新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書の経歴を詐称するとどうなる?

履歴書の経歴を詐称するとどうなる?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・就活や転職などで、経歴詐称を行ってしまう人がいる
    ・リファレンスチェックや社会保険の手続き、源泉徴収票など、経歴詐称がバレる要因はたくさんある
    ・経歴詐称がバレたときには、不採用、内定取り消し、懲戒解雇などリスクが高い
    ・嘘をつき続けることは難しく、バレない保証はどこにもない
    ・嘘をついたり、無理をしたりして働くよりも、本当の自分を評価してもらう方が良い
    ・経歴やスキルに自信がないからといって、経歴詐称は絶対にしてはいけない
    ・ハタラクティブには、ポテンシャル採用の求人も多いため、経歴に自信がない人におすすめ

就活生や転職活動中の人の中には、「どうしてもこの会社で働きたい!」という強い気持ちや、「何社も不採用でどうしていいかわからない」と不安を持つ人も多いでしょう。
一部では、少しでも有利にしたいがために、経歴詐称を行ってしまう人もいるようです。
実際、履歴書の経歴を詐称することは可能なのでしょうか。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

経歴詐称はここからバレる

企業側が職歴について知る方法は、履歴書や職務経歴書だけと思っている方も多いかもしれません。
そう思って、経歴の詐称を安易に行ってしまう人がいるのも事実と言えるでしょう。
企業側は、会社のためにより良い人材を集めたいと思っているため、履歴書などを元に調査を行う場合も。
経歴詐称がバレる原因を以下にまとめてみました。

リファレンスチェック
リファレンスチェックとは、身元や経歴の照会という意味で使われている言葉です。
中途採用のときに、応募者の前の職場の上司や同僚に、応募者の人柄や職務態度、実績などを問い合わせるもの。
書面だけではわからないことを調査するほか、経歴の確認という意味でも行われます。
採用する側のリスクを減らすため、外資系企業でよく行われているリファレンスチェック。
近年では、国内企業でも実施している企業が増えているようです。
リファレンスチェックには、応募者がリファレンス先を指定する場合と、企業側がリファレンス先を探す場合の2種類があります。

前職調査
企業側が専門の調査会社に、応募者の前職調査を依頼するというケースも。
個人情報保護や金銭がかかるという面から、前職調査を行う企業は少なくなっているものの、調査によって詐称が明らかになるケースもあります。

人的要員
応募先企業と前職が取引先同士だったり、取引先の取引先だったり、思わぬところで繋がってしまう場合も。
応募者の前職の企業に、たまたま知り合いがいたことから、詐称が発覚したというケースもあるようです。

話の内容に矛盾がある
経歴詐称をするということは、面接で質問された場合にも、嘘をつくということになります。
綿密に計算したつもりでも、話の内容に矛盾が生じてしまうこともあります。

社会保険の手続き
社会保険の手続きをするときには、雇用保険被保険者証と年金手帳を提出します。
雇用保険被保険者証や年金手帳から、前職の企業名や加入日、退職日などがバレてしまうこともあります。

源泉徴収票
転職の際は、年末調整などの関係で前職の源泉徴収票を提出することがあります。
源泉徴収票には、退職した日付が記載されています。

卒業証書や合格証の提出を求められる
転職の場合でも、卒業証書や成績証明書などの提出を求める企業も。
また、専門的な資格が必要な場合には、合格証や資格証の提出を求められることもあります。

前職の役職に対して能力が明らかに足りない
転職を有利にしたい、高収入を得たいという気持ちから役職を詐称する人もいます。
同じ役職やそれ以上の役職に配属されたとき、仕事ができなければ疑われる原因になります。

もし経歴詐称が明らかになったら?

上の項目でもご紹介したように、バレずに経歴詐称をすることは難しいでしょう。
では、実際にバレてしまったときには、どうなってしまうのでしょうか。

選考途中でバレてしまったときには、もちろん不採用になるでしょう。
内定後であれば、内定を取り消しされることが考えられます。働き始めてからバレたときには、懲戒解雇になる場合も。

懲戒解雇処分を受けた場合、再就職が不利になるという影響が出ます。
もし解雇にならなかったとしても、嘘をついていたという事実は残り、上司や同僚の信頼を失うことも。
結果的に職場にいづらくなってしまうこともあるでしょう。

経歴の詐称は絶対にやめよう

経歴の詐称が簡単だという人もいますが、バレない保証はどこにもありません。
バレたあとのことも考えると、非常にリスクが高い行為だと言えます。
自分を偽って入社できたとしても、その後もずっと嘘を隠し通さなければいけません。

嘘をつき続けるのは難しく、メンタル面に影響を及ぼすことも。
また、知識や経験、実力が足りず、業務に無理を感じてしまう場合もあります。
そのため、本当の自分や実力を評価されて入社した方が、働きやすい環境を手に入れることができると言えるでしょう。
職歴に自信がない人は、転職エージェントに相談するのも1つの手段です。

「フリーター歴が長い」「正社員経験がない」というお悩みを抱えている方は、是非ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、既卒、フリーターや第二新卒など、若年層に特化した就職・転職活動支援サービス。
人柄重視やポテンシャル採用など、未経験OKの求人情報を多数取り揃えています。
書類作成や面接の際には、あなたの人柄や強みを引き出し、さらに上手にアピールするお手伝いをいたします。
サービスの利用は無料で、メールやチャットツールでの相談も可能なので、お気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ