新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職3回目だと不利になる?採用への影響と効果的なアピール方法をご紹介

転職3回目だと不利になる?採用への影響と効果的なアピール方法をご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職3回目はキャリアに一貫性がないと、選考で不利になる可能性がある
  • ・20代では転職3回目がボーダーラインとされている
  • ・転職3回目でも就職しやすい業界や職種がある
  • ・転職理由を前向きに伝えることが、転職3回目で内定を獲得するコツ

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

 

転職を繰り返していると、「転職回数の多さがマイナスに捉えられるのでは?」と不安に感じてくるもの。では、転職3回目だと一般的にどのようなイメージを持たれるのでしょうか。このコラムでは、転職3回目であることで企業から抱かれるイメージや選考への影響、内定を勝ち取るための秘訣などを解説します。転職3回目の人はぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職3回目が不利だといわれる3つの理由

転職3回目が採用で不利になるのは、ネガティブなイメージが先行するからだといわれています。その理由は以下のとおりです。

「長続きしない人」というマイナスイメージを持たれやすい

20代で転職を繰り返している人は、明確なキャリアビジョンがなく、仕事も長続きしないといったイメージを持たれる傾向にあります。
企業が採用活動をするにあたり懸念しているのは、人材の早期離職です。コストと手間をかけて採用した人がすぐに退職してしまうと、再び新たに人材を採用しなければならず、企業にとっては大きな二度手間になります。
そのため、長く務められる人材を採用基準の1つとする企業は多く、転職回数が大きなハンデになることも考えられるでしょう。

ストレス耐性がないと判断される

20代で転職3回目の人は、前述した「長続きしない人」のほかにも「ストレス耐性が弱い」「忍耐力がない」とネガティブな印象を持たれがちです。また、「嫌なことがあったらすぐに辞めるのでは」と疑念を持たれてしまうことから、転職に不利になるといわれています。
上司や先輩に叱責されたり、職種によっては取引先からクレームを受けたりと、会社員であれば理不尽な目に合うこともあるでしょう。こうした局面を乗り越えられる精神的なタフさも、採否の判断基準となっています。

職歴に一貫性がない

転職3回目で関連性のない職種を転々としている人は、職歴の一貫性のなさから、求職活動で不利になる可能性があります。なぜなら、社会人経験があってもキャリアに一貫性がないと、スキルや仕事の実績がないとみなされてしまうからです。たとえ同じ職種であっても、あまりにも転職回数が多い場合にはノウハウやスキルが身についていないと判断され、採用選考で不利に働くことがあります。

転職3回目でも年代によっては選考に影響しない

年齢が上がるにつれて転職回数が増えるのは一般的とされています。年代によって転職回数がどう選考に影響するのか確認してみましょう。

20代

20代の場合は、転職回数が2回までであれば気にしない企業が多いようです。ただし、20代前半で転職3回目ともなると敬遠する企業が増え、転職活動が不利になる可能性が上がります。特に新卒一括採用に力を入れている大手企業の場合は、中途採用枠が少ないため、書類選考の時点で転職回数がネックになることがあるようです。
理由次第では採用に至ることもありますが、20代の場合は転職3回目がボーダーラインであることを理解しておきましょう。

30代

30代では経験やスキルといった面が重視される傾向にあるため、転職3回目であっても選考に大きく影響することはありません。また、結婚や出産などライフステージの変化を理由にやむを得ず転職する場合も多く、3回程度の転職は許容範囲としている企業が多いです。ただし、転職回数こそ影響しないまでも、20代とは求められるスキルや経験が異なるため、職歴に一貫性がないと暗色を示す企業もあるでしょう。

40代

40代になると転職経験者も多く、選考において転職回数が判断基準となることは少ないようです。そのため、30代同様に転職3回目を許容範囲とする企業は多いといえます。
一方で、経験値やスキルレベルが大きく問われる年代でもあり、「これまでにどういった仕事をしてきたか」といった部分に注目する企業もあるです。また、40代ともなると管理職として採用されるケースも多く、勤続年数の長さや定着率、価値観などが重視される傾向にあります。

転職3回目でも就職しやすい職種がある

慢性的な人材不足が続く医療業界や運送業界、人材が流動的なIT業界では、転職回数が影響しにくいため、転職3回目でも採用されやすい傾向にあります。

看護師や薬剤師は、転職回数よりもスキルや資格、経験値といった面を重視される傾向にあるため、比較的就職しやすい職種です。エンジニアなどが活躍するIT業界は実力主義の面が大きく、ヘッドハンティングやキャリアアップによる転職が珍しくないため、転職3回目であっても問題視されません。
また、公務員も転職回数だけで判断されない職種の1つです。教養試験・論文試験・適性検査・履歴書・面接というように、民間の企業よりも判断基準が多いことから転職回数が影響しにくいといわれています。

転職3回目で内定を獲得するには?

年齢や業界によっては転職3回目が選考に影響しなくても、転職回数が増えるにつれて転職難易度が高まることも事実です。ここからは、転職3回目で内定を勝ち取るためのポイントをお伝えします。

スキルや実績などの強みを示す

転職3回目ともなれば、転職してきたことで得た経験や実績、スキルなどを自分の強みとしてアピールすることが求められます。単に「〇〇のスキルがあります」「〇〇を経験してきました」と事実を述べるだけでは、魅力的なアピールにはなりません。自分の強みやこれまでの経験を伝える際は、裏付けとなる具体的なエピソードを交えて伝えることが重要です。

<例>
前職は〇〇メーカーの営業職として働いていました。
入社半年ほどで◯件の契約を結ぶことに成功し、△人いた営業担当の中でトップの成績を収めることができました。これも粘り強い性格があったからこそ営業職で成長できたのだと思います。
御社に入社できましたら持ち前の粘り強さを発揮し、営業職としていち早く成果を出し、業績向上に貢献したいと考えています。

自身の強みを活かし、入社後にどう貢献していきたいかをアピールできれば今後の活躍に対する期待値を高められるでしょう。

転職を通じて成長した部分をアピールする

転職3回目をポジティブな印象にするには、転職したことで成長した部分を具体的にアピールするのが効果的です。「仕事の幅が広がった」「経験値が上がった」「専門性を深められた」など、転職してきた経験を自分の強みとしてアピールできれば、転職3回目でも採用される可能性は十分にあるでしょう。

キャリアの目標を具体的に伝える

転職を繰り返している人は、明確な目標・目的を持たずに働いているという印象を持たれやすいため、キャリアビジョンやこれから実現したいことを具体的に伝えるのが重要です。企業側は、「会社の理念や方向性とマッチしているか」を判断するためにキャリアビジョンに関する質問をします。そのため、転職を少しでも有利に進めたいのであれば、志望する企業の特徴をおさえた将来のビジョンを提示しましょう。

転職に最適な時期に動く

転職市場が活発な時期に集中して活動するのも1つの方法です。企業の新年度は4月が一般的とされており、例年2月~3月が転職に適した時期となっています。そのため、2月3月を標準として退職のタイミングや転職準備の計画をしておくと、スムーズに転職活動を進められるでしょう。

転職理由をポジティブに伝える

転職理由と前職の退職理由は、面接で必ず聞かれる質問です。理由によっては、ありのままに伝えるとマイナスイメージを与えかねないので注意しましょう。退職理由は家庭の事情や会社の倒産など、やむを得ない事情がある場合は正直に伝えても問題ありません。
しかし、人間関係や社風が合わなかったなどネガティブな理由である場合は、自分の進みたいキャリアに触れて退職の旨を伝えることでネガティブ要因を拭えます。転職理由についても、キャリアビジョンを軸に今後やりたい仕事を伝えるようにすると、ポジティブな印象を与えられるでしょう。

転職3回目の職務経歴書を書く際の注意点

転職3回目で内定を獲得するには、以下のポイントを押さえることでより魅力的な職務経歴書になります。

・職歴は業務内容ごとに書く
・経験やスキル、得意分野は具体的にアピールする
・仕事に対する姿勢と貢献できる点を伝える

職務経歴書は履歴書と違い、必ずしも時系列に沿って職歴や業務内容を書く必要はありません。1社ずつ記載すると転職の多さが悪目立ちするだけでなく、経験やスキルといったアピールポイントがぼやけてしまうことも。転職回数が多い場合は、営業職・販売職といった職種ごとに業務内容をまとめて職歴を記載すれば、要点を押さえた読みやすい職務経歴書になります。

職歴に一貫性がないのであれば、志望する企業の業務内容に近い職歴にスポットをあてて書くのも得策。加えて、得意といえる分野や経験、スキルなどを交えながら今後の活躍や仕事に対する姿勢をアピールすると効果的です。

転職3回目の効果的な伝え方

企業によっては転職3回目に懸念し、面接で転職回数について質問してくる場合があります。転職回数の多さを不利にしないためにも、以下のポイントを押さえて自分をアピールしましょう。

・転職回数が多い理由を前向きに述べる
・熱意や意欲を伝える
・転職理由に一貫性を持たせる

企業が「転職回数が多い理由」を聞くのは、転職に対する捉え方と長期勤務できる人材かを見極めるためです。そのため、これまで勤めてきた会社に転職した経緯や、応募先の志望動機についてもポジティブに伝えられると、前向きな気持ちで転職していることをアピールできます。転職理由を述べる際は職歴に共通点を見つけ、できる限り一貫性を持たせることで転職理由の納得感を高められるでしょう。

面接の際に転職3回目であることを指摘されると気後れしてしまうかもしれませんが、転職回数を逆手にとって熱意や意欲をアピールできれば、採用の可能性が高まります。
転職で得た経験とスキルをどう活かし、会社に貢献していきたいかを意欲的な姿勢とともに伝えるようにしましょう。
転職回数が多く「過去の経歴をメリットにつなげられない」「面接でどのような伝え方をしたら良いか分からない」という人は、プロの就活アドバイザーに相談するのも1つの手です。

ハタラクティブでは新卒や第二新卒、既卒など若年層を対象に、求人紹介や自己分析、書類対策、面接対策、ビジネスマナー指導などをトータルサポートしています。
このほかにも、転職やキャリアビジョンに関する相談に対応。転職3回目を成功に導くためのアドバイスもマンツーマンで行っています。カウンセリングから内定後のアフターケアまで手厚くサポートしていますので、転職にお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ