新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ダブルワークとはどういう意味?注意点や副業との違いも解説

ダブルワークとはどういう意味?注意点や副業との違いも解説

公開日:

最終更新日:

ダブルワークとはどういう意味?注意点や副業との違いも解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・ダブルワークとは、本業がなく2つ以上の仕事を掛け持ちする働き方
  • ・副業はダブルワークとは意味が違い、それぞれ異なる働き方といえる
  • ・ダブルワークとは違い、副業は本業がありながら別に仕事をすることをいう
  • ・働き方は多様になっているものの、ダブルワーク禁止の企業が多いのが現状
  • ・ダブルワークを検討する際は、しっかり就業規則を確認しよう
  • ・ダブルワークに適した仕事として、接客業や教育関連などが挙げられる

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

「ダブルワークとは何か」気になっている方もいるのではないでしょうか。就業経験がある人は「ダブルワーク」という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。なかには、「ダブルワークは副業のこと」と認識している人もいるようです。同じ意味に捉えられがちのダブルワークと副業ですが、それぞれ異なる意味を持っています。このコラムでは、ダブルワークの意味や副業との違いのほか、注意点や仕事例についても解説します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ダブルワークとは

ダブルワークとは、2つ以上の仕事を掛け持ちして働くことです。どの仕事も本業として就業しないことが多く、アルバイトやパートなど、非正規雇用を掛け持ちする際に用いられる傾向にあります。

副業とは

一方、副業とは、本業以外に仕事をしている状態のこと。たとえば、正社員として会社勤めをしている人が、退勤後や休日の時間を使って別の仕事をするのは副業に該当します。

兼業とは

兼業は、基本的にダブルワークと同様に2つ以上の仕事を掛け持ちする働き方を指します。基本的に、2つの仕事の労力が同程度の場合使用されるため、ダブルワークとほぼ同義語と考えて良いでしょう。

「ダブルワーク」「副業」「兼業」…。似た言葉でも、根本的な働き方やニュアンスが異なる場合があるので、それぞれの働き方の意味をよく理解しておきましょう。

ダブルワークは可能?

基本的に、ダブルワークや副業をするかどうかは個人の自由なので、可能です。ただし、会社によってはダブルワークを禁止にしている場合もあります。しかし、あくまで会社の就業規則なので、ダブルワークをしたからといって法に触れることは原則としてありません。

ただし、下記のような場合、就業規則が効力を発揮し解雇されてしまう恐れもあります。

・現職の競合他社で勤務
・1日の半分以上を本業と別の仕事に費やす

上記のようなダブルワーク・副業の働き方をした場合、会社に損害をもたらす行為と見なされ解雇されることもあるので注意しましょう。

ダブルワークを容認する企業も増えている

働き方改革が掲げられたことにより、多様で柔軟な働き方が可能になりつつある現代。ダブルワークを容認する企業が増加傾向にあります。求人サイトや求人情報誌を見ると「ダブルワークOK」と大々的に謳っている企業も。しかし、現状はまだまだダブルワークを禁止にしている企業が多いようです。お伝えしたように、ダブルワークをするのは個人の自由ですが、就業規則が効力を発揮し罪に問われてしまう場合もあるので、行う際は慎重になりましょう。

ダブルワークOKの会社の特徴

ダブルワーク可能な会社の特徴は、求人に「ダブルワーク歓迎」と記載されている、雇用条件の「ダブルワーク禁止」の項目がないなどです。下記で詳しく見ていきましょう。

求人に「ダブルワーク歓迎」と記載されている

もちろん求人にダブルワーク歓迎と記載されている場合は、基本的にダブルワークが可能です。ただし、これは「ダブルワークをすることで生活が賄える程度の給与」という意味を含んでいる場合もあります。そのため、たとえばその求人をメインにし、他業種を副業にしたい場合などは、あらかじめ給与やシフトに入れる日数などを確認しておきましょう。

雇用条件の中に「ダブルワーク禁止」の項目がない

先に述べたとおり、ダブルワークを禁止する法律はありません。そのため、会社の雇用条件の中に「ダブルワーク禁止」という記載がなければ、基本的にはダブルワーク可能と捉えて問題ないでしょう。社内に会社公認でダブルワークをしている従業員がいれば確実です。ただし、部署や上司によってダブルワークを快く思われない恐れもあります。トラブルを防ぐためにも、ダブルワークする場合は上司や人事にあらかじめ相談しておきましょう。ダブルワークをする前提で仕事を探している方は、採用前に相談しておくと安心です。

ダブルワークの3つのメリット

ダブルワークをする主なメリットは、「収入アップ」「経験できる仕事の幅が広がる」「キャリアアップが見込める」です。下記で、一つひとつ詳しく見ていきましょう。

1.収入アップを図れる

ダブルワークすることで収入補填ができ、収入アップを図れます。収入が上がれば生活に余裕ができ、趣味にお金を費やせたり、貯金を増やせたりするメリットがあるでしょう。また、たとえば土日休みの会社の場合、別に土日勤務の仕事を入れることで、安定した収入を得ることができます。

2.幅広い業種の経験ができる

ダブルワークすることで、幅広い業種を経験できる可能性も高まります。1つの会社で働いていれば、その職場で可能な範囲の仕事しか経験できません。ダブルワークすることで、「この会社ではこんなやり方もできるんだ」と新たな発見があり、新鮮な気持ちで経験を積むこともできるでしょう。ダブルワークで培った経験は、一方の仕事や新たな業務で活かせるチャンスにもなり得ます。

3.キャリアアップも見込める

同職種の仕事を掛け持ちすれば、特定の分野でのキャリアアップも見込めるでしょう。同じ職種といえど、会社によって任される業務内容や仕事のレベルは違ってくるので、同職種のなかで幅広い経験を積むことで、キャリアアップが叶う可能性が高まります。

ダブルワークの3つのデメリット

ダブルワークを行う場合の主なデメリットは、「スケジュール管理は大変」「休みが少ない」「体調を崩しやすい」という点です。詳しくは下記をご覧ください。

1.スケジュール管理が大変

ダブルワークをしていると、どちらの仕事もおろそかにならないよう、スケジュール管理を徹底する必要があります。イレギュラーなスケジュールの変更へ対応するのが難しくなるなど、双方の仕事に対し柔軟な対応ができなくなり、働きづらくなってしまう恐れもあるでしょう。そのため、ダブルワークをする際は、平日と土日、または昼と夜で仕事を分けるなどして、スケジュール管理しやすいよう工夫することが大切です。

2.休みが少なくなる

平日と土日の仕事を掛け持ちすると、必然的に休みが少なくなります。収入アップが図れるメリットがある一方で、お金を使う暇がない、余暇を思う存分満喫できないといったデメリットも考慮しておきましょう。

3.体調を崩しやすくなる

ダブルワークをすると、働く時間が多くなり、過労の結果体調を崩してしまうリスクも考えられます。働き過ぎてどちらの仕事も満足にできなくなってしまえば、本末転倒でしょう。過労の結果、心身ともに疲れ、重大な病気につながってしまうケースもあるので、無理は禁物です。

ダブルワークを長く続ける4つのコツ

ダブルワークは長く続けていくためのコツは、「無理をしない」「スケジュール表を作る」「目標を明確にする」などです。下記で詳しい内容を確認しましょう。

1.無理をしない

先述のとおり、ダブルワークを行うことで体調を崩してしまう危険性もあります。そのため、ダブルワークを長期的に続けていくためには、無理をしすぎないことが重要です。少し調子が悪いと感じたら、根を詰めて仕事をせず、休める余裕があればしっかり休みをとるように心がけましょう。

2.スケジュール表を作る

ダブルワークを続けていくには、スケジュール管理の徹底が重要です。まずは、自分の1日のスケジュールを表にして明確化しましょう。現在自分にどれだけ空いている時間があるか、どのように調整すれば仕事を終わらせられるか、表を確認して見直します。そのなかで、プライベートに使える時間はしっかり確保し、余裕を持った生活を保てるよう工夫しましょう。

3.空き時間を設けてリフレッシュする

ダブルワークをする場合、仕事を多く入れてしまうと、心身ともに疲労がたまります。意識的に空き時間を設けることで、適度に息抜きができ、新鮮な気持ちで再び仕事に臨めます。仕事とプライベートのバランスを調整することで、無理せず、心に余裕を持った状態でダブルワークを続けていくことができるでしょう。

4.目標を明確に立てる

ダブルワークを続けるためには、明確な目標を立てて働くことが重要です。ダブルワークをしている方の多くは、「今より収入を増やしたい」「できる仕事の幅を増やしてキャリアアップしたい」など、なんらかの理由で始めています。自分が本来どういう目的でダブルワークを始めたのか。「旅行をするため」「欲しかったものを買うため」「スキルを挙げて転職するため」など、自分がダブルワークをする目的を明確にすることで、高いモチベーションを保って仕事を続けていくことができるでしょう。

ダブルワークで気をつけるポイント

ダブルワークや副業をする際に気をつけるべき主なポイントは、「年間所得103万円以上で課税対象になる」「副業の年間所得20万円以上で確定申告の必要が出てくる」の2点です。

年間所得が103万円を越えると課税対象に

パートやアルバイトなど、非正規雇用でダブルワークをしている場合、年間所得が103万円を超えると、所得税を支払う必要が出てきます。そのほか、配偶者控除を受けている方は、年間所得を103万円以下に収めないと、控除を受けられなくなることも。そのため、ダブルワークをしている方は、場合によっては年間所得が103万円を超えないよう注意する必要があるといえるでしょう。

社会保険にも注意する

ダブルワークで収入が上がることにより、社会保険に影響が出ることもあります。社会保険の被扶養者認定から外れないためには、年間所得を130万円未満(条件により106万円未満)に抑える必要があるので、こちらも注意しましょう。

副業の年間所得20万円を越えると確定申告が必要に

本業がある方が別に副業をしている場合、基本的に副業の年間所得が20万円を越えると、所得税の課税対象となり、確定申告する必要が出てきます。仮に副業をしている事実を会社に伝えていない場合、年間所得20万円を超えることで住民税額が給与より多くなり、副業がバレてしまうリスクが高まります。対策として、確定申告する際に、住民税を自分で納付する策もありますが、副業する場合はあらかじめ会社に伝えておくのが無難でしょう。

ダブルワークしやすい主な職種6選

一般的にダブルワークしやすいといわれている職種は、「接客業」や「日雇い労働」「教育関連」などです。以下、ダブルワークしやすい主な職種をまとめたので、ぜひご参考にしてください。

1.接客業

コンビニやファストフード、ファミレスなど、1日数時間から働ける店舗が多いようです。特にコンビニは、専門知識不要であることが多く、短時間から勤務OKな場合が多いとされているのでダブルワークしやすいでしょう。また、ほかの職種に比べて店舗数も多いので「掛け持ちしている一方の職場の近く」や「自宅近く」など、希望条件に合った勤務地を見つけやすいメリットもあります。

2.日雇い労働

日雇い労働とは、交通整理や工場内での製造といった、1日だけ雇われる単発の仕事です。自分の都合に合わせ、ピンポイントでシフトを入れられるので、ダブルワークしやすい職種といえるでしょう。

3.教育関連

塾講師や家庭教師などの教育関連の仕事は、1コマから勤務できることが多く、ダブルワークとして人気が高いようです。授業が夜間にあることも多いので、日中の仕事を分けて働けるのも魅力の一つでしょう。

4.飲食店

飲食店の仕事も、ダブルワークとして人気が高いとされています。特に居酒屋などは夕方から深夜にかけて働けるので、昼間の仕事を分けてシフトが組める場合が多く、スケジュール管理しやすい職種といえるでしょう。

5.引越し業者

引越し業者の仕事は、土日のみOKという求人も多いです。平日と土日で分けて働きたいダブルワーカーにとって、最適な仕事の一つといえるでしょう。また、力仕事なゆえに高時給であることが多いので、体力に自信があり、短時間で多く稼ぎたい人にも向いている職種といえます。

6.クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、Web上で自分が得意な仕事を受けられる業務形態です。「デザイン」「ライティング」「プログラム」など、仕事内容は豊富。専門的知識を有するダブルワーカーの場合、クラウドソーシングを活用してスキルを活かした仕事ができます。得意分野のスキルを上げ、さらにキャリアアップしたい方にもおすすめの働き方といえるでしょう。また、業務によってはパソコンさえあれば場所を選ばず作業できるので、時間を効率的に使うことができるメリットもあります。

無理なく収入を安定させたいなら転職も考えよう

収入補填だけでなく、自身のスキルアップや気分転換など、さまざまなメリットがあるダブルワークですが、無理して働いて身体や心を壊してしまっては元も子もありません。ダブルワークを考えている人は、体力的・精神的に余裕があるかどうか自分自身で確かめることが大切です。

「ダブルワークで体調を崩さないか心配」「1つの仕事でしっかり収入を得たい」という人は、転職を検討してみてはいかがでしょう。若年層に特化した就職支援を展開するハタラクティブは、常時1,500件以上の求人をご用意。希望年収や仕事内容、社風など、あなたにマッチした求人を効率よく探すことが可能です。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ