転職の目的がないままで良い?職場を変える理由を整理する方法を解説!

転職の目的がないままで良い?職場を変える理由を整理する方法を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 転職の目的を明確にするためにはやりたいことに優先順位をつけることが大事
  • 転職する目的を明確にするには、仕事を辞めたいと思った背景を整理しよう
  • 転職の目的が明確でないとミスマッチを起こす可能性が高い

転職の目的が定まらないままでは、自分に適した企業を見つけるのは難しいもの。このコラムでは、転職の理由を整理する方法を詳しく解説します。転職では今までのキャリアや達成したい目標を整理することが重要です。転職の目的がはっきりすれば、自分に合った職場を探しやすくなります。「転職する目的をはっきりさせるにはどうすれば良いの?」といったお悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職の目的を明確にするため4つのポイント

転職の目的を明確にするポイントは「きっかけの掘り下げ」「優先順位付」「現職を辞めるためになっていないか考える」の3つ。目的が定まっていないと、転職活動中に企業へ求める条件がぶれやすくなってしまいます。入社後のミスマッチを防ぐためにも、転職の目的をしっかり洗い出しましょう。

1.転職を考えたきっかけを掘り下げる

まずは、どうして転職を考えるようになったのか、きっかけを整理してみましょう。
仕事を辞めたいと思った具体的な理由を掘り下げていくと、いろいろな背景が見えてきます。
職場の人間関係や労働環境、給料に対する不満など、理由は人それぞれ異なるでしょう。転職の目的を明確にするためには、その理由をさらに掘り下げて背景を明らかにすることが重要です。転職したいと考えるきっかけとその背景から目的を導き出すことで、自分に合った職種が企業が見つけやすくなります。そのほか、転職の目的を明確にすべき意味を知りたい方は、転職のタイミングなどについても紹介しているコラム「転職の目的を明確にするために」をチェックしてみてください。

2.転職に求める条件に優先順位を付けていく

転職の目的が明確になったら、企業に求める条件に優先順位をつけていきます。転職を考えるきっかけは一つとは限らないため、人によっては企業に求める条件が複数あることも。しかし、すべての条件を満たした転職先を見つけるのは難しいといえます。自分が求める労働条件の中でも優先順位をつけることで、納得のいく転職を実現できるでしょう。

転職する目的の中で譲れないものを決める

転職活動を始める前に、事前に決めた目的の中でもっとも譲れないものを決めましょう。昇進して活躍することや、整った労働環境で私生活と両立しながら働くことなど、自分が思うメリット・デメリットを比較してみるのがおすすめ。長期的な目的を目指すのか、短期的な目的を叶える方を優先するかによっても、どんな会社を選ぶか変わってきます。このように目的に優先順位を付けることで転職先を絞りやすくなるでしょう。

ただし、目的をすべて叶えられる転職先を探すのは難しいといえます。たとえば、社員の裁量が大きくやりがいにあふれたベンチャー企業と、安定した雇用と収入が見込める大企業では、達成できる目的が異なるからです。無理にすべての目的を叶えようとせず、優先順位が高いものから順に達成していくのがおすすめです。また、転職活動を進めるうちに仕事に対する考え方が変わったり、転職先に悩んだりして目的が変化することも考えられます。その際は、今一度自分が何を求めているのかを見直してみましょう。

3.現職を辞めるためになっていないか考える

「今の仕事を辞めたい」という気持ちが転職の目的になっていないかどうか、よく考えてみましょう。転職を考えている方の中には、手段が目的にすり替わってしまう人もいるようです。今の職場から離れることを目的とした転職は、早期離職につながる恐れも。
転職活動を進めるうちに、目的が「転職すること」にシフトしてしまったら、時折立ち止まって本来目指すものを冷静に見直してみましょう。

転職の目的を考えるときは、きっかけや背景を整理してポジティブなものを考えましょう。転職の目的をポジティブに変換すると、面接で転職理由を聞かれた際に前向きな内容を述べられ、好印象につなげられます。
転職の目的を明確にすることの重要性を「転職してよかったことや後悔したことは?成功を掴むためのヒントをご紹介」でも紹介してるので、参考にしてみてください。

転職の目的に関係する仕事に対する4つの不満

転職を考える背景として「仕事内容」や「労働環境」などに不満を抱える場合も少なくありません。ここでは転職の目的やきっかけになりやすい4つの不満を紹介します。

1.仕事内容に関する不満

仕事がつまらないとか、仕事にやりがいを感じられない、という理由で転職を考える方もいるでしょう。こういった場合は、なぜやりがいを感じられないのかよく考えることが大切。たとえば「もっと裁量が大きい仕事したい」という場合もいれば、「業務そのものが向いていない」という場合もあり、人それぞれで理由は異なります。まずは不満を感じる要因を明確にしてみてください。

今の仕事に適性がないと感じているなら、職業適性診断やカウンセリングを受けることをおすすめします。簡易的なものであればインターネットでも診断できますが、自分の適性をしっかり把握したい場合は就職・転職エージェントを利用するのも一つの手段。専任のアドバイザーが悩みを丁寧にヒアリングしてくれるので、自分でも気づかなかった適性を浮き彫りにできるでしょう。

2.労働環境に対する不満

社風が合わない、残業が多い、労働時間が長過ぎる、人間関係に嫌気がさしているなど、労働環境に不満を感じて転職を考える方もたくさんいます。
人間関係については、転職前に職場環境を確認しても良く分からないという難点がありますが、そのほかについては事前にきちんと調べることで、転職によって不満を解消できる可能性が高いです。

3.待遇への不満

給与や賞与、昇給、希望するポジションにつけないなど、待遇への不満を抱えて転職に踏み切る方も少なくありません。転職によって待遇への不満を解消することは可能ですが、自分に何の能力もなければ望みを叶えられる職場を見つけることは難しいと考えた方がいいでしょう。
したがって、今の職場でもう少しキャリアを積んでから転職をした方が良いケースが多いです。

4.このままだとキャリアップが見込めない

今の職場ではキャリアップが見込めないと判断して転職に踏み切る方もいます。このような不満を持っていて、すでに自分にしっかりした経験やスキルなどが備わっているなら、転職を検討した方が良いでしょう。転職するときに必要な準備について知りたい方には、面接対策の重要性なども紹介しているコラム「転職でやることをチェック!準備リストに沿って効率良く手続きを進めよう」をおすすめします。

転職の目的がない場合に起きるリスクとは? 

目的が定まらないまま転職活動を始めてしまうと、転職後に仕事内容や職場の雰囲気に違和感を感じることもあります。また、面接で応募理由や将来実現したいことを聞かれた際に企業へのアピールがうまくいかず、転職活動を長引かせてしまう恐れも。スムーズに転職を成功させるためにも、目的の明確化は最初に行いましょう。

転職後にミスマッチが起きる

転職の目的が定まっていないことによるリスクとして、入社後にミスマッチを感じやすいことが挙げられます。せっかく転職しても本来やりたい仕事ができなかったり、不満が解消されなかったりすれば早期離職に繋がってしまうでしょう。転職を成功させるためにも、目的を明確化して求人を探すことをおすすめします。

迷いが生じて転職活動が長引く

転職の目的を明確にしないまま踏み切ると、いろいろな面で迷いが生じ、転職活動が長引きやすくなります。目的が明確になっていない状態での転職は、「転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは」でも紹介しているように失敗を招きやすいといえます。失敗談を反面教師にすることも大切なので、転職を成功させるためにもぜひ活用してください。

転職するベストなタイミングとは

転職に踏み切るベストなタイミングは、転職の目的や将来の目標が明確になって、今の職場が自分に向いていないとはっきりしたときです。とはいえ、次の仕事が決まっていないのに、会社を辞めることには抵抗があるという方も少なくないでしょう。
そういった場合には無理に退職をせず、就業しながら転職活動を進めるのも方法の一つ。転職活動をすることで視野が広がり、今の会社への見解が変わる可能性もあるでしょう。在職中に内定を獲得した場合は、現職と比較したうえで転職に踏み切るか否かを検討することもできます。

仕事が毎日忙しくて転職活動をする時間がないという方には、転職エージェントの利用がおすすめ。若年層の就職、転職をフルサポートしているハタラクティブでは、あなたに代わり条件に合う理想の職場を見つけ、転職活動のお手伝いをさせていただきます。
転職活動に必要になる履歴書や職務経歴書などの必要書類の作成も、採用に結びつく面接対策も、経験豊富なキャリアアドバイザーがしっかりサポート。納得のいく転職を実現いたします。
サービスの利用は完全無料となっているので、まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ