外資系企業とは?定義と向いている人の特徴

外資系企業とは?定義と向いている人の特徴の画像

この記事のまとめ

  • 外資系企業とは、外国資本の企業を指す
  • 外資系企業には、給与や待遇など日本国内企業とは異なる点が多い
  • 外資系企業に向いている人の特徴は「主体性がある」「自分の意見を発言できる」など

外資系企業とはどんな企業なのか気になる方は多いでしょう。外資系企業は法人が海外の企業のこと。「日系企業よりも給与水準が高め」「実力主義の企業が多い」といった特徴があります。このコラムでは、外資系企業の特徴や仕事内容を詳しくご紹介。外資系企業への就職・転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

外資系企業とは

外資系企業とは、法人が海外にある企業のこと。また、日本人が設立した企業であっても、日本以外の国籍の人が投資しているのであれば外資系企業とみなされます。ただ、資本がどのくらい発生すれば外資系企業となるのか、その定義は今のところ明確でないようです。

外国企業が日本で法人(子会社)を設立

最も一般的な外資系企業のあり方といえるでしょう。外国企業が日本に進出するにあたって、新たに日本国内に会社を設立するケースです。設立場所は日本でも、資本が外国のため外資系企業に該当。経営方針は本国企業に決定権があり、本国で働いていた人材も多く活躍する傾向が見られます。

外国企業と日本企業の共同出資で設立

外国企業と日本企業が共同出資で日本に会社を設立する場合、出資額が多いほうが主導権を持つのが一般的。外国企業の出資額が多ければ外資系企業となります。

外国企業に買収された日本企業

創立者が日本人だったり、日本の法人として設立されていたりする企業でも、外国資本の会社に買収されると資本金は外貨となるため、外資系企業に分類されます。
買収されると経営方針はもちろん、企業文化や社内規定なども買収先の企業に準じることが多いようです。

なお、経済産業省が調査した「外資系企業動向調査」においては、以下の条件に当てはまる企業を調査対象としています。

・外国投資家が株式又は持分の3分の1超を所有している企業
・外国投資家が株式又は持分の3分の1超を所有している国内法人が出資する企業であって、外国投資家の直接出資比率及び間接出資比率の合計が、当該企業の株式又は持分の3分の1超となる企業
・上記2ついずれの場合も、外国側筆頭出資者の出資比率が10%以上である企業

参照元
経済産業省
外資系企業動向調査

外資系企業の特徴

ここでは、外資系企業の特徴をご紹介します。外資系企業への就職・転職を考えている方は、どのような特徴があるのか確認しておきましょう。

日系企業より給与水準が高い傾向

日系企業に比べると、外資系企業のほうが1〜3割給与が高めに設定されていることが多いようです。そもそも外資系には「ボーナス」の概念がなく、そのぶん上乗せされていると考えられるでしょう。

福利厚生はそれほど充実していない

日本の企業では、人員獲得のために一風変わった福利厚生を設けているところや、労働者がストレス無く働けるよう手厚い福利厚生を設けている企業は珍しくありません。
しかし、外資系企業の場合は、給与が高いぶん、家族手当や家賃手当がつかないということがあるようです。

終身雇用が保障されていない

日本では定年まで勤め上げる終身雇用の概念が強いですが、外資系企業にその概念はありません。海外では、自分により良い条件を求めてキャリアアップすることが一般的。企業側も、従業員が長く働いてくれるという認識は持っていないことが多いようです。

実力主義の企業が多い

年功序列の日系企業に対し、外資系企業では実力がものをいいます。パフォーマンスに対しての評価は非常にシビアですが、逆をいえば、年齢や性別問わず昇進や昇給を望むことが可能です。

英語でのやり取りが多い

社内公用語が英語の場合や、メールや文書のやり取りのみが英語の場合、本社(海外)とのMTGのみが英語の場合など、職場でどのくらい英語の使用が求められるかは、企業によって異なります。
語彙力に自信がある方にとっては、自分のスキルを十分に活かせる職場環境でしょう。

英語は必須とは限らない

外資系企業=英語が必須というイメージを持つ方も多いようですが、企業によっては英語を使用しないことも。特に共同出資の外資系企業や、日本企業に対して営業活動を行う場合などは英語力を求められないこともあるようです。

上下関係がフランクなことが多い

実力主義なので上司が若いという企業もあり、話しやすい雰囲気があります。また、呼び合うときは上司でもファーストネームという職場もあり、気さくな印象を受けることでしょう。
年齢や性別、職位問わずフラットな関係で仕事ができるはずです。

休みへの対応が寛大

オンオフしっかりメリハリをつけて仕事するのが外資系の特徴です。退勤後や休日といったオフタイムを大切にする傾向にあります。有給休暇は労働者の当然の権利と考えられており、消化率は高めです。日本特有の取りづらい雰囲気はあまりないといえるでしょう。

外資系企業に向いている人

ここでは、外資系企業に向いている人の特徴をご紹介します。外資系企業へ興味のある人は、チェックしておきましょう。

英語を使うことに抵抗がない

社内公用語が英語である外資系企業では、このスキルは最低条件。前述のとおり外資系のなかには英語力を必要としないケースもあるようですが、基本的には身につけておくべきでしょう。
一般的に外資系企業で働く場合はTOEICのスコアが800点ほどあると良いといわれています。

面接が英語の可能性もある

本国の採用担当者が一括で行っているなど、外資系企業の面接は英語で実施される可能性もあります。その場合は履歴書も英文で作成する必要があるでしょう。「英文の経歴は直近重視!英語履歴書の書き方ー基本編ー」を参考に、日本語とは異なるマナーや書き方を確認しておきましょう。

自分の意見を発言できる

「表情や声色から察してほしい…」外資系ではそのような繊細で曖昧なやり取りはできません。そのため、意見をストレートに伝えられる人が向いているといえます。
また、会議の時間が長く最悪結論まで至らないこともある日本の会議。無駄を嫌う欧米人の中では、短時間で有利な会議にする必要があります。

実力主義の職場で働きたい

チャレンジ精神があり、仕事の成功をきちんと評価してくれることを望むという人は、外資系企業への転職が向いているでしょう。外資系企業の場合は実力主義の企業が多いため、仕事のやりがいを感じやすくなるでしょう。「成果を出して正当な評価を得て、収入を上げたい」と考えている人には、外資系企業へ転職は非常におすすめです。実力主義での仕事に関しては、「実力主義で認められるチャンス?そもそも外資系とは?」のコラムでも詳しく紹介しています。年功序列や勤続年数で評価されることから脱却して、自分の力を試したいという人は参考にしてみてください。

変化に対して柔軟に対応できる

物事の変化に柔軟かつスムーズに対応できるという人も外資系企業に向いているでしょう。外資系企業での業務における柔軟性となるのは、トラブル発生時の臨機応変な対応力や、失敗の経験を次に活かす考え方ができる能力のことです。外資系企業においては、失敗は悪ではなく前向きに捉えて、どう生かして評価を取り戻すのかを重視していることが多いようです。また、日本企業に比べるとさまざまな国の文化や価値観を持っている人材も多いでしょう。異国の文化や価値観、考え方を柔軟に受け入れられる、違いを理解できるスキルは外資系企業で非常に重要となります。

主体性がある

外資系企業は、自分のことは自分で行うのが基本。それが如実に表れている会社では、使用するPCのセットアップから自身で行わなくてはならないこともあるようです。
また、日系企業ほど手厚い教育制度はありません。短時間の研修時代にいかに自分の役割を理解するか、独り立ちしたあとでも自分に足りないものは何かを考え、キャリアアップのために自身で主体的にアクションを起こす必要があります。

成果を出すことにこだわれる

成果主義で白黒はっきりしている外資系企業。優秀な人材ではないと判断されてしまうと、降格や給料の減額も日系企業に比べると容易にありえることです。
とことん成果にこだわることのできる人が、外資系企業向きといえるでしょう。

外資系企業への就職・転職で考えること

一口に外資系企業といっても、株主が米国か欧州かによっても、企業内の風土は異なります。なかには、日系企業の性格に近いところも。「給与の高い外資系見つけたから応募しよう!」と思う前に、本当に自分に向いている職場環境なのか、自分が望む働き方が叶うのかなどをじっくり見定める必要があります。
企業研修に力を入れ、理解を深めることが大切です。また、求職中は、外資系企業に絞らず、ほかの企業にも目を向けましょう。

さまざまな企業を知って視野を広げたい人はハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、実際に足を運んで得たリアルな情報を提供可能です。
サイトや求人票では知り得ない風土やスタッフの雰囲気などが分かるため、外資系企業と日系企業どちらに適性があるのか判断することができます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ