1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター就活
  4. >
  5. やりたいことの見つけ方とは?将来のビジョンを明確にすると就活に有利

フリーター就職のコツまるわかりガイドやりたいことの見つけ方とは?将来のビジョンを明確にすると就活に有利

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

このページのまとめ

  • 将来に対してネガティブなイメージを持っているとやりたいことが見つかりにくい
  • やりたいことの見つけ方には、自己分析と業界(企業)研究が必
  • 興味があることや、逆にやりたくないことを書き出す見つけ方がある
  • 自分が大切にしていることに優先順位を付けるとやりたいことが見えてくる
  • 近い将来、どうなっていたいかを想像することで仕事の価値観を見出だせる

フリーターを卒業し、いざ就活を始めようとしても、やりたいことが見つからない人が多いようです。やりたいことを仕事にできるのが理想的。何が好きか、将来どんな自分になっていたいか「道筋」を立てるには少しのコツが必要です。このコラムでは、やりたいことの見つけ方を解説しています。やりたいことを見つけ、将来のビジョンを描き、それに近づく仕事に就けるよう効率的に就活に取り組みましょう。

やりたいことが見つからない人の3大共通点

就活を始めるにあたり、何をやりたいのか、どんな仕事が向いているのか分からない人は多いようです。
やりたいことが見つからない人には、主に以下3点の共通点があります。

1.まだ自己分析をしていない

就活を始める際に必須なのは自己分析。この自己分析ができていないと、やりたいことや向いている仕事が見つかりづらいでしょう。
解決法は、後述する自己分析を行うことです。自分の過去を振り返り、自分の長所や特徴を客観的に理解することで見えてくることもあります。自己分析は、自分の特性を知り適性を見極める作業。就活において、職種や企業選ぶところから選考過程に至るまで重要な要素となります。

2.ネガティブなイメージを抱く

将来に対して、ネガティブなイメージを抱いている人が多いようです。
「正社員になったら責任重大」「仕事で失敗したらどうしよう」「嫌なことがあったら…」など、先読みして不安な気持ちを抱くことで、次の行動に移せないでいることもあります。
仕事に就くということは、辛いことや大変なことがあるのは当たり前。しかし、それと同じくらいやそれ以上にやりがいや達成感を得られるのも仕事の醍醐味です。
誰でも新しいことを始める時は不安があるものですが、一歩踏み出さないことには仕事でのやりがいや楽しみも見いだすことはできません。
また、やりたいことが見つかれば、このネガティブな考えはなくなる可能性があります。

3.やりたいことが多すぎる

逆に、やりたいことが多すぎるという人もいます。
何から始めれば、何をすれば良いのか絞りきれないまま、就活を始めてしまうと将来のビジョンが不明瞭になってしまい、就活の途中での進路変更や就職後に長く続かないという事態に陥ることも。
解決法は、やりたいことの優先順位をつけることで、何から始めるべきか重要度の高さなどが見えてきます。

やりたいことの見つけ方

やりたいことが見つからない時、以下のことに取り組むことで解決に近づけます。

興味があることを書き出す

まず、自分が興味があることややっていて楽しいと感じることを書き出しましょう。
旅行や映画鑑賞など、趣味に関することでも構いません。また、SNSを見返すことも有効な方法のひとつです。
自分の投稿のほか、「いいね」や反応した投稿を見返すことで好きなものの傾向が見えてきます。そのほか、チームワークを重視し大勢で物事を進める方が好きか、1人でコツコツ取り組む方が好きかなど、物事に取り組むスタイルも考えましょう。

やりたくないことを書き出す

今度は、やりたくないことを書き出します。
これだけはやりたくないことや苦手な分野がわかれば、必然的に自分に向かない職業や職場が見えてきます。
たとえば、下記のようなことです。

・不規則な生活を送りたくない
・ルーティン的な業務が苦手
・知らない人とコミュニケーションを取るのが苦手
・スーツを着たくない
・通勤に長時間をかけたくない

上記のように些細なことで構いません。
やりたくない職業を除外することで、応募する職種や企業が絞られてきます。
向いていない仕事に就いても、早期退職することで転職を繰り返すことに繋がるでしょう。
また、同時に「私にこの職業(企業)が向いている」という強みが分かるので、面接などで自信を持ってアピールできます。

大切にしているものに順にを付ける

次に、自分が生活をしていくうえで大切にしているものに順位を付けましょう。

・得意分野
・プライベートの過ごし方
・将来のビジョン

上記のうち、自分が生活していく上で何を優先したいかを考えます。
「自分は人と会話することが得意」「しっかりと土日の連休が欲しい」「リーダー的な立ち位置になりたい」など、大切にしているものを明確にすることが重要です。
その上で、譲歩できるものや譲れないものなど、順位を付けましょう。

自己分析と業界(企業)研究をする

ここでは、就活に必要な自己分析と企業研究の進め方を解説します。

・自己分析

自己分析は、自分の過去を洗い出すところから始めます。
幼少期の習い事や学生時代の部活、アルバイト経験などの過去の経験から、自分の長所(得意)と短所(苦手)を明確にすることで、自分の特徴を客観的に理解できます。
過去の経験の中で、何をしているときが楽しかったかや失敗談、他人の評価、自分で感じたことなどを思い出しましょう。
重要な要素は、エピソードに対し「何を感じたか」「何を考えたか」「どんな行動をとったか」という3つです。

例1)
部活で練習メニューを組み立てて毎日実行したが、試合で輝かしい成績を残せなかった。
練習メニューを見直して、さらに毎日実践したら前回よりも良い成績を残せた。
→物事にコツコツと取り組む持続性や課題点を見つけて改善する能力があるでしょう。

例2)
ファーストフード店でのアルバイトで、接客で緊張してしまい上手くオーダーを通すことができないことが続いた。辞める前に店長に相談し、キッチンでの調理担当に変えてもらうことで、接客をせずに済み、最終的には混雑状況を考えて調理するものを判断できるようになった。
→人と積極的にコミュニケーションをとることはあまり得意ではない可能性がありますが、現状の問題点を解決しようとしたり、状況を俯瞰して目の前の仕事を黙々とこなしたりする能力があるといえるでしょう。

・業界(企業)研究

自分の特徴にマッチした仕事や企業を探すことを業界(企業)研究といいます。
世の中には、世間的に広く知られていなくても重要な仕事が溢れています。どんな仕事があるのか、仕事の種類を知ることも重要です。

業界(企業)研究のポイントは、まず業界全体を大まかに把握すること。
その業界の代表的な企業や世間における立ち位置を掴むことから始めます。その後、業界内にはどのような企業があるのか、その企業の市場でのシェアはどれくらいかを調べましょう。ある程度、応募したい企業が定まったら、企業理念や採用情報、福利厚生など詳細な情報を調べます。

業界研究のやり方は、企業のWebサイトで調べることも可能ですが、業界(企業)説明会に足を運ぶことことで有益な情報を得られます。
業界を知ることで、今まで知らなかったという職種や企業と出会えるでしょう。
また、その業界や企業を把握すると、就活の面接時などに志望動機を述べる際、厚みが増し説得力が生まれます。

1年後、3年後、5年後を想像する

やりたいことが漠然としていてピンと来ないという方は、将来という時間を小刻みに分けて考えてみましょう。
現在の状態から、1年後、3年後、5年後、あなたがどうなっているか、どうなっていたいかを定めます。
仕事における成長や収入、プライベートの時間などが、それぞれ1年後、3年後、5年後、どのようになっていたいかを一つ一つ考えて紙に書いてみましょう。

・1年後

【仕事における成長】自分で仕事の役割ができるようになっていたい
【収入】自分が生活できる程度
【プライベート】一人暮らしをしてみたい

・3年後

【仕事における成長】その分野の専門性をしっかり身につけていたい
【収入】少し贅沢できる程度の金額は欲しい
【プライベート】年に1度は旅行へ行ったり、大きな買い物をしたい

・5年後

【仕事における成長】人をサポートできる余裕があり昇進していたい
【収入】家族を持てる程度
【プライベート】健康に気を配りながら仕事とプライベートを分けた生活をしていたい

会社での立ち位置やそれに伴う収入、プライベートなど目標でも良いのでイメージをしましょう。結婚や出産など、将来にはさまざまなライフイベントが発生します。それに伴って、仕事や家族との時間など、大切にしたい物事によって働き方も変わってくるでしょう。

仕事の価値観を見つける

自分の大切なものが見えてきたら、次は仕事における価値観です。前述のあなたの大切なものを1番実現できそうな仕事に対する考え方を探してみてください。

・専門性を身につけたい→仕事は自分を成長させるもの
・人をサポートできる→仕事は人の役に立つためのもの
・少し贅沢できるくらいの金額は欲しい→仕事はお金を稼ぐためのもの
・スキルを磨きながら専門職にしたい→仕事は長く続けるもの
・社内外を繋ぐ存在になっていたい→仕事は社会と関わりを持つためのもの

自分にとって仕事とは何であるか、自分が仕事に対してどう考えるかが「仕事の価値観」です。
こちらももちろん、人によって異なるもので、ライフステージによっても変化があるでしょう。

ただ、仕事の価値観を持っていると持っていないのとでは、就活や就職後のしごとの取り組みに違いが生じます。
就活をしていて、なかなか内定が出なくて焦ってしまい、多くの業種や企業に応募してしまいがちです。その際、価値観がしっかりしていれば、ブレることなくやりたいことに向かって就活を進められます。
また、仕事に就いたあとも仕事に対する価値観を持っていることが重要。仕事を長く続けていると、スキルが身につき出世する、収入が増えるなど多くの変化が訪れます。反対に、なかなか仕事を任せてもらえないなど不安や不満もあるでしょう。
その際、仕事の価値観があることで、今何を優先するべきかブレずに仕事を続けられます。
仕事は「ただ生活費を稼ぐため」という考えではなく、自分なりの価値観で目標を持つことで、達成感ややりがいを見いだせるでしょう。

「やりたいことがある」は面接時に有利

自分にはやりたいことが明確にあると、就活の応募書類上や面接時にも有利になるでしょう。
やりたいことが明確であることは、その職業や企業を選んだ理由に説得力が増します。その企業で、やいたいことやできることがあるというのは強みです。
また、「やりたいことがある」イコール将来のビジョンがあるということ。
何がやりたいか、その将来に向かって前向きに進んでいることを言葉にできると、企業の採用担当者に良い印象を残せるでしょう。

気楽に構えるという方法もある

やりたいことが見つからないことに焦らず、気楽に構える方法もあります。
「やりたいことが見つからない」という人は就活に臨む世代のみではなく、どの世代にも多いようです。
現時点でやりたいことが見つからないのは、これからの可能性が大きく広がると前向きに考えましょう。
大切なのは、ポジティブな想像力です。失敗したときのことを考えず、新しい第一歩を踏み出す少しの勇気が重要。
頭の中で、自分が就職し企業で働いて生活している姿をシミュレーションしましょう。

ここまで、就活をしたいがやりたいことが見つからないという方にやりたいことの見つけ方を解説しました。
世の中には多くの職業や企業があります。自分自身や職業について知るには、第三者にアドバイスを求めるのも良いでしょう。
どんな仕事があるのか、自分にはどんな仕事が向いているのか知りたいという方はハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層の就活に特化した就活エージェント。自己分析や企業研究のやり方のほか、専任の就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、あなたにマッチする求人を紹介いたします。
また、応募書類の添削や面接対策、面接日の設定などすべてのサービスが無料。まずは、就活を始める前に疑問や不安な気持ちを話してみませんか?

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    「3年後の自分」はキャリア観から考える!面接で質問されたときの対処法

  • image

    「10年後の自分」はどう作る?イメージする時のコツ

  • image

    『5年後の自分』について考える

  • image

    キャリアプランとは?考え方と注意点まとめ

  • image

    面接でキャリアプランを質問されたら?事務や営業職の回答例!

  • image

    5年後の自分について聞かれたら、どう答えればいいの?

  • image

    面接でキャリアプランを聞かれる理由は?新卒と転職で違う?答え方まとめ

  • image

    社会人3年目は転職のチャンス?貯金がない・やる気が出ない悩みの対処法

  • image

    どんな仕事をしたいか面接で聞かれたら?回答の仕方とポイント

  • image

    就職で後悔しないために!

  • image

    面接に役立つキャリアプラン例を業界別に紹介

  • image

    既卒が就職できない原因と成功させる4つのポイント

  • image

    キャリアプランを立てるコツと職種別の回答例

  • image

    【後悔したくない!】悔いのない就活のためにすべきこと

  • image

    新卒1年目だけど転職したい!第二新卒として就職を成功させるコツ

  • image

    自分に合った仕事の見つけ方って?企業探しのヒントをご紹介

  • image

    自分を上手にアピール!就職試験で作文を書くときのコツ

  • image

    「楽しい」仕事って何だろう?仕事の見つけ方

  • image

    キャリアアップするには?実現方法や助成金などのシステムについても解説

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる