やりたいこと探しで、第二新卒に必要なこと

やりたいこと探しで、第二新卒に必要なことの画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

第二新卒が転職する理由は、本当にやりたいことを見つけるため

新卒で入った会社を3年以内に自ら辞めるとき、家族や友人など、周りの人の多くは正社員なのにもったいないと感じたり、もう少し続けてみてはどうかと説得したりするかもしれません。
日本の雇用は未だ終身雇用制をとっているところが多く、正社員の場合、企業に就職したら定年までその会社と付き合っていくべきという考え方が残っています。
入社時に希望する部署に配置されず、やりたいことができない場合や、学生時代に思い浮かべていた「仕事」との違いに、やりがいやモチベーションを持てないなど、さまざまな理由がありますが、やりたいことができずに人生の多くの時間を費やすくらいなら、いっそ早めの決断で転職し、第二新卒という肩書きで再び就職活動をした方が、結果的によかったというケースもあります。

第二新卒を求める企業も多い

第二新卒は新卒ほど若くはありませんが、新卒よりは即戦力になるというメリットが企業側にあります。
新卒の社員を採用する際には、多くの企業が新人研修を行うなど教育に力を入れています。少し前に学生だったという社員を教育するためには当然のことですが、多額の費用と多くの時間がかかります。
しかし、転職してきた第二新卒はすでに前の会社で基本的な社員教育を受けており、社会人としての初歩的なマナーがしっかりしています。また、新卒は内定から実際に入社してくるまで時間がかかりますが、第二新卒者は早ければ次の日から新しい会社に勤めることができます。このフットワークの軽さが第二新卒の大きな魅力となっています。
また、転職を希望する人の多くは前の会社でやりたいことができなかった経験がある分、次の会社では後悔しないよう面接時に自分のやりたいことをはっきり伝えられるものです。若いといえども社会人経験者なので、学生と違い控えめな態度では生き残れないと知っているからかもしれません。
第二新卒の時期を逃すと中途採用というさまざまな年齢の転職希望者と同じ土俵で戦わなくてはならないので、今の会社でやりたいことが実現できていないなら、転職の決断はなるべく早めに行うことが結果的に多くの成功をもたらすことでしょう。

第二新卒が転職活動をする際に気をつけたいこと

第二新卒を雇用するメリットは多いですが、一方で企業にとって転職希望者を雇うことはリスクでもあります。
一度会社を辞めたことがある人は、自分のところへ来てもまた辞めるのではないかという不安が付いてまわるからです。
そのため、面接時に面接官はなぜ前の会社を辞めたのかを高い確率で問うことでしょう。この質問に対して明確な答えを持ち合わせていないなら、次の職場で正社員の地位を手に入れるのは難しいと考えるべきです。なぜなら企業にとって人材が入れ替わりするのは避けたいことだからです。
第二新卒者の面接で大切なことは、変に取り繕って自分を大きく見せないことです。
前の会社でやりたいことが実現できなかったという真実を伝えつつ、学生時代企業選びに力を注がなかったことを反省することが大切な可能性もあります。

ハタラクティブは第二新卒者の転職を応援するエージェントです。やりたいことが見つからず転職したいけれど次もまた正社員の職を得たいという人は、さまざまな企業とコンタクトを持っているプロのコンサルタントが多数いるハタラクティブに相談してみると良いでしょう。

関連タグ