仕事をズル休みしたい理由とは?バレるリスクや対処法も解説

仕事をズル休みしたい理由とは?バレるリスクや対処法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事をズル休みしたい理由は、「職場環境が合わない」「寝坊」などがある
  • 仕事をズル休みするときの言い訳には、体調不調や身内の不幸などが使われる
  • 仕事をズル休みする理由やタイミングがパターン化するとバレやすくなる
  • 会社にズル休みがバレると信用を失うだけでなく、処分を受けることもある
  • 本当に休みたいときは無断欠勤を避け、上司に電話で連絡しよう

「仕事をズル休みしたい」「これといった理由はないけど休みたい…」と感じたことがある人は多いでしょう。仕事をズル休みしたいときは、嘘の理由であることがバレた際のリスクをしっかり知ったうえで判断することが大切です。このコラムでは、会社を休むときによく使われる言い訳や、嘘がバレる際の原因などを紹介しています。仕事をズル休みしたい気持ちがある場合は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事をズル休みをしたい理由とは

仕事をズル休みをしたい理由とはの画像

「なんとなく仕事に行きたくない」「ストレスが溜まっている」「休みたい私用がある」など、会社にはっきりと休む理由を言えない場合は、別の理由を付けてズル休みをする場合もあるでしょう。

仕事をズル休みしたい理由には、主に「職場環境が合わない」「寝坊」「疲れが残っている」といったものが挙げられます。それぞれの理由について詳しく説明するので、ぜひご覧ください。

職場が合わない

職場が合わないと、仕事へのやる気がなくなりズル休みをしたい気持ちになってしまうでしょう。職場が合わないと感じる背景には、「人間関係が良くない」「やりたい業務内容ではない」といった原因が例として挙げられます。

人間関係が良くない

職場の人間関係が良くないと、働きながらも空気の悪さを感じたり過剰に気を遣ったりして、日々疲れやすい状況になります。そのような環境で長く働き続けることに難しさを感じると、「ズル休みしたい」という気持ちになることもあるでしょう。

やりたい業務内容ではない

入社前に思い描いていた業務内容ではなかった場合、ミスマッチを起こして仕事へのモチベーションを保てずにズル休みをしたくなることがあるようです。業務内容が入社前のイメージや情報と一致していても、自分の適性と合わないと判明した場合も、会社を休みたくなるでしょう。

寝坊

寝坊をして会社の始業時間に間に合わないとき、遅刻について謝罪することを億劫に感じてそのまま会社を休もうと考える場合も。仮病で会社を休めば寝坊したこともバレないため、ズル休みを選択する人が多いようです。

体に疲れが残っている

体に疲れが残った状態だと、「出勤せずにゆっくり休みたい...」と考えるようになるでしょう。長時間労働や不規則なシフトで働かなければいけない場合は、体調管理や規則正しい生活を送るハードルが高いため、ストレスを和らげるためにも休息が必要になるときがあります。

仕事をズル休みしたい心理を分析しよう

仕事をズル休みしたくなったら、自分の気持ちを分析してみましょう。「なぜ休みたいと感じるのか」を具体化することによって、自分が取るべき行動の選択肢を考えやすくなります。場合によっては、長期休暇を取得したり転職したりすることを考える必要があるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事のズル休みに使われる言い訳

ここでは、仕事のズル休みによく使われる言い訳を解説します。注意が必要な部分についても解説しているので、ぜひご一読ください。

体調不良

会社を休みたいとき、汎用性が高い「体調不良」を理由とする方は多いでしょう。体調を崩すことは誰しもがあるため、体調不良を理由に仕事を休んだとしても、あまり気にしない会社は多いようです。また、体調不良のなかでも、「病状の軽い風邪」であると説明する人が多数。「当日の連絡で確実に休める」と考えてインフルエンザなどを理由に挙げてしまうと、診断書の提出が必要になる可能性があるので注意する必要があります。

家族の急病、怪我

家族の急病、怪我を理由に会社を休む人も。自分の体調不良であれば、診断書の提出が求められることがあります。しかし、自分以外の第三者なら不要なことが多いので、「身内が事故にあった」「怪我をした」「体調を崩した」など、家族の急病や怪我を理由にする人もいるようです。

身内の不幸

身内の不幸もズル休みの言い訳としてよく使われているようです。事前に予測できないことから、出勤日当日にいきなり休んでもバレにくいといえます。しかし、葬儀は日柄を重視するので適切な日柄か確認する、年賀状は出さないなどの注意が必要でしょう。

通勤時のトラブル

通勤時のトラブルも、会社のズル休みをする言い訳として使われる理由の一つです。

・電車の遅延
・水漏れやガス漏れなどの自宅でのトラブル
・鍵や財布の紛失
・車やバイクなどの交通手段の故障

たとえば、通勤時に上記のようなトラブルは、会社を休む理由として納得しやすいでしょう。ただし、電車の遅延は調べれば嘘が分かってしまうため、実際に起きた遅延を言い訳にする必要があります。

仕事のズル休みがバレる3つの原因

仕事のズル休みがバレる3つの原因の画像

仕事のズル休みをすると、バレずにやり過ごせる場合もありますが、嘘が会社にバレたり同僚や上司に感づかれることもあります。特に、「同じ手を何度も使う」「SNSへ遊びの投稿をする」「休む頻度が多い」という場合は、ズル休みが発覚しやすいようです。以下で詳しく見てみましょう。

1.同じ手を何度も使う(パターン化する)

頻繁に体調不調で休む、身内の不幸が続くなど、同じ理由を何度も使うと嘘がバレる可能性が高くなります。また、連休明けや雨の日など、会社を休むタイミングがパターン化している場合も嘘を疑われやすいといえるでしょう。

2.SNSへ遊びの投稿をする

SNSへの投稿がきっかけでズル休みがバレることも増えているようです。「上司とはSNSで繋がっていないから…」と休んだ当日に遊んでいることが分かる内容を投稿したり、後日ズル休みをした旨を載せたりすると、同僚から上司にズル休みが伝わることも。スクリーンショットや画面録画といった機能を通して証拠を残されてしまうリスクも考えられます。

3.休む頻度が多い

休む頻度が多いと、「嘘をついてズル休みしているのでは?」と疑われやすくなるでしょう。繰り返し休んでいると、同じ理由を使わざるを得なくなったり、矛盾のある説明をしてしまったりすることがあります。また、休み過ぎは就業規則に沿って指導や処分を受けることになる場合も。給与や評価にも影響する可能性があるので、休み過ぎは危険といえます。

仕事をズル休みするリスク

ここでは、仕事をズル休みするときのリスクをご紹介します。自分のみに関係するリスクだけでなく、周囲の人々に関わるリスクもあるので、ぜひご覧ください。

信頼を失う

仕事をズル休みすると、仕事を休んだことに加え、嘘をついたことによって信頼を失う可能性があります。周囲から「嘘を平気でつく人だ」という印象を持たれたり、重要な仕事を任されなくなったりする場合もあるでしょう。また、体調不調や身内の不幸などが事実であった場合に、「また嘘かも…」と疑われてしまう恐れがあります。

処分対象になる

先述したように、あまりにも欠勤が多かったりズル休みだとバレたりすると、処分対象になる可能性も。処分は減給などの軽いものが中心ですが、悪質と判断されたら懲戒解雇もあり得るようです。懲戒解雇を一度でも受けてしまうと、その後の転職活動は不利になるでしょう。

懲戒解雇については「懲戒解雇が転職に与える影響とは?隠すリスクや再就職成功の方法を解説!」のコラムでも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事へのモチベーションが低下する

ズル休みをすると、仕事へのモチベーションが低下しやすくなります。一度「仕事に行かずに済んだ」という経験をしてしまうと、さらに休みたい気持ちが生まれ、出社自体を億劫に感じるでしょう。ときには休むことも必要ですが、仕事へのモチベーションを保つにはなるべく出社するのがおすすめです。

有休が減る

仕事をズル休みすると、有休の残数が減ります。有休がない状態でズル休みをするにしても、欠勤日数によって給与が減るでしょう。仕事のズル休みに有休を使い続けると、本当に休む必要のある日に有休を使えなくなります。

自分のタスクが溜まる

会社をズル休みすると、欠勤した分のタスクが溜まってしまいます。また、自分の代わりに周囲がタスクを解消することになる場合も。休みたい理由があるときは、周囲への配慮を考え事前に休む日を会社に申請しておくようにしましょう。

ズル休みがバレたら誠心誠意きちんと謝罪しよう

会社をズル休みしたことがバレたら、誠心誠意謝罪をしましょう。「謝罪をすれば処分されない」とは限りませんが、社会人としての礼儀を尽くすのが大切でしょう。また、ズル休みではなくやむを得ない理由があって欠勤した場合も、翌出勤日には周囲に一言挨拶をするのがマナーです。

仕事を休みたい理由を伝えるときのマナーは?

仕事を休みたい理由を伝えるときのマナーは?の画像

休みは事前に申請するのが社会人の常識です。体調不良などのやむを得ない理由を除き、当日いきなり欠勤するのは職場に迷惑をかけてしまうので避けましょう。

もし出勤当日に仕事を休まなければいけないときは、必ず会社に連絡を入れるようにしましょう。欠勤時の連絡や申請方法が規則で定められていない場合は、電話で休む旨を上司に連絡するのがマナーです。

会社を休むときの電話連絡のマナーとは?シチュエーション別の例文も紹介」のコラムでも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

仕事を休みたい日が続くなら

仕事を休みたい日が続くならの画像

仕事を休みたい日が続く場合は、理由によっては職場を変えるほうが良いこともあるでしょう。転職をしたほうが良い職場環境については、「転職するべき?ブラック企業勤務です」のコラムでも詳しく記載しているので、ぜひチェックしてみてください。

今の仕事が自分に合っているか考えてみる

職場環境がブラック企業でなくても、仕事が合っていないとストレスやモチベーション低下の原因になります。「ズル休みしたい」と思う日が長く続くようであれば、今の仕事が自分に合っているか考えてみましょう。

自分に合った仕事を探す一助として、適職診断を活用するのがおすすめです。このコラムの上部に適職診断を設置しているので、ぜひお試しください。1分程度の所要時間で、設問に答えるだけで自分の性格に合った仕事を提案してもらえます。

第三者からの支援を受ける

転職を目指す際は、第三者からの支援を受けるのも選択肢の一つです。就職・転職エージェントに頼れば、現在の会社で働き続けることが難しい原因をもとに、より自分に合った働き方をプロのアドバイザーとともに明らかにできます。長く働き続けるためにも、第三者からの客観的な意見をもらって進路選択をすると良いでしょう。

ハタラクティブは、若年層のフリーター・既卒・第二新卒の就職や転職を支援するエージェントです。自己分析の深掘りから面接対策、企業との選考日程の調整まで、専任アドバイザーが無料で行います。「今の職場よりも自分に合った環境で働きたい」「働くことを楽しく感じたい」とお考えの方は、ぜひハタラクティブにお気軽にお問い合わせください。

仕事をズル休みしたいときの理由に関するQ&A

ここでは、仕事をズル休みしたいときの理由に関するよくある疑問をまとめました。精神的なしんどさを理由に会社を休む際や、ズル休みした結果についても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

会社を休んだらズル休みだと思われますか?

「欠勤=ズル休み」という認識をする企業はあまりないでしょう。繰り返し同じ理由で休んだり短いスパンで何度も休んだりするとズル休みを疑われやすくなりますが、やむを得ない理由のときにのみ休む場合は問題ないといえます。

会社を休む際のマナーは「仕事を休みたいのはこんな時!休むときのマナーとは」を参考にしてみてください。

精神的にしんどくて初めてズル休みをしてしまいました

「精神的にしんどい...」「仕事がきつい」と感じるときは、悩みの原因を明らかにすることが大切です。会社を休むに至った原因を明確化することで、どのような対策を取れば良いかが見えやすくなります。「仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?相談先もご紹介」のコラムを参考に、自分の気持ちを分析してみましょう。

入社1ヶ月の新人で仕事をズル休みしても良いですか?

勤続年数に関わらず、ズル休みをすること自体はおすすめとはいえないでしょう。このコラムの「仕事をズル休みするリスク」でも記載しているように、ズル休みをするにはさまざまなリスクが伴います。また、周囲にも迷惑がかかる可能性があることも認識する必要があるでしょう。

体調不良で当日の朝に欠勤連絡をすると怒られます

理不尽に怒られたり、真っ当な理由を聞き入れてもらえない職場環境の場合、転職を視野に入れるのも一つの手。自分一人で転職をするのが不安な場合は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。専任アドバイザーが求職者一人ひとりの適性に合った求人をご紹介します。

ハタラクティブ
のサービスについて

こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ