必見!取り柄がない人が自信をつけるには?

必見!取り柄がない人が自信をつけるには?の画像

【このページのまとめ】

  • ・自己評価が低い、自分に厳しいなどの原因から、「取り柄がない」と思ってしまうことがある
    ・取り柄が見つからないときは、新しいことを始める、第三者の意見を取り入れるなどの方法を試してみよう
    ・若年層の採用ではポテンシャルを評価する企業が多いため、取り柄を見出していけば就職のチャンスはある

人より秀でた長所、能力を「取り柄」といいます。
取り柄を自分で見つけられていないと、就職活動の際になかなか自信が持てません。
今回は、「取り柄がない」と感じてしまう原因や、取り柄を見つけるための意識の持ち方などを解説します。

◆なぜ「取り柄がない」と感じるの?

「取り柄」というのは、他人より秀でている長所のことを指します。
「自分には取り柄がない」と感じてしまう理由は、下記のとおりです。

【自己評価が低い】

基本的に「取り柄」というのは、主観的な評価に基づいて見出すもの。
自己評価が低いと、些細な失敗でも必要以上に落ち込み、自分を卑下する傾向にあるようです。
このように自分に自信が持てない状態だと、せっかく長所があっても見つけにくくなってしまいます。

【自分に厳しい】

自分に厳しく、常に高い向上心を持っている人は、「自分はまだ未熟だ」と思っていることも。
そのため、たとえ人より優れた部分があっても、自分が満足するラインに到達していなければ、「取り柄がない」と感じるようです。

【他人と比較してしまう】

就職活動をしていると、つい自分と他人を比較してしまうことがあるのではないでしょうか。
周囲の人と比較して自分の欠点ばかりに注目してしまうと、「自分は周囲より劣っている」と思いがちです。

自分の視点が大きく関わる「取り柄」は、上記のような理由があるとなかなか見出だせなくなります。


◆取り柄を見つける方法

どうしても自分の取り柄が見つからない方は、下記の方法を試してみましょう。

【新しいことを始める】

「取り柄がない」と感じる原因の1つは、自分の長所をまだ見つけられていないことが考えられます。
そのような場合は、思い切って新しいことを始めてみても良いかもしれません。
未体験の物事に取り組み、成功体験を積んでいくことで、今まで知らなかった自分を発見できる可能性があります。

【第三者の視点を取り入れる】

自分だけでは「取り柄」がわからない場合は、家族や友人など、第三者に意見を求めるのも有効です。
他人に自分の長所を聞いてみると、自分では当たり前だと思っていたことが評価されているというケースがあります。

【他人と比較しすぎない】

自分と他人と比べて差を感じてしまうという方は、際立った能力や実績を持っている人を比較対象にしていませんか?
他人と比較しすぎず、一度冷静になって自分と向き合ってみましょう。

取り柄が見つからなかったら、必要以上に自分を卑下するよりも、意識や視点を変えてみると良いかもしれません。


◆取り柄がなくても就職できる?

就職活動をする上で、取り柄が見つからないと不安を感じるかもしれません。

先述したように、取り柄は自己評価によって見出されるものです。
就職活動では第三者が判断するので、自分では取り柄だと思っていない部分が評価される可能性があります。
また、近年は人手不足のため、若い人材を求める企業は多く、ポテンシャル採用を取り入れている傾向があるようです。

「取り柄がない」と萎縮せずに、適切な自己PRができれば、就職のチャンスは十分にあります。

自分一人ではなかなか取り柄を見つけられない場合は、就職エージェントを利用するとスムーズです。

ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが親身になってカウンセリングを実施。
一人ひとり丁寧に対応し、あなたのアピールポイントを一緒に見つけていきます。
応募書類の添削や面接対策の指導も行うので、本番に臨む際も安心です。
長所を活かせる就活サポートは、ハタラクティブにお任せください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION