新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職の目的は明確?理由や背景を整理する方法を解説!

転職の目的は明確?理由や背景を整理する方法を解説!

公開日:

最終更新日:

転職の目的は明確?理由や背景を整理する方法を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職の目的を明確にすることで、自分に適した企業を効率的に探せる
  • ・転職の目的を洗い出すにはきっかけと背景が重要
  • ・転職自体が目的になっていると、ミスマッチを感じることがある

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

転職の目的が定まらないままでは、自分に適した企業を見つけるのは難しいでしょう。転職の目的を明確にするためには、今までのキャリアや達成したい目標を整理することが重要です。転職の目的がはっきりすれば、自分に合った職場を探しやすくなります。このコラムでは、転職の目的を明確にする方法について詳しくまとめているので、お悩みの方は参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職の目的を明確にするためには?

転職の目的を明確にするためには、きっかけから考えるのがおすすめです。目的が定まっていないと、転職活動中に企業へ求める条件がぶれやすくなってしまいます。入社後のミスマッチを防ぐためにも、転職の目的をしっかり洗い出しましょう。

転職を考えたきっかけや背景を整理する

自分がなぜ転職を考えることになったのか、その背景を整理しましょう。
転職のきっかけとなる主な理由には、職場の人間関係や労働環境、給料に対する不満などが挙げられます。転職の目的を明確にするためには、その理由をさらに掘り下げて背景を明らかにすることが重要です。転職したいと考えるきっかけとその背景から目的を導き出すことで、、自分に合った職種が企業が見つけやすくなります。

目的が「転職」になっていないか確認する

転職を考えている方の中には、手段が目的にすり替わってしまう人もいるようです。今の職場から離れることを目的とした転職は、早期離職につながる恐れも。
転職活動を進めるうちに、目的が「転職すること」にシフトしてしまったら、時折立ち止まって本来目指すものを冷静に見直してみましょう。

転職する目的はポジティブなものにする

転職の目的を考えるときは、きっかけや背景を整理してポジティブなものを考えましょう。
不満を解消して理想の働き方に近づくためには、先述した例のように順序を追って考えることが大切です。転職の目的をポジティブに変換すると、面接で転職理由を聞かれた際に前向きな内容を述べられ、好印象につなげられます。

転職の目的を明確にするためには、上記で述べたことを意識することが重要です。転職の目的を明確にすることの重要性を「転職してよかったことや後悔したことは?成功を掴むためのヒントをご紹介」でも紹介してるので、参考にしてみてください。

転職の目的から優先順位をつけよう

転職の目的が明確になったら、企業に求める条件に優先順位をつけていきます。転職を考えるきっかけは一つとは限らないため、人によっては企業に求める条件が複数あることも。しかし、すべての条件を満たした転職先を見つけるのは難しいといえます。自分が求める労働条件の中でも優先順位をつけることで、納得のいく転職を実現できるでしょう。

転職する目的の中で譲れないものを決める

転職活動を始める前に、事前に決めた目的の中でも譲れないものを決めましょう。
目的は長期的なものから短期的なものまでさまざまです。叶えたい目的に優先順位をつけることで、転職先を絞りやすくなります。たとえば、昇進して活躍することや、整った労働環境で私生活と両立しながら働くことなど、自分が思うメリット・デメリットを比較してみましょう。

目的をすべて叶えるのは難しい

目的をすべて叶えられる転職先を探すのは難しいといえます。
たとえば、社員の裁量が大きくやりがいにあふれたベンチャー企業と、安定した雇用と収入が見込める大企業では、達成できる目的が異なるからです。無理にすべての目的を叶えようとせず、優先順位が高いものから順に達成していくのがおすすめです。
また、転職活動を進めるうちに仕事に対する考え方が変わったり、転職先に悩んだりして目的が変化することも考えられます。その際は、今一度自分が何を求めているのかを見直してみましょう。

転職の目的を具体的に考えてみよう

転職の目的を明確にすることの重要性をお伝えしてきましたが、実際のところ人それぞれ目指すものは異なります。ここでは、ケース別に転職の目的を見つける方法をご紹介するので、自分に近いものを見つけて参考にしてください。

仕事にやりがいを感じない場合

転職のきっかけがやりがいを感じないことなら「個人の裁量が大きい企業に転職したい」といった背景が考えられます。この時の目的は「経験を積んで、担当分野の第一線で活躍する」というように捉えられるでしょう。

残業が多い場合

転職のきっかけが残業の多さであれば、背景は「業務効率や職場改善に前向きな企業で働きたい」と考えられるでしょう。この場合の目的は「労働環境が整った場所で、存分に自分の力を発揮したい」になります。

現職だとキャリアアップが見込めない場合

キャリアアップのために転職したいなら、「人材育成に熱心な企業で成長したい」という背景が明らかになります。きっかけや背景を整理して目的を考えると、「◯年後には役職について活躍する」と変換できるでしょう。

スムーズに転職活動を進めるためには、目的の明確化を含めてさまざまな準備が必要です。転職を考えている方は、「転職を決意したらやること!リストをチェックして漏れがないようにしよう!」を確認することをおすすめします。

転職の目的が決まっていないとどうなる?

目的が定まらないまま転職活動を始めてしまうと、転職後に仕事内容や職場の雰囲気に違和感を感じることもあります。また、面接で応募理由や将来実現したいことを聞かれた際に企業へのアピールがうまくいかず、転職活動を長引かせてしまう恐れも。スムーズに転職を成功させるためにも、目的の明確化は最初に行いましょう。

目的が定まっていないと転職後にミスマッチを感じやすい

転職の目的が定まっていないことによるデメリットとして、入社後にミスマッチを感じやすいことが挙げられます。せっかく転職しても本来やりたい仕事ができなかったり、不満が解消されなかったりすれば早期離職に繋がってしまうでしょう。転職を成功させるためにも、目的を明確化して求人を探すことをおすすめします。

転職の軸がぶれやすくなってしまう

転職を成功に導くためには軸をしっかり決めておくことが重要です。目的が定まっていないと軸がぶれやすくなるため、転職先が見つかってもギャップに悩まされてしまうことがあります。

目的が明確になっていない状態での転職は、「転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは」でも紹介しているように失敗を招きやすいといえます。失敗談を反面教師にすることも大切なので、転職を成功させるためにもぜひ活用してください。

転職の目的や理由が分からなくなったときにやるべきこと

転職の目的や理由が分からなくなってしまったときは、一度立ち止まって考え直してみることが大切です。転職活動を進めていくうちに目的が変化していくことも考えられます。自分が求める方向性に迷ったら、下記のように目的の修正や見直しを行ってみましょう。

転職のきっかけになった出来事を掘り下げる

転職の目的や理由が分からなくなったときは、きっかけを掘り下げてみましょう。転職活動が長引くにつれて、最初の目的を見失ってしまうことも少なくありません。初めて転職を検討した時のことを思い出して、きっかけを掘り下げていけば、転職の目的を改めて明確にできるでしょう。納得のいく転職をするためには、初心に立ち返ることも重要です。

転職エージェントを利用して目的を客観的に整理する

転職の目的を明確にするためには、客観的に物事を整理する視点が欠かせません。しかし、自分のことを客観的に見つめるのは難しく、行き詰まってしまうことも考えられます。客観的な意見が欲しいときは、転職エージェントを活用するのも一つの手段です。
一人での転職活動に行き詰まったり、目的が分からなくなったりしてしまったら、若年層向けの転職支援サービスのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施。あなたの転職に関する悩みや希望の条件から、一人ひとりに沿った求人をご紹介します。また、面接対策や履歴書の添削などのサポート体制も充実。転職で悩みを抱えている方は、お気軽にハタラクティブまでご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ