転職エージェントは使わない方がいいって本当?仕事探しの方法を解説!

転職エージェントは使わない方がいいって本当?仕事探しの方法を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 自分のペースで転職活動をしたい人は転職エージェントを使わない方がいい
  • 転職エージェントを使わないと、選考対策を受けられないなどのデメリットが生じる
  • 転職エージェントを使うと、希望に合った求人や非公開求人に応募できる可能性は高まる
  • 転職エージェント以外にも、企業に直接応募するなど仕事を探す方法はいろいろある

転職を検討したときに、自分で求人を探す以外に転職エージェントを活用する人もいるでしょう。転職エージェントのサービスや利用方法がよく分からずに、「転職エージェントは使わないほうがいいのでは?」と考えている方に向けて、サービスをうまく使う方法をお伝えします。
転職エージェントを使わなくても転職することは可能ですが、上手に使用することでより満足度の高い転職が叶うことも。コラムを読んで、自分に合った転職方法を見つけてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

転職エージェントは使わない方がいい?

転職活動において転職エージェントを使った方がいいのか、使わない方がいいのかは、個人によって異なります。自己分析や企業探しといった転職準備を一人で進められたり、特定の企業や仕事に絞って転職活動を行っていたりするなら、エージェントを使用しなくてもいいでしょう。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職を希望する人と人材を求めている企業の仲介役として、転職者と企業をマッチングさせて転職の支援を行うサービスのこと。業界・企業ごとの求人動向や転職に関する知識・ノウハウを転職希望者に提供し、転職活動を包括的にサポートします。
転職エージェントについては「転職エージェントにはどんな相談ができるのか」でも解説しています。

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴

以下の条件を満たしているなら、転職エージェントを無理に使う必要はありません。

・自分に合った求人を探すことができる
・自分で企業の求める人物像を把握し適切な対応ができる
・自分で必要書類を用意でき面接対策もできる
・転職市場における自分の価値を把握している
・自分で転職するまでのスケジュール管理ができる
・転職したい会社が決まっている

ただし、これらの条件を全て満たしているからといって、転職エージェントを使っていけないわけではありません。利用することで、より充実した自己分析や書類ができたり、自分では見つけられない求人に出会えたりと、より満足できる転職を叶えることもできます。転職エージェントを利用するか迷うなら、利用のメリット・デメリットをしっかりと理解して、自分にとって利用価値があるか判断してください。

転職エージェントを使わない方がいい4つの理由

転職エージェントを利用すれば、利用者登録や面談などでエージェントに出向く必要が出てきます。求人サイトや企業への直接応募に比べて、手間がかかるのはデメリットといえるでしょう。また、エージェントによっては信頼性に欠けたり、希望の会社や仕事の求人を持っていなかったりすることもあります。

1.信頼できないエージェントが存在している

転職エージェントのなかには、利益を優先してしまい転職者に寄り添わないサービスがあるのも事実です。転職エージェントのビジネスモデルは「企業と転職希望者で雇用契約が成立したら、起業から転職エージェントに紹介手数料が支払われる」という形。そのため、無理にでも転職者を就職させて紹介手数料をもらうエージェントもあると考えられます。相談に行ったら満足に話を聞かないまま求人を紹介された、相談に行ったその日に応募を迫られたといった場合は利用を控えたほうが安心です。

2.転職エージェントはコストがかかるので内定がでにくい

転職エージェントを利用するのと、直接自分で企業に応募するのとでは、直接応募のほうが採用されやすいと考える方もいるようです。転職エージェントを通して人材を採用すると、企業はエージェントに紹介料を支払わなければいけないことが要因のようですが、直接応募のほうが採用されやすい事実はありません。
確かに人材採用にあまりコストを掛けたくないと考える企業もあるでしょう。しかし、エージェントを通して応募してきた人材に対して、「エージェントが自社に合うと判断した」「双方の希望や理念が一致しているので早期離職の心配が少ない」など高い評価をつける企業があるのも事実。また、紹介料のコストを気にする企業ははじめから転職エージェントの利用を控えるとも考えられます。

3.転職エージェントで扱えない求人がある

求人募集を出していない企業に転職したい場合は、転職エージェントを利用しても意味がありません。転職エージェントは多くの企業の求人を持っていますが、扱えない求人があるのも事実です。特に、エージェントを利用しなくても多数の応募が来る大企業や有名企業、採用にコストをかけられないベンチャー企業やスタートアップ企業などは、エージェントの求人に出ない可能性が高め。そのほか、非営利団体(NPO)や非政府組織(NGO)、学校法人などの求人も扱っていないことが多いようです。
ただし、転職エージェントのなかには「ベンチャー企業に強い」など扱う求人に対して特徴を持っていることも。利用の前に、どんな転職を叶えたいのか、ある程度は考えておく必要があります。

4.転職エージェントの利用には面倒なことが多い

転職エージェントを使うと、いろいろと面倒なことが多いから利用しない方がいいという意見もあるようです。
確かに、転職エージェントを利用するためには、最初に電話などで連絡をして、指定された場所などに出向く必要があります。Web上で書類作成や応募が完結するサービスが増えているため、面倒と思う方も多いのでしょう。しかし、近年では遠方の利用者や感染症対策の一環として、オンラインで面談を行っているエージェントも増えています。対面で転職について相談できるのはエージェントの強み。対面や細かな連絡が苦手なら、エージェント側に利用方法について相談することもできます。転職エージェントの利用方法に関しては、「転職エージェントのおすすめ活用法!複数使うべき?面談はどうする?」のコラムでも詳しく述べています。利用を悩んでいるなら一度目を通してみてください。

転職エージェントは使わない方がいい?利用しないメリットとデメリット

転職エージェントを使わない場合、自分のペースで転職活動ができるメリットがあります。そのいっぽうで、自分の市場価値を見極められない、書類や面接の練習ができないといったデメリットも。冒頭でも述べたように、転職エージェントを使うか使わないか、どちらが良いかは人によって異なります。使わない方がいいメリットとデメリットから、自分は転職エージェントを使うべきか判断してみましょう。

転職エージェントを利用しないメリット

・自分のペースで転職活動が出来る
・転職の幅が広がる
・エージェントの都合やスキルに左右されない

転職エージェントを利用すると、基本的にはアドバイザー側が転職のスケジュールを主導することに。希望を伝えて求人を探してもらうなど、転職活動が受け身になりやすく、自分のペースを大切にしたい人はやりづらさを感じるでしょう。
また、エージェントが保有する求人からしか紹介されないため、エージェントに任せてしまうと「直接応募しかできない求人」など応募先の幅が狭まる可能性も。転職エージェントも企業として成り立っているため、時期によっては強めの紹介をされたり、新人のアドバイザーが担当になったりとエージェント側の都合に左右されることもあるでしょう。

転職エージェントを利用しないデメリット

・自分の市場価値が分からない
・企業の内部情報が分からない
・エージェントの非公開求人に応募できない
・企業との条件交渉に手間取る
・書類や面接の対策ができない

転職エージェントを利用すると、これまでの経験やスキルからアドバイザーが市場価値を判断してくれます。市場価値とは、「転職市場における価値」のこと。スキルや実績、経験を持つ人材は市場価値が高いとされていますが、需要と供給で決まるため、自分で「◯◯の経験があるから」と市場価値を判断することは難しいでしょう。エージェントを利用して市場価値を知れば、転職によって年収や待遇が上がる可能性が高まります
また、エージェントのほとんどが扱う求人の企業情報に詳しかったり、登録者にしか紹介しない「非公開求人」を持っていたりします。さらに、入社に向けた条件交渉もアドバイザーが代行してくれる点も、転職エージェントを利用するメリットになるでしょう。
エージェントを使わないと、書類や面接の対策を行えないのもデメリットです。特に転職に慣れていなかったり、周囲に相談出来る人が少なかったりする場合はエージェントの利用がおすすめ。企業ごとの対策を提案してくれるエージェントもあるので、うまく活用しましょう。

転職エージェント以外で仕事を探す4つの方法

転職エージェント以外で転職情報を探すなら、ハローワークや求人サイト、企業のコーポレートサイトが挙げられます。
転職エージェントは使わない方がいいかな、と考えている方は、下記の方法で求人を探してみましょう。

1.ハローワークを利用する

ハローワークとは、厚生労働省が主導で運営を行っている公共職業安定所の通称。仕事を探す人なら誰でも無料で利用できます。求人探し以外にも、職業相談や書類の添削、面接練習など、転職エージェントと同様に総合的なサポートを行っています。
ハローワークで扱う求人は、その地域の企業が多い点が特徴。また、政府主導機関のため手数料がかからず、扱う求人数も圧倒的です。しかし、掲載が無料のためブラック企業などの求人が紛れていることもあるので注意が必要でしょう。ハローワークの基本については「ハローワークとはどんなところ?サービス内容と利用の流れを解説!」のコラム、ハローワークと転職エージェントのどちらを利用すべきか悩んでいる方には、「ハローワークor転職エージェント?」をご覧ください。

2.求人サイトを利用する

求人情報をまとめて掲載している求人サイトも、転職先を探すツールです。勤務地や職種など希望条件で絞り込んで探せるので、効率よく転職先を見つけられるのが利点。サイトによっては選択した企業に一括応募できたり、サイト上で書類作成ができたりといったサービスを設けています。
短期間で転職したい、条件から転職先を探したいといった方に向いているでしょう。

3.企業のWEBサイトから直接応募する

企業のコーポレートサイト内の「採用ページ」から応募する方法。いわゆる直接応募です。求人サイトや転職エージェントなどの媒体を使用せずに、直接応募だけで求人をかける企業もあるので、気になる会社があれば一度は採用情報を確認しておきましょう。

4.リファラル採用を活用する

リファラル採用は縁故採用とも呼ばれていて、会社関係者からの紹介で採用活動を進める方法のこと。採用コストがかからない、事前に企業情報を伝えられる、離職に繋がりにくいなど企業と求職者の双方にメリットがあります。転職を考えたら、周囲の人に相談することがリファラル採用につながるでしょう。「縁故採用ってなに?メリット・デメリットとは」のコラムで詳しく説明しています。

転職エージェントを使わないで成功させるには

転職エージェントを使わないで転職活動を行う場合、「転職の条件の明確化」「十分な自己分析」「転職活動の期限設定」が成功のポイントになります。

1.自分が転職先に求める条件を明確にする

自分一人での判断が必要になる転職活動においては、転職先に求める条件を明確にしてから計画的に行動することが重要です。
条件が曖昧なままだと、転職が失敗に終わる可能性は高まるでしょう。まずは転職の目的や条件を全部紙などに書き出してみてください。目的がぶれることなく転職活動を進められれば、失敗する確率を下げられます。

2.自己分析をしっかり行う

自分一人で転職活動を行うときには、自己分析をしっかり行うことが大事です。自分を客観的にみることができない方は、家族や知り合いに協力してもらいましょう。
自己分析を行えば、自分のスキルや経験を明らかにできます。転職エージェントを使わなくても、市場価値を確認して見合った転職先を見つけることができるでしょう。市場価値で悩んだら、「自分の市場価値はどのくらい?転職時に求められるスキル」のコラムも参考にしてください。

3.期限を決めて転職活動を行う

自分一人で転職活動を行う場合は、どうしてもマイペースになりがち。「いい求人が見つかったら」など明確な目標のない転職活動は長引きやすく、転職に対して興味や熱意を失ったり、転職活動に疲れて条件を妥協してしまったりする要因になります。
あらかじめ「半年以内」「◯月まで」と転職活動の期限を決め、メリハリを持って取り組むのがおすすめです。もし期限内に転職できなかった場合は、その時点で本当に転職が必要なのかを良く考えてみましょう。
無理に活動を継続しても、良い結果につながらないことも。一旦転職活動はストップするという選択肢もあります。

数ある転職エージェントのなかで、どれを使えばいいか悩んでいるならハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブは、20代を中心とした若年層の転職に強いエージェント。若年層特化型なので、「未経験歓迎」「経験不問」「学歴不問」といった求人を多く扱っているのが特徴です。また、転職活動や就職活動に不慣れな方に向けて、応募先企業ごとの対策をご提供。書類の書き方や面接での対応など、基礎からしっかりサポートいたします。
もちろん、企業とのやり取りも担当アドバイザーが代行。書類提出の期日や面接の日程、入社日や雇用条件などはアドバイザーにお伝え下さい。
転職するか悩んでいる、自分にはどんな求人が紹介出来るか知りたいなど、転職を決意していないフェースでのご相談も歓迎です。ぜひ一度お問い合わせください。

関連タグ

  • arrow