転職の適齢期はいつ?失敗する原因と対策方法について解説!

転職の適齢期はいつ?失敗する原因と対策方法について解説!の画像

この記事のまとめ

  • 転職の適齢期は、ある程度のスキルが身についている20代後半といえる
  • 転職の難易度は個人のスキルによるので、転職の適齢期を気にしすぎる必要はない
  • 年齢が若いほど成長性や将来性を評価されやすく、異業種への転職が有利になりやすい
  • 転職成功のコツは、「自分の能力を客観的に把握する」「企業研究をしっかり行う」など

「転職の適齢期は何歳ぐらい?」と気になる人は多いでしょう。もし、将来的に転職も視野に入れている場合は、できるだけ早く行動に移すのがおすすめです。このコラムでは、転職の適齢期や何歳までなら可能かについて解説。また、異業種や未経験での転職を成功させるコツや、失敗する原因とその解決策についてもまとめています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職の適齢期はいつ?

一般的に、転職の適齢期は27~29歳ぐらいといわれています。20代後半はある程度のスキルが身につき、企業の採用ニーズが高い年齢といわれているため、有利になることが多いようです。企業の採用が活発な第二新卒よりも少し上の年齢になりますが、大卒で新卒入社した場合であれば約5年の勤務経験を積んでいることになります。業務に対する専門的知識と成功経験をある程度持っている分、職務経験をアピールできるといえるでしょう。また、社会人としてのマナーはもちろん、組織で働くために必要な調整力や基本的なPCスキルなども、転職活動でのアピールポイントになる可能性があります。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職できる年齢にリミットはある?

一般的には、35歳くらいまでに転職したほうが良いという意見があるようです。その背景としては、「若い方が覚えが早い」「固定観念がなく前職の社風に染まり切っていない」などの理由が挙げられます。また、企業によっては、上司になる人の年齢や部署のメンバーの年齢的なバランスを考慮して、できるだけ若い人材を雇用したいと考えることもあるようです。その点で、20代後半はキャリアと若さのバランスがとれた年齢であるため、転職には大きなチャンスがあるといえるでしょう。ただし、40代であっても専門スキルが高かったり、マネジメント能力が高かったりすれば、企業ニーズは高いようです。「転職のリミット」は、年齢というよりも本人のスキルや経験による部分が大きいといえるでしょう。

異業種への転職は若い方が有利

転職にリミットはありませんが、未経験分野への転職は若い方が有利なのは確かです。前述のとおり、年齢が若い方が「仕事を覚えるスピードが早く社風にもなじみやすい」と評価されやすい傾向にあります。そのため、未経験分野へのキャリアチェンジを考えている場合は、早めに行動するのがおすすめ。異業種への転職では、基本的なビジネススキルや前職と共通して活かせる能力をアピールすると良いでしょう。異業種への転職を成功させるコツについては、「異業種への転職は若いほど有利?転職しやすい職種とは」でもまとめているので、参考にしてください。

20代であれば意欲や熱意が評価される可能性がある

20代~30代の若年層であれば、スキルではなく成長性や将来性を評価されることで、未経験の職種に挑戦できる可能性があります。この採用方法を「ポテンシャル採用」といいます。ポテンシャル採用を行う企業の中には、入社後にOJTなどの研修を用意している場合もあり、異職種を希望しているならおすすめの方法です。ポテンシャル採用については、「ポテンシャル採用とは?何歳まで適用される?重視されるポイントを解説」でも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

転職に失敗する原因と対策を知ろう

転職を成功させるためには、失敗の原因を知ることも大切です。以下では、転職活動でよくある失敗の原因と対策方法をご紹介します。

転職活動の目的がはっきりしていない

転職活動では、「なぜ転職しようとしているのか?」という目的をしっかり持つことが重要です。「今の職場に不満がある」「ほかにやりたいことがある」など、転職で何を実現したいのかを明確にしておきましょう。企業に求める条件を明らかにすることで求人を選ぶ際の基準ができ、自分に合った仕事や職場を見つけやすくなります。反対に、自分の希望がはっきりしていないと、求人選びに時間がかかったり、働き始めてから「自分には合っていなかった」と後悔したりする可能性があるでしょう。転職活動は何となく行うのではなく、「次はどうなりたいのか」を考えた上で企業探しをすることが大切です。

自分の能力を把握できていない

企業探しでは自分の入りたい企業だけでなく、「自分の能力を活かせるのはどの企業か」も考える必要があります。自分のスキルを把握できていないためにレベルの高い求人に応募しても、内定を得ることは難しいでしょう。また、運良く入社できたとしても、仕事についていけず苦労する可能性も。転職を成功させるには、希望する企業を見るだけでなく、自分の能力がどれくらいかを客観的に判断することが大切です。

企業研究ができていない

面接の自己PRでは、ただ単に自分の強みを並べるのではなく、応募先の企業が求めている人物像を把握した上でスキルや能力をアピールしましょう。そのためには事前に企業研究をし、どのような人材が求められているのかを知る作業が不可欠です。また、企業についてきちんと理解しておけば、入社後のミスマッチを防ぐこともできるでしょう。企業研究のやり方については、「企業研究は転職でも必ず行おう!情報の集め方と活用のポイント」で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

面接で自分の希望ばかりを伝えてしまう

入社意欲が高いからといって、面接で自分の希望ばかりを伝えるのはおすすめできません。たとえば、志望動機で「福利厚生が充実していたから」と言ってしまうと、「働くこと自体に関心がないのでは?」と思われてしまう可能性もあります。待遇や条件を重視した転職活動の場合も、面接では企業側の目線を考え、「自分がどれだけ職場に貢献できるか」という点でアピールを行いましょう。

20代は転職しやすい年齢といえますが、一方でライバルが多いことも考えられます。失敗しないためには、転職理由や志望動機をしっかりと準備して、明確にアピールすることが大切です。「自己PRの方法が分からない」という場合は、転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

20代の就職・転職サポートサービスを提供するハタラクティブでは、求人紹介をはじめ、スケジュール調整や入社後のフォローなど、さまざまな支援を行っています。転職活動が初めての方にも、プロの就活アドバイザーがマンツーマンで丁寧に対応。就職・転職活動の悩みや疑問があるなら、ハタラクティブで徹底的に解決してみてはいかがでしょうか。面接のコツや応募書類の作成方法などについてもアドバイスしていますので、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ