IQが高い人とは?共通する10個の特徴や知能指数を高める方法を紹介

IQが高い人とは?共通する10個の特徴や知能指数を高める方法を紹介の画像

この記事のまとめ

  • IQが高い人とは、知能指数の数値が110から130以上の人を指す
  • IQが高い人には、「理解力が高い」「記憶力が良い」という特徴が見られる
  • IQが高い人は深読みをし過ぎたり、周囲の人への接し方で悩んだりすることがある
  • 新しいことへの挑戦や健康的な生活習慣で、IQを高めることが可能

「IQが高い人って?」「IQを高めるには?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。IQが高いと、論理的思考が得意で頭の回転が速いという傾向があります。IQを高めるには、生活習慣や物事に対する意識を改める方法が有効です。このコラムでは、IQについての概要やIQが高い人の特徴を解説。IQを高めることで仕事に活かせる能力が身につくこともありますので、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

IQが高い人の定義とは?IQとは何か

IQが高い人の定義とは?IQとは何かの画像

IQとは「Intelligence Quotient」の略で、日本語にすると「知能指数」。その人の知能を数字で表したもので、知能検査の表示として用いられています。

IQの算出方法

IQは、「精神年齢÷生活年齢×100」で算出できます。計算式の「精神年齢」とは、心理学者のビネとシモンが作成した「ビネ=シモンテスト」という知能テストから判断するもの。生活年齢は「暦年齢」とも呼ばれ、生まれてからの暦(実年齢)を表したものです。たとえば、ビネ=シモンテストの結果が16歳で生活年齢が14歳なら計算式は「16÷14×100」となり、IQはおよそ114と算出できます。

IQの平均値は?

一般的には、IQの基準値は100とされていて、平均値は90から100ほどです。110から130のIQは優秀と評価されることが多く、130を超えると「非常に高い知能」と判断されます。IQが130以上となると、珍しい数値とされるようです。

なんでもできるとIQが高いのか?

「なんでもできる=IQが高い」というわけではありません。「基準値のIQよりもIQが高い方が何事も成功しやすい」という印象になることが多いですが、得意分野や苦手分野が何かは人によって異なります。「IQが高いと何でもできる」のではなく、「IQが高いと自分の得意分野を熟知しやすく、苦手分野もカバーしやすい」と捉えるのが良いでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

IQの高い人に共通する10個の特徴

IQが高いと、「記憶力が良い」「好奇心が旺盛」「物事の本質を理解するのが速い」といった特徴が見られます。そのほかに共通する、10個の特徴について以下でまとめました。

1.極めて高い記憶力

高いIQを持っていると、平均的なIQ値の人に比べて記憶力が良い傾向があるようです。その理由としては、物事の構造や成り立ちに対する理解・分析を瞬時に行えることが考えられます。

2.論理的で分かりやすい話術

IQが高いと論理的思考が得意な場合が多く、明確な根拠をもとに話すのが特徴の一つ。説明や会話の内容を要約したり、結論を分かりやすく述べたりできるので、説明上手な印象を持たれる傾向にあるようです。

3.何にでも興味を持つ

好奇心が旺盛なのも、IQが高い場合に多い特徴。多くの人が見逃しがちなことにも注目し、理解しようと研究したり調べたりすることが多いようです。偏見や先入観を持たずに、物事の「本質」を求める方が目立ちます。

4.複数同時進行で処理できる

IQが高いと物事の本質をすばやく理解し、効率的な優先順位を判断できます。そのため、効率良く物事を進められるのも一つの特徴です。また、柔軟な思考力や記憶力の良さから、マルチタスクを得意とする方も多いでしょう。

5.短時間で本質が理解できる

先述したように、高いIQを持っていると、論理的な思考で話や物事の本質を素早く見抜く能力に長けている傾向にあります。頭の回転が速く、勉強や仕事においても重要な部分が短時間で分かることが多いので、高い成果を上げられるでしょう。

6.極めて高い集中力

IQが高い場合は、物事に対して熱心に取り組むことが多い傾向です。興味のあることにおいては真意を追求したい意欲が強いため、納得できる結果を得るまで高い集中力を保ちやすいでしょう。

7.読書量が多い

IQが高いと、読書家である傾向が高め。新しい知識を得ることに貪欲なので、読書を趣味とする方は多いでしょう。また、読書量も多いので、蓄積された知識は膨大なことも多いようです。

8.既成概念にとらわれない思考ができる

IQが高い場合は、型にはまった考えを好まない傾向が強いようです。知識量が多く物事の本質を捉える力が高いため、既成概念にとらわれずに思考できるという理由が挙げられます。

9.自分の感情をコントロールできる

自分の感情や状況に左右されない判断を得意としているのも、高いIQを持つ方の特徴です。物事の本質を捉えて論理的に理解できるため、自分の感情と事実を分けて捉えられます。ただし、冷静過ぎるような印象になることも。そのため、「冷たい」「感情が分からない」という性格に思われることもあるようです。

10.自分に厳しくプライドが高い

IQが高いと、ストイックでプライドが高い傾向があるようです。自分に厳しい完璧主義で、妥協しない方が多く見られます。そのため、周りから「自分にも他人にも厳しい」と認識されることもあるようです。

IQが高い状態からでなくとも、「なんでもできる」という印象を持たれる人材になることは可能です。「なんでもできる」人材になりたい方は、ぜひ「『なんでもできる人』は誰にでもなれるチャンスがある」のコラムもあわせてご一読ください。

IQの高い人が抱えている6つの悩み

IQの高い人が抱えている6つの悩みの画像

IQが高いからこそ生じる悩みも存在します。深く考え過ぎたり、恋愛や集団生活で、相手との会話が合わないと感じる方も多いようです。以下でIQが高い場合に生じる苦労についてまとめましたので、ぜひご覧ください。

1.人に先んじてしまう

IQが高いと、物事を考えたり結論を導き出したりするスピードが早いため、周囲よりも先回りして解決することが多いようです。また、好奇心の強さや知識欲の深さから結論を早く知りたがり、結果として周囲と歩調が合わなくなることもあります。

2.他人に教えることが不得意

IQが高い場合は、他人に何かを教えることが不得意な傾向があるようです。物事を瞬時に理解する能力に長けている一方、相手の知識レベルに合わせて考えることが苦手な場合が多いことが原因として考えられます。

3.他人も自分と同じレベルだと思ってしまう

IQが高いと、ときには周囲と自分を同じIQレベルで捉えることも。相手に対しても自分と同等の理解力を求め、周囲が理解できない理由が分からず人間関係で悩む場合もあるようです。

4.深読みをし過ぎる

IQが高い場合、考え過ぎてしまうことも。好奇心が旺盛かつ知識欲が深いことで、物事の本質や結論を理解しようと長い間考え続けてしまうことがあるようです。

5.周囲と会話が噛み合わないことがある

IQが高いと、感情や周囲の顔色よりも理論的に話すことを優先する場合も。そのため、周囲の人は何を考えているのか分からず、会話が噛み合わないこともあります。親しい仲での会話でも、自分の感情より会話の目的や、問題の解決策を話すのが特徴です。

6.自分の気持ちの表現が不得意

IQが高いと、無駄のない論理的思考のもと会話を行う傾向にあるため、「人間らしさに欠ける」「近寄りがたい」といった印象を抱かれることもあるようです。自分の感情は理解しているものの、どう表現して良いか分からずに人間関係で悩む場合もあります。

IQを高める7つの方法

IQを高める7つの方法の画像

IQは先天的な要素だけではなく、日常生活における習慣や意識を改めることで数値を高められることも。食事や運動など健康的な生活習慣を意識すると、IQを上げることが期待できます。以下で具体的な方法をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

1.何にでも興味を持つ

IQを高めるには、脳に刺激を与えることがポイントです。自分の知らない世界を学ぼうとする姿勢によって脳が刺激を受け、IQ向上へと繋がる可能性を秘めています。IQが高い場合によくみられる好奇心旺盛な特徴を参考に、新しい分野にチャレンジしてみると良いでしょう。

2.適度に運動をする

意識的に適度に運動すると、記憶力を高めることが期待できます。ストレッチや有酸素運動など、無理のない範囲で一定期間続けることが大切です。IQが高い場合に見られる高い記憶力は、運動によっても向上します。

3.新しいことに挑戦する

実際に新たなことに挑戦すると、脳細胞の繋がりが強化され、記憶力向上に効果的です。趣味や勉強など、興味がある分野でまだ行った経験のないことにチャレンジすると良いでしょう。積極的に新しいことに目を向けることで、IQを高められる可能性があります。

4.瞑想する

瞑想をすると体と心が落ち着き、脳を休ませるのに効果的です。脳の働きを休ませると情報の整理がしやすくなり、脳の機能を高めることが期待できるでしょう。IQを高めるためには、しっかりと脳を休ませることも大切です。

5.深い睡眠をとる

脳への良い環境づくりに睡眠は欠かせません。ただし、睡眠時間ばかりを多く確保するのではなく、睡眠の「質」が重要なポイント。スムーズな就寝から十分に眠ることで、高いIQになれる可能性があります。

6.ブレインフードを摂取する

ポリフェノールが多く含有される食べ物は認知機能の低下を防ぐといわれており、高いIQの特徴である記憶力の向上に効果的。魚に含まれるDHAも、認知力を高める効果が期待できる食材です。
記憶力を高めたい方は、「記憶力を上げるにはどうしたらいい?記憶の仕組みとは」もあわせて参考にしてみてください。

7.音楽に触れる

子どものIQトレーニングに効果的といわれる音楽ですが、大人もその効果は期待できるようです。クラシックや現代音楽などの芸術音楽に触れることで、IQの数値向上を目指せます。

IQが高い人の特徴を仕事に活かそう

IQが高いと、「高い記憶力」「論理的な考え」「柔軟な発想力」などといった能力を持っていることが多いです。高いIQに見られる特徴は仕事で役立つ能力でもあるので、先述したように、生活習慣の見直しをしてIQの数値向上を目指すのも良いでしょう。
論理的思考力や発想力を高めるポイントを知りたい方は、「問題解決能力を高めたい!ロジカルな考え方で課題を解く方法とは」「地頭がいいと言われる人の特徴とは?意味や鍛え方を解説!」のコラムもぜひご一読ください。

「自分の能力を高められる職場を見つけたい」「自分の特徴を活かせる組織で働きたい」とお考えの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブを活用するのも一つの手です。求人を扱う企業の社風や特色をしっかり調査しているので、自分の要望に沿った転職先を見つけやすいでしょう。納得のいく職場選びができるよう、専任のアドバイザーが丁寧なヒアリングを通して選考通過までサポートするので、ぜひお気軽にご相談ください。

IQが高い人に関するお悩みQ&A

ここでは、IQに関するお悩みをQ&A方式で解説します。高いIQを活かせる職種や高収入を得られるかについてもお答えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

IQを上げるにはどうしたら良いですか?

IQを上げるためには、脳に刺激を与えることが大事です。日常生活や仕事をしながら「なぜその出来事が起きたのか」「どうしたら効率的に進めるか」などを常に考えるようにし、物事に変化を与えることを意識してみてください。日常的に脳を使うことで倫理的思考が養われ、IQを高めることに繋がります。ほかにも、瞑想をしてストレスを減らすことで、脳のパフォーマンスが向上するようになります。

高いIQを活かせる職種は何ですか?

高いIQを持っていると、学者や研究者、医師に向いていることが多いようです。学者や医師は、倫理的思考や、一つの分野を追求し続ける熱心さが求められます。ほかにも、大学教授やクリエイターなど、柔軟な発想や型にとらわれないアイディアが必要な職種に就く場合が多い傾向にあるでしょう。クリエイティブな仕事に就く適性について気になる方は、「クリエイティブ職の適性とは?仕事内容や未経験からの転職方法もご紹介」のコラムもチェックしてみてください。

IQが高い=高収入ですか?

IQが高い=高収入であるとは言い切れません。しかし、就く職種によっては高収入を狙うことは可能です。高いIQを活かせる職種でもある学者や医師は、比較的給与が高い傾向にあるため、高収入を得られる可能性があります。「高収入の仕事に転職するには?高収入業界・職種の傾向」では、高収入を得られる業界・職種について詳しくご紹介しているので、ぜひご一読ください。

IQが高いと就職に有利ですか?

IQが高いからといって就職に有利であるとは限りません。職種・業界によっては、スキルや人柄を重視する場合もあるためです。IQの高さを活かせる職種に就きたい場合は、専門機関に相談しましょう。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがあなたに合った仕事をご紹介します。未経験でもOKな求人も多数ご用意。サービスの利用は無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ