転職してよかったことは?満足度の高い仕事を見つけるポイントを解説!

転職してよかったことは?満足度の高い仕事を見つけるポイントを解説!の画像

この記事のまとめ

  • 転職してよかったと感じる背景には、仕事内容の充実や人間関係の改善などがある
  • 転職して後悔したことには、社風の相違や仕事内容のギャップなどがある
  • 実際に転職してよかったと感じている人の割合は、5割以上を占めている
  • 転職を成功させるポイントは、キャリアプランを明確にすること
  • 転職してよかったと思える仕事を見つけるには、自己分析や企業研究などを徹底しよう

転職を検討する際、「本当に転職してよかったのか…」「後悔のない転職ができるかどうか不安」と悩む人もいるでしょう。「転職してよかった」と思える仕事を探すには、自己分析や企業分析を徹底することが大切です。

このコラムでは、転職してよかったことや転職で後悔したことを紹介します。転職に満足している割合や、納得のいく仕事に就くコツも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

転職してよかったこと8選

転職は、自分の将来に関わる重要なライフイベントです。転職を決意するのはなかなか勇気がいるものの、転職にはさまざまなメリットが期待できます。

ここでは、「転職してよかった」と思う例をまとめました。

1.やりたい仕事に就けた

もともと前職以外にやりたいことがあったり、働いているうちに夢を見つけたりした方は、それらを実現できる職場へ転職すると仕事にやりがいを感じやすくなるようです。憧れの職業に就けた場合は、働くことへのモチベーションにもつながるでしょう。

2.業務の幅が広がった

転職してよかった人のなかには、業務の幅が広がり仕事が充実するようになったと感じている人もいます。転職後の会社で信頼関係を築ければ、自分で自由に仕事が選べたり、責任のある仕事を任せてもらえたりすることもあるようです。

3.人間関係が良くなった

会社内の人間関係が不満で転職をした方に多い例です。毎日憂鬱な気持ちで通勤していたのに、転職したら日々が楽しくなったと感じる方は多くいます。また、社風が自分と合い働きやすくなったと感じる方もいるようです。

4.給料が上がった

転職して給料が上がる方もいます。収入が増えれば生活に余裕ができ、貯金もしやすくなるのが大きなメリットです。また、やりたいことにも取り組みやすくなり、私生活の充実度が上がって仕事への意欲も増すでしょう。

収入アップに興味のある方は「転職で年収アップは見込める?職種や企業の選び方やポイントを解説」のコラムを参考にするのがおすすめです。

5.能力を正当に評価されるようになった

自分の能力や成果が正しく評価されると、仕事にやりがいを感じられモチベーションが上がります。自分の保有するスキルや知識を評価してくれる会社に転職すると、重要な仕事やプロジェクトを任せてもらえることもあるようです。

6.残業が減った

転職によって残業時間が減ると、毎日の生活にメリハリが生まれます。また、趣味や家族との時間が増えたり、スキルアップのための勉強時間が確保できたりするなど、プライベートと仕事の両面で充実感を得られるでしょう。

7.通勤時間が減った

職場の自宅の距離が近いと朝の出勤時間が短縮されるので、そのぶん自分の時間を増やせます。特に転職前の通勤時間が長かった方は通勤時のストレスが軽減され、快適さを感じるでしょう。

8.将来性のある業界に入れた

今後の成長が見込まれる業界に転職すると長期的に安定して働けるので、将来的な安心感が増すでしょう。会社が成長していると、高待遇や年収アップも期待できます。

将来性のある業界に就くためのコツを知りたい方は、「将来性のある業界は?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイント」のコラムで詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

未経験職種への転職体験談

転職をしようと動き出した人のなかには、未経験から挑戦できる仕事が想像以上に溢れていることに驚いたという声も。未経験の職種へ転職する人は、将来性のある業界や研修制度が充実している会社を選ぶことで、転職満足度が高まる傾向にあります。

実際に未経験職種へ転職した人の体験談を読みたい方は、「良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?」をご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職しないほうがよかったこと6選

「転職してよかった」という意見がある一方で、「前職のほうがよかった」と後悔する方がいるのも事実です。

ここでは、転職でよくある失敗例を紹介します。転職で想定されるリスクを知っておきたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.給料が下がった

すでに現職で昇給している場合、転職により給料が下がったと後悔している人もいます。一方で、「給料は下がったけど、自分のやりたい仕事ができているので転職して良かった」と感じている人もいるでしょう。

収入が減ることが心配な人は、どれくらいの給料があれば満足した生活ができるのか、転職前に把握しておくのがおすすめです。

2.人間関係が上手くいかなかった

人間関係が上手くいかなかったり、社風が合わなかったりして転職を後悔する方もいるようです。社風や人間関係について、事前に企業のWebサイトや口コミなどで確認していたとしても、実際に働いてみると「自分に合わなかった」という場合もあるでしょう。

入社後のギャップを防ぐには、できる限り現場の情報を収集することが大切です。

3.残業が増えた

想定よりも残業時間が多かったという人もいます。仕事内容や収入が満足できる内容であっても、あまりにも激務が続くと精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼしかねません。転職の際は、残業の平均時間を確認しておくと良いでしょう。

4.希望と違う仕事内容だった

面接時に聞いていた内容と実際の業務内容が異なっていた場合にも、「転職に失敗した」と感じる方が多いようです。たとえば、管理の業務だけでなく現場でも活躍できると期待して入社したのに、実際は実務にほとんど携われず転職を後悔したという人もいます。

転職してよかったと思える仕事を選ぶには、企業の良いところだけでなく現場で働く大変さにも目を向けて、本当に希望が叶う仕事なのかを冷静に判断することが重要です。

5.組織が整備されていなかった

立ち上がったばかりの会社では、作業マニュアルが作られていなかったり、教育体制が十分に整っていなかったりすることもあるようです。スタートアップ企業やベンチャー企業に転職しようと考えている場合は、こうした可能性があることも考慮しましょう。

ただし、組織が整備されていない企業では予想外のトラブルも起こり得る反面、仲間と一緒に一から事業や組織を作り上げるという貴重な経験もできます。

6.成長が見込めない環境だった

自分自身が成長できる職場かどうかも、転職時にチェックしておきたい重要な要素です。円滑なコミュニケーションが取れない職場や不満が蔓延している組織だと、仕事のやりがいが感じにくくなり、モチベーションが低下しやすくなります。

また、周りにスキルの高い社員が少ない環境では、学びの機会が得られずキャリアアップを目指せなくなる恐れもあるでしょう。

ほかにも、転職しない方がよかった例について詳しく知りたい方は、「転職のありがち失敗例を紹介!後悔しない選択と成功のコツとは」のコラムでも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

転職を成功させたいならエージェントの利用がおすすめ

転職してよかったと思える仕事を探したい方は、転職エージェントの利用も検討してみると良いでしょう。就職サイトや会社のWebサイトを見るだけでは、実際に働いてみないと分からないことも多いもの。

転職エージェントでは「企業側にインタビューする」「応募者が就職した後の状況をヒアリングする」などをして、より正確な現場の情報を集めています。離職率や会社の雰囲気を詳しく把握しているので、「入社後のギャップが心配」という方におすすめです。

転職してよかったと思っている人の割合

厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況(p23)」から、転職してよかったと感じている人の割合を見てみましょう。

・満足およびやや満足 53.4%
・どちらでもない   34.5%
・不満およびやや不満 11.4%

約1割の人は転職を後悔しているものの、半数を超える人が納得のいく転職を実現できていると分かります。

【事業規模別】転職先への満足度

令和2年転職者実態調査の概況(p23)」を参考に、転職者が転職先の何に満足し、何に不満を感じているのか確認してみましょう。

事業規模別の転職満足度は、以下のとおりです。

事業規模1000人以上の場合
 満足(%)不満足(%)
職業生活全体66.96.8
仕事内容/職種73.810.2
賃金58.822.7
労働時間/休日・休暇71.712.6
福利厚生68.29.3
人間関係64.19.6
会社の規模/知名度81.51.7

引用:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況

事業規模300~999人の場合
 満足(%)不満足(%)
職業生活全体60.78.3
仕事内容/職種73.28.0
賃金49.527.6
労働時間/休日・休暇65.813.3
福利厚生59.08.6
人間関係62.412.2
会社の規模/知名度67.12.3

引用:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況

事業規模100~299人の場合
 満足(%)不満足(%)
職業生活全体56.710.1
仕事内容/職種68.57.7
賃金46.127.8
労働時間/休日・休暇64.615.1
福利厚生54.811.3
人間関係58.614.1
会社の規模/知名度56.83.4

引用:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況

事業規模30~99人の場合
 満足(%)不満足(%)
職業生活全体52.610.6
仕事内容/職種69.37.3
賃金47.030.2
労働時間/休日・休暇62.116.9
福利厚生55.112.5
人間関係59.415.2
会社の規模/知名度54.95.6

引用:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況

上記で示した事業所規模ごとの転職先への満足度を比較すると、事業規模の大きい会社に転職した人ほど、全体的な満足度が高い傾向が読み取れます。

転職満足度の高い項目は「仕事内容・職種」

項目別に見ると、「仕事内容・職種」への満足度が高くなっています。いずれの事業規模でも、67%以上の方が「仕事内容・職種」に対して転職してよかったと感じているようです。

また、厚生労働省「(5)現在の勤め先を選んだ理由」を見ると、転職者が現在の勤め先を選んだ理由として、約4割が「仕事の内容・職種に満足がいくから」と回答し最も高い結果でした。次に「自分の技能・能力が活かせるから」という回答が続いています。

転職先に求める条件として、「自分のやりたい仕事に就けるかどうか」を重視する方が多いようです。

大企業では「知名度」や「待遇」の転職満足度が高い

従業員が1000人以上の事業所を見ると、「会社の規模・知名度」に満足している方の割合が「仕事内容・職種」を上回り、3位に「労働時間/休日・休暇」の項目が挙がっています。次いで「福利厚生」への満足度も高い傾向です。

企業のネームバリューや知名度を活かして仕事をスムーズに進められる点や、大企業ならではの充実した福利厚生に魅力を感じていることが背景にあるでしょう。

転職先の「給料」に満足している人は少なめ

いずれの事業規模の場合でも、「賃金」への不満足度の割合が全項目のなかで最も高くなっています。従業員1000人未満の事業所では、満足している方の割合が50%を下回っており、決して満足度が高いとはいえません。

転職で年収アップを目指している方は、給料に対して「転職してよかった」と感じている人の割合が高くない点を理解しておきましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況

転職を迷っている場合に押さえておきたい5つのポイント

転職においてポイントになるのは、「年齢」「時期」「自分軸」「リスクの把握」「目的の明確化」の5つです。

以下に詳しく解説しますので、参考にしてください。

1.年齢が若いほど就職先の選択肢が多い

未経験職種や異業種への転職の場合、年齢が若いほど有利になるため、なるべく20代のうちに行動に移すのが得策です。社会人経験の浅い20代はポテンシャルを評価してもらえますが、年齢を重ねると実績や専門スキルが重視される傾向にあり、企業が要求するハードルも上がります。

入社後の育成を視野に入れて働く意欲がある人材を採用したい会社は多いので、多少スキル不足だと感じても思い切ってチャレンジしてみましょう。

2.できれば在職中に転職活動をする

転職活動はなるべく在職中に行い、転職先が決まってから退職を申し出た方が賢明です。在職中の転職活動が望ましい理由は、毎月安定した収入が確保できる状態で、納得いくまで企業探しを続けられるからです。

退職後は時間の余裕がありますが、貯蓄が途絶える焦りから企業選びや労働条件に妥協してしまう可能性も。転職活動が長引くと、そのぶん退職後のブランクが長くなるリスクも生じます。

3.自分軸を持ち周りの意見に流されない

「転職してよかった」と思える仕事探しをするには、働くうえで重視したいことを決め「自分軸」を持つことが大切です。周囲から転職に対する意見を言われたときに、自分の気持ちに蓋をして周りの意見に従ってしまうと、納得のいく転職が叶わないこともあります。

第三者の意見を聞くこともときには必要ですが、最終的には自分の気持ちを踏まえて転職の選択をしましょう。

4.転職のリスクを理解しておく

転職で後悔しないためには、メリットだけではなく、ネガティブな面もきちんと理解しておくことが重要です。

たとえば、異業種へ転職する場合はそれまでのキャリアがリセットされ、ほとんど一からのスタートになります。場合によっては年収が下がったり、業務や環境に慣れるのに時間がかかったりする場合もあるでしょう。また、働き方によってはこれまでのライフスタイルを維持するのが困難になることも。

転職のメリットがデメリットを上回るかどうかも重要な転職の判断基準となります。

5.目的やキャリアビジョンを明確にする

転職におけるミスマッチを防ぐには、転職の目的やキャリアプランを明確にすることが重要です。「今の職場が不満だからとりあえず転職しよう」と、転職の目的が不明瞭なまま転職先を選択すると、転職先でも不満を感じてしまう恐れがあります。

また、キャリアプランが不透明だと、仕事へのモチベーションを保つのが難しく、働くやりがいを見失うことになりかねません。転職を繰り返さないためにも、一度立ち止まって「どのような働き方を実現したいか」を考えてみましょう。

転職のきっかけと決断するタイミングとは」のコラムでは、20代・30代・40代・50代の世代別の転職理由についてご紹介しています。転職に迷っている方は、こちらも参考にしてみてください。

転職してよかったと思える会社や仕事に就く6つのコツ

「転職してよかった」と心から納得できる転職にするためには、どのように活動すれば良いかをまとめました。転職が失敗に終わる原因は、転職前の準備不足や情報収集不足と考えられます。

以下を参考に、事前準備をきちんと行いましょう。

1.自己分析をして経歴やスキルの振り返りをしよう

求人探しの前に、まずは自己分析をして自分の長所や短所を洗い出し、スキルやキャリアを振り返りましょう。スキルの棚卸しでは、業務内容や仕事の成果、仕事をするうえでの工夫や心掛けなども同時に整理するのがポイントです。自分の得意分野や仕事で大切にしている価値観が分かり、「どのような仕事に転職したいか」を考えるヒントになります。

また、企業が求める人物像やスキルと照らし合わせて、自分の長所が活かせそうな会社を選ぶのもおすすめです。社会人経験が浅い第二新卒の場合は、学生時代の経験や職場以外での自分の評価を振り返っても良いでしょう。

2.希望条件を決めておこう

転職先に求める条件は、退職理由を踏まえたうえで決めましょう。「残業時間が月10時間以内」「人と接する仕事」など、人それぞれ職場に求める条件があるはずです。

ただし、すべての条件を満たす求人を見つけるのは難しいもの。希望条件は、3つ程度に絞っておくのがおすすめです。自分が譲れない条件とともに、妥協できる条件も考えておきましょう。

3.業界・企業研究を入念にしてミスマッチを防ごう

業界研究や企業研究を行い、仕事内容や企業理念などが自分の適性に合うかどうかを確認しておきましょう。求人情報や企業のWebサイト、口コミサイトなどから情報収集が可能ですが、面接の逆質問の場を利用して企業理解を深めるのもおすすめです。

たとえば、「尊敬されている先輩はいますか?」といった質問から職場の人間関係や社風を探り、自分に合う会社かどうかをチェックするのも一つの方法です。

4.入社前には契約内容をしっかりと確認しよう

転職先の会社と労働契約を結ぶ際、契約書の内容をよく読まずにサインするとトラブルを引き起こす可能性があります。

求人に掲載されている情報や、内定時に聞いていた給料・雇用形態が実際と異なっている場合がまれにあるので、労働契約書にはしっかりと目を通してください。内定が出たあとは安心感で気が緩みがちですが、必ず契約内容を確認したうえで承諾しましょう。

5.複数の会社を比較検討しよう

応募先の企業は、一つに絞らず複数の企業を候補に入れて求人を探すと「どの会社が自分の求める理想に近いか」を比較検討できるのでおすすめです。「転職してよかった」と満足できる仕事を探すには、なるべく選択肢を増やし、就職の可能性を広げることが大切。

面接へ行き、働いている方の雰囲気や職場を見ることで、思わぬ長所が見つかることもあります。とはいえ、就業中の場合あまりに多くの会社に応募するとスケジュールがハードになってしまうので、同時期の応募はある程度数を絞るのが賢明です。

6.ライフステージに合わせて働けるかどうか見極める

長く働き続けられるかどうかは、転職において欠かせない条件といえます。結婚や出産などでライフステージが変化する可能性がある場合は、ライフイベントに応じて柔軟な働き方ができる職場を視野に入れると良いでしょう。

時間単位で有給休暇が取得できたり、子どもの看護休暇が支給されたりと、家庭と仕事の両立を目指す従業員をバックアップしている企業もあります。子育てからスムーズに職場復帰をするためには、「産休・育休制度が整っているか」「時短勤務ができるか」といった点にも注目して企業選びをするのがおすすめです。

転職を決める前に一度自分と向き合うことも大切

転職を考えている方は、今の職場の何に不満を感じているのか、一度冷静になって問題の原因を探り、状況改善に向けて行動してみましょう。

たとえば、仕事内容に不満があれば「上司に別の業務ができないか相談する」「ストレス改善のため趣味を充実させる」など、転職を考える前に今できることを試してみるのがおすすめです。

改善に向けて努力しても状況が変わらず、「転職でしか悩みを解決できない」と感じたときが、転職活動を始めるタイミングといえます。現状の不満を整理したうえで転職活動に取り組めば、「転職してよかった」と満足できる結果につながるでしょう。

転職を考えている方は、若年層向け転職エージェントのハタラクティブに相談して、プロのアドバイスを受けてみるのもおすすめです。

経験豊富な専任アドバイザーによるカウンセリングで、希望に沿った求人をご提案いたします。「どんな仕事が向いているのか分からない」という方も、自己分析や書類作成、面接対策などをきめ細やかにサポートするのでご安心ください。

サービスの登録・利用料は無料ですので、「転職してよかった」と後悔のない転職を実現したい方は、ぜひ一度ご利用ください。

後悔のない仕事に就くには?転職に関するお悩みQ&A

ここでは、「転職してよかった」と思えるような満足度の高い転職をしたい人に向けて、転職でよくある質問とその回答をご紹介します。

転職してよかったと思える職業は?

人それぞれですが、スキルを磨けたり、人から感謝されたりする仕事への転職は満足度が高い傾向にあります。たとえば、事務職では「スキルを磨きやすくやりがいを感じる」、接客職では「感謝されることが喜びにつながる」といった意見があるようです。

就いてよかった仕事を選ぶには?男性・女性別にランキングで職種を解説」でも詳しく解説しているので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

転職するメリット・デメリットは?

メリットは、給料を上げられる可能性があることです。給料に不満を感じている人は、スキルや実績をきちんと評価してくれる企業を選ぶことで給料アップが期待できます。

デメリットは、新しい環境に慣れるのが大変なことでしょう。仕事に慣れるまで努力したり、人間関係を新たに構築したりと、入社直後は辛いと感じる場面もあるかもしれません。

詳しくは、「転職するメリット・デメリットとは?エージェントを使う利点も解説」をご覧ください。

転職してよかったと思える仕事に就くには?

後悔なく転職するには、応募先の職場環境をよく理解することが重要です。より具体的な情報を得るには、現場の情報が豊富な転職エージェントの利用がおすすめ。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、入社後のギャップが防げるよう、職場の雰囲気や働く環境について詳しくお伝えしています。企業に聞きにくいことがあれば、アドバイザーが代わりに質問することも可能です。

後悔なく転職したい方は、ぜひ一度ご利用ください。

この記事に関連するタグ