転職する時期は何月が良い?おすすめや避けるべきタイミングを解説

転職する時期は何月が良い?おすすめや避けるべきタイミングを解説の画像

この記事のまとめ

  • 1年の中で転職活動するのに適している時期は、2~3月と8~9月
  • 何月に転職するか悩んだら、時期によるメリットとデメリットに目を向ける
  • 何月に転職するか迷っている人は、4~5月の時期も検討してみる
  • 転職する時期が何月が良いか分からない人には、転職エージェントの利用がおすすめ

転職したいと思っているものの、何月に行動したら良いのか分からないという人は多いでしょう。転職活動に向いているのは、求人数が増加する2~3月と8~9月です。このコラムでは、転職活動をするのに良い時期は何月なのかを解説します。転職しやすい時期に活動するメリットやデメリット、避けたほうが良い月などについてもまとめました。時期ごとの求人数の変化や特徴を知って、転職活動に活かしましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職活動をするのに適した時期は何月?

1年の中で転職活動をするのに適した時期は、2~3月と8~9月です。新年度が始まる4月や下半期が開始する10月に入社する人材を確保するために、2~3月や8~9月に積極的に採用活動を行う企業は多くあります。求人とともに応募者も増加する時期なので、入念な選考対策を行いましょう。

4月入社が狙える2~3月

4月入社が狙える2~3月は、転職活動をするのに適した時期といえます。新年度が始まるタイミングに合わせて新体制を構築する企業は多く、人員の補充や強化のために採用が活発化するからです。中には採用人数を多めに設定していたり、珍しいポジションを募集したりする企業もあり、転職者にとってチャンスが多い時期といえるでしょう。
ただし、2~3月は求人が多く転職活動に適しているのと同時に、応募者が集中しやすい時期でもあります。「転職しやすい時期だから大丈夫」と準備を怠ると、ほかの転職者との競争に勝てず機会を逃してしまうでしょう。転職を成功させるためには、事前にしっかりと選考対策を行うことが大切です。

第二新卒は4月入社を目指すのがおすすめ

社会人経験が浅い第二新卒の転職では、4月入社を目指すのがおすすめです。4月に入社できれば新卒者と一緒に研修を受けられる可能性が高く、ビジネスマナーや業務スキルを基礎から確実に身につけられます。同時期に入社した、年が近い仲間との連帯感が生まれやすいというメリットもあるでしょう。第二新卒の転職に適した時期は「新卒1年目の時期に転職するのは厳しい?成功しやすいタイミングはある?」でも解説しているので、参考にしてみてください。

長期休暇を活用するのもアリ!

GWやお盆休みなどの長期休暇を活用して転職活動をするのも一つの手です。まとまった時間を転職活動に当てられるので、じっくり求人を調べたり、応募書類を丁寧に作成したりできます。転職活動のスケジュールを立てる際は、長期休暇が取れる時期も考慮してみましょう。

10月入社が狙える8~9月

10月入社が狙える8~9月も、転職活動に適した時期です。下半期が始まる10月からの人事異動や事業立ち上げなどに合わせて、8~9月に採用活動を積極的に行う企業は多くあります。
ただし、10月入社を想定した採用選考では、4月入社の場合よりも即戦力を重視されやすいので注意が必要です。十分な研修の時間が設定されず、すぐに現場に配属される可能性があるので、未経験の職種への転職には向かない時期といえるでしょう。

女性が転職するのに適した時期はある?

女性の転職におすすめなのは、20代後半です。20代という若い年齢でありながら、ある程度の社会人経験があるため、採用ニーズが高まる時期といえます。女性におすすめの転職時期について知りたい方は、「女性が転職する時期として最適なのはいつ?年代や状況別のおすすめを紹介」をご覧ください。

転職しやすい時期に活動するメリット

転職しやすい時期に活動するメリットは、「求人数が多く採用される可能性が高まる」「幅広い選択肢の中から希望に合うものを探せる」などです。転職する時期を決めるための参考にしてみてください。

求人数が多く採用される可能性が高まる

前述した2~3月や8~9月はほかの月に比べて求人数が多く、採用される可能性が高まる時期です。同じタイミングで多くの企業に応募できるため、選考に受かる確率が上がります。また、求人数が多く採用が活発に行われている時期は、選考が進むスピードが速いことも魅力の一つです。企業とのやり取りや面接をテンポ良く進めたい人は、転職しやすい時期に活動すると良いでしょう。

幅広い選択肢の中から希望に合うものを探せる

転職しやすい時期に活動すると、幅広い選択肢の中から自分の希望に合う求人を探せるというメリットもあります。異業種、同業種問わずさまざまな求人が出されるため、希望する業務内容や条件がそろった仕事に出会える確率は高まるでしょう。視野に入れていなかった職種に興味が湧いたり、異業種でありながらスキルを活かせる仕事を思いがけず発見したり、キャリアの幅も大きく広がる時期です。

転職する前に確認しておくべきこと

転職する前に、現在勤めている会社でボーナスが支給されるのは何月なのか確認しておきましょう。支給日前に退職すると、ボーナスを受給できない可能性があるからです。「転職のタイミングはいつが良い?見極める方法を年代別に解説!」では、転職する前に確認しておくべき3つのことを紹介しているので、ご一読ください。

転職しやすい時期に活動するデメリット

転職しやすい時期に活動するデメリットとしては、「大手や人気の求人には応募が集中しやすい」ことや「求人内容を吟味する時間を確保しにくい」ことが挙げられます。求人の種類や業界によっては転職しやすい時期を避けたほうが良い場合もあるので、自身の状況と照らし合わせてみてください。

大手や人気の求人には応募が集中しやすい

転職に適した時期は、大手や人気の求人に応募が集中しやすく競争力が高くなるというデメリットがあります。特に、業界未経験者や社会人経験が浅い人の場合、知名度の高い企業や、条件の良い仕事の採用選考では、経験豊富なほかの応募者と比較して不利になってしまう恐れがあるでしょう。
確実に転職を成功させるためには、人気の求人は避ける、どうしても入りたい会社がある場合は時間を掛けて準備するといった工夫が必要です。

求人内容を吟味する時間を確保しにくい

求人内容を吟味する時間を確保しにくいことも、転職しやすい時期に活動するデメリットといえるでしょう。たとえば、転職しやすい時期には募集期間が短い求人も多いため、選考に応募するか素早く判断しなければなりません。現職の退職手続きに掛かる時間を考慮すると、4月入社を目指す場合、3月初旬には内定を獲得しておく必要があります。時間の制約と、良い時期を逃したくないという気持ちが焦りにつながってしまうでしょう。
また、勤務条件や仕事内容に関する認識が曖昧なまま入社すると、ミスマッチを感じて早期退職につながる恐れもあります。

転職するタイミングに悩んだら?

転職するタイミングに悩んだら、将来のライフプランを考えてみましょう。結婚や出産、マイホームの購入などの時期から逆算することで、転職に適したタイミングが分かる可能性があります。転職のタイミングに悩んだときの対処法は「転職する時期は社会人何年目がベスト?判断するポイントを解説」で解説しているので、参考にしてみてください。

デメリットを避けて転職できる時期は何月?

前項で解説したデメリットを避けて転職できるのは、4~5月です。デメリットを避けてスムーズに転職活動を進めたい人は、4~5月に行動してみましょう。

企業の採用ニーズが高まる4~5月

4~5月は1~3月や8~9月に比べて求人数は減少するものの、企業の採用ニーズが高まる時期です。要因としては、4月に入社するはずだった内定辞退者や、新体制の構築に伴う欠員補充を目的とした求人が出される時期であることが考えられます。企業側は「なるべく早く人材を確保したい」と思っているため、選考自体も早く進むでしょう。
また、新年度が始まってすぐで仕事が忙しい時期のため、転職活動をする人も少なくなるのが特徴です。応募者が集中しやすい時期を避けて行動したいという人は、4~5月の転職活動を検討してみましょう。

上司に相談するタイミングも確認しておこう

転職を上司に相談するのに良いタイミングは、退職希望日の1~3ヶ月前といわれています。繁忙期や業務時間中は避け、上司に直接相談できる環境を整えましょう。退職手続きに必要な時間を確保するためにも、なるべく早い段階で直属の上司に相談することが大切です。詳しくは、「転職を上司に相談するのに適したタイミングはいつ?伝え方や注意点を解説」のコラムで紹介しているので、ぜひご覧ください。

転職するのに悪い時期は何月?

転職するのに悪い時期は、11~12月と勤務先の繁忙期にあたる月です。タイミングが悪いと転職活動が難航したり社内での心証悪化につながったりする恐れがあるので、避けたほうが良い時期をしっかり把握しておきましょう。

求人数が減る11~12月

求人数が減る11~12月は、転職活動には向かない時期といえます。企業が2~3月の選考に向けた準備を行う時期であるとともに、総務部や人事労務部が社内の年末調整に追われるため、採用活動が一旦落ち着くからです。採用活動が活発に行われている時期に活動し、豊富な求人の中から転職先を決めたいという人は、11~12月を避けたほうが良いでしょう。

勤務先の繁忙期にあたる月

勤務先の繁忙期にあたる月も、転職するのに適した時期とはいえません。繁忙期に退職を申し出ると、手続きや引き継ぎのための十分な時間が確保できなかったり、「非常識だ」として社内での印象低下につながったりする恐れがあるからです。また、仕事が忙しいと、転職活動を並行して進めることも難しいでしょう。
繁忙期だと転職できないというわけではありませんが、周囲との良好な関係を維持したまま会社を辞めるには、仕事が忙しくない時期を選ぶのが得策です。「転職するのに悪いタイミングとは?最適な時期を見極めて成功につなげよう」では、転職に向かない6つのタイミングを紹介しているので、参考にしてみてください。

「何月に転職したら良いか分からない…」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒といった若年層を対象とした転職エージェントです。専任のアドバイザーが面接対策や応募書類の添削、選考日程の調整など、転職活動を一貫してサポート。アドバイザーに気軽に相談できる環境が整っているので、悩みや不安を解決しながら転職活動を進められます。サービスはすべて無料なので、お気軽にご利用ください。

転職に適した時期に関するQ&A

ここでは、転職に適した時期に関するお悩みをQ&A方式で解決します。「転職に向いているのは1年の中で何月?」と疑問を抱いている方は、ぜひご一読ください。

転職活動するのにベストなのは1年の中でいつ?

転職活動をするのにベストな時期は、2~3月と8~9月です。新年度や下半期がスタートする4月や10月に向けて採用活動が活発化し、求人数も増加します。特に、スキルが十分に身についていない第二新卒は、新卒と一緒に研修を受けられる可能性がある4月入社を目指して転職活動するのがおすすめです。詳しくは、このコラムの「転職活動をするのに適した時期は何月?」をご覧ください。

パワハラが転職理由の場合も時期を気にするべき?

現在の勤務先でパワハラを受けている場合は、時期にこだわらずに転職したほうが良いといえます。転職しやすい時期まで我慢して精神的、身体的な苦痛を長引かせると、心身のバランスを崩してしまう恐れがあるからです。パワハラを受けた場合の対処法は「パワハラ対策に有効な手段とは?ハラスメントの原因や対処法を徹底解説」で解説しているので、ご一読ください。

退職するのは転職先が決まってからが良い?

退職するのは、転職先が決まってからがおすすめです。すでに転職先が決まっているため引き止められにくく、職歴にブランクが生まれることも防げます。また、収入が途切れる心配がないという点もメリットといえるでしょう。「転職先が決まってから退職するには?伝え方や必要な手続きを解説」では転職先を決めてから退職する流れを紹介しているので、ぜひご覧ください

仕事をしながら転職活動を進められるか不安…

仕事と並行しての転職活動に不安を抱いている方は、転職エージェントの利用を検討してみましょう。転職エージェントとは、専任のアドバイザーが求人探しから内定獲得までを一貫してサポートするサービスのこと。企業とのやり取りや日程調整などもすべてアドバイザーが代行してくれるので、転職者の負担が軽減されます。ハタラクティブでは若年層に特化したサービスを提供していますので、ぜひご活用ください。

この記事に関連するタグ