知っておこう!仕事に必要なコミュニケーション力を解説

知っておこう!仕事に必要なコミュニケーション力を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・ビジネスシーンでは、「報・連・相」を重視したコミュニケーションが欠かせない
    ・コミュニケーションは自分ばかりが話すのではなく、相手と会話のキャッチボールをするように心がけることが大事
    ・「挨拶」を積極的に行うことで、徐々にコミュニケーションを深めていくことができる

コミュニケーションとは言葉を使い、気持ちや意見を相手に伝達すること。伝達する手段は複数あり、相手との対面時に限らずメールや手紙などのやりとりもコミュニケーションに含まれます。
コミュニケーションスキルは社会全般で重要視されており、ビジネスシーンにおいても同様。
企業においては、業績や能率を高めるために欠かせないこと、また、できて当たり前と認識しているところも多いようです。
では、コミュニケーションは具体的にどのように行うとプラスの効果をもたらすのでしょう。
自分のコミュニケーション力に不安がある方は、ぜひ当記事でノウハウを確認してください。

◆仕事に必要なコミュニケーション能力

ビジネスシーンにおいては、同僚や上司、お客さまなどさまざまな人との関わりが欠かせません。
家族や友人などとは違い、思うがままにストレートに意見を伝えるわけにはいかないため、相手の存在を重んじ、話し方や所作などにも配慮が必要とされるでしょう。

特に職場では、報告・連絡・相談の励行が基本とされています。省略した言い方として「報・連・相」と呼ばれていることが多いです。
仕事はチームで行うことが一般的であり、上司やチームリーダーに、タスクの進み具合や新しく入ってきた情報、困っていることなどを伝える必要があります。

報連相を行うことで得られるメリットは、ミスや停滞原因などが早期発見できること、都度の迅速な軌道修正に繋げられること、成功例を共有できることなどです。さらに、これらのメリットにより、チーム全体が活性化し、スピード感をもって業務を成し遂げることができるとされています。

◆コミュニケーションが下手な人と上手い人

コミュニケーションは、やり方によって印象を大きく左右する可能性があるので注意が必要です。
まずは、コミュニケーションが下手な人と上手い人それぞれの特徴を確認しておきましょう。

【下手な人】

・タイミングが悪い
・一方的に話し続ける
・余計な所感を入れる
・感情的に話す
・話が長い

コミュニケーションは相手があって成立するものです。
自分だけのタイミングでいきなり話しだされても、相手は聞く準備ができていないことが多いもの。
話を始めるときは、「いまよろしいですか」などと確認をとることがベターです。
伝えたいことは、ある程度頭の中でまとめたほうがよいでしょう。
話が脱線したり、重要でない部分の内容が長いのは、聞く側にとって辛いものです。
前置きは短めにし、相手に時間を割いてもらっているという意識をもって簡潔にわかりやすく伝えることがポイントです。

【上手い人】

・相手の状況を確認して話し出す
・ボディーランゲージを加える
・聞き役に徹することができる
・質問の仕方がうまい
・アイコンタクトや笑顔がある

「話し上手は聞き上手」というフレーズをよく耳にしますが、この場合の聞くには「耳をすまして聞く」「相手に尋ねる」の2つの要素が入っているといわれています。
会話はキャッチボールで例えられることが多いように、自分のことばかり話すのは一方通行となり、コミュニケーションとはいえません。
相手が話しやすいような質問の仕方をするなどして、話す機会をこちらから作るよう心がけるのも円滑に会話をする1つの手法とされています。

コミュニケーションが下手な人と上手い人の特徴を踏まえたところで、自分がどのように振るまったらよいかをおさえておきましょう。
次項には職場で手軽に始められるコミュニケーションの例を掲載しています。

◆小さなことから始めよう

コミュニケーションが苦手な方は、「何を話したらいいのかわからない」「話が続かなかった場合の沈黙が怖い」という思いがあるかもしれません。
しかし、一度声をかけてみたら意外と話しやすかったり、相手から話題を振ってくれる場合も多いようです。
いきなり、たくさん話そうとせず、まずは挨拶をしっかり行うことからはじめてみてはいかがでしょうか。

挨拶は、どなたにとっても一番取り組みやすい声掛けでしょう。
最初は「おはようございます」「お疲れさまです」のやり取りのみでも、回数を重ねると自然と親近感が湧くものです。
職場の方や仕事に関わる方には特に、積極的に挨拶を行っておくのがベターです。

挨拶に慣れたら、徐々に天気やニュースなど、当たり障りのない内容を少しずつ加えていくとよいでしょう。
ここでは、明るい話題を心がけ、暗い話やマイノリティーな話は避けるよう気をつけることがポイントです。

まずは、よく顔を合わせる近隣の席の方から話かけてみるのがオススメ。
アイコンタクトやほほえみを添えるとより好印象を与えることが期待できるでしょう。

以上、コミュニケーションの重要性とコツについてご紹介してきました。
しかし、あなたが自分から歩み寄りコミュニケーションを図ろうとしても、もともとある職場の雰囲気によっては円満な関係性を築けない場合も考えられます。
上記の事を試みても円滑なコミュニケーションが取れず、居心地の悪い状態が続くようであれば思い切って転職を視野に入れてみてもよいでしょう。

若年層の転職をサポートするハタラクティブがご紹介するのは、実際に赴いてヒアリングした企業ばかり。
企業目線のニーズや雰囲気、働いている方の声なども詳しくお伝えすることが可能です。
ハタラクティブでは、職場探しから入職後のアフターケアに至るまで、きめ細やかなサポートを実施。転職のプロのアドバイスを参考にしたいという方はぜひご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION