1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 靴はどうする?ビジネスカジュアルの基本とは

靴はどうする?ビジネスカジュアルの基本とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・スーツよりカジュアルで、企業訪問をしても失礼にならない服装をビジネスカジュアルと呼ぶ
    ・服と靴の色の組み合わせ次第で印象を変えられるので、なりたい印象に合わせてアイテムを合わせよう
    ・男性なら革靴、女性ならパンプスが基本で、男女ともにサンダルは避けたほうがいい
    ・スニーカーは企業によって許容範囲が異なるため、ビジネスカジュアル指定の面接でも必ず革靴を着用する

スーツの場合は革靴や黒のパンプスを合わせる人が多いと思いますが、自由度の高いビジネスカジュアルを着用したときはどのような靴が良いのでしょうか。
当コラムでは、ビジネスカジュアルの時に合わせる靴について解説。
色や形、避けるべき靴などを紹介しているので、「何を合わせたら良いか分からない…」とお悩みの方は参考にしてください。

◆ビジネスカジュアルの靴選び

スーツよりカジュアルで自由度の高いビジネスカジュアルを採用する企業もありますが、そもそもビジネスカジュアルとはどのような服装を指すのでしょうか。

ビジネスカジュアルとは「スーツほどかっちりしていないカジュアルな仕事着」で、男性の場合はジャケットに襟付きのシャツ、フルレングスパンツを合わせるのが基本とされています。
Tシャツやタンクトップ、デニムパンツなどはビジネスカジュアルに当てはまらないのが一般的で、企業を訪問しても失礼にならない服装をイメージすると分かりやすいでしょう。

組み合わせが自由な分、合わせる靴で悩む人もいると思いますが、靴は服装とのバランスを考えるとコーディネートがまとまりやすくなります。

例えば、ベージュやライトグレーなど明るい色のズボンを着用したときは、足元を暗い色にするとコーディネートに締まりが出て好印象。
ズボンも靴も明るめの色でまとめると、全体的に柔らかい雰囲気を演出することができます。
逆に、スボンも靴も暗い色で合わせると、スマートな印象。

暗い色はかっちり、明るい色はカジュアルな印象になるので、その日の気分や仕事内容に合わせて色を使い分けてみるのもおすすめです。

また、色に関わらずビジネスシーンでサンダルを着用するのは、男女ともに避けましょう。

◆ビジネスカジュアルシューズ:男性編

男性向けの靴をより具体的に紹介していきます。

【革靴が基本】

ビジネスシューズの延長として考えるため、革靴が基本です。
また、革靴には靴紐を通す部分(羽根)が靴と一体化している「内羽根式」と、甲の外に縫い付けられている「外羽根式」があり、内羽根式のほうがよりフォーマルな印象。
スーツを着用するときは内羽根式ですが、ビジネスカジュアルではどちらを使用しても問題ありません。

【デザインは多彩】

デザインによって印象を変えることが可能です。

・ストレートチップ
つま先の部分に一本の横線が入っている靴。
革靴の中で最もオーソドックスで、スーツや冠婚葬祭でも使用できるので1足は持っておきたいデザインです。

・ウイングチップ
羽(ウイング)のような切り替えラインが入っており、全体的にメダリオンなどの穴飾りを施しているケースが多い靴。
ビジネスからプライベートまで活用できる、ファッション性の高いデザインです。

・Uチップ
つま先に「U」の形を施してあるUチップは、ゴルフや狩猟用として活用されてきたのでスーツに合わせることはできません。
しかし、シンプルなデザインなのでビジネスカジュアルとの相性がよく、着用する人は多いようです。

上記以外にも、つま先に飾りのないプレーントゥや紐のないモンクストラップなどもあります。

【スニーカーは要注意】

スポーティーすぎるものはビジネスに相応しくないため、暗い色のレザースニーカーを選ぶなどの配慮が必要です。
シックなデザインであってもスニーカーを許すかは企業の雰囲気によるため、面接は必ず革靴を着用するようにしましょう。

◆ビジネスカジュアルシューズ:女性編

男性に比べて選択肢が多くなる女性用の靴ですが、ビジネスカジュアルに向いているのはどんな靴でしょうか。

【パンプスが基本】

男性の革靴のように、女性はパンプスが基本となります。
ヒールの高さは3~5センチを中心に、最大でも7センチほどに抑えましょう。

【豊富な色】

黒だけでなく、ベージュや茶色、グレー、ボルドーなどの色でも大丈夫です。
服装に合わせて靴の色を変えるのもおすすめです。

【ミュールや素足は避ける】

ビジネスシーンでは、指先が見えるデザイン(オープントゥなど)や足が固定されないミュールは認められていません。
さらに、素足も良くないとされているため、スカートに限らずパンツでもショートストッキングを着用するようにしましょう。


就活をしていると、面接の服装にビジネスカジュアルを指定する企業の選考に進むこともあると思います。
服装や面接時のマナーに迷ったら、就職エージェントのハタラクティブまでご相談ください。

ハタラクティブには、多くの方の就職を支援してきた経験を持つ「就活のプロ」が在籍。
面接にふさわしい服装や立ち居振る舞いなどのマナーを詳しくお伝えします。
さらに、求人を掲載している企業情報にも精通しているため、企業の雰囲気や社員の服装など、求人サイトでは分からないことを知ることも可能。
「どの程度のオフィスカジュアルか知りたい」「面接はスーツで行くべき?」など、就職に関して確認しておきたいことがあればお気軽にお問い合わせください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる