新卒入社1年目の転職は難しい?辞めたいと感じたら?注意点や対策を紹介

新卒入社1年目の転職は難しい?辞めたいと感じたら?注意点や対策を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 新卒入社1年目の転職は難易度が高いが、万全な対策をとれば採用のチャンスはある
  • 新卒入社1年目の転職では、応募する企業が自分に合っているか事前に見極めよう
  • 新卒入社1年目の転職を成功させるには、自己分析を徹底して行う必要がある

新卒入社1年目での転職は可能なのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。入社1年以内の転職は難易度が高いものの、事前の対策をしっかりとれば採用される可能性はあります。このコラムでは、入社1年目で転職する際の注意点や対策について解説。そのほかに、入社1年目で転職を目指したほうがいい理由についてもまとめています。万全な準備をして、転職を成功させましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

新卒入社1年目での転職は可能?

新卒入社1年目での転職は可能です。ただし就業期間の短さから、企業側にマイナスのイメージを持たれやすいのも事実。以下で入社1年目の転職状況を詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

新卒入社1年目でも転職成功のチャンスはある

新卒入社1年目の転職に対する理解は深まりつつあり、第二新卒としての採用も望めるため、成功するチャンスは十分あるといえます。

新卒者の離職割合

厚生労働省の「新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況」によると、大卒3年目までの離職率は以下のとおりです。

  1年目 2年目 3年目 3年目までの離職率
平成28年3月 11.4% 10.6% 10.0% 32.0%
平成29年3月 11.6% 11.4% 9.9% 32.8%
平成30年3月 11.6% 11.3% 8.3% 31.2%

引用:厚生労働省「新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況

新卒入社3年以内の離職率は30%を超え、特に1年目での離職率は最も大きい数値を示しています。新卒1年目の10人に1人が早期退職をしている計算となり、入社後すぐの離職は珍しくないといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
新規学卒者の離職状況

第二新卒での採用を狙える場合がある

新卒入社1年目での転職は、第二新卒枠を狙える可能性があります。第二新卒とは、新卒3年目以内に転職する人のこと。将来性や新しい環境への適応力、ビジネスマナーが身についているため、将来性のある若い人材を求めている企業からのニーズが高いのが特徴です。新卒1年目の転職者も、仕事への意欲や柔軟性をアピールすれば、第二新卒として採用される可能性はあるといえるでしょう。

入社1年目の転職は難易度が高いのも事実

新卒1年目での転職者は、企業側から「またすぐに辞めてしまわないか」という不安を抱かれやすいのも事実です。前職が大変な仕事であっても、1年目で辞めた場合と3年目まで続けた場合では、後者のほうが評価されることもあるでしょう。1年という短い期間で離職している経歴から、「忍耐力のない人」や「ストレス耐性がない人」のようなレッテルを貼られやすくなってしまいます。
企業の不安を払拭するためには、退職理由や入社後の目標を採用担当者にしっかり伝えましょう。難易度が高い新卒1年目での転職ですが、対策をしっかりすれば採用の可能性は十分にあります。

新卒入社1年目での転職の状況については、「新卒1年目の転職は厳しいって本当?成功させるコツを紹介」でも解説していますので、参考にしてみてください。

新卒入社1年目でも転職したほうが良い3つの理由

現職のままでは解決できない問題がある場合は、入社1年目での転職を検討するべきといえます。以下に3つの理由をまとめましたので、現状と照らし合わせてみてください。

1.労働環境に不満を感じているため

労働環境の不満の解決が難しい場合は、入社1年目でも転職を検討したほうが良いでしょう。具体的には、「残業が多く疲弊している」「休みづらい雰囲気がある」「ノルマが厳しくストレスを感じている」など。労働環境が悪いと心身に大きな負担がかかり、体調を崩してしまう恐れがあります。健康面や精神面を良好に保ちながら仕事ができる、新しい環境を探してみましょう。

2.仕事内容や社風とのミスマッチを感じたため

「今の仕事は自分に合っていない」「入社前の想像と違った」という場合も、入社1年目での転職を検討したほうが良いケースです。適性に合わない仕事を続けても良い成果を出すことは難しく、自分自身の成長にもつながりません。ただし、現職で何が「自分に合っていない」と感じたのか曖昧なままだと、転職先でも再度ミスマッチを感じてしまう可能性があります。仕事に対する価値観や活かせる強みを明らかにしたうえで、興味のある仕事を探しましょう。

3.会社の先行きが不安なため

企業の将来性に不安があったり、経営状況が落ち込んでいたりする場合も、入社1年目での転職を検討してみましょう。事業自体の需要が減少傾向にある場合、スキルを身につけても将来的に活かせる機会は少なくなります。また、経営が悪化し倒産の恐れがある場合は、在職中に転職活動を始めたほうが良いでしょう。収入のない失業後に転職活動をすると焦ってしまい、求人選びが疎かになってしまうリスクがあります。

部署異動で問題が解決する場合もある
原因によっては、部署異動することで問題が解決する場合もあります。たとえば、職場の人間関係に不満を抱えている場合や、仕事へのやりがいが感じられない場合など。部署を移って職場環境が新しくなることで、退職を回避できる可能性があります。部署異動でも問題が解決できなかったら退職を検討する、という手順を踏んでみるのも良いでしょう。

新卒入社1年目で転職したい理由については、「新卒入社から半年で転職できる?早期退職のメリットやデメリットを知ろう」も併せてご参照ください。

新卒入社1年目で転職する際の4つの注意点

新卒1年目で転職する際には、「新卒と同じ気分で転職活動をしない」「收入が減るリスクを理解しておく」などの注意点があります。本格的に転職活動を始める前に、把握しておきましょう。

1.スキルに見合った転職先を選ぶ

新卒1年目で転職活動する際は、自分の能力に見合った仕事内容を選びましょう。仕事へのやりがいを感じやすく、スキルのさらなる向上が図れるからです。一方で、会社の知名度や高い給料ばかりを重視し過ぎてしまうと、採用のハードルが上がったり、業務量の多さや責任の重さに耐えられなかったりする恐れがあります。転職先を選ぶときは、「活かしたい自分のスキル」を明確にしておくことが大切です。

2.新卒と同じ気分で転職活動をしない

入社1年目での転職では、新卒のときと同じ気分で就活しないようにしましょう。新卒の就職活動と第二新卒の転職活動では、仕事の探し方に違いがあるからです。新卒の就活の場合、説明会に参加し多くの会社にエントリーするのが一般的な方法。一方、第二新卒の転職活動では、自分に合った転職先を見極めてから応募することが重要です。職場環境や仕事内容の下調べが足りないまま、第二新卒が新卒のときのように多くの会社に応募してしまうと、また同じ離職理由に直面する可能性があります。

3.収入が減るリスクを理解しておく

新卒1年目での転職は、前職より収入が減る可能性があることを理解しておきましょう。第二新卒は就業期間が短く専門的なスキルも望めないため、大手企業や管理職への転職は難しい場合があるからです。新卒で入社した会社の給料が平均より高かった場合、転職によって收入が減ってしまうこともあるでしょう。

4.現職で経験を積んだほうが良い場合もある

明確な転職理由がない場合や、より高度なスキルが必要な職種を目指したい場合は、現職にとどまったほうが良いでしょう。転職の理由が曖昧なままだと、採用担当者から「嫌なことから逃げているだけ」とみなされてしまう可能性があります。また、新卒1年目で専門的な経験や技術を身につけることは難しいため、専門的な仕事での採用はハードルが高い傾向にあるようです。現職を続け、どうしても解決できない問題に直面したり、即戦力として活かせるスキルが習得できたりした段階で転職を検討してみましょう。

入社3ヶ月以内の転職は避けるのが無難
新卒1年目で転職する場合でも、入社3ヶ月以内は避けるのが無難です。3ヶ月という短い就業期間は、転職活動で採用担当者にネガティブな印象を与えてしまう可能性も。どうしても辞めないといけない理由がない限り、最低でも半年以上は仕事を続けることをおすすめします。新卒入社3ヶ月以内の転職については、「新卒入社から3ヶ月で退職したら転職は不利?その後の影響や対策を解説!」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

新卒入社1年目の転職を成功させるための対策

新卒入社1年目の転職は不可能ではないものの、対策が不十分だと失敗してしまうリスクがあります。企業側が抱くマイナスイメージを払拭し、自分に合った職場に転職できるよう、事前に入念な対策を行いましょう。

説得力のある転職理由を考えておく

新卒1年目で転職する理由に説得力を持たせられるよう、事前に考えておきましょう。採用担当者を納得させるためには、ポジティブな転職理由を述べる必要があります。たとえば、「仕事にやりがいがないから」という理由であれば、「やりがいのある仕事でスキルを高めたいから」という目的への変換が可能です。ポジティブな転職理由を述べることで意欲や向上心がアピールでき、目的を持った転職であることを採用担当者に伝えられます。

自己分析を徹底する

転職活動を本格的に始める前に、自己分析を徹底して行うことも大切です。自分の得意なことや不得意なこと、性格などを改めて把握しましょう。入社1年目までの経験を振り返ることで、新卒就活時には身についていなかったスキルや強みを発見し、新たなアピールポイントとして選考で役立てられる可能性があります。
また、自己分析を行うと仕事に対する希望や価値観が明らかになるため、自分に合った仕事を探しやすくなるというメリットも。転職後のミスマッチを防ぐためにも、自己分析は有効な対策であるといえるでしょう。

転職エージェントに相談するのもおすすめ
転職の対策を行う際には、転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。転職エージェントとは、カウンセリングにもとづいた求人紹介や選考対策などのサポートを行ってくれるサービスのこと。専任のアドバイザーに相談をしながら、効率的に転職を進められます。転職エージェントによって扱っている求人の内容やターゲット層が違うので、新卒入社1年目向けのサービスを探してみましょう。

新卒1年目で転職をしようと思っている方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒、フリーターなどの若年層に特化した就職・転職エージェントです。専任アドバイザーが転職のきっかけや将来に関する希望を丁寧に伺ったうえで、あなたに合った求人をご紹介します。また、ハタラクティブでは、応募書類の作成や面接練習、企業とのやり取りの代行など充実したサポートを実施。「新卒1年目の転職で何をしたら良いか分からない」「初めての転職で不安」という方は、まずはお気軽にハタラクティブまでご相談ください。

入社1年目の転職に関するお悩みQ&A

入社1年目の転職に関するさまざまな疑問に、Q&A方式で答えていきます。

入社1年目の転職が成功するか不安です…

まずは、自分に合った転職先を探す軸となる「転職理由」を明確にしましょう。入社1年目の転職者は企業から「またすぐ辞めるかもしれない」と思われてしまうことも少なくありません。前職を辞めようと思った理由を分析し、次の職場でどう活かせるかも説明できるようにしておくことが大切です。転職活動に不安を感じている方は、ハタラクティブにご相談ください。自己分析や企業研究のお手伝いなど、あなたの転職活動を丁寧にサポートします。

入社1年目に多い転職理由は何ですか?

労働環境への不満や仕事へのやりがいが感じられないこと、会社の将来への不安などが挙げられます。希望する就職先に入社した人でも、実際に働いてみると理想と現実のギャップを感じてしまうこともあるようです。転職すべきか否かを判断するには、問題が「転職によって解決するかどうか」を見極める必要があります。詳しくは、このコラムの「新卒入社1年目でも転職したほうが良い3つの理由」をご覧ください。

入社1年目の転職に良いタイミングはいつですか?

4月入社を狙うと良いでしょう。4月は新卒者が入社する時期のため、同じタイミングで入社できれば、社会人としての基礎的な教育を一緒に受けられる可能性があります。また、ほかの月に比べて採用者数も比較的多いため同期入社が多く、会社に馴染みやすいのもメリットです。詳しくは、「転職時期にベストなタイミングは?」をご覧ください。

新卒と第二新卒の就活方法に違いはありますか?

新卒1年目の転職では、自分に合った企業に焦点を当てて選考を受けましょう。新卒時のように多くの企業に応募する方法では、採用後にミスマッチを感じ、またすぐ転職してしまう可能性が大きくなります。新卒で入った会社と自分の合わなかった点を分析し、反省を活かした企業選びをすることが大切です。新卒と第二新卒の違いについてさらに知りたい方は、「第二新卒とは?新卒・既卒との違いや分かりにくい定義を徹底解説!」も参考にしてみてください。

関連タグ