やりたいことがないときはどうする?

2018/10/26

やりたいことがないのですが、どうしたらいいですか? 

自分の好きなこと、嫌いなことを振り返り、それを職業に結びつけていきましょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!


やりたいことがないときはどうする?

◆自分を知ろう

やりたい仕事を見つけるためには、まず自分についてよく知ることが大切です。
仕事に関することに固執せず、得意なこと、人から褒められたこと、興味があることなどを振り返り、リストアップしてみましょう。既に持っている資格や、今勉強中のものがある場合は、一緒に書き出してみます。

次に、好きなことに関連する仕事を考えてみましょう。
ファッションが好きな人はアパレル定員や雑誌の編集、読書が好きな人は書店員や出版社の営業、ドラマが好きな人はADなど、当てはまる職業がいくつかあるはずです。
さらに、嫌いなことや苦手なこと、これだけは絶対にできないというポイントを具体的に考えてみます。
自分に合った仕事を見つけるためには、得意分野が活かせるだけではなく、嫌いな作業も乗り越えていけるような仕事を探しましょう。

◆世の中にある仕事を調べてみよう

自分の好きなこと、苦手なことが分かっても、仕事の種類が分からなければやりたい職業が見つけられません。
やりたい仕事が見つからない人は、インターネットや業界地図などを活用して、自分の知らない業界や職種について調べてみるのもおすすめです。業界や企業について知っておけば、志望動機をまとめる上でも役立つでしょう。
また、家族や友人など身近な人に、仕事の話を聞いてみるのもおすすめです。実際に働いている人から話を聞くと、仕事について具体的にイメージしやすいというメリットがあります。
さらに、あなたに合いそうな仕事を提案してもらえるかもしれません。

◆何か行動を起こしてみよう

やりたい仕事が見つかったら、実際に行動に移してみましょう。
就活を始める前に、その仕事が本当に自分に合っているのか、どのようなデメリットがあるのかを、できるだけ知っておく必要があります。
もし、身近にその仕事をしている人がいれば、直接話を聞いてみるのがおすすめ。仕事内容や勤務体系、待遇などだけではなく、実際に働いている人ならではの話が聞けるかもしれません。
また、アルバイトやボランティア活動を行い、自分に向いている分野を見極める方法もあります。実際に自分で働いてみることで、本当にやりたい仕事かどうかが判断できるでしょう。
全く同じ職種ではなく、同じ業界や似ている職種を体験してみるのも参考になるはずです。

ほかにも、就活エージェントでプロにアドバイスをもらうのも良いでしょう。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーが1対1でカウンセリングを行い、求職者のやりたいこと、スキル、経験などを整理して、求職者の向いている仕事を提案しています。
就活アドバイザーがキャリアの方向性を一緒に考えるため、1人で自己分析を行うよりもスムーズに進められるでしょう。
就活をスムーズに進めたいフリーターや第二新卒の方は、お気軽にハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ