短期間で転職を繰り返す理由は?自分に合う会社を見つける方法も解説!

短期間で転職を繰り返す理由は?自分に合う会社を見つける方法も解説!の画像

この記事のまとめ

  • 短期間で仕事を辞める前に、転職が根本的な解決策になるか考えてみる
  • 心身に不調があったり会社にハラスメントがあったりする場合、短期間でも転職して良い
  • 面接官は短期間で転職する人に対して、「うちもすぐ辞めるのでは?」という懸念がある
  • 面接官には転職理由が明確であることをアピールし、ネガティブな内容は避ける
  • 今後のキャリアプランを明確にし、入社意欲を伝えるのも有効

「入社してまだ数ヶ月しか経っていないけど、転職しても大丈夫?」と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。転職回数が多い人も、「次の転職は不利になるのではないか」という不安を抱きがちです。このコラムでは短期間で転職するリスクを解説したうえで、面接で不利になりにくいアピール方法をお伝えします。面接官の視点を理解することで、会社側の懸念を払拭する方法が分かるでしょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

短期間で転職するのはあり?

短期間で転職するのはあり?の画像

短期間での転職が「あり」か「なし」かは、その人が置かれた状況によって異なります。以下では、転職しないほうが良い人、したほうが良い人の特徴をそれぞれご紹介。短期間のうちに転職することを悩んでいる方は、参考にしてみてください。

今すぐ転職しない方が良い場合

「入社時に抱いていた理想と現実とのギャップ」が転職の動機なら、一度立ち止まって状況を振り返ってみてください。
仕事を始めて日の浅いうちは職場や業務に慣れるのがやっとなので、仕事が理想どおりに進まないこともあるでしょう。自分なりの仕事のやり方を見つけるまでは戸惑うことが多くても、1年もすれば慣れたり上達したりしていくものです。
また、「仕事が面倒」「人間関係の悩みがある」といったどの職場でも発生する可能性がある悩みに対しては、転職が根本的解決になるとは限りません。今の会社である程度経験を積めば、任される業務や仕事の幅が広がって働きやすくなる可能性もあります。
自分にできることを精一杯行ってもどうにもならなければ、その時点で心から納得して転職を選択できるでしょう。今の仕事を続けてスキルや経験を積み、将来的に希望職種や業界へキャリアチェンジする道もあるので、短期間での転職を迷ったときはよく考えてみてください。

短期間の転職はキャリアにも傷がつく

短期間で転職してしまうと、キャリアに傷がつく恐れがあります。短期間の転職を繰り返すと理想のキャリアを積めなくなる場合もあるので、衝動的に今の会社を辞めることは避けるべきです。

短期間でも転職した方が良い場合

「仕事のストレスが原因で心身に不調があり、生活に支障が出ている」「待遇が極端に悪く、会社に相談しても状況が改善しない」といった場合は、早い段階で転職を検討した方が良いでしょう。パワハラやいじめ、サービス残業の強要など、会社で明らかな問題がある場合も転職した方が賢明です。
また、仕事に適性がないといったミスマッチの場合も、同じ会社で働き続けてプラスになる可能性は低いでしょう。今の仕事が合わないと感じている場合は自己分析や業界研究を行い、適性のある職種を見つけてから転職活動に移るのがおすすめです。

短期間で転職するリスクと即戦力として見られる期間

入社して短期間で退職してしまうと、転職活動で会社側から以下のように判断されるリスクがあります。

・すぐ仕事を辞めてしまう
・会社に対する不満を持ちやすい
・忍耐力がない

これらのマイナスイメージを払拭するには、ある程度筋の通った退職理由が必要です。短期間で転職する場合、上記のリスクを理解したうえで対策を考えましょう。

実績を積むために必要な期間は1~3年

業務経験が3年以上あると、一般的に能力が備わっている即戦力として見られる傾向があります。一方、社会人経験が半年以下の短期間の場合は、前職と同業種の会社に転職しても未経験者と同等に扱われる可能性が高いでしょう。転職を急がない状況であれば1年以上は仕事を続け、知識や技術を身につけるのも一つの手です。

短期間で転職を繰り返してしまう3つの理由

短期間で転職を繰り返してしまう3つの理由の画像

短期間で転職を繰り返してしまう主な理由には、「仕事探しの軸が定まっていない」「現職の不満解消に捉われ過ぎている」といったものが挙げられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.仕事探しの軸が定まっていないから

仕事探しの軸が定まっていない人は、短期間で転職を繰り返す傾向があります。自分が仕事に求めるものが決まらないと、小さな不満ですぐに辞めたいと思うようになり、今の会社で働き続ける意味が見出せなくなってしまうからです。求人に応募する前に仕事探しの軸を定め、軸に沿った会社に転職できると、仕事である程度嫌なことがあっても辞めたいと感じにくくなるでしょう。

2.入社前後のイメージにギャップがあるから

入社前と働き始めてからの印象に大きなギャップを感じた場合、働き続けるのが苦痛になって短期間で転職してしまう人もいるようです。企業研究不足や、内定後よく検討せずに入社を決めてしまった場合など、イメージを正確につかめていなかったときに起こります。

3.現職の不満を解消することに捉われているから

現職の不満解消ばかりに捉われ、ほかの要素をよく検討していないと、短期離職と転職を繰り返しやすくなります。転職した会社で前職の不満が解消されても、ほかの不満が出てきてしまった場合再び短期間での転職を選ぶ可能性が高いからです。
転職がうまくいかずお悩みの方には「転職がうまくいくようにするには?企業選びのコツもあわせて紹介」のコラムが参考になるでしょう。こちらもあわせてご覧ください。

転職回数の数え方と一般的な捉え方

一般的には、正社員として在籍した企業から転職した回数を「転職回数」として捉えます。正社員として勤めた企業は、在籍期間が短期間でも経歴に含まれるので注意しましょう。

転職回数が多いと思われる回数

転職回数が何回から多いと捉えられるかは会社や採用担当者によっても異なりますが、年齢別で転職が多いと思われやすいのは20代で3回、30代で4回、40代で5回以上のようです。また、転職回数は同じでも、短期間で転職を繰り返す人と数年は同じ企業に勤めている人では印象が異なります。ただし、業界や職種によっても転職回数に対する捉え方は異なるので、転職回数が多いことが一概にマイナス評価になるわけではありません。
これ以上転職を繰り返さずに長く続けられる適職に就きたいという方には「転職で何がしたいのかわからない人に適職の見つけ方を解説!」のコラムが参考になるでしょう。

短期間の転職をカバーする5つの方法

短期間の転職をカバーする5つの方法の画像

在籍期間が短い人、転職回数が多い人に「入社してもすぐに辞めてしまうのでは?」という先入観を持つ企業が多い一方、退職理由が明確でやりたいことが具体的に説明できれば良いと考える企業もあります。ここでは、企業の懸念を払拭するために必要なポイントを確認しましょう。

1.転職理由が明確なことをアピールする

転職理由が明確なことをアピールすることで、面接でマイナス評価を受けにくくなります。前職を短期間で辞めている場合、大抵の面接では退職・転職の理由を問われるはずです。そのようなとき、「何となく仕事が合わなかったから」という理由では、転職に対する真剣さが伝わりません。「○○がやりたくて転職したいと思ったから」というように、今後のキャリアプランやライフプランを説明しながら転職の熱意を示しましょう。

2.ネガティブ・他責にならない転職理由を伝える

転職理由は、ネガティブ・他責にならない内容を伝えましょう。人間関係の悩みや仕事内容の不満など、どの職場でも発生する可能性がある悩みは「うちに転職しても同じ問題を抱えるのでは」と思われる可能性が高いです。そのような場合、「コミュニケーションが活発な職場で働きたかったから」「チームワークが求められる仕事をしたかったから」というように、転職理由は前向きに答えるのがポイント。「御社では長く働いて貢献したい」と今後の決意を付け加えても良いでしょう。
なお、家族の介護や配偶者の転勤といったやむを得ない理由で退職・転職する場合は、理由をそのまま伝えても問題ありません。

3.謙虚で前向きな姿勢を見せる

面接では、謙虚で前向きな姿勢を見せるのが大切です。転職回数が多いと「会社に何かしらの不満を抱きやすいのでは」と採用担当者に思われる傾向があります。そのため、面接では短期間での退職を会社のせいにしないのがポイント。これまでの仕事の選び方を反省する姿勢を見せながら、今後は応募先でどのように働きたいかを説明しましょう。

4.転職先で活かせる能力があることをアピールする

応募先で活かせる仕事の実績があれば、数字やエピソードを交えてアピールします。社会人経験が浅く即戦力となるスキルに自信がない場合は、コミュニケーション能力などを強みとしても良いでしょう。スキル不足を自覚している方は、仕事に関係する知識や資格を勉強し、向上心を伝えるのも転職活動で有効な方法です。

5.人手不足の業界を狙う

短期間の離職により社会人経験が不足していると感じている方は、未経験者を歓迎する人手不足の業界が狙い目といえます。介護や建設、サービス、運輸業界は人手不足の企業が多く、入社意欲を高く評価してくれる企業が多いようです。転職回数の多さに悩んでいる方は、転職に比較的ネガティブなイメージが少ないIT業界や外資系企業にチャレンジするのも良いでしょう。
職場への不満から転職をしたくても、その目的が明らかになっていないという方は「転職の目的がないままで良い?職場を変える理由を整理する方法を解説!」のコラムもあわせてご覧ください。

転職先を探すときのポイント

短期間での転職を繰り返さないためにも、転職先を探す際には「仕事をしながら転職活動を行う」「転職の軸を明確にする」などのポイントを押さえましょう。以下、それぞれ解説します。

転職の軸を明確にする

転職活動を始めるまえに、転職の軸を明確にすることが大事です。まずは、自分にとって譲れない点と妥協できる点をいくつか挙げてみてください。そうすると仕事に望むことが明確になるので、自分が仕事に求めていることが分かってくるでしょう。

適職診断をしてみる

短期間での転職を繰り返してしまっている方は、適職診断をしてみるのもおすすめです。いくつかの設問に答えることで、自分に向いている仕事を診断できます。「転職してもいつも長続きしない…」とお悩みの方は、ぜひ試してみてください。
適職の見つけ方を解説!好きなことよりも得意なことを探そう」では、適職の見つけ方について解説しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

求人情報は視野を広げて探す

求人情報は特定の職種や業界だけにこだわらず、視野を広げて探してみましょう。自分に向いている仕事は、好き嫌いだけで判断しているとなかなか見つかりません。一見苦手だと思う仕事内容でも、会社の雰囲気や研修制度によって克服できるケースはあります。先入観を持たずに、あらゆる視点から情報収集をしてみてください。

仕事をしながら転職活動を行う

差し迫った理由がない場合は、短期間で退職せずできるだけ仕事を続けながら転職活動を行うのがおすすめです。転職先が見つからないまま退職してしまうと、ブランク期間(失業期間)が長引くだけでなく給与が途絶えてしまいます。ブランク期間が長いとマイナスイメージになりやすいうえ、生活に困り転職活動に集中できなくなることも。在職中であれば、転職活動が長引いても収入に困ることはないという安心感があるため、気持ちに余裕を持って転職活動を進められるでしょう。

短期間で転職しないために自分に合う仕事を見つけよう

短期間で転職しないために自分に合う仕事を見つけようの画像

短期間で転職を繰り返さないためには、自分に合った仕事を見定める必要があります。しかし、転職を繰り返しがちな人は自分が仕事に望む条件が分からない場合が多いため、求人を自分で選べないことも。自分で選べないときには、第三者に相談してみると良いでしょう。

家族や友人に相談してみる

自分に合う仕事が分からないときは、家族や友人といった自分をよく知る第三者に相談してみるのも一つの手です。客観的な印象を元にアドバイスしてくれるので、自分では分からなかった適性に気づける可能性があります。

転職のプロに相談してみる

転職支援サービスを利用してプロに相談してみるのもおすすめ。転職支援サービスにはハローワークや転職エージェントなどがあり、それぞれ違った特徴を持ちます。

ハローワーク

ハローワークでは、経験豊富な職員が利用者の悩みに対してアドバイスしたり、地元の会社をメインに豊富な求人を選べたりするのがメリットです。一方で、支援対象者が幅広く利用者が多いため「職員が忙しく転職の相談ができる時間が少ない」「求人が多過ぎて自分に合ったものを選ぶのが大変」といったデメリットもあります。

転職エージェント

転職エージェントは民間企業の運営する転職支援サービスで、企業ごとに扱う求人の種類や支援対象者が異なります。転職エージェントでは登録後に担当のアドバイザーがつくため、一人ひとりにじっくり向き合いやすいのがメリットです。また、就活アドバイザーがカウンセリングで希望や悩みを聞いたうえで利用者に合った求人を紹介するため、求人を自分で選べないという人にも向いています。自分に合った仕事が分からない人は、一度プロのカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

次こそは長く勤められる企業に入りたいという方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは経験やスキルに自信のない20代の方に向け、ポテンシャルや人柄を重視する企業の求人を多数取り扱っております。最初のカウンセリングでお話を伺い、アドバイザーが一人ひとりに合った仕事選びのアドバイスを行うので、転職活動に自信のない方も安心です。
ご登録、ご利用はすべて無料。ハタラクティブで転職成功を目指しましょう。

入社してから短期間で退職したくなった方に関するお悩みQ&A

入社してから短期間での転職を検討している方に向け、早期退職に関する悩みや疑問にお答えします。

短期間で退職しても転職は成功できる?

ポイントさえ押さえれば成功します。大切なのは、企業が早期離職者に抱える不安を払拭することです。入社してから短期間で転職すると、企業側に「またすぐ辞めてしまうのでは?」「理想が高い」などと思われてしまいがち。こういった懸念点を排除しつつ、企業にとって有益な人材だとアピールするのがコツです。詳しくは「新卒入社から半年で転職できる?早期退職のメリットやデメリットを知ろう」をご覧ください。

短期間で退職した理由をうまく話すにはどうしたらいい?

ネガティブな転職理由は避けて、仕事への熱意をアピールしましょう。実際は「給料が安かったから」という理由でも、そのまま伝えては印象アップにつながりません。「明確な評価制度の中で経験を積みたいため」などのように、前向きな理由に変換するのがポイントです。「早期退職の理由を聞かれたら?面接での伝え方や回答例9つを紹介!」では、よくある退職理由や例文も紹介しているので、参考にしてみてください。

何年ぐらい働いてからの転職が良いのでしょうか?

一般的には1~2年かけて業務のノウハウを覚え、3年目にやっと会社全体のことが分かってくるといわれているため、転職時期は勤続から3年目前後が良いといえます。「なんとなく環境を変えたい」などのように、退職理由が曖昧で転職を急がない状況であれば、現職に留まるのも選択肢の1つです。詳しくは「1年未満の転職を繰り返すのは危険!相手が納得する理由と成功のコツは?」で説明しています。

入社後、短期間で離職する新卒の割合はどのくらい?

厚生労働省の調査によると、大卒で就職した人の入社1年以内の離職率は2019年で11.8%、2020年では10.6%となっています。「早期離職したら転職しにくくなるのだろうか」とお悩みの方は、転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。短期離職からのキャリア相談や面接時のアドバイスを受けられるので、転職活動がスムーズに進められるようになります。

参照元
厚生労働省
新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況

この記事に関連するタグ