配偶者の扶養義務の書き方は?記入時の注意点を解説

配偶者の扶養義務の書き方は?記入時の注意点を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・採用担当者は、扶養家族の有無を見て保険や手当などの必要性を判断している
    ・配偶者が扶養の範囲内で働いていたり専業主婦(主夫)の場合ば扶養義務は「有」、扶養を外れていれば扶養義務は「無」になる
    ・履歴書を提出する本人が扶養されている場合は、配偶者の扶養義務は「無」に◯をつけよう
    ・扶養家族数の欄は、配偶者を除く人数を記載するケースもあるため注意が必要

転職などで履歴書を作成するときに、「配偶者の扶養義務」という欄で迷った経験のある方もいると思います。
配偶者がいる場合、どのようなケースで扶養義務が発生するのかご存知ですか?
当コラムでは、扶養義務を問う理由や、配偶者が働いている場合の扶養義務について解説。
履歴書作成の際に参考にしていただければ幸いです。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書の「配偶者の扶養義務」とは?

履歴書には、扶養家族について記載する欄があります。

 
扶養家族数

自分以外の扶養家族(生活において金銭面で助けてもらう必要のある人)の人数を記入します。
子供は無収入のため扶養家族にあたりますが、配偶者の扶養に入っている場合は重複になるため人数には含めません。
また、「扶養家族数(配偶者を除く)」と書いてあるケースもあるため、記入の際には注意しましょう。

 
配偶者の有無

結婚している場合は「有」に◯をします。
未婚の方や離婚をした方は「無」に◯をしましょう。

 
配偶者の扶養義務

「扶養が必要な状態」の場合は扶養義務が発生するため、配偶者が扶養家族の場合は「有」に◯をします。
ちなみに、「配偶者の扶養義務」は「配偶者」にかかる質問のため、配偶者がいない方はどちらにも◯は付けずに未記入で提出しましょう。

配偶者が働いている場合は注意が必要

近年、共働き家庭が増えていますが、配偶者が働いている場合の扶養義務はどうなるのでしょうか。

 

配偶者が扶養内で働いている場合

配偶者が働いているが扶養家族の場合は、扶養義務「有」に◯をします。
配偶者が年収130万以下、被保険者の年間収入の2分の1未満の場合は、働いていても扶養家族に入れることが可能。
保険料などの面でメリットがあるため、該当する場合は忘れずに記載しましょう。

 

配偶者が扶養から外れている場合

配偶者が働いており、年収130万以上かつ被保険者の年間収入の2分の1以上で扶養から外れている場合は、配偶者自身で社会保険などに加入しています。
扶養義務は発生しないため「無」に◯をしましょう。

 

結婚後に、妻が夫の扶養範囲内で働くケースが多いため、選択の際は注意が必要です。

 

また、自分が扶養されている場合(すでに扶養家族になっている人がパートなどに履歴書を出す場合)は、配偶者の扶養義務は発生しないため「無」に◯をしましょう。

 

扶養義務の有無を問う理由

企業は、なぜ応募者に対して扶養義務の有無を問うのでしょうか。

 

採用担当者は、扶養家族欄を参考に健康保険や家族手当などが必要かどうかを判断しています。
履歴書のなかでも目立ちにくい欄ですが、採用後の事務手続きに関わる大切な項目。
扶養家族がいることが転職のネックになるなど、合否に関わることはほとんどないため、正直に記入しましょう。

 

扶養家族欄以外にも、履歴書作成で困ったことがあればハタラクティブまでご相談ください!
基本的な履歴書の書き方や効果的な自己PRまで、転職に関する書類作成をサポート。
採用担当者に伝わるコツを押さえながら、あなたの強みをアピールできる書類を作ることができます。
さらに、書類提出や面接の日程調整はスタッフが代行するため、在職中でもスムーズな転職活動が可能
なかなか書類審査を通過しない方や、転職のスケジュール管理が苦手な方はぜひご利用ください。

配偶者の扶養義務の書き方に関するお悩みQ&A

履歴書にある配偶者の扶養義務欄はどのように書けばいいか分からないといった方も多いでしょう。ここでは、配偶者の扶養義務の書き方に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

 

扶養家族は誰までが対象になりますか?

扶養家族の対象となるのは、生計を一にしている配偶者と親族、県や町から託されている里子や高齢者の方などです。ただし、配偶者の場合は、法律上で婚姻関係が認められていることが条件となるため、同一生計で共に暮らしている内縁関係の夫婦は対象外となります。「「扶養家族」は誰までが対象?選考に影響はある?」では、詳細について紹介しています。

独身の場合はどのように書けばいいですか?

独身の場合だと、配偶者「無」、配偶者の扶養義務「無」と記入します。独身であっても同居もしくは仕送りをしている親族がいて、生活費の仕送りや負担をして親族の生計を支えている場合には、扶養家族数に含めることができます。「履歴書の扶養家族数って?定義と書き方を紹介!独身や共働きの場合も解説」では詳細について紹介しているので、確認してみてください。

高齢者が対象外になると聞きました

75歳以上の方は、後期高齢者医療制度の適用対象者となり、扶養家族に含まれないため注意が必要です。対象となる扶養家族に関しては、「扶養者とは何を指す?徹底解説」で詳しく紹介しているので、一度目を通してみてください。

配偶者や扶養家族がいない場合は空欄でも大丈夫ですか?

配偶者や扶養家族がいなくても必ず有無を記入しましょう。空欄のまま履歴書を提出してしまうと、面接官からは記入漏れであると判断される可能性もあります。履歴書は空欄を作らずに提出するのが基本です。履歴書の作成に関して疑問があれば、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION