1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 28歳の転職は有利?転職適齢期と転職成功のコツ

28歳の転職は有利?転職適齢期と転職成功のコツ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・20代後半の転職は、企業の採用ニーズが高く有利になるケースが多い

    ・転職の難易度は個人のスキルによるので、年齢的なリミットがあるとは限らない

    ・年齢が若いほど柔軟性が高く、異業種への転職が有利になる

    ・自分の能力を過信したり、企業研究が不十分だったりすると転職失敗のリスクが上がる

転職を考える際に「転職適齢期」を気にする人は多いと思います。

30歳を目前にした28歳での転職は、年齢的に早いのでしょうか、それとも遅いのでしょうか?

コラムでは一般的に言われている転職の年齢リミットについて解説し、28歳の転職を成功させるポイントについて解説していきます。

◆28歳の転職は需要がある?

20代後半はある程度のスキルが身につき、企業の採用ニーズが高い年齢と言われているため、有利になることが多いようです。

企業の採用が活発な第二新卒よりも少し上の年齢になりますが、その分の職務経験をアピールできるでしょう。大卒で新卒入社した人であれば約5年の勤務経験があるので、ある程度の業務に対する専門的知識と成功経験を持っている場合がほとんど。

社会人としてのマナーはもちろん、組織で働くために必要な調整力や基本的なPCスキルなどは持ち合わせている点が、企業にとっての価値になります。

◆転職できる年齢にリミットはある?

世間一般には35歳くらいまでに転職したほうが良いという意見がありますが、その背景には、「若いほうが覚えが早い」「固定観念がなく前職の社風に染まり切っていない」などの理由が挙げられます。

また、上司になる人の年齢や部署のメンバーの年齢的なバランスを考慮して、できるだけ若い人材を雇用したいという会社側の考えもあるようです。

20代後半はキャリアと若さのバランスがとれた年齢であるため、転職には大きなチャンスがあるといえるでしょう。

よく言われる「転職のリミット」ですが、実際には年齢というよりも本人のスキルや経験による部分が大きいでしょう。40代であっても専門スキルが高かったり、マネジメント能力が高かったりして、企業ニーズの高い人材は存在します。

ただ、20代は若さを武器にできる年齢なので、転職に有利といわれることが多いようです。

◆異業種への転職は若い方が有利

広く捉えると転職にリミットはありませんが、未経験分野への転職は若い方が有利なのは確かです。その理由は上記でご説明したのと同様、若い方が仕事を覚えるスピードが早く社風にもなじみやすいので、企業側にとって扱いやすく、本人にとっても負担が少ないから。

なので、未経験分野へのキャリアチェンジを考えている方は早めの行動をとるのがおすすめ異業種への転職では場合によっては給与ダウンを覚悟しなければいけませんが、28歳という年齢は希望の仕事に就く大きなチャンス

20代であればポテンシャルや意欲が評価されますし、業種が違うとはいえ、基本的なビジネススキルや前職と共通して活かせる能力をアピールできます。

◆転職に失敗する原因を知ろう

転職を成功させるためには、失敗の原因を知ることも有効です。

よくある転職失敗の原因を挙げていくので、チェックしてみましょう。

・目的なく転職活動を始めている

・自分の能力を過信している

・企業研究ができていない

・面接で自分の希望(都合)ばかりを伝えてしまう

転職活動では何よりも「なぜ転職しようとしているのか?」という目的を持つことが重要です。今の職場に不満があって転職する人が大半だと思われますが、転職で何を実現したいのかが明確になっていますか?


企業に求める条件を明らかにすることで転職の軸ができ、多くの求人の中から自分に合った仕事(職場)が浮かび上がってきます。

反対に軸がないと「給与がいいからこっちの企業がいいかな」「残業が少ないからあっちの企業がいいかも」と目移りしてしまい、働き始めてから「自分には合っていなかった」と後悔する可能性があるでしょう。

現状に不満があるのは当たり前かもしれませが、転職では逃げるように他の会社に入るのではなく、「では次はどうなりたいのか?」を考えた上で企業探しをすることが大切です。


また、企業探しでは「自分の入りたい企業」だけでなく、自分の能力がどの程度かを考える必要があります。スキルが充分でないのにレベルの高い求人に応募しても内定は難しいですし、採用されたとしても入社後力不足で苦労するかもしれません。転職を成功させるには、企業を見るだけでなく、転職市場での自分の価値がどれくらかを冷静に判断しましょう。

企業へのアピールは、ただ単に自分の強みを並べるのではなく、相手の企業が欲しがっている人物像をとらえた上でそれに沿ったスキルや能力をアピールしましょう。そのためには事前に企業研究をし、企業側のニーズや詳しい仕事内容について知る作業が不可欠。企業についてきちんと理解すれば、入社後のミスマッチを防ぐこともできます。

転職では「次こそはこんな職場で働きたい」という希望が強くなりますが、だからといって自分の都合ばかりを考えた発言は面接官に響きません。

志望動機で「福利厚生が充実していたから」と言ってしまうと、「働くこと自体に関心がないのでは?」と思われてしまいます。待遇や条件を重視した転職活動が悪いわけではありませんが、面接では企業側の目線を考え、自分がどれだけ職場に貢献できるかという観点でのアピールを行いましょう。

◆エージェントを使って転職活動を成功させよう!

28歳は転職しやすい年齢と言えますが、同年代で転職を考えはじめるライバルも多いことが考えられます。

転職理由や志望動機をしっかりと準備して、明確にアピールすることが大切です。

自己PRの方法が分からないという人は、転職エージェントの利用がおすすめ。

20代の就職・転職サポートサービスを行うハタラクティブでは、求人紹介をはじめ、スケジュール調整、入社後のフォローなど、さまざまなサービスを提供しています。

転職活動が初めての方にも、就活アドバイザーがマンツーマンで対応。

就活の悩みや疑問がある方は、ハタラクティブで徹底的に解決してみてはいかがでしょうか。

面接のコツや応募書類の作成方法などについてもアドバイスしていますので、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる