新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

仕事休みたい…ずる休みは会社にバレる?

【このページのまとめ】

  • ・当日に急に欠勤をする「ズル休み」の理由には、体調不調や身内の不幸などが多く使われる
    ・同じ理由を使いまわす、連休明けにズル休みするなど「パターン化」してしまうとバレる可能性が高くなる
    ・会社にバレると信用を失うだけでなく、処分の対象になるケースもあるので注意しよう
    ・本当に休みたいときは無断欠勤を避け、上司に電話で欠勤を伝えよう

「これといった理由はないけど会社休みたい…」と感じた経験はありますか?
また、ズル休みをする時は会社に嘘の理由を伝えますが、嘘がバレたらどうなるのでしょうか。
当コラムでは、会社を休むときによく使われる言い訳や、嘘を伝えることのリスクなどを紹介しています。
正しい休み方を知りたい人の参考になれば幸いです。
 

◆よく使われる休みの言い訳

朝起きて「会社休みたい…」と感じたり、個人的な理由で急な休みが必要になったりと、当日になって仕事を休むことを決めるケースもあると思います。
特に、「なんとなく行きたくない」ときや趣味のためなど、会社にはっきりと理由を言えない場合は適当な理由をつけて「ズル休み」をしたことがある人もいるでしょう。
では、ズル休みによく使われる言い訳にはどのようなものがあるのでしょうか。
 

【体調不良】

一番ポピュラーで汎用性が高い「体調不良」。
突然体調を崩すことは日常的に多いことから、当日の朝に体調不良を理由に休んだとしても会社側もあまり気にしないようです。
また、体調不良の中でも比較的病状の軽い風邪を言い訳にする人が多数。「確実に休める」と考えてインフルエンザなどを理由に挙げてしまうと、診断書の提出を求められる可能性があるので注意しましょう。
 

【家族の急病、怪我】

自分の体調不良であれば診断書の提出が求められますが、家族なら不要なので、身内が事故にあった、怪我をした、体調を崩したなど、家族の急病や怪我を理由にする人もいるようです。
 

【身内の不幸】

結婚式とは違って事前に予測できないことから、身内の不幸もズル休みの言い訳としてよく使われているようです。
しかし、葬儀は日柄を重視するので適切な日柄か確認する、年賀状は出さないなどの注意が必要でしょう。
 

◆嘘がバレたときのリスク

先述のように、ズル休みをするときは嘘の理由を会社に伝えることがほとんどです。
嘘を伝えたところで、「本当に熱があるのか」を確認する企業は少ないため、バレないで休めることも多いでしょう。

しかし、以下の要因でズル休みがバレてしまうこともあるようです。
 

・同じ手を何度も使う(パターン化する)

頻繁に体調不調で休む、身内の不幸が続くなど、同じ理由を何度も使うと嘘がバレる可能性が高くなります。
また、理由が違っても連休明けや雨の日など、ズル休みをする条件が同じ場合も危険といえるでしょう。
 

・SNSへの投稿

最近ではSNSへの投稿がきっかけでズル休みがバレるケースも増えているようです。
上司とSNSで繋がっていないから…と気を抜いて投稿して、同僚から上司にズル休みが伝わることも。

では、嘘がバレてしまうとどうなるのでしょうか。
 

【信頼を失う】

仕事を休んだことよりも、嘘をついたことによって信頼を失う可能性があります。
「あの人は嘘つきだから…」と、重要な仕事を任されなくなるリスクがあるでしょう。
また、本当に体調不調や身内の不幸などで休むときも、「嘘かも…」と疑われるかもしれません。
 

【処分対象になる】

あまりにも欠勤が多い場合は処分対象になるケースも。
処分は減給などの軽いものが中心ですが、悪質と判断されたら懲戒解雇もあり得るようです。
 

◆どうしても休みたいときは…

休みは事前に申請するのが社会人の常識です。
体調不良などのやむを得ない理由を除き、当日いきなり欠勤するのは職場に大きな迷惑をかけてしまうので避けましょう。

しかし、働いていれば日頃の過労や精神的なプレッシャーから「どうしても会社に行きたくない日」もあると思います。
無断欠勤をすると会社から連絡がくるなど、余計な心配をかけてしまうこともあるので、必ず電話で上司に欠勤する旨を伝えましょう。
よく「お休みさせていただく」と伝える人がいますが、「~させていただく」は相手の指示や提案のもとで行動を起こすときに使う表現。
当日の欠勤は上司の指示ではないため、「本日はお休みをいただきます」「お休みします」といった表現が適切です。

ズル休みしたい…と感じるのは、職場や仕事が合っていないことが原因かもしれません。
休みたい日が続くのであれば、転職して働く環境を変えてみてはいかがですか?

転職エージェントのハタラクティブを利用すれば、希望する条件に合った求人を見つけることが可能です。
休日が多い、有給が取りやすい社風など、専任のアドバイザーに希望をお伝えください。
あなたの経歴や適性から判断した求人をご紹介しています。
また、取り扱う求人はスタッフが実際に足を運んで確認しているため、求人サイトでは分かりにくい社内の雰囲気などもお伝えできます!
今の会社が合っていない気がする…という方はご相談ください。ご利用は無料です。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    体験談 一覧

    関連記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION