途退学の状況に関する実態把握・分析等及び学生等に対する経済的支援の在り方に関する調査研究(p24)

文部科学省の同データ(p24)によると、大学中退理由のトップは就職で全体の18.23%でした。続けて、転学17.65%、学業不振15.53%、経済的理由9.93%の3つが、比較的多い中退理由のようです。

コロナ禍の大学中退者は?

文部科学省の「事務連絡(p5)」によると、2020年度の4月~10月の大学中退者数は2万5008人でした。割合で表すと全体の0.84%となります。同省では、大学中退の理由とその割合も示しているので、以下で詳しくみていきましょう。

R2中退者数の内訳(大学)とR1中退者数の内訳(大学)の画像

引用:文部科学省 「事務連絡(p5)

大学中退理由のトップは「経済的困窮」
文部科学省の「事務連絡(p5)」によると、2020年における大学中退の理由は、経済的困窮が18.0%、学生生活不適応・修学意欲低下が17.3%、就職・起業等が14.1%、転学等が13.2%でした。

2019年度における大学中退の理由は、経済的困窮が17.3%、学生生活不適応・修学意欲低下が16.6%、就職・起業等が14.8%、転学等が12.9%となっています。2020年度と比べ、割合にほとんど変化が見られないことから、コロナ禍における大学中退を考えるきっかけは、「経済面」や「学習意識の変化」などが大きく関わっていると考えられるでしょう。

就職だけじゃない!大学中退者の5つの選択肢

大学を中退した後は、主に「正社員就職」「非正規社員」「進学」「公務員」「起業」といった進路が考えられるでしょう。下記で、それぞれ解説します。

1.正社員就職

大学中退者の進路の一つは、正社員就職です。先述したとおり、大学中退者が就職活動を行う場合、「高卒」として中途採用枠に応募します。「就職のため?大学中退を選ぶ理由」でも解説しましたが、就職を理由に大学を中退する人は一定数いるほか、経済的に厳しい、いち早く社会人になりたいといった事情があり、正社員就職を目指す人も少なくないでしょう。正社員就職することで、大学中退からでも安定した収入や社会的信用を得られるようになります。

2.フリーターなどの非正規社員

大学中退者のなかでも、「特にやりたいことがない」という人や、反対に「やりたいことがあり就職も進学もしない」という強い意思のある人の進路として考えられるのが、フリーターをはじめとする非正規で働く道です。非正規社員には、フリーターのほか、派遣社員や契約社員といった雇用形態があります。非正規社員になると、働く時間や日数を自由に選択しやすいメリットがある反面、長く働いても昇給や昇格が望めない、病気や怪我で働けないときは収入がゼロになるといったデメリットも。大学中退から非正規社員として働くなら、将来のこともよく検討したうえで応募しましょう。

3.進学

大学が合わなかった、学びたいことが変わったなどの理由で大学中退を選択した方は、ほかの大学や専門学校への進学を視野に入れてみるのも一つの方法でしょう。金銭的負担は掛かりますが、進学先の学校を卒業すれば「新卒」として就活を行えるメリットもあります。

4.公務員

大学中退後に、公務員を目指して就職活動することも可能です。公務員試験は「大卒程度」「高卒程度」とレベル別にはなっているものの、「大卒以上」というような学歴による受験資格は設けられていません。そのため大学中退者でも、試験に合格すれば公務員になれます。ただし、受験する試験に見合った学習レベルが必要になるため、対策には十分に時間を掛ける必要があるでしょう。

5.起業

大学中退した後に、就職ではなく自ら会社を立ち上げる人もいます。起業する場合、「中退したから起業する」よりも「起業したくて中退する」状況が多いようです。ただし、起業するのは簡単でも事業を進めるには資金や人脈、アイデアなどが必要。強い信念を持たずに起業するのは危険だといえます。

大学中退後の進路について不安な方は、大学中退に関する情報をまとめた記事「大学を辞めたあとの選択肢には何がある?後悔しないために考えること」を、参考にしてみてください。

就職後の賃金比較!大卒者と大学中退者の給料事情

大学中退者と大卒者では、就職後の給料に大きな差が出ることも。厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査 学歴別」では、男女別に大卒者と高卒者(大学中退者を含む)の賃金に関するデータがあるので、それをもとに解説します。

大卒者と大学中退者の就職後の賃金差【男性】

同データによると、2019年度における男性の高卒者(大学中退者含む)の平均賃金は29万2900円でした。その一方、大学・大学院卒業者の平均賃金は40万500円となっており、大卒者と大学中退者を含む高卒者の賃金差は10万円以上であることが分かります。

大卒者と大学中退者の就職後の賃金差【女性】

女性の場合、高卒者(大学中退者含む)の平均賃金は21万4600円、大学・大学院卒業者の平均賃金は29万6400円でした。男性に比べて賃金差は少ないものの、大卒者と大学中退者を含む高卒者では、8万円以上の差があることになります。

生涯年収では5000万円以上の差が出る計算に

生涯年収に換算すると、大学中退者を含む高卒者と大卒者で5000万円以上の差が出る計算になるといわれています。これから大学を中退しようという方は、大卒者と大学中退者では、就職後の給与に差が出る可能性が高いことを念頭に置きましょう。

「大学中退では就職しても満足な収入を得られないのでは…」と不安に感じた方は、大学中退者の年収についてまとめた記事「大学中退者の年収は低い?」をご覧ください。学歴別の月収や生涯年収をご紹介するとともに、高収入を得る方法も解説しています。

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概要 学歴別

大学中退者が就職活動を成功させる6つのヒント

大学中退者が就職活動を成功させる6つのヒントの画像

大学中退後の就職活動は、いくつかのポイントを意識すると成功にぐっと近づけます。
ここでは、大学を中退した方が就職活動を成功させるヒントを6つご紹介するので、しっかり押さえましょう。

1.大学中退理由は正直かつポジティブに伝える

正社員就職における面接では、「なぜ大学を中退したのか」と大学中退の理由を聞かれる場合があります。大学中退理由を質問されたときは、大学中退の理由を隠したり嘘をついたりせず、正直に伝えましょう。嘘をついたり口ごもったりしてしまうと、面接官にマイナスイメージを与える恐れがあり危険です。

大学中退理由を伝えるコツは?
大学中退の理由は必ずしも前向きな理由とは限りません。「大学へ通ううちに、学習意欲の方向性が変わった」のように伝えるだけでは、「就職しても飽きてしまうのでは」「成長意欲がないのでは」といったネガティブなイメージを与える恐れがあります。中退理由を前向きに伝えるには、「学習意欲の方向性が変化し中退しましたが、現在◯◯の資格取得に向けて勉強中です。今後は◯◯のスキルを活かして御社の◯◯事業に貢献したいです」というようにポジティブなイメージでまとめましょう。

2.ニート・フリーター期間はできるだけ短く

大学中退後にニートやフリーターをしている人は、その期間をできるだけ延ばさないことが大切です。大学中退後のニート・フリーター期間が長くなると、選考の際に「就職せず何をしていたのか」「将来をしっかり考えていないのでは」と、マイナスの印象を与える恐れがあります。先述のとおり、採用市場で「若い人材」は大きなニーズがあるので、1日でも早く就職活動を始めれば、選考を有利に進められるはずです。

3.中途採用の時期に合わせて就活を行う

大学中退者は、就職活動を始めるのに適した時期を知っておくと良いでしょう。繰り返しになりますが、大学を中退した場合に応募するのは、「新卒」ではなく「中途採用」です。その中途採用の募集が増える時期は、一般的に1~3月ごろといわれています。3月の決算時期を経て、年度初めの4月から戦力となる人材を求める企業が多いのが主な理由です。そのため、大学中退者は、1~3月に就職活動を始められるよう準備しておくと良いでしょう。

4.面接対策としてよくある質問を準備しておく

大学中退者に限らず、正社員就職における成功のカギは、「どれだけ面接対策を行ったか」という点です。初めての面接では、面接官を前にするだけでも緊張してしまうもの。まして、慣れない敬語やマナーを使うのは難しいことです。事前に、面接でよくある質問に対する回答練習をしておくと、本番でもある程度落ち着いて受け答えできるようになります。

面接でよくある質問って?
大学中退者の面接でよくあるのは、「大学中退した理由」や「志望動機」に関する質問などです。ほかに、面接で定番の質問は、「面接の質問でよくある?!NGの回答と逆質問の仕方」でまとめています。質問の意図やNG回答例も解説しているので、ぜひご覧ください。

5.履歴書でアピールできる資格の勉強を行う

大学中退者のなかで、具体的な志望職種、企業が決まっている方は、就職活動と並行して資格取得の勉強を行うのが効率的。資格があるからといって、必ず就職に有利になるわけではありませんが、志望企業の業務の関連資格であれば、大きなアピール材料になるでしょう。無理に資格を取得する必要はありませんが、余裕があれば資格を取得しておいて損はありません。

どんな資格を取ればいいの?
大学中退者におすすめの資格は、経理であれば簿記資格、金融系であればFPというように、自分の志望職種に合わせたものです。具体的には、「大学中退者の就職に役立つおすすめの資格をご紹介!」の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

6.どうせ就職できない…と弱気にならない

大学中退者のなかには、「最終学歴が高卒だから」と、就職に弱気になってしまう人も少なくありません。確かに、「大卒以上」といった求人募集もあり、大学中退者が応募できる求人は少なく感じることはあるでしょう。しかし、若さやポテンシャルが重視される20代のうちは、高卒から応募できる求人は非常に多いです。あきらめずにチャレンジすれば正社員就職は叶いますので、気持ちに余裕を持つようにしてください。

大学中退者向け!就職活動で役立つ求人探しのコツ

ここでは、大学中退者向けに、就職活動における求人探しのコツをご紹介します。
膨大な募集のなかから、自分に合った求人を探せるようになれば、就職チャンスも広がるでしょう。

1.未経験歓迎・学歴不問の求人に注目する

「未経験者歓迎」や「学歴不問」と記載のある求人は、特別な経験やスキルを必要としていないため、大学中退者を含む高卒者が応募しやすく採用されやすい傾向があります。企業によっては、採用後にスキルを身につけられる教育体制を整えていたり、資格取得支援制度を設けていたりする場合もあるので、就職後のスキルアップもスムーズでしょう。

2.ブラック企業に注意する

大学中退者は、労働環境が劣悪だったり離職率が高かったりするブラック企業に就職しないよう気をつける必要があります。ブラック企業に明確な定義はありませんが、長時間労働を課せられたり、パワハラが横行していたりするのが特徴です。求人募集を見て、「ほかの求人に比べて給与が異様に高い」「具体的な業務内容が書いていない」といった不自然な点がある場合は要注意。「もしかしてブラック企業かも?」と疑問に感じたときは、応募する前に、厚生労働省の「『ブラック企業』」ってどんな会社なの?」をチェックしてみてください。

3.大手や有名企業ばかりを選ばない

大学中退から正社員を目指すなら、大手企業や有名企業に就職したいという人もいるでしょう。しかし、大手や有名企業に絞って就職活動をするのは避けたほうが無難です。大手や有名企業は競争率が非常に高く、求められるスキルや経験も高いため、なかなか採用につながらない可能性があります。大学中退者の場合、一旦別の会社に就職し、経験やスキルを身につけてから大手や有名企業に挑戦する方法もあるので、視野を広く持って応募先企業を選びましょう。

4.情報収集のため就職説明会に参加してみる

新卒の就職活動では、業界研究や企業研究の一環として、合同企業説明会や就職セミナーといった場を活用する風土があります。大学中退者は、就職支援サービスが運営する中途採用者向けの就職説明会や就職セミナーに参加することで、新卒と同じように情報収集することが可能です。それまで知らなかった企業と出会う可能性もあるので、積極的に参加してみると良いでしょう。

大学中退者でも目指せる就職先は?おすすめの職種

大学中退者でも目指せる就職先は?おすすめの職種の画像

大学中退者が就職するなら、「ITエンジニア」「営業職」「販売職」「施工管理」「保育士」などの職種がおすすめです。

1.ITエンジニア

パソコンが得意な大学中退者におすすめの職種として、プログラマーやシステムエンジニアなどのITエンジニアが挙げられます。進歩の著しいIT分野では、IT人材の需要が年々高まっているため、未経験歓迎や学歴不問の求人が多いのが特徴です。多くの企業で未経験者向けのIT人材育成プログラムや研修制度を実施しているので、大学中退者の方もチャレンジしやすいでしょう。将来的に見ても、ITエンジニアの需要は高まることが予想されるので、大学中退から就職した後は長期的にキャリアを積んでいくことも可能。進歩するIT技術の習得を怠らない姿勢が求められますが、ITエンジニアとして経験を積めば、フリーランスとして働くこともできるでしょう。

2.営業職

コミュニケーションスキルに自信がある、人と関わるのが好きという大学中退者におすすめなのが、営業職です。営業職は、基本的に無資格・未経験者歓迎からチャレンジできる職種なので、大学中退者の就職先に適しています。需要は安定していますが、売上に対してシビアな面もあり、意欲や熱意の求められる職種です。営業職の種類やその特徴について詳しく知りたい方は「営業職とはどんな仕事?販売職との違いや必要なスキルを解説」を参考にしてみてください。

3.販売職

大学中退後に、フリーターとして接客・販売をしていた人や、コミュニケーションが得意な人におすすめなのが販売職です。販売職は、来店したお客さまに対して商品を販売するのが主な業務。未経験歓迎や学歴不問である場合が多いので、大学中退者が就職しやすい職種といえるでしょう。販売職には、洋服販売のアパレルスタッフや、携帯販売スタッフなどの求人が比較的多いようです。販売職のやりがいや活躍の場については、「活躍の場は多い?販売職のやりがいと仕事内容とは」で詳しく解説しています。

4.施工管理

体力に自信のある大学中退者には、施工管理職がおすすめです。施工管理の仕事は、ビルや住宅、公共施設などの工事現場で司令を出す役割。建設期間や日程・予算の調整を行い、計画的に建物を完成へと導きます。若手不足の傾向にある建設業界は、未経験者歓迎の求人が多いため就職ハードルはそれほど高くありません。大学中退からでも、就職後に現場を経験したうえで、「施工管理技士」の資格を取得することで、昇給やキャリアアップのチャンスも広がるでしょう。施工管理職は、工事現場の司令・調整役ということもあり、従業員や現場の職人、クライアントと良好な関係を続けていく社交性が必要となります。詳しくは、施工管理について動画で分かりやすく説明する記事、「施工管理ってどんな仕事?具体的な仕事内容をご紹介」をご覧ください。

5.保育士

大学中退から「保育士」を目指すのもおすすめです。近年、保育士は人材不足のため、需要が高い傾向があります。子どもが好き、自分にしかできない仕事がしたいという方であれば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ただし、保育士になるには、厚生労働省指定の教育機関を卒業するか、国家試験の「保育士試験」に合格するかどちらかの方法で資格を取得しなければなりません。大学中退から目指すなら、独学よりも専門学校へ通ったほうが、保育について網羅的に学べるでしょう。

大学中退でも目指せる就職先の例

大学中退者におすすめの就職支援サービス

大学中退者におすすめの就職支援サービスの画像

大学中退者は、新卒のように大学のキャリアセンター(就活課)を利用した就職活動は難しく、そのほかのやり方を探す必要があります。
ここでは、大学中退者におすすめの就職支援サービスについてまとめました。

就職・転職サイト

自分の力で求人を探したい大学中退者には、就職・転職サイトの利用がおすすめです。就職・転職サイトとは、Web上で仕事を探せる求人サイトのことで、パソコンやスマートフォンがあれば利用できます。検索条件に仕事に対する希望や調べたい求人の特徴を入れると、絞り込み検索も可能です。

活用メリット
就職・転職サイトの検索機能を使えば、大学中退者が応募できる未経験者歓迎や学歴不問の求人を簡単に探せます。就職・転職サイトは、大学中退者を含む既卒や短期間の社会人経験のある第二新卒、業務経験豊富な転職者など、さまざまな人が利用するため、求人の量が非常に多いです。検索機能を使えば、効率よく自分に合った求人を探せるでしょう。

ハローワーク

大学中退者の就職活動で役立つのが、国営の就職支援機関「ハローワーク」です。ハローワークでは、施設内の求人検索端末による求人検索や窓口での職業相談、企業への紹介状の作成などの就職支援サービスを受けられます。ハローワークを初めて利用する場合、まずは総合窓口で求人申し込みを行い、ハローワークカードを発行してもらわなければなりません。詳しいハローワークの利用方法は、「ハローワークの使い方は?利用の流れとポイントを徹底解説」を確認しましょう。

活用メリット
ハローワークカードを作ると、求人検索をはじめ、応募書類の添削や模擬面接、セミナー受講などさまざまな就職支援を受けられるように。興味のある求人が見つかった場合は、窓口で相談すると、ハローワークが面接の日程調整をしてくれます。適性や条件に合った仕事が見つからない大学中退者は、窓口で相談してみましょう。

就職・転職エージェント

大学中退後の就職活動に不安を感じる方は、就職・転職エージェントでアドバイザーとマンツーマンで就活を進める方法もあります。就職・転職エージェントとは、民間の就職・転職サポートサービスのことです。就職・転職エージェントでは、カウンセリングのうえで希望や適性に沿った求人を紹介してもらえたり、面接対策を行ってくれたりするので、効率よく就活を進められます。

活用メリット
大学中退者が就職・転職エージェントを活用するメリットは、求職活動のトータルサポートが受けられることです。先述した就職サイトやハローワーク(※窓口で相談すれば紹介あり)では、基本的に自分で求人を探さなければなりません。就職・転職エージェントでは、アドバイザーがあなたに適した求人をいくつか紹介してくれるので、「自分に合った求人が見つからない」という人にとっては強い味方になるでしょう。求人紹介のあとは、面接のスケジュール調整や応募書類作成・面接対策のノウハウを教えてくれるのも就職・転職エージェントの魅力。大学中退からの就活を一貫してサポートしてくれます。

大学中退者の多くは、就職未経験。いざ就活を始めようにも、「やり方やスケジュールが分からない」という方も多いでしょう。一人での就活に不安を感じるなら、ぜひ就職支援サービスのハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブは、若年層向けの就職支援を行う就職・転職エージェント。専任のアドバイザーが相談から内定までマンツーマンでサポートいたします。就活の基本や具体的な対策など、いつでも気軽に相談可能です。ハタラクティブは、未経験者歓迎や学歴不問の求人を豊富に扱っているため、人柄重視の採用が叶います。大学中退の経歴に不安がある、周囲に相談できる人がいない、そもそも就活の方法が分からないという方はぜひ一度ご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ